西銀座チャンスセンター 買い方。 西銀座チャンスセンターの当たる窓口は?【早わかり版】

「西銀座チャンスセンター」で宝くじを購入する前に知っておきたい基礎知識

西銀座チャンスセンター 買い方

今回のジャンボ宝くじ券が もっと楽しくなる買い方をご紹介します。 最低30枚の購入が必要で、「 バラで連番3枚を10通り買う」という買い方です。 当チャンスセンターの窓口で『 3連バラ30枚 』とお申し出ください。 特に前後賞の金額が大きい今回のジャンボのようなケースでは面白いと思います。 (3枚10通りのセットの中に、まれに3枚連番になっていないケースがある事をお含みおきください。 ) [ その2 ] 枚数限定『 福連100 』 30,000円(100枚セット) 下2桁00~99の番号が揃っている 「連番を満喫する買い方」です。 組番号は10種類揃っている 「連番」ですので1等と1等の前後賞の両方をねらえます。 [ その3 ] 枚数限定『 福バラ100 』 30,000円(100枚セット) 下2桁00~99の番号が揃っていることに加えて、さらに 組番号が100種類揃っている 「バラがたっぷり楽しめる買い方」です。 上記[その2]と同様、購入時点で 6千円(ミニ:1万3千円)の当せん金が確保できます。 「福バラくじ」は、特別に用意するバラのセットです。 とっておきの買い方•

次の

西銀座チャンスセンター混雑状況と空いている時間とは? | rinrin's happy blog

西銀座チャンスセンター 買い方

ジャンボ宝くじに大きな期待を寄せている方の中で、高額当選で有名な「西銀座チャンスセンター」に興味がある方は多いですよね。 特に毎年12月、年末ジャンボ宝くじが発売される季節になると、西銀座チャンスセンターの窓口から続く長蛇の列がニュース等でもよく話題になりますよね。 宝くじが当たると有名な西銀座チャンスセンターを通りかかりました。 それゆえ、西銀座チャンスセンターにはドラマもたくさん!購入したいからと遠方より足を運ばれる方もたくさんおられます。 どうせ同じ費用をかけて購入するなら、過去にたくさんの人が当選した実績があるところで購入したいと思うのは当然のことですよね。 この記事では、西銀座チャンスセンターについて詳しい情報をご紹介するとともに、西銀座チャンスセンターに足を運ぶことができない方々にオススメの購入代行サービスについてもご紹介していきたいと思います。 西銀座チャンスセンターでは、前回2019年12月の年末ジャンボでも 1等前後賞合わせて10億円が2本出たほか、2019年8月のサマージャンボでも7億円、2019年5月のドリームジャンボでも5億円が出るなど、令和の時代になっても高額当選者を輩出し続ける大人気の宝くじ売り場です。 平成〜令和にかけて億万長者になった方の数は、計502名で総額832億円! ここ数年間だけでも、1億円以上の高額当選が多数出ています。 ここまで当選実績がある宝くじ売り場は聞いたことがないという方が大多数なのではないでしょうか? 住所:〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目1 西銀座デパート できれば電車のほうが、道路状況に左右されずに帰宅できるため良いかと思いますが、車で行かれる方は、専用の駐車場などがないため、近くの駐車場を利用されることをお勧めします。 入口は、NTT銀座ビルと、道路を挟んだ銀座メディカルビルの2か所にあり、地下駐車場です。 30分ごとに310円• 6時間から12時間で3,600円• 12時間越えから18時間未満で3,600円+30分ごとに310円• 18時間から24時間で7,200円 支払い方法 精算機では、現金・Suica・PASMO・各種クレジットカード・プリペイドカードでのお支払いが可能です。 ジャンボ最終日などは混雑する可能性もありますので、車の方の場合には駐車場の料金も事前に把握しておくことをおすすめします。 西銀座チャンスセンターでのジャンボ宝くじの買い方は? 縦バラ 同ユニットの組数と番号が連番になるように選んで買う方法です。 この方法なら、バラでの購入でも前後賞が狙えます。 西銀座チャンスセンターでは、イベントのジャンボなどで30枚セットで縦バラ販売が行われています。 特連くじ 下二桁00〜99の番号が揃っている連番を満喫する方法です。 100枚購入する必要があり、組番号は10種類、連番であるため前後賞も狙えます。 特バラくじ 下二桁00〜99の番号が揃っている上に、組番号が100種類揃っている買い方です。 西銀座チャンスセンターでは、特別に用意されるバラのセットとなっているため、売り切れることがあります。 その他さまざまな買い方があるため、西銀座チャンスセンターにて選んでみてくださいね! 買い方を選ぶこともまた、ジャンボ宝くじ購入の醍醐味と言えます。 西銀座チャンスセンターを利用する際の注意点 西銀座チャンスセンターでは、通信販売は行われておりませんので、現金を送り「〇〇を〇〇でください」とお願いしても、宝くじが送られてくることはありません。 そのため、通常は西銀座チャンスセンターに直接出向いて購入する必要がありますが、 遠くに住んでおられる方や、忙しくて買いに行く暇がないという方は、パソコンやスマホからネットで注文できる購入代行サービスを利用することも可能です。 コロナの影響で不要不急の外出は控えるよう呼びかけられている今、ネットで購入できるというのはとても有難いですよね! 西銀座チャンスセンターには宝くじの購入窓口が6つあるのですが、 中でも特に人気があるのは1番窓口です。 西銀座チャンスセンターの一番窓口が長蛇の列です??? とりあえず並んで買ってみます????? 当たりますよう?????? — みっちぃ iino1223 日本一当たる宝くじ売り場として有名な西銀座チャンスセンター1番窓口が長蛇の列で『そんなに並んでまで買いたいの?どこで買っても確率一緒だよw』とつぶやきながら並んで買った。 — のしば zoysiagrass2 お客様の3割が、この1番窓口で宝くじを購入されているとのことで、 年末ジャンボ宝くじの発売期間では、最高で6時間の待ち時間となる列ができてしまうほどに人気があります。 ちなみに、2番人気はラッキーセブンということで、7番窓口が人気があります。 「当たりますように」は西銀座チャンスセンターがはじまり?! 宝くじ売り場で宝くじを買うと、「当たりますように〜」と言っていただいた経験をお持ちという方も多いのではないでしょうか? 「当たりますように」なんて、言ってもらえるだけでなんだか嬉しいですよね。 実は、この「当たりますように」は、西銀座チャンスセンターがはじまりである可能性が高いようです。 公式サイトにも、ありがとうございましたの後に続けて「当たりますように!」とお見送りするのは西銀座チャンスセンターならではだと記載がありました。 「宝くじ購入代行サービス」と聞くと、適当にざっと購入してそれが配られる・・・みたいなイメージがあるかもしれませんが、実はけっこう融通がきくんです。 大安吉日の購入はもちろんのこと、よく当たりが出る窓口や好きな窓口などというように窓口指定のサービスもあったりします。 自分が窓口で購入する時と同じように、購入希望の日にち(選択制)や買い方(連番/バラの選択)、希望の窓口で購入してもらうことができるのは嬉しいですよね。 また、ネットから24時間いつでも注文することができるので、コロナで外出を控えているという方や、毎日忙しくてなかなか時間の都合がつかない方でも利用しやすく、とても便利です。 ネット購入代行サービスはどこで申し込める? さて、西銀座チャンスセンターの宝くじをネット購入できることはわかりましたが、実際どこで注文できるのでしょうか? 普段楽天やアマゾンなどでよくネットショッピングを利用しているという方でも、宝くじをネットで注文したことはない…という人の方が多いと思います。 ドリームウェイ 株式会社ドリームウェイ(東京都港区)による宝くじのネット購入代行サービス。 実は私が初めて使った購入代行サービスでもあります。 2015年からサービスを開始した老舗の業者さんで、注文後の対応などもスムーズで安心感がありますよ。 こちらはまだ比較的新しい業者さんですが、ドリームウェイと違って何枚からでも送料無料で、また注文サイトがシンプルで見やすく、注文方法もわかりやすいので初めての人に特にオススメです。 購入枚数(ドリームジャンボ、ドリームジャンボミニの連番やバラを選択)• ギフト用かどうか• 購入日(大安吉日の中から選ぶ)• 窓口(好きな窓口を選ぶ)• 住所氏名、コメントなど たったこれだけの入力でOKです! 以下のようなフォームが用意されていますので、自分の希望に沿って入力していきます。 お支払いは、転売防止のため銀行振り込みのみとなっています。 代行購入された宝くじの送付は、万が一郵便物が届かなかった場合に、実損額を賠償する損害補償付き書留で配送されますので、安心できます。 また、 ギフト用を選ぶと専用封筒で指定の人に送付してくれるため、家族や大切な人に夢をプレゼントすることもできます! ちなみに送られてきた宝くじの番号は、購入者からは分からないという旨を記載してくれるところなども親切ですよね。

