天才 てれび くん 舞台。 「天才てれびくん」がステージに、前田公輝ら大人になった“てれび戦士”出演

天才てれびくんhello,

天才 てれび くん 舞台

放送開始27年を迎え、長く愛されているNHKの人気子ども番組『天才てれびくん』の舞台化が決定した。 来年1月23日から『天才てれびくん the STAGE 〜てれび戦士 RE〜』として東京・大阪で上演する。 が声の出演となる。 そして、舞台版新キャストとして、同番組で「」を結成し解散後も舞台や音楽活動で人気を博している、はじめ、多数の舞台等で活躍する、松村優が名を連ね、アクションあり歌ありダンスありの舞台を繰り広げる。 また、舞踏家であり、俳優としても多くの作品でその存在感を放つ麿赤兒の特別出演が決定。 脚本は、同番組も手掛ける 氏、演出はアクションに特に定評のある井上テテ氏が担当する。 舞台は2020年1月23日〜26日に東京・ヒューリックホール東京で、 2月1日、2日に大阪・COOL JAPAN PARK OKA WWホールで上演。 彼らの歌声は全宇宙の人々を魅了していた。 しかし、「楽しいこと」を奪おうとするテレゾンビ党が地球に襲来し、てれび戦士たちは敗北。 全宇宙が「つまらないこと」に支配されてしまった! てれび戦士たちはテレゾンビ党に記憶を奪われ、やがて大人になった。 すべてを失って……。 だが、希望は失われてはいなかった。 彼らが謎のリモコンを手にしたとき、てれび 戦士としての記憶がよみがえる! 『天才てれびくん』を復活させ、楽しいテレビを取りもどせ! 大人になったてれび戦士たち!.

次の

横山だいすけ「だいすけお兄さんのファミリーコンサートにようこそ」 舞台「天才てれびくん」開幕

天才 てれび くん 舞台

NHKの人気子ども番組『天才てれびくん』の舞台化が決定し、俳優の前田公輝や横山だいすけらが出演することがわかった。 舞台『天才てれびくん the STAGE~てれび戦士REBORN~』は、2020年1月より東京と大阪で上演される。 本作は、放送開始27年を迎え、長く愛されているNHKの人気子ども番組『天才てれびくん』の舞台化作品。 大人になった「てれび戦士」と、舞台版新キャストが集結し、大切なものを守る戦いに挑む。 舞台版新キャストとして、同番組で「Dream5」を結成し、解散後も舞台や音楽活動で人気を博している高野洸はじめ、多数の舞台等で活躍する多和田任益、松村優が名を連ね、アクションあり、歌あり、ダンスありの舞台が繰り広げられる。 脚本は同番組も手掛ける小林雄次。 演出はアクションに特に定評のある井上テテが担当する。 今回の舞台化に前田は自身のツイッターで「なななんと舞台『天才てれびくん』!! 当時のように歌って踊るよー しかも夏イベとか冬イベとかではなく大人になったてれび戦士が集結して大切なものを守る為に戦います。 あー鳥肌です。 乞うご期待!」とコメントしている。 『天才てれびくん the STAGE~てれび戦士REBORN~』は、2020年1月23日から26日に東京・ヒューリックホール、2020年2月1日~2日に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA(WWホール)で上演。 この記事の写真を見る•

