安田 章 大 ギター。 安田章大が変わった!?ピアスとサングラスがいかつい&髪型激変の理由は…

白石麻衣、安田章大との結婚で卒業決意?熱愛スキャンダルなしの噂を検証!

安田 章 大 ギター

そんな安田章大さんの愛車は、ベンツだそうです。 本当なのでしょうか? また、使っているギターの種類は何で、値段はいくらなのでしょう? やはり、ギターの値段は高いのでしょうか? そのようなことを、デビューのきっかけや家族構成などを含め、さっそく調べてみました。 プロフィール 名前 安田章大 生年月日 1984年9月11日 出身 兵庫県尼崎市 身長 164. 『浪花いろは節』にてCDデビュー。 2006年 ソロコンサートを行う。 2008年 一人舞台『818』に出演。 一人五役挑戦。 2009年 舞台『カゴツルベ』にて主演。 2011年 舞台『トラストいかねぇ』にて主演。 2012年 『ドラゴン青年団』にて連続ドラマ単独主演。 2013年 映画『ばしゃ馬さんとビッグマウス』にて単独初主演。 2016年 映画『スキャナー 記憶のカケラを読む男』に出演。 2017年 舞台『俺節』にて主演。 デビューのきっかけは? 安田章大さんの家族構成は、ご両親と、お姉様がいらっしゃるそうで、4人家族だそうです。 その安田章大さんのお姉さまのお名前は、奈緒さん、なのだそうです。 すでに、ご結婚されていらっしゃるそうです。 また、ご実家では、3匹のワンちゃんを飼われていらっしゃるのだそうで、それぞれのお名前は、 ピースちゃん、リアリーちゃん、ミルちゃん、なのだそうです。 また、安田章大さん自身も、実は、動物好きだそうで、幼少期の夢は、動物園の飼育員、だったそうです。 その安田章大さんの出身小学校は、七松小学校、なのだそうです。 出身中学校は、日新中学校、だそうです そして、1997年に、アイドルグループの『嵐』の相葉雅紀さん(当時はまだジャニーズJr. )のファンだったという、安田章大さんのお姉様が、勝手に履歴書を現事務所に送られたのだそうです。 そのため、安田章大さんご本人は、まったく乗り気ではなかったそうです。 よくあるパターンでしょうか? しかし、お母様に、「受かるわけ無いのだから、行ってみたら」、とおっしゃられて発奮され、オーディションを受けられたのだそうです。 そして、その結果は、見事に、合格されたそうです。 合格されてしまえば、きっかけは何でも良いのですよね~。 その安田章大さんのジャニーズJr. 時代は、『関西ジャニーズJr. 』の中核だった渋谷すばるさん、横山裕さん、村上信五さん、が前に出られていらっしゃる後ろで、主に活動されたのだそうです。 それから、同期のメンバーで組まれたユニット『BIGWEST』に参加されたそうです。 また、内博貴さん、丸山隆平さん、大倉忠義さん、とご一緒に『V. WEST』というバンド形式のユニットも組まれ、そこで、リーダー兼ギタリストをされていらっしゃったのだそうです。 安田章大さんは、実は、学業優秀だったそうで、中学校時代は、3年生までずっと、15位以内、に入り続けられたそうです。 さらに高校時代には、学年1位、を取られたこともあったのだそうです。 そうだったのですね~。 その安田章大さんの高校は、尼崎市立尼崎高等学校、にご入学された後、同じグループの大倉忠義さんが通われていらっしゃった、大阪商業大学高等学校、に転校されたそうです。 けれども、その高校には6年間在籍されたにも関わらず、3年生時から通えられなくなってしまわれ、除籍、という形で終えられてしまわれたのだそうです。 残念ですね。 すでにお仕事が忙しかったのでしょうね~。 そして、2004年に、『関西Jr. 一度は辞めたいと悩んでいた? そんな安田章大さんも、実は、ジャニーズJr. 時代に、辞めたいと悩まれた時期があったそうです。 けれども、安田章大さんが辞められなかったのは、ファンレターのおかげだったのだそうです。 当時は、ファンの方から直接ファンレターを受け取れるような場があったそうで、雨が降っていたりしても、どんな天候でも、待っていてくれるファンの方がいらっしゃったそうです。 そのようなファンの方のおかげで、思いとどまれたのだそうです。 「ありがたい」、と安田章大さんご本人は、後に語られたそうです。 良い話ではないでしょうか? ファンの方は、どんどん応援してあげましょう。 ギブソン・レスポールと、ストラトキャスター、がメインで、グレッチなども、使われるみたいですね~。 Yairi、を使われるのだそうです。 それらのギターの値段は、相場からすると、30万円~40万円ぐらいのもの、だそうで、主に、その価格帯のギターを使われていらっしゃるそうです。 愛車はベンツ!? 安田章大さんの乗られていらっしゃる愛車は、ベンツ、だそうです。 本当なのでしょうか? それは、ファンの方が、2014年に、渋谷で信号待ちをされていらっしゃる安田章大さんの姿を目撃されたのだそうで、その時に乗られていらっしゃったのが、ベンツ、だったのだそうです。 そして、片手運転で、運転はとても荒かったのだそうです。 しかしながら、その目撃されたファンの方が、車にあまり詳しくなかったそうで、車種まではわからなかったそうです。 いずれにせよ、どんな車でも、安全運転でお願いします。 そんな安田章大さんの今後の益々のご活躍に期待ですね~。

