ショート メッセージ サービス。 SMS(ショートメッセージサービス)の取扱開始について

SMS(ショートメッセージサービス)を送受信するための設定方法

ショート メッセージ サービス

Salesforce Marketing Cloudなどのマーケティングオートメーション(以下MA)ツールの最大の魅力の一つが「オムニチャネルでの顧客とのコミュニケーション」です。 しかし、MAツールを導入したにも関わらず、メール配信のみでしか利用していない企業様も少なくないのではないでしょうか?MAツールは、元々メール配信ツールから進化したものですので、最も利用されているチャネルは「メール」です。 しかし、せっかくMAツールを導入したにも関わらず、メール配信のみでしか利用をしていないのは、宝の持ち腐れです。 本コラムでは、MAとの連携で最も注目を集めている「SMS(ショートメッセージサービス)」というチャネルの可能性と活用方法について、解説いたします。 MAを活用したオムニチャネルでのコミュニケーション MAツールでは、一人ひとりに最適化されたOne to Oneマーケティングを実現するために、オムニチャネルで顧客とのコミュニケーションを取ることが可能です。 では、MAツールで利用される代表的なチャネルには、どのようなものがあるでしょうか。 「メール」以外にも、以下のようなものがあげられます。 メール 顧客の属性情報や行動履歴に基づいてメールコンテンツをパーソナライズし、カスタマイズされたコミュニケーションを実現 2. SMS(ショートメッセージサービス) 着眼率の高いSMSを使って顧客とコミュニケーションを取ることで、より確実にメッセージを届けることが可能 3. アプリ スマートフォンアプリと連携し、顧客がいつでもどこにいても、顧客が必要としている情報をタイムリーに提供 4. ソーシャル ソーシャル上の顧客の声をリアルタイムに可視化する他、ソーシャルキャンペーンやソーシャル広告の展開を支援 5. WEB 一人ひとりの顧客の好みや行動パターンに合わせた最適なWEBコンテンツを展開し、魅力的なブランド体験を演出 SMS(ショートメッセージサービス)のメリット SMSとは携帯電話番号を使ってメッセージのやり取りができるサービスのことです。 企業におけるSMS利用は急増しており、2015年度のSMS送信数実績が1億1,140万通に対して、2016年度は2億2,460万通と倍増し、2017年度見込も81. スマートフォンの普及に伴い、アプリのインストールが必要ないSMSは、多くの利用者がメッセージを受け取れる手段となりました。 SMSの最大の特徴は、「着眼率の高さ」です。 メールは、メールアドレスを使ったメッセージのやり取りです。 しかし、そのメールアドレス自体を使わなくなったり、メルマガなど大量のメールが来るために、顧客が丁寧に一通一通を確認しなくなるという傾向があります。 そのため、メッセージが届かなかったり、開封をしてもらえないというケースが多発しています。 SMSは、携帯電話番号を使ったやり取りですので、確実にメッセージを届けることができます。 従来は携帯キャリアを変更すると携帯電話番号も変更されていましたが、ナンバーポータビリティ制度が導入されたことで、携帯キャリアを変えても同じ携帯電話番号を使用できるようになったという背景もプラスに働いています。 SMS(ショートメッセージサービス)のデメリット もちろん、メールと比較してSMSが全てにおいて優れているという訳ではありません。 SMSのデメリットについても見ていきましょう。 まず、SMSは「通信費用がかかる」という点が挙げられます。 携帯キャリアや配信サービスなどよっても異なりますが、SMS1通あたり数円から数十円程度の費用がかかります。 DMなどの郵便物や、電話通話などと比較すればコストは低いですが、メールに関しては基本的には無料で送信できるので、メールとの比較においては、SMSはコストが高いと言えます。 また、「表現に制約がある」という点もSMSのデメリットです。 メールと比較した場合、SMSは文字数に制限があります。 携帯キャリアによっても異なりますが、70文字以下程度の文字数におさめる必要があります。 また、HTMLメールのように、画像や色などを使って見栄えを整えることもできないので、メールと比べると表現方法に制約があると言えます。 