アイス ボーン カスタム 強化。 アイスボーン マスター防具のカスタム強化・レベル上限と大霊脈玉【モンハンワールド】

【MHWアイスボーン】大剣のおすすめ最強装備|覚醒武器【モンハンワールド】|ゲームエイト

アイス ボーン カスタム 強化

mhwアイスボーンの導きの地は、地帯が5つあります。 それぞれの地帯によって出現するモンスターが違い、 レベル上げは、多くの時間をかけてしまうので、どの地帯からレベルを上げるか悩むと思います。 この記事では、 導きの地でレベルを上げるのにオススメの地帯 を紹介しています。 どの地帯を育てるかの参考にしてみてください。 地帯レベル 導きの地のレベルは7まであります。 カスタム強化や護石の強化に使う素材は、高レベルになってから出現する、歴戦モンスターや古龍などのモンスター素材が多いです。 導きの地では、 全ての地帯をレベル7にすることはできません。 最大でも3つの地帯をレベル7にするのが限界なので、育てる地帯を選ぶ必要があります。 おすすめの地帯• 溶岩 陸珊瑚• 森林 1. 溶岩 地帯 溶岩地帯は、 全ての武器において、 カスタム強化の枠を増やせる、 ラージャンの歴戦素材が入手可能な地帯です。 カスタム強化枠の拡大によって、 レア度12の武器でも、会心率強化と回復能力付与の両立という 強力な構成を両立できます。 また、溶岩の レベル7で出現する歴戦古龍級のモンスターが、 テオ・テスカトル ナナ・テスカトリ クシャルダオラ バゼルギウス ラージャン と 特に多いのも、魅力の1つです。 古龍の出現率に困らないので、防具と武器のカスタム強化にたくさん使用する 大霊脈玉が手に入れやすいです。 他にも、歴戦ナナ・テスカトリの素材は、便利な護石の「挑戦者」「匠」の最大強化に使用するので、特に重要度が高いのが溶岩地帯です。 陸 珊瑚 陸珊瑚地帯は、 リオレウス希少種 ネロミェール キリン プケプケ亜種 の歴戦個体と戦えるのが良い点です。 特にネロミェールの歴戦素材が一番の魅力といってもいいでしょう。 ネロミェールの歴戦素材は、 主に レア度12武器の回復能力のカスタム強化に使います。 レア度12の武器は、 イヴェルカーナ武器 ネルギガンテ武器 ジンオウガ武器 ラージャン武器 などの強力で、特に 使用頻度の多い武器が該当します。 また、 レア度12の回復カスタムの2段階目の強化には、 リオレウス希少種の歴戦素材が必要になります。 荒地 この地帯の魅力は、 リオレイア希少種の歴戦個体 ディアブロス ディアブロス亜種 です。 他にも、武器のカスタム強化として、使用頻度の高い素材の、リオレイアやディノバルドが出現しやすいです。 リオレイア希少種の歴戦素材は、カスタム強化の 属性強化に使うので、 属性値が重要な、弓や双剣を使用している場合は、優先度が高いかもしれません。 歴戦ディアブロス亜種は、武器のカスタム強化の スロット付与に使用します。 また、 護石「挑戦者」のレベル3への強化に用います。 瘴気 この地帯の良い点は、 ティガレックス亜種と ヴァルハザク ディノバルド亜種 の素材が入手できます。 ティガレックス亜種の調査クエストや、防具などを作成したい場合は、レベル上げすべきです。 ヴァルハザクの歴戦素材は、 「耳栓」「集中」の護石の最終強化に使用する ので、使用している武器によっては必要になるかもしれません。 カスタム強化でも、属性強化の必要素材でもあります。 ディノバルド亜種の歴戦素材は、 剣士にとって欲しいスキル「匠」の護石の最大強化の素材の1つです。 森林 森林地帯の出現モンスターは、 他の地帯にも出現するモンスターが大半です。 