次の

安田章大はベンツなの!?車種は?使用ギターの値段は?種類は?

安田 章 大 ギター

おそらく一番はジャニーズのバラエティ担当、だろう。 あるいは錦戸や横山、大倉などの俳優としての活躍もめざましい。 しかし冠番組で音楽メインのバラエティを持つほど、実はその楽曲や音楽に対する姿勢への評価も高いのが彼らの魅力だ。 直近ではメインボーカルである渋谷がソロ活動としてカバーアルバムを発売、それに伴うツアーをするなど、歌唱力も充分評価されているが、今回は彼を支える他のメンバーの話をしたい。 安田章大。 個人では映画やドラマなどで俳優、更にバラエティのレギュラーも幾つか持っているが、 他のメンバーに比べるとどこか目立たない。 性格としても温厚で天然、背格好の影響もあって可愛らしいと言われがちだが、ひとたびギターを手にしたとき、その雄々しさを垣間見ることができる。 グループ名義からソロ曲まで、作曲はもちろん作詞も行なう。 更に凄いのは、自分のカラーのみに限らず 「作詞者のニーズに合わせた幅広い曲作り」ができるところだ。 安田章大 作詞作曲 Dye D? まずは安田自身が作詞作曲を行なったグループ名義のダンス曲、 『Dye D? 』を見てほしい。 But I know that I need you now. So trust me. You don't even know how to love me. Cause you've got know who on earth I am. I just can not tell what should I do. So I'm wandering through every night alone. You don't even know what I'm doing. But I'm fallin' in forbidden love with you. 闇夜という世界観を想起させる曲調で、ダンス曲としての格好良さもさることながら、メロディーとしては途中で転調したり、巻戻るようなアレンジがなされていたりする。 大倉に台詞パートがあるなど、歌割りの細部にまで安田自身が拘って制作した曲だ。 錦戸亮との共作 アイスクリーム 次に錦戸との共作であるユニット曲 『アイスクリーム』。 企画として、錦戸に 「かわいい曲」をやらせるという名目の上で横山が安田と組ませた末に出来上がったのが、恋をアイスクリームに喩えた可愛らしいミディアムテンポのポップな曲。 錦戸は 「可愛いといってもあざといものはやりたくない」と言ってこの曲を作った。 まず全体的に錦戸先行で作り、それを安田が手直ししていった形だという。 普段からソロ曲を自ら作詞作曲している二人のユニットだからこそ可能な、まさに錦戸のいうただ 「あざとい」のではなく、かわいいだけでは終わらせない技巧に溢れている。 しかし全体のパフォーマンスとしてはきちんと 「かわいい」として仕上がっているところがプロなのだ。 渋谷すばるが作詞のdesire 更に、シングル初回特典映像として収録されたユニット曲のうちのひとつ、渋谷が作詞、安田が作曲をした 『desire』。 音源化はされていないものの、隠れた名曲のひとつとして数えられている。 安田は作曲時、一緒にユニットを組む相手のことを考えながら曲を作っているというが、近年ソロでも披露されている、独特の高さと力強さを持った渋谷の歌声の切なさにぴったり合う曲になっている。 彼の歌声を活かすために、余計な技は必要ないということかもしれない。 メッセージは真っ直ぐだが、言葉の使い方が独特なのが渋谷らしい。 ライブで聴くのも勿論良いが、CDで歌詞をじっくり見ながら世界観に浸りたい曲でもあるはずだ。 横山裕が作詞 クルトン 最後に、グループ名義曲だが作詞を横山、作曲を安田が担当した 『クルトン』。 八周年イベントの企画として 「センター曲」を勝ち取った横山が自ら作詞、安田が曲をつけた。 タイトル通り、歌詞の内容もそのままであったりする。 バラエティ担当として、村上と共にそのように振る舞うことが多い。 クルトンとはポタージュスープなどに浮かんでいる、カリッとした賽の目状のパンである。 彼はあくまで自分は主役ではないが、しかしメインをうまく引き立てられる存在であることを、こんなふうに表現したのだ。 安田はこれに対し、ポトンとクルトンがスープに落とされるような音から始め、繰り返しを多用するファンタジックな歌詞イメージに合わせて、おもちゃ箱のようなポップさとかわいらしい電子音でメロディーをつくり、転調なども使ってメリハリの効いた飽きさせない曲にした。 音源化されていないものを含め、横山はソロ曲などでもたびたび自分で作詞をしては、安田に作曲を頼んでいる。 横山にとって安田の曲作りは、まさに自分を活かしてくれるという信頼があったのだろう。 横山だけではなく、錦戸も何度か自分で作っていた曲を安田に手伝ってもらい、共作となった例がある。 そして渋谷も、大倉、丸山を加えた四人でのユニット 「すばるBAND」としての楽曲では毎回自分で詞を書き、安田が作曲している。 様々な曲を創作できる安田章大の実力 このように、グループ・ソロ・ユニットを問わず、他のメンバーとも曲作りを多くしている安田は、ポップでキャッチーな曲やギターかき鳴らすバンドサウンド、セクシーなダンス曲からガヤが入るようなネタ曲まで、実に様々な楽曲を発表してきた。 それは彼の、音楽やグループ、メンバーに対する愛やこだわりから生まれる無限の可能性のうちのひとつに過ぎない。 彼にとっては日々の経験やメンバーとの積み重ねが、更にその幅を広げる手段なのだ。 相手や目的によってニーズに合わせ、カラーを変えて作品づくりができる、それが安田の、まだ世間にはそれほど知られていないであろうアーティストとしての部分である。 今後も彼は、様々な色の曲をメンバーたちと作っていくだろう。 七色に留まらず変化し続ける彼の魅力的な楽曲とパフォーマンスに、ぜひ注目してみてほしい。 TEXT:祈焔.