MAでのSMS(ショートメッセージサービス)活用 では、このようなメリット・デメリットを踏まえて、MAでSMSを活用できるシーンはどのようなものがあるか考えてみましょう。 まず、最も一般的な活用用途としては、本人認証や督促などの通知が挙げられます。 「着眼率の高さ」というSMSのメリットを最大限に活かし、確実に届けなければいけないメッセージはSMSで送り、それ以外のメッセージはメールを使うといった、オペレーショナル目的のメッセージに関する出し分けです。 まずは顧客全員にメールで通知を出し、反応が無かった顧客にのみ、最終手段としてSMSを送信するといったシナリオなども考えられます。 また、上記のようなオペレーショナル目的ではなく、マーケティング目的でSMSを活用するケースも増えています。 限られたVIP顧客に対してはメール以外にSMSで特別なオファーを送る、ECサイトにおいてカゴ落ち顧客の最後の背中を押すプロモーションとしてSMSでメッセージを出すなどのシナリオが考えられます。 MAツールとSMSを連携させることで、単純なセグメント配信ではなく、メールやウェブ上での行動情報と、デモグラフィックデータなどの属性情報などを掛け合わせてシナリオを作り、SMSやメールを組み合わせたオムニチャネルでのコミュニケーションを自動で走らせることが可能になります。 メールのみでの顧客とのコミュニケーションと比較して、よりパーソナライズされた効果的なマーケティング活動を実現できます。 メール配信のみでのMA施策に限界を感じている企業様は、メールに加えて、SMSというチャネルを加えてみてはいかがでしょうか? MAでのSMS(ショートメッセージサービス)活用の具体的なシナリオに関する無料お役立ち資料をご用意しております。 ぜひ以下よりダウンロードください!.

次の

SMS(ショートメッセージサービス)を送受信するための設定方法

ショート メッセージ サービス

概要 [ ] に人の が、のサービスのひとつとしてSMSを発案した。 その後、(ETSI)がSMSを国際標準規格に採用し、ほぼ世界共通(を除く)のサービスとして定着した。 (ITU)によると、全世界で2010年に発信されたSMSの総数は、6兆1000億通に達した。 SMSは、宛に送信する。 と同様 に、携帯電話の電源が入っていれば自動的に受信する。 メッセージは、SMSセンター SMSC を経由して送られる。 送信先が圏外の場合は、受信可能になった時に再度送信される。 前者を使用した場合、最大文字数は160文字である。 を使用した場合、のほかや、など様々な文字を送受信できるが、送受信する端末が対応している必要がある。 この場合は最大70文字となる。 また、SMSはGSM 3GPP系 でもCDMA 3GPP2系 でも、仕様の上での配達保証はない。 すなわち、携帯電話の電源をオフにしていたり圏外にいる期間が、2-3日以上あると、その後、携帯電話を圏内に持っていってもメッセージは残っている保証はない。 これは仕様上、滞留しているメッセージをSMSC側で消去することが認められているためである。 携帯電話のメッセージ・システムとしては、MMSやeメールがトラフィック・チャネルを使用するのに対して、SMSおよび ()(EMS)は、信号チャネルだけで伝送されトラフィック・チャネルは使用しない。 このため、待受状態や通話中でも着信可能であり、メッセージの単価が安く、近代的な携帯電話網では即時性が高い。 また、SMSは、テキストメッセージとしての利用以外に、(MMS)、、、通知、の実装、OTA(オーバー・ザ・エア)プロビジョニング、さらには、各種オンラインサービス・アカウントのなどにも使用されている。 2008年11月、英「」誌は、SMSの世界中での成功に対して、発明者のマッコネンに「 ()」を授与した。 なお、SMSは、技術から生まれた技術者用語で、より一般向けの用語として、当初はテキストメッセージとの呼称が用いられていた。 同じような用語として、MMSに対する、ピクチャーメッセージがある。 しかし現在では、SMSという用語はより一般に浸透していて、普通に使われている。 世界のSMS [ ] SMSは日本を除く全世界で、携帯電話を利用して短いを送受信する際の主流の通信手段である。 規格の主流であるとでは、業界標準の端末認定仕様であるGCFやCDGの基準を満たすにはSMSの実装が必要で、(遠隔測定)用などを除いたほぼ全ての端末が装備している。 