レベルを上げても、 他の地帯よりも旨味は少ないでしょう。 森林は、 イャンガルルガの歴戦個体が唯一の魅力です。 イャンガルルガの歴戦素材は、 レア度11の回復能力のカスタム強化に使います。 イャンガルルガの歴戦素材は、一度手に入れさえすれば、マカ錬金で交換できます。 なので、 マルチプレイで他の人の探索に参加して、イャンガルルガの歴戦素材を入手するのがいいかもしれません。 おすすめのレベル上げ順番 ソロ 導きの地の素材は、後述するマカ錬金で、 別のモンスター素材を使って、ある程度は交換できます。 しかし、 マカ錬金の交換リストに載せるには、一度素材を入手する必要があります。 なので、 いろんな武器のカスタム強化と、護石の強化をしたい場合は、全ての地帯で一度は高レベルにする必要があると考えられます。 また、 地帯レベルが7になると、それぞれの地帯に応じた見た目の、チャームが手に入ります。 コレクションしたい人は注意しましょう。 地帯レベルの上げ下げは、とても大変で時間がかかるので、 事前にレベル上げの順番は決めてからのほうが良いでしょう。 レベルの調整が大変なので、レベル7をキープしたい地帯は、さほど欲しい素材の少ない地帯を終わらせてから、育てるのがオススメです。 陸珊瑚は ナルガクルガ プケプケ亜種 リオレウス希少種 ネロミェール リオレイア亜種 など 瘴気 ティガレックス ティガレックス亜種 ディノバルド亜種 ヴァルハザク オドガロン 等です。 現状の地帯レベルは、3つの場所でレベル7に出来るので、 最終的には 瘴気、丘珊瑚、火山が レベル7 森林、荒地が レベル1 に落ち着くのがいいと思います。 オンラインマルチでは、自分の育てていない地帯に行けるので、上手に活用すれば、わざわざ自分でレベルを上げなくてもいい可能性もあります。 今後のアップデートで、新しい地帯が追加される可能性もあるので、レベルの上げ方や、レベルの維持の仕方が変わることも考えられます。 マカ錬金 大半の導きの地におけるモンスターの素材は、マカ錬金で交換可能です。 導きの地モンスター素材の7~8割近くは、交換できるので便利です。 マカ錬金の注意点• 一度は素材を入手する必要がある 交換リストには、一度入手した素材しか載りません。 今現在は必要ない素材であっても、念のため一度は手に入れておきましょう。 地帯レベル7から出現する歴戦モンスターの素材は交換できない 古龍の歴戦 ラージャンの歴戦 バゼルギウスの歴戦 リオレウス希少種 リオレイア希少種 などは交換で入手できません。 これらの素材は、モンスターの落とし物や、討伐などで、自力で集める必要があるので注意しましょう。 地帯レベル上げで注意したいこと 地帯レベルは、モンスターの生息地の量で、レベルの上がり具合が決まります。 例えば、 ディアブロスの場合、荒地地帯が大幅に上昇して、他の地帯がすべて低下。 オドガロンの場合は、陸珊瑚と瘴気が上がり、他が下がる。 イビルジョーやアンジャナフ亜種、ネルギガンテなどは、 いろんな地帯で出現するので、全ての地帯でほとんど変動しない。 この地帯の上がり方を利用すれば、 特定の地帯を上げたくない場合は、戦うモンスターを変える等をして、 効率よくレベル上げが出来るようになります。 痕跡や、罠が効率的にレベルが上がる。 特に罠は、レベル上げで最も効率的です。 罠は、何回当ててもレベルが上昇します。 しかも、 戦うことなくレベルを上げるので、もっとも楽です。 おびき出しなどを使って、何回も罠を大量に当てれば、短時間で、地帯レベル7までいけると思います。