次の

安田章大の年収がヤバい!手取りは?関ジャニって…(笑)

安田 章 大 ギター

おそらく一番はジャニーズのバラエティ担当、だろう。 あるいは錦戸や横山、大倉などの俳優としての活躍もめざましい。 しかし冠番組で音楽メインのバラエティを持つほど、実はその楽曲や音楽に対する姿勢への評価も高いのが彼らの魅力だ。 直近ではメインボーカルである渋谷がソロ活動としてカバーアルバムを発売、それに伴うツアーをするなど、歌唱力も充分評価されているが、今回は彼を支える他のメンバーの話をしたい。 安田章大。 個人では映画やドラマなどで俳優、更にバラエティのレギュラーも幾つか持っているが、 他のメンバーに比べるとどこか目立たない。 性格としても温厚で天然、背格好の影響もあって可愛らしいと言われがちだが、ひとたびギターを手にしたとき、その雄々しさを垣間見ることができる。 グループ名義からソロ曲まで、作曲はもちろん作詞も行なう。 更に凄いのは、自分のカラーのみに限らず 「作詞者のニーズに合わせた幅広い曲作り」ができるところだ。 安田章大 作詞作曲 Dye D? まずは安田自身が作詞作曲を行なったグループ名義のダンス曲、 『Dye D? 』を見てほしい。 But I know that I need you now. So trust me. You don't even know how to love me. Cause you've got know who on earth I am. I just can not tell what should I do. So I'm wandering through every night alone. You don't even know what I'm doing. But I'm fallin' in forbidden love with you. 闇夜という世界観を想起させる曲調で、ダンス曲としての格好良さもさることながら、メロディーとしては途中で転調したり、巻戻るようなアレンジがなされていたりする。 大倉に台詞パートがあるなど、歌割りの細部にまで安田自身が拘って制作した曲だ。 錦戸亮との共作 アイスクリーム 次に錦戸との共作であるユニット曲 『アイスクリーム』。 企画として、錦戸に 「かわいい曲」をやらせるという名目の上で横山が安田と組ませた末に出来上がったのが、恋をアイスクリームに喩えた可愛らしいミディアムテンポのポップな曲。 錦戸は 「可愛いといってもあざといものはやりたくない」と言ってこの曲を作った。 まず全体的に錦戸先行で作り、それを安田が手直ししていった形だという。 普段からソロ曲を自ら作詞作曲している二人のユニットだからこそ可能な、まさに錦戸のいうただ 「あざとい」のではなく、かわいいだけでは終わらせない技巧に溢れている。 しかし全体のパフォーマンスとしてはきちんと 「かわいい」として仕上がっているところがプロなのだ。 