世界的には実質この二つのみが標準仕様なのでの開発は困難ではなく、通信やキャリア(通信会社)さらには国をまたいで電話番号のみでのメッセージ交換が可能となっている。 携帯電話のサービスとしては通話よりも安価なため、若い世代を中心にSMSの送受信が頻繁に行われるようになった。 日本のやなどの携帯電話と同様の利用法である。 なお、インターネットメールとの間では、携帯電話事業者がサービスを提供している場合、インターネットから携帯電話へのみ送信可能で、逆方向はできない。 日本国外ではこれが一般的である。 携帯電話の高機能化の過程で、携帯電話のメッセージサービスは、文字の大きさを変えたりや、簡単ななどを入れたりできるようにした EMS や、さらにカラー画像やを入れられるようにした (MMS が後に導入された。 また短文の送受信しか出来ないため、使用言語によって様々なが用いられる。 例えば、の場合は、U( you)、R( are)、BTW( by the way)、WBASAP( write back as soon as possible)、CUL( see you later また後で)などが使われ、(SMSを使用中、SMSで送る)などの言葉も生まれている。 日本のショートメッセージ・サービス [ ] この節は更新が必要とされています。 この節には古い情報が掲載されています。 編集の際に新しい情報を記事にさせてください。 反映後、このタグは除去してください。 ( 2018年9月) 日本でPHS事業でショートメッセージ・サービスが開始されたのは1996年4月(旧DDIポケット)である。 1997年6月には携帯電話でもショートメッセージ・サービスが始まった(ドコモmova)。 現在でも提供しているサービスとしては、、およびのSMS、・()の・SMS(i)、の(1996年11月)・がある。 過去に提供されていたサービスに、(その後のau関西地域など)のPDCサービス (1996年4月開始)、のAメール(1996年12月)、(1997年5月)、、のきゃらトーク・きゃらメール(1997年4月)、の(1997年6月)、(IDO、その後のau関東・中部地域)のPDCサービスで提供されていた(1997年9月)、ソフトバンクモバイル(旧ボーダフォン日本法人)・の(1997年11月)、があった。 1997年後期に新たに三社の携帯電話事業者でショートメール・サービスが開始されると、それまでブームにあったは急速に駆逐され、若者に新たな文字コミュニケーション文化を誕生させた。 日本では電話番号でメッセージを送受信するこのサービスを当初 文字メッセージ・サービスと呼ぶことが多かった。 しかし、ユーザーが第一に求める国内・他事業者のユーザーとのメッセージ交換ができず、SMSの最大の利点である「電話番号のみでのテキスト交換」は失われてしまった。 この為、日本でのメッセージ・サービスとしては、携帯電話事業者所有のドメインをメールアドレスとしたが主に使われた。 第3世代移動通信システムでは、日本の各社も世界標準のかを採用し、これらの端末はSMSの実装がなければ、業界標準の端末認定試験をパスできないのでSMSを実装していたが、ひきつづき日本国内では事業者間を跨いでメッセージの送受信が出来なかった。 そこで、NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、の5社(当時)がそれぞれ提供しているSMSサービスで、2011年より相互接続が開始される事が発表され、実施された。 これは、海外に遅れること約10年にしての達成である。 なお、NTTドコモとソフトバンクモバイルについては当初より国際SMSの提供はしていた。 また2014年5月以降順次、NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウィルコムの携帯電話・PHS事業者6社 当時 では、SMSの絵文字の共通化を行うこととなった。 より、(現・)のPHSでもSMSサービスを開始した。 ただし、これ以後に発売される端末と従来からの端末についてはアップデート対応を行う端末に限定される。 なお、SMS非対応機種への移行は不可としており、SMS対応機種(アップデート対応の端末を含む)については、カタログでは「MNP対応」とも表示されている。 呼称の変化 [ ] 日本に於てはや 2G でSMSサービスが開始された当初は、「文字メッセージ・サービス」( Serviceの訳語)と呼んでいたものの 、多くの利用者は「」・「」・「」・「」などのサービス名で呼んでいた。 