次の

とっておきの買い方|西銀座チャンスセンター

西銀座チャンスセンター 買い方

西銀座チャンスセンターとは? 「西銀座チャンスセンター」は、宝くじファンなら誰でも知っている宝くじ売り場。 ドリームウェイでは、この「西銀座チャンスセンター」で皆さまに代わり宝くじを購入いたします。 皆さまの大きな夢の実現をサポートいたします。 「西銀座チャンスセンター」とは 「 西銀座チャンスセンター」のルーツは、昭和35(1960)年にオープンした、日本劇場横にあった「宝くじチャンスセンター」。 日劇閉館に伴い昭和56(1981)年に西銀座の数寄屋橋交差点近くの現在地へ移転し「西銀座デパートチャンスセンター」としてオープンしました。 その後、平成21(2009)年に現在の 「西銀座チャンスセンター」に改名し、平成23(2011)年のリニューアルを経て現在の形になりました。 多くの億万長者を生み続けていることで知られる他、ジャンボ宝くじが発売されると、テレビなどに紹介されることも多く、日本で最も有名な宝くじ売り場としても知られています。 その「西銀座チャンスセンター」の6つある窓口で最も人気があるのは、1番窓口。 平成4(1992)年頃、あるジャンボ宝くじの発売初日に1番窓口で購入した方が1等に当選したことをテレビの情報番組が紹介したことがきっかけになり、次第に列が長くなっていきました。 特に、年末ジャンボ宝くじの発売期間の大安には、4時間~6時間待ちの長蛇の列ができ、年末の風物詩になっています。

次の