渋谷すばるが作詞のdesire 更に、シングル初回特典映像として収録されたユニット曲のうちのひとつ、渋谷が作詞、安田が作曲をした 『desire』。 音源化はされていないものの、隠れた名曲のひとつとして数えられている。 安田は作曲時、一緒にユニットを組む相手のことを考えながら曲を作っているというが、近年ソロでも披露されている、独特の高さと力強さを持った渋谷の歌声の切なさにぴったり合う曲になっている。 彼の歌声を活かすために、余計な技は必要ないということかもしれない。 メッセージは真っ直ぐだが、言葉の使い方が独特なのが渋谷らしい。 ライブで聴くのも勿論良いが、CDで歌詞をじっくり見ながら世界観に浸りたい曲でもあるはずだ。 横山裕が作詞 クルトン 最後に、グループ名義曲だが作詞を横山、作曲を安田が担当した 『クルトン』。 八周年イベントの企画として 「センター曲」を勝ち取った横山が自ら作詞、安田が曲をつけた。 タイトル通り、歌詞の内容もそのままであったりする。 バラエティ担当として、村上と共にそのように振る舞うことが多い。 クルトンとはポタージュスープなどに浮かんでいる、カリッとした賽の目状のパンである。 彼はあくまで自分は主役ではないが、しかしメインをうまく引き立てられる存在であることを、こんなふうに表現したのだ。 安田はこれに対し、ポトンとクルトンがスープに落とされるような音から始め、繰り返しを多用するファンタジックな歌詞イメージに合わせて、おもちゃ箱のようなポップさとかわいらしい電子音でメロディーをつくり、転調なども使ってメリハリの効いた飽きさせない曲にした。 音源化されていないものを含め、横山はソロ曲などでもたびたび自分で作詞をしては、安田に作曲を頼んでいる。 横山にとって安田の曲作りは、まさに自分を活かしてくれるという信頼があったのだろう。 横山だけではなく、錦戸も何度か自分で作っていた曲を安田に手伝ってもらい、共作となった例がある。 そして渋谷も、大倉、丸山を加えた四人でのユニット 「すばるBAND」としての楽曲では毎回自分で詞を書き、安田が作曲している。 様々な曲を創作できる安田章大の実力 このように、グループ・ソロ・ユニットを問わず、他のメンバーとも曲作りを多くしている安田は、ポップでキャッチーな曲やギターかき鳴らすバンドサウンド、セクシーなダンス曲からガヤが入るようなネタ曲まで、実に様々な楽曲を発表してきた。 それは彼の、音楽やグループ、メンバーに対する愛やこだわりから生まれる無限の可能性のうちのひとつに過ぎない。 彼にとっては日々の経験やメンバーとの積み重ねが、更にその幅を広げる手段なのだ。 相手や目的によってニーズに合わせ、カラーを変えて作品づくりができる、それが安田の、まだ世間にはそれほど知られていないであろうアーティストとしての部分である。 今後も彼は、様々な色の曲をメンバーたちと作っていくだろう。 七色に留まらず変化し続ける彼の魅力的な楽曲とパフォーマンスに、ぜひ注目してみてほしい。 TEXT:祈焔.

次の