5G の途中からはが普及し、・・などのOSでは国際的な呼称の「SMS」を使用していたことから、日本でも次第に「SMS」と呼ばれるようになっていった。 文字数 [ ] 海外では、2000年代後半から2010年代前半で長文のSMSが普及した(コンカチSMS:英語ではConcatenated SMS)。 仕様としては3GPPにおいて最大255分割まで可能としている。 文字数としては17,085文字が最長となる(アルファベットの場合)。 日本国内の携帯事業者では、70文字 日本語文字)の制限がある。 ただし同一キャリア、同一ネットワーク内はそれぞれ文字数の制限が異なる。 KDDIでは2017年5月26日からAUからAUへの送信を全角70文字から670文字まで引き上げた。 NTTドコモでも2017年10月30日からKDDIと同様にドコモ同士は670文字まで引き上げた。 ソフトバンクでは、開始日は不明だが、ケータイとスマートホンは70文字。 iPhoneでは670文字まで送信が可能。 受信はケータイとスマートホンでは、現行機種では670文字までの受信は可能。 いずれのキャリアでも、送信時に規定の文字数を超えると、送信できないメッセージが表示される 分割送信できるわけではない)。 料金としては、70文字までは1通分、134文字までは2通分、それ以上の文字数は67文字ごとに1通分として、最大670文字(10通分)として、1通あたり3円がほとんどで、同一キャリアは送信無料のキャリアやプランもある。 絵文字などは4バイト換算のものもある(4バイトは日本語で2文字分)。 受信では、670文字の表示ができない端末で、長文のSMSを受信した場合は、70文字ごとに分割しての受信となる。 海外からのSMSの受信は、長文のSMSを受けることができる。 その際に1通として受信できるか、分割しての受信は端末の対応による。 日本と国外とのSMS [ ] ソフトバンクモバイルのPHSを除く国内事業者は国際SMSに対応しており、国外事業者とのSMSが可能である。 国外事業者によっては、利用中の国内携帯電話番号を通知しSMSを送れるため、これを経由してNTTドコモの番号を通知してソフトバンクモバイルへ、あるいは逆方向でのSMSを送信できる。 この場合、受取側が国外のSMSを拒否する設定になっていても、国内のSMSと認識し、他キャリアのSMSでも送信可能である。 近年、日本でもSMS配信が可能になったとの認識は、グローバルサービスプロバイダーのなかで進みつつあり、海外発のPINコード送付などのSMSは増えつつある。 日本の各社の比較表 [ ] 各社とも受信料は無料である。 はNTTドコモの一部の機種で、入力および表示ができない。 現行サービスに限る。 電話会社 機種 サービス名 最大文字数 国内送信料 (税込) 国際送信料 (免税) 半角 全角 NTTドコモ 全機種 SMS(ショートメール ) 160 70• mobileタイプ2契約およびを除く旧イー・アクセス契約• movaのサービス終了と同時にサービスは終了したが、現在でもドコモではSMSの事を「ショートメール」と表記する場合があり、利用者にも広く浸透している。 送達通知付も同額。 家族割の契約回線間、またはタイプWシンプルないしはタイプZシンプル、LTEプラン契約かつ送信先がauの場合。 旧ウィルコムで3G・PHSのデュアルモード契約をしていた場合を含む。 新旧契約に関わらず、回線からの送受信は不可。 スマ放題、ホワイトプラン、標準プラン、ゴールドプラン、4G-Sプラン、4G-Sプランベーシックの契約かつ送信先がソフトバンク(ブランドないしはブランドのタイプ1契約タイプ3契約および旧EMOBILE 4G-Sに限る)の場合。 LTE電話プランで送信先が他社の場合、あるいはその他旧イー・アクセスのプラン契約の場合。 LTE電話プランで送信先が旧イー・アクセス契約ないしはタイプ2契約の場合、ないしは他の旧イー・アクセス契約でオプション契約に加入し無償送信が適用される場合。 アップデート対応の端末の場合は、アップデート適用後のもの。 mobileのPHS(タイプ3のPHS回線宛てを含む)宛以外の場合。 mobileのPHS(タイプ3のPHS回線宛てを含む)宛の場合。 アップデート対応でSMSおよびMNPができる端末については、アップデート適用前の端末もこれに含む。 データパックminiの場合。 