時候 の 挨拶 6 月。 6月の時候の挨拶上旬中旬下旬のビジネスでも使える文例集

6月の時候の挨拶|ビジネス・結婚式・お手紙に使える例文【上旬・中旬・下旬】 | 時候の挨拶と季節の挨拶

時候 の 挨拶 6 月

手紙の書き出しで使われる時候の挨拶用語の「候」と同じような使い方で 『 みぎり』 という言葉を使う場合もありますが、「初夏の候」と「初夏のみぎり」は全く同じ意味です。 ただ、『みぎり』は女性がよく用いてきた言葉という違いだけです。 「候」と『みぎり』のどちらを使ってもほとんど問題にはなりませんが、ビジネス文書の場合は『みぎり』は女性言葉であるということを覚えておくといいと思います。 また、「候」の読み方ですが、基本的には「 こう」と読みます。 初夏の候は「しょかのこう」と読みます。 時候の挨拶の「候」は「そうろう」ではなく「こう」と読みます。 麦にとってはこのころが刈り入れどきであり、稲でいう秋にあたるわけで、この名がつけられています。 (5月〜6月の茶色くなった麦畑を、秋のススキにたとえた季語ともいわれています。 ) 「プライベート」6月の手紙の書き出し• 梅雨前線が近づいてきました。 (お変わりなくお過ごしでしょうか)。 梅雨入りのニュースが気になるこのごろですが、(毎日お元気でご活躍のことと存じます)。 梅雨空のうっとうしい季節となりました。 (お元気でしょうか)。 梅雨空が恨めしいこのごろとなりましたが、(いかがお過ごしでしょうか)。 連日の雨も一休み、きょうは久しぶりの青空です。 (貴地方ではいかがでしょうか)。 毎日毎日よくもまあ飽きずに降るものですね。 (お元気でいらっしゃいますか)。 庭のあじさいが、雨に美しく濡れています。 (お健やかにお過ごしでしょうか)。 梅雨明けが待たれる今日このごろですが、(ますますお健やかにお過ごしのことと存じます)。 梅雨が上がったとたん、真夏日を思わせるような毎日が当地ではつづいております。 梅雨明けの空がすがすがしい季節となりました。 (お健やかにお過ごしのことと存じます)。 今年はから梅雨だそうで、水不足が心配です。 (お変わりありませんか)。 山々の緑も、雨に打たれて色濃くなりました。 (お元気でお過ごしのことと存じます)。 色鮮やかに咲く紫陽花のように、(生気あふれる日々をお過ごしのことと存じます)。 梅雨期に入り、気の滅入るような今日このごろ、…。 ここ数日、梅雨寒の日が続いていますが、…。 うっとうしい雨の日が続いていますが、…。 ここ二、三日、梅雨の中休みに入り、久しぶりに青空が広がっていますが、…。 今年は空梅雨らしく、早くも真夏を思わせる強い日ざしの日が多くなりましたが、…。 梅雨のない御地がほんとうにうらやましく…。 田植えも終わり、さわやかな風が青田を渡る季節になりましたが、…。 梅雨の晴れ間にのぞく青空に夏らしさを感じていますが、…。 衣替えの季節となりました。 衣替えを迎え、道行く人の装いにもしろがめだつようになりましたが、…。 せめて気分だけでもうっとうしさを忘れようと、新しいレインコートを買いました。 今年も、早くも半分を過ぎようとしていますが、…。 街はすっかり夏の装いに変わり、活気に満ちてきましたが、…。 夏本番も、もうすぐですね。 梅雨寒ながら、吹く風には夏の匂いを感じる今日このごろ、…。

次の

時候の挨拶6月の上旬・中旬・下旬の書き出しと結びの例文集!

時候 の 挨拶 6 月

6月の時候の挨拶として、ビジネスで使用するような改まった漢語調の言葉と少し砕けた言葉を使用する口語長という2種類があります。 ここでは、6月にビジネスの場で改まったときに使用する漢語調の「初夏の候」という言葉を紹介します。 上旬の頃は、まだ梅雨入り前になりますので、「これから雨が多くなり過ごしにくくなりますね」という意味を込めた文や結び言葉を使用すると良いでしょう。 漢語調として、挙げられる語句は「~の候」や「~のみぎり」という使い方があります。 ~の部分に6月の時候の挨拶として相応しい言葉が入ります。 そこで、漢語調と口語調に分けていくつか文例と結び言葉の使い方を順番に見てみましょう。 6月は梅雨入り前の夏の初めというところがポイントになります。 6月の時候の挨拶として、ビジネスに使用する漢語調の言葉は先程も紹介した通り「入梅の候」という言葉になります。 この言葉を使用する際には、雨の多さと過ごしにくさが一層増したことで相手の状態が変わりがないかを心配する内容だといいでしょう。 6月の梅雨の時期は体の節々が痛くなったり、気圧の変化が激しく持病や精神疾患を持っている方には、より一層つらい時期となっていきます。 これらを含めた内容で、文章を作り上げると相手も心配してくれている気持ちがより伝わってくるでしょう。 過ごしにくい時期だからこそ、あえて明るい表現を使用することもお勧めします。 その文例や結び言葉の内容は後に紹介します。 まずは6月上旬から中旬にかけての漢語調の言葉を紹介していきましょう。

次の

時候の挨拶「6月」上旬・中旬・下旬で使える例文と手紙の形とは?

時候 の 挨拶 6 月

Contents• 6月の時候の挨拶文の書き出しは? まず、6月の季語として有名なのが 「梅雨」です。 春は桜前線が北上しますが、 6月には 梅雨前線の影響により長雨が続く 場合が多くあります。 そのため、 「梅雨、 長雨」 などのまず、雨に関連する季語があります。 また、6月でも 梅雨入りするまでは初夏の日差しを感じる時期でもあります。 そのため、 「初夏、 向夏、 青葉、 薄暑」 といった初夏を連想させる季語もあります。 そしてこの時期特有の季語もあります。 それが 「麦秋」です。 漢字のイメージからすると 秋を感じさせるような季語ですが、 これは 「麦の収穫時期である 5月末から6月4日までの時期」を示しています。 そのため 6月上旬に使える季語です。 これらの季語に 「~の候」、 「~の折」、 「~のみぎり」 を続けて、 健康を確認する文章を書くことで 時候の挨拶文の書き出しとなります。

次の