次の

【アイスボーン】大剣の武器はコレでOK

アイス ボーン カスタム 強化

属性値と上限の話 知っている人も多いかも知れませんが、属性値には上限があります。 6 以上の様になっています。 特徴としては、元の属性値が低ければ属性値の上限に達しやすいです。 前作MHWが上限1. 3倍だったので、属性値の上限はかなり引き上げられています。 その分属性スキルの効果も向上しているので、武器とスキルによっては属性値が上限を超えてしまいます。 例えば属性値が280の武器は属性値上限が448となります。 2+100』なので、属性値は436となります(実際は1の位は切り捨て)。 この時点で上限値に近くなっているので、属性加速(属性値+60)や災禍転福(Lv1で属性値+30)といった効果が無駄になってしまいます。 属性のスキルは+100といった加算系のスキルが多いので、 元の属性値が低いほど属性値の上限に達しやすいという特徴があります。 属性特化装備はカスタム強化及びパーツ強化が必須。 属性値上昇だけでなく、属性値の上限も引き上げる ボウガンの属性弾における属性値 ではカスタム強化が属性武器に重要な事が分かったので、次はボウガンにおける属性値の話をします。 ボウガンを使わないハンターは飛ばしてもらってOKです。 6倍 となっています。 ライトボウガンとヘビィボウガンの属性弾の基礎属性値は、火・水・雷・氷の4属性共通で220です。 なので属性上限値は350となり、属性攻撃強化スキルをLv6まで発動すると364となり、上限をオーバーしてしまいます。 ボウガンはカスタム強化必須 カスタム強化及びパーツ強化による属性値は元の属性に含まれるので、カスタム強化によって属性値の上限は上昇します。 この場合の属性上限値は400となり、属性攻撃強化Lv6でちょうど上限となります。 カスタム強化無しなら属性攻撃強化Lv6で上限を超えていたので、 属性特化のボウガンならカスタム強化は必須であることが分かります。 属性特化のスキルの特徴を考察 属性特化の主なスキルは、 会心撃、 龍脈覚醒、 属性加速などがあります。 これらのスキルの特徴から、スキルの構築を考察します。 真・会心撃【属性】、会心撃【属性】 会心が発生した時の属性ダメージを上昇させるスキルです。 大剣、ハンマー、狩猟笛、ヘビィボウガン:1. 5倍 双剣:1. 38倍 ライトボウガン:1. 25倍 上記以外の武器:1. 大剣、ハンマー、狩猟笛、ヘビィボウガン:1. 7倍 ライトボウガン:1. 4倍 上記以外の武器:1. その為、 元の属性値が大きくなれば、それだけダメージの上昇が大きくなります。 例えば属性値200の1. 55倍は310で上昇値は110ですが、属性値400の1. 55倍は620となり上昇値は220になります。 なので元の属性値が高ければ高いほど効果が高くなります。 ボウガンの属性弾の属性値は220なので、会心撃によるダメージ上昇効果は薄いです。 双剣などは属性ダメージ割合が高く、属性値も高くなるので会心撃の効果が高くなります。 シリーズスキルが発動するシルバーソル装備のスキルが微妙なので、フルスキルを搭載するにはレアな装飾品が沢山必要なのがデメリットです。 55になる 属性値が加算されるだけでなく、 属性値の上限が高くなる効果があります。 会心撃と違って加算(+〇〇)で計算されるので、 元の属性値が低いほど効果が高くなります。 また龍脈覚醒による上限値の上昇効果により、まず属性値の上限に到達しないようになっています。 属性値を加算する効果がありますが、龍脈覚醒と違い、『 属性値の上限を引き上げる効果がない』です。 その為、属性攻撃強化スキルLv6と併用すると、 すぐに属性値の上限に到達してしまいます。 元の属性値が低いほど、属性値の上限が低くなります。 その為、カスタム強化で属性強化をしていると属性値の上限到達が回避できる場合もあります。 上の写真はカスタム強化なしの赤龍ノ舞ウ爪。 属性攻撃強化6と属性加速を発動した場合、 上限到達で属性値が10切り捨てられています。 カスタム強化すれば属性上限には到達しませんが、属性値の上昇に時間制限があるので、ムフェト装備の龍脈覚醒と比べると総じて使いにくいスキルだと言えます。 龍脈覚醒+会心撃【属性】 EX龍紋3部位+EXラヴィーナ2部位で可能な組み合わせ。 装備の元となるモンスターの頭文字から ムラムラムや ムラムラ装備とも呼ばれています。 龍脈覚醒による属性値アップ+属性上限解放効果に加え、会心撃による属性ダメージ乗算効果によって火力アップを狙う装備です。 武器種から最適な属性装備を考える これまでの話を踏まえて、筆者のおすすめする武器種毎の最適なスキル構成を紹介します。 あくまで筆者がおすすめするスキルであり、必ず紹介するスキル構成が最適解という訳ではありません。 どのスキルが強いかはモンスターや武器により異なるので、最適な装備を知るにはモンスターや武器毎にダメージシミュレーションする事が必要です。 双剣・弓 真会心撃【属性】か龍脈覚醒+会心撃【属性】がおすすめ! どちらも属性攻撃が強い武器であり、属性値も比較的高くなるので真会心撃(シルバーソル)か龍脈覚醒+会心撃(ムフェト+イヴェルカーナ)装備がおすすめです。 シルソルの双剣装備例。 ランナーが無いので強走薬必須。 切れ味もケアできないので、覚醒武器なら切れ味強化が必須になります。 シルソルの弓装備例。 装飾品の関係で体力増強が発動できません。 このように火力は高いものの、レア装飾品が無いとスキルが積みにくいデメリットがあります。 その分火力は安定して高く、龍脈覚醒のような攻撃による体力現象も無いので、カスタム枠を全て属性に回すことも可能です。 安定した高い火力を目指すなら真会心撃装備がおすすめです。 龍脈覚醒+会心撃の双剣・弓装備例です。 どちらもシルバーソルよりも比較的スキルは積みやすいです。 とは言えレア装飾品はある程度必要になってきます。 そこで龍脈覚醒の体力減少効果を利用して、力の解放を使った装備構成がおすすめです。 力の解放が発動すれば、会心率とスタミナ減少効果があるので双剣や弓と相性がいいです。 弱点特効なしの力の解放型双剣装備。 火力にムラがあるものの、スタミナスキルが豊富なので鬼人化の時間は長いです。 真会心撃装備と違って スキルの構成が広いのが大きなメリットです。 会心発生時の火力は真会心撃とほとんど変わらないので、シルバーソルに変わる新たな属性装備として運用可能です。 属性ライトボウガン 真龍脈覚醒がおすすめ! 属性弾の属性値が低く、カスタム強化による属性値の上昇も少な目なので、会心撃よりも龍脈覚醒の方がダメージ期待度が高くなります。 シルバーソルではなくムフェト一式の理由がわかって頂けたと思います。 水ライトに関わらず、属性弾の装備は真龍脈覚醒がおすすめです。 まとめ ・属性値には上限がある。 元の属性値が低いほど、スキルで強化すると上限に到達しやすい。 ・カスタム強化やパーツ強化は属性値の上限も上昇する ・会心撃(真会心撃)は属性値が高いほど効果を発揮する。 龍脈覚醒(真龍脈覚醒)は属性値が低いほど効果を発揮しやすい かなり長くなりましたが、以上が属性と装備に関する考察です。 属性値は分かりにくいですが、上限を理解し、属性値にあったスキルを選択する事が大切です。