各種、つなぎ放題各種、メール放題各種などの場合。 問題点 [ ] SMSでを大量に送信する業者がいる。 日本では、SMSでの広告、勧誘が多発したため 、「SMS受信を拒否する」などの設定が出来るようになった。 世界でも「迷惑SMS」は社会問題化しており、中国では2008年9月現在、が規制に乗り出そうとしている。 また、SMSを利用した(smishing)も問題になっている。 日本国内の通信事業者間では、過去に存在したは、ソフトバンク・相互に利用できた。 また、2011年7月13日よりSMSの事業者間接続が開始された。 それ以前はスカイメールを除き、相互にSMSの送受信ができなかったため、各事業者の付与するインターネットを用いたキャリアメールが普及した。 しかし、インターネットメールとの相互利用やなどが可能な反面、通信料は比較的高額で、受信側にも料金が発生する。 また、通信事業者固有のメールアドレスの利用が一般化したことが、の利用を阻害し、事業者の競争が促されない一因となっている。 2011年7月13日より開始されたSMSの事業者間接続でも、無料通信分には含まれるがのようには定額料金での利用ができないため、国外ほど安価にはなっていない。 各社の同一キャリア内プランではSMSの送受信も定額の範囲内としている場合が多い。 オークションやチケット購入サービスなどの際の身元確認の手段として認証コードを携帯電話の番号に基づくSMSを用いて利用者に送付するといった使われ方をすることがあり、その際に身元が確実であっても固定電話での利用者は切り捨てられることになる。 には、SMS認証を代行し、第三者に不正に利用のためのを取得させるなどしたとして、が女性を逮捕している。 注釈 [ ] []• : Matti Makkonen• ITU 2010年10月19日. 2011年9月10日閲覧。 プッシュ型電子メールの多くはSMSを使った実装• : GSM 7-bit default alphabet を参照• (2008. 11)• () : enhanced messaging service• Pamela Clark-Dickson 2011年1月26日. 2013年7月19日閲覧。 日経コミュニケーション. ネットワーク大事典. 2013年12月閲覧。 [ ]• この欠点を補うべく、日本国内の複数の業者()が、国際SMSとキャリア固有のメールアドレスを相互に変換するサービスを提供をしていた。 「」『ケータイ Watch』インプレス 、2011年6月1日• 「」『ITmedia』• 「」『平成11年版 通信白書』 1999年、郵政省• (ITMedia 2004. 25)• :(auお客さまサポートまたは) 以下、SMSを拒否する設定は端末側で設定機能の対応状況による模様。 下記サイトには記載されていない• ( 2008. 8) [ ]• 毎日新聞 2020年6月9日 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (MMS)• (ポケットベル)• (SNS)•

次の

SMS(ショートメッセージサービス)の取扱開始について

ショート メッセージ サービス

概要 [ ] に人の が、のサービスのひとつとしてSMSを発案した。 その後、(ETSI)がSMSを国際標準規格に採用し、ほぼ世界共通(を除く)のサービスとして定着した。 (ITU)によると、全世界で2010年に発信されたSMSの総数は、6兆1000億通に達した。 SMSは、宛に送信する。 と同様 に、携帯電話の電源が入っていれば自動的に受信する。 メッセージは、SMSセンター SMSC を経由して送られる。 送信先が圏外の場合は、受信可能になった時に再度送信される。 前者を使用した場合、最大文字数は160文字である。 を使用した場合、のほかや、など様々な文字を送受信できるが、送受信する端末が対応している必要がある。 この場合は最大70文字となる。 また、SMSはGSM 3GPP系 でもCDMA 3GPP2系 でも、仕様の上での配達保証はない。 すなわち、携帯電話の電源をオフにしていたり圏外にいる期間が、2-3日以上あると、その後、携帯電話を圏内に持っていってもメッセージは残っている保証はない。 これは仕様上、滞留しているメッセージをSMSC側で消去することが認められているためである。 