次の

【INTERVIEW】「天才てれびくん」舞台版で主演を務める前田公輝。てれび戦士時代を振り返り、現在の心境を語る。

天才 てれび くん 舞台

2020年も映画・ドラマの出演が続き、目が離せない。 そのスタートを切るのが自身4年ぶりとなる舞台、『天才てれびくん the STAGE ~てれび戦士 REBORN~』だ。 今までずっと色んな役をやらせて頂いてきた中で、今回「天才てれびくん」というステージで自分の役をやらせて頂くのは、本当に嬉しすぎて、当初はこの話流れるんじゃないかなって不安になるくらい 笑。 天てれを離れてからは、過去に1年半くらいずっと舞台に出させて頂いていた時期があったんですが、今は映像に出させて頂く機会が多くて。 でもやっぱり舞台もやりたいな、刺激のある舞台に出させて頂きたいな、と思っていた時だったので、最高に嬉しいタイミングでした。 「天才てれびくん」って、卒業してからもずーっと色んな現場やプライベートでも「出てたよね」と言われる番組なんです。 それくらい影響力のある番組だったので、自分の中で忘れた事は一回もなかったですし、少しでも恩返しが出来ればと思ってます。 原点ですね。 …かといって昔の映像を見ると、顔を覆いたくなる程恥ずかしいし、調子乗ってたなって思うんですけど 笑。 僕自身がずっとてれび戦士として、敵であるテレゾンビと戦っていた訳ではないし、悪というものを倒そうと生きていた訳ではない。 ただ、てれび戦士として出ていたころの感覚に戻すっていうのはありますね。 演じてないです、全く。 ただ、求められている事はやりたいという気持ちはあったと思います。 子供ながらに、この立ち位置だとこういう事を求められているのかな、と考えてやっていた気がします。 皆さんに少しでも楽しんでもらえたらいいなっていう感覚は今も一緒ですね。 僕自身が舞台をしばらく離れていたので、共演者には舞台をずっとやられている方もいらっしゃいますし、そういった方達からもお話を伺っていきたいですね。 稽古場でも、皆さんから少しずつパワーを頂けたらと思いますね。 緊張は意外としなさそう…立ってみないとわからないですが(笑)。 「天才てれびくん」という看板があるだけで、どこか安心感があるというか、この名前だけで、すべてが包まれるんですよね。 てれび戦士だったらみんなわかると思うんですけど、なんていうんだろう…実家の住所くらい 笑。 ホームっていう言葉が近いんですかね、僕の。 たぶんてれび戦士みんなのホームなんですよ、「天才てれびくん」って。 自分を象徴するような場所なので、緊張もないのかなあって。 ただアクションとか歌とかダンスとか、稽古をするうちに課題にぶつかったら緊張してくるかもしれないです。 でも僕ひとりだけでやるお芝居じゃないので、みんなで力を合わせて一緒にやれたらいいなと、とってもワクワクしていますね。 敵対するテレゾンビっていう存在は、僕がてれび戦士のころ(2003年~2006年)よりもっと前、番組が始まった時の設定にあったんですって。 そのテレゾンビを倒すという話だったので、「天才てれびくん」のすべての歴史が詰まった舞台だと思いました。 あと、てれび戦士に戻れる喜びってこんなに幸せな事なんだと改めて思いましたね。 自分のルーツに戻るって、こんなに幸せなんだと。 1回だけ舞台で白虎隊をやった事があって、それ以来約10年ぶりに剣のアクションをやるので少し不安ですが、好きなアクションチームがあるので、そこのレッスンに通いつつ…。 あと僕、早乙女太一と凄く仲がよくて。 だから太一にも教えてもらおうかなと思ってます 笑。 先日ビジュアル撮影で剣を持った時に、凄くテンションが上がった自分がいました。 少年の心を忘れていなかった。 やっぱり剣を持つのが好きなんでしょうね、男子は(笑)。 卒業してからも会う機会はあったんですか? 会っています! 本当、幼馴染と同じような感覚だと思いますね。 特に里穂の存在はめちゃめちゃ大きくて、唯一の異性の友達かもしれないです。 声の出演ですが、声だけでも僕は安心すると思いますね(笑)。 あとSNSとかで活動は見てますね。 崚行に関しては、舞台を多く経験していて僕よりも見せることに対して長けてると思うので、その辺は教えてもらいたいなと思っています。 同じように当時楽しんで見ていた、大人になった方達に今回の舞台はどう映ると思いますか。 昔の記憶って、思い出としてどんどん美化されていくと思うんです。 それを超えられるように、汗水かいて、スキルを磨いて、当時の僕に戻すというよりは、僕の役者人生で色々培ってきたものをプラスアルファして相乗効果になればいいなと。 もちろん、楽しみにして頂いて大丈夫ですよ! なんとなく自信があるんです。 僕自身が楽しめる自信があるので、そうするとやっぱり皆さんにも届くと思いますし。 適応力って養うのに時間が必要で、すぐ身につくものではないじゃないですか。 でも僕は「天才てれびくん」でその時間をたくさん作って頂いたので、それは凄く力になってますね。 生放送やバラエティーでも、話を振られたらすぐ言葉が出てきますし、コミュニケーション能力とか、すべて「天才てれびくん」によって養われたと思うので、今凄く助かってます。 「天才てれびくん」時代、お便りコーナーで視聴者からのお手紙を読むんです。 だからそう言って下さる方達のために僕自身も、もっともっと、そう思ってもらう努力をしなきゃ、という意識があって。 自分の見せ方って芸能のお仕事をやっている上で凄く大事だと思うんです。 自己PRというか。 一枚の写真にしてもそうですし、芝居もその人の人生が出るって言われているので、その人生の見せ方も大事だと思います。 それが自然と意識しないで出来るようになっているのかもしれないなと。 もちろん上には上がいて、もっと凄い方々はいっぱいいるんですけど、僕の中ではそれを強く感じました。 相手の空気を感じて、相手の反応を見て、自分の演技が出た瞬間です。 考えなくても自然と出てきて、直観的にパーンってセリフが言えた時とか動けた時とか、すっごく気持ちいいし、それが僕の思う役者としての一番の刺激で、一番楽しいところですね。 あと自分のお芝居で空気が変わった時も嬉しいです。 そう考えると役者って凄く達成感が多いと思います。 今自分の性格が、なんとなく高校生くらいのころに戻っている気がしていて。 尖っていた時もありましたが、色んな事を経て、一周回って、純粋なあのころに戻れているような感覚です。 それが演技にどんな風に影響するのか。 自分でも楽しみです。 衣裳協力/ NO. 6歳の時、ホリプロ・インプルーブメント・アカデミー1期生で芸能界入り。 2008年、映画『ひぐらしのなく頃に』など多数の映画で主演を務める。 同年『ごくせん』(日本テレビ)、15年『アルジャーノンに花束を』(TBS)、『デスノート』(日本テレビ)など多数のドラマに出演し、16年『ダマシバナシ』(日本テレビ)では主演を務める。 20年には映画『カイジ ファイナルゲーム』の公開を控える。 彼らの歌声は全宇宙の人々を魅了していた。 しかし、「楽しいこと」を奪おうとするテレゾンビ党が地球に襲来し、てれび戦士たちは敗北。 全宇宙が「つまらないこと」に支配されてしまった! てれび戦士たちはテレゾンビ党に記憶を奪われ、やがて大人になった。 すべてを失って…。 だが、希望は失われてはいなかった。 彼らが謎のリモコンを手にしたとき、てれび戦士としての記憶がよみがえる! 「天才てれびくん」を復活させ、楽しいテレビを取りもどせ! 大人になったてれび戦士たち!.

次の