次の

【アイスボーン】大剣の武器はコレでOK

アイス ボーン カスタム 強化

見た事ない素材ばっかじゃんか!! これらの素材は、フリークエスト、調査クエストでは手に入らないのです! ではどこで入手するのか? 導きの地でカスタム強化素材を集める 導きの地でモンスターを狩る 導きの地のモンスターを狩ると、普段見慣れない素材を手に入れることができます。 導きの地のモンスターから手に入る素材は、フリーや調査クエとは別のものです。 これらの素材が、主に武器のカスタム強化素材になります。 また、通常個体と歴戦個体では得られる素材が変わります。 しかし導きの地では、地帯レベルによって出現するモンスターが異なります。 武器のカスタム強化に必要な素材を調べ、その素材を得られるモンスターが出現する地帯レベルにしなくてはいけません。 導きの地で鉱脈、骨塚採取 導きの地では鉱脈と骨塚も、普通のクエストとは別の素材が拾えます。 武器のカスタム強化では、これらの素材も使用するので採取しておきましょう。 導きの地で歴戦モンスターを狩る 防具の限界突破をしようとすると、「霊脈玉」という素材が必要になると思います。 霊脈玉は、導きの地で歴戦モンスターを狩ると手に入れることができます。 歴戦モンスターの危険度によって、得られる霊脈玉の種類が変わります。 具体的には、霊脈玉の欠片なら危険度1、霊脈玉なら危険度2、大霊脈玉なら古龍です。 霊脈玉を入手する際も、お目当てのモンスターが出現する地帯レベルまで上げなくてはいけません。 注意点ですが、同じ名前のモンスターでも、歴戦個体と通常個体では出現する地帯レベルが違います! 例えばラドバルキンの通常個体と歴戦個体が出現する地帯レベルですが、通常個体は瘴気地帯Lv1~3で出現し、歴戦個体は瘴気地帯Lv4~7で出現します。 カスタム強化をするためには、導きの地の地帯レベルを上げなくてはいけない! 素材が欲しいモンスターを出現させるために、地帯ごとのレベルを上げなくていけません。 地帯レベルの上げ方は、その地帯に対応した鉱脈や骨塚の採取、モンスターの痕跡、モンスター狩猟で上がります。 最も上昇率が高いのは、地帯に対応したモンスターを狩ることです。 2~3回程狩ると1レベル上がります。 注意点ですが、地帯レベルを上げると別の地帯レベルが下がります。 よって、地帯レベルを上げる時は、一つに絞って上げることで効率が良くなります。

次の