携帯電話のメッセージ・システムとしては、MMSやeメールがトラフィック・チャネルを使用するのに対して、SMSおよび ()(EMS)は、信号チャネルだけで伝送されトラフィック・チャネルは使用しない。 このため、待受状態や通話中でも着信可能であり、メッセージの単価が安く、近代的な携帯電話網では即時性が高い。 また、SMSは、テキストメッセージとしての利用以外に、(MMS)、、、通知、の実装、OTA(オーバー・ザ・エア)プロビジョニング、さらには、各種オンラインサービス・アカウントのなどにも使用されている。 2008年11月、英「」誌は、SMSの世界中での成功に対して、発明者のマッコネンに「 ()」を授与した。 なお、SMSは、技術から生まれた技術者用語で、より一般向けの用語として、当初はテキストメッセージとの呼称が用いられていた。 同じような用語として、MMSに対する、ピクチャーメッセージがある。 しかし現在では、SMSという用語はより一般に浸透していて、普通に使われている。 世界のSMS [ ] SMSは日本を除く全世界で、携帯電話を利用して短いを送受信する際の主流の通信手段である。 規格の主流であるとでは、業界標準の端末認定仕様であるGCFやCDGの基準を満たすにはSMSの実装が必要で、(遠隔測定)用などを除いたほぼ全ての端末が装備している。 世界的には実質この二つのみが標準仕様なのでの開発は困難ではなく、通信やキャリア(通信会社)さらには国をまたいで電話番号のみでのメッセージ交換が可能となっている。 携帯電話のサービスとしては通話よりも安価なため、若い世代を中心にSMSの送受信が頻繁に行われるようになった。 日本のやなどの携帯電話と同様の利用法である。 なお、インターネットメールとの間では、携帯電話事業者がサービスを提供している場合、インターネットから携帯電話へのみ送信可能で、逆方向はできない。 日本国外ではこれが一般的である。 携帯電話の高機能化の過程で、携帯電話のメッセージサービスは、文字の大きさを変えたりや、簡単ななどを入れたりできるようにした EMS や、さらにカラー画像やを入れられるようにした (MMS が後に導入された。 また短文の送受信しか出来ないため、使用言語によって様々なが用いられる。 例えば、の場合は、U( you)、R( are)、BTW( by the way)、WBASAP( write back as soon as possible)、CUL( see you later また後で)などが使われ、(SMSを使用中、SMSで送る)などの言葉も生まれている。 日本のショートメッセージ・サービス [ ] この節は更新が必要とされています。 この節には古い情報が掲載されています。 編集の際に新しい情報を記事にさせてください。 反映後、このタグは除去してください。 ( 2018年9月) 日本でPHS事業でショートメッセージ・サービスが開始されたのは1996年4月(旧DDIポケット)である。 1997年6月には携帯電話でもショートメッセージ・サービスが始まった(ドコモmova)。 現在でも提供しているサービスとしては、、およびのSMS、・()の・SMS(i)、の(1996年11月)・がある。 過去に提供されていたサービスに、(その後のau関西地域など)のPDCサービス (1996年4月開始)、のAメール(1996年12月)、(1997年5月)、、のきゃらトーク・きゃらメール(1997年4月)、の(1997年6月)、(IDO、その後のau関東・中部地域)のPDCサービスで提供されていた(1997年9月)、ソフトバンクモバイル(旧ボーダフォン日本法人)・の(1997年11月)、があった。 1997年後期に新たに三社の携帯電話事業者でショートメール・サービスが開始されると、それまでブームにあったは急速に駆逐され、若者に新たな文字コミュニケーション文化を誕生させた。 日本では電話番号でメッセージを送受信するこのサービスを当初 文字メッセージ・サービスと呼ぶことが多かった。 しかし、ユーザーが第一に求める国内・他事業者のユーザーとのメッセージ交換ができず、SMSの最大の利点である「電話番号のみでのテキスト交換」は失われてしまった。 この為、日本でのメッセージ・サービスとしては、携帯電話事業者所有のドメインをメールアドレスとしたが主に使われた。 第3世代移動通信システムでは、日本の各社も世界標準のかを採用し、これらの端末はSMSの実装がなければ、業界標準の端末認定試験をパスできないのでSMSを実装していたが、ひきつづき日本国内では事業者間を跨いでメッセージの送受信が出来なかった。 そこで、NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、の5社(当時)がそれぞれ提供しているSMSサービスで、2011年より相互接続が開始される事が発表され、実施された。 これは、海外に遅れること約10年にしての達成である。 なお、NTTドコモとソフトバンクモバイルについては当初より国際SMSの提供はしていた。 また2014年5月以降順次、NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウィルコムの携帯電話・PHS事業者6社 当時 では、SMSの絵文字の共通化を行うこととなった。 より、(現・)のPHSでもSMSサービスを開始した。 ただし、これ以後に発売される端末と従来からの端末についてはアップデート対応を行う端末に限定される。 なお、SMS非対応機種への移行は不可としており、SMS対応機種(アップデート対応の端末を含む)については、カタログでは「MNP対応」とも表示されている。 呼称の変化 [ ] 日本に於てはや 2G でSMSサービスが開始された当初は、「文字メッセージ・サービス」( Serviceの訳語)と呼んでいたものの 、多くの利用者は「」・「」・「」・「」などのサービス名で呼んでいた。 5G の途中からはが普及し、・・などのOSでは国際的な呼称の「SMS」を使用していたことから、日本でも次第に「SMS」と呼ばれるようになっていった。 文字数 [ ] 海外では、2000年代後半から2010年代前半で長文のSMSが普及した(コンカチSMS:英語ではConcatenated SMS)。 仕様としては3GPPにおいて最大255分割まで可能としている。 文字数としては17,085文字が最長となる(アルファベットの場合)。 日本国内の携帯事業者では、70文字 日本語文字)の制限がある。 ただし同一キャリア、同一ネットワーク内はそれぞれ文字数の制限が異なる。 KDDIでは2017年5月26日からAUからAUへの送信を全角70文字から670文字まで引き上げた。 NTTドコモでも2017年10月30日からKDDIと同様にドコモ同士は670文字まで引き上げた。 ソフトバンクでは、開始日は不明だが、ケータイとスマートホンは70文字。 iPhoneでは670文字まで送信が可能。 受信はケータイとスマートホンでは、現行機種では670文字までの受信は可能。 いずれのキャリアでも、送信時に規定の文字数を超えると、送信できないメッセージが表示される 分割送信できるわけではない)。 料金としては、70文字までは1通分、134文字までは2通分、それ以上の文字数は67文字ごとに1通分として、最大670文字(10通分)として、1通あたり3円がほとんどで、同一キャリアは送信無料のキャリアやプランもある。 絵文字などは4バイト換算のものもある(4バイトは日本語で2文字分)。 受信では、670文字の表示ができない端末で、長文のSMSを受信した場合は、70文字ごとに分割しての受信となる。 海外からのSMSの受信は、長文のSMSを受けることができる。 その際に1通として受信できるか、分割しての受信は端末の対応による。 日本と国外とのSMS [ ] ソフトバンクモバイルのPHSを除く国内事業者は国際SMSに対応しており、国外事業者とのSMSが可能である。 国外事業者によっては、利用中の国内携帯電話番号を通知しSMSを送れるため、これを経由してNTTドコモの番号を通知してソフトバンクモバイルへ、あるいは逆方向でのSMSを送信できる。 この場合、受取側が国外のSMSを拒否する設定になっていても、国内のSMSと認識し、他キャリアのSMSでも送信可能である。 近年、日本でもSMS配信が可能になったとの認識は、グローバルサービスプロバイダーのなかで進みつつあり、海外発のPINコード送付などのSMSは増えつつある。 日本の各社の比較表 [ ] 各社とも受信料は無料である。 はNTTドコモの一部の機種で、入力および表示ができない。 現行サービスに限る。 電話会社 機種 サービス名 最大文字数 国内送信料 (税込) 国際送信料 (免税) 半角 全角 NTTドコモ 全機種 SMS(ショートメール ) 160 70• mobileタイプ2契約およびを除く旧イー・アクセス契約• movaのサービス終了と同時にサービスは終了したが、現在でもドコモではSMSの事を「ショートメール」と表記する場合があり、利用者にも広く浸透している。 送達通知付も同額。 家族割の契約回線間、またはタイプWシンプルないしはタイプZシンプル、LTEプラン契約かつ送信先がauの場合。 旧ウィルコムで3G・PHSのデュアルモード契約をしていた場合を含む。 新旧契約に関わらず、回線からの送受信は不可。 スマ放題、ホワイトプラン、標準プラン、ゴールドプラン、4G-Sプラン、4G-Sプランベーシックの契約かつ送信先がソフトバンク(ブランドないしはブランドのタイプ1契約タイプ3契約および旧EMOBILE 4G-Sに限る)の場合。 LTE電話プランで送信先が他社の場合、あるいはその他旧イー・アクセスのプラン契約の場合。 LTE電話プランで送信先が旧イー・アクセス契約ないしはタイプ2契約の場合、ないしは他の旧イー・アクセス契約でオプション契約に加入し無償送信が適用される場合。 アップデート対応の端末の場合は、アップデート適用後のもの。 mobileのPHS(タイプ3のPHS回線宛てを含む)宛以外の場合。 mobileのPHS(タイプ3のPHS回線宛てを含む)宛の場合。 アップデート対応でSMSおよびMNPができる端末については、アップデート適用前の端末もこれに含む。 データパックminiの場合。 各種、つなぎ放題各種、メール放題各種などの場合。 問題点 [ ] SMSでを大量に送信する業者がいる。 日本では、SMSでの広告、勧誘が多発したため 、「SMS受信を拒否する」などの設定が出来るようになった。 世界でも「迷惑SMS」は社会問題化しており、中国では2008年9月現在、が規制に乗り出そうとしている。 また、SMSを利用した(smishing)も問題になっている。 日本国内の通信事業者間では、過去に存在したは、ソフトバンク・相互に利用できた。 また、2011年7月13日よりSMSの事業者間接続が開始された。 それ以前はスカイメールを除き、相互にSMSの送受信ができなかったため、各事業者の付与するインターネットを用いたキャリアメールが普及した。 しかし、インターネットメールとの相互利用やなどが可能な反面、通信料は比較的高額で、受信側にも料金が発生する。 また、通信事業者固有のメールアドレスの利用が一般化したことが、の利用を阻害し、事業者の競争が促されない一因となっている。 2011年7月13日より開始されたSMSの事業者間接続でも、無料通信分には含まれるがのようには定額料金での利用ができないため、国外ほど安価にはなっていない。 各社の同一キャリア内プランではSMSの送受信も定額の範囲内としている場合が多い。 オークションやチケット購入サービスなどの際の身元確認の手段として認証コードを携帯電話の番号に基づくSMSを用いて利用者に送付するといった使われ方をすることがあり、その際に身元が確実であっても固定電話での利用者は切り捨てられることになる。 には、SMS認証を代行し、第三者に不正に利用のためのを取得させるなどしたとして、が女性を逮捕している。 注釈 [ ] []• : Matti Makkonen• ITU 2010年10月19日. 2011年9月10日閲覧。 プッシュ型電子メールの多くはSMSを使った実装• : GSM 7-bit default alphabet を参照• (2008. 11)• () : enhanced messaging service• Pamela Clark-Dickson 2011年1月26日. 2013年7月19日閲覧。 日経コミュニケーション. ネットワーク大事典. 2013年12月閲覧。 [ ]• この欠点を補うべく、日本国内の複数の業者()が、国際SMSとキャリア固有のメールアドレスを相互に変換するサービスを提供をしていた。 「」『ケータイ Watch』インプレス 、2011年6月1日• 「」『ITmedia』• 「」『平成11年版 通信白書』 1999年、郵政省• (ITMedia 2004. 25)• :(auお客さまサポートまたは) 以下、SMSを拒否する設定は端末側で設定機能の対応状況による模様。 下記サイトには記載されていない• ( 2008. 8) [ ]• 毎日新聞 2020年6月9日 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (MMS)• (ポケットベル)• (SNS)•

次の