引っ越し 費用 相場。 引越しする際のアパートの退去費用の相場ってどのくらい?

2LDKの引越し費用・料金相場

引っ越し 費用 相場

引越し費用は、できるだけ安く済ませたいですよね。 引越し料金を安く抑えるために、まずは引越し料金の相場を把握し、料金の内訳を把握しておくと、見積り時に交渉がしやすいものです。 さらに、引越し料金の内訳や安く抑えるためのポイントも解説していますので、引越し見積りの参考にしてみてください。 単身と家族、引越し料金相場と引越し費用の総額(同一県内の場合) 引越し料金は、荷物の量に左右されるため、単身世帯と家族世帯では相場が異なります。 ただし、引越し料金は、引越し業者や時期などにより異なります。 必ずご自身でお見積りをお取りください。 ただし、引越し料金は、引越し業者や時期などにより異なります。 必ずご自身でお見積りをお取りください。 実際の引越し料金は、移動距離と荷物の量、時期により金額が変わります。 次章からは、単身世帯・家族世帯ごとに、引越し料金相場と引っ越し費用の総額について、詳しくご紹介します。 【一人暮らし】3月・4月の引越し料金相場はいくら?総額は?/口コミアンケート結果 一人暮らしの引越しをする時の料金相場はどれくらいなのでしょうか。 3月・4月の料金相場は7~10万円 同一県内・単身世帯の場合、3・4月の繁忙月の引っ越し料金の相場は7~10万円です。 繁忙期の引越しでは、単身でも7万円以上の料金がかかる可能性があります。 しかし、口コミのデータを見ると、相場よりも安い5万円以下の料金で引っ越しをしている方もいます。 引越し業者の選び方や荷物の量、引越しする日時が影響していると考えられます。 繁忙期こそ、複数の業者に見積りを取ってから引越し日時を決めるのが、安く引っ越すコツだと言えそうです。 この時期には、繁忙期の料金相場である7万円以上の費用がかかった方はごくわずかです。 8割以上の方は5万円以下の費用に収められています。 引越しには、新居の敷金礼金や家電家具などを購入する費用もかかります。 家賃が約10万円と考えると、敷金礼金などを合わせた引越し費用の総額は40万円を超えてしまいます。 引越し費用をまとめて払うのが難しい場合には、分割払いが可能な物件や、学割が適用になる引っ越し業者もありますので、下見や見積りの際に確認してみてください。 【家族世帯】3月とその他の引越し料金相場はいくら?総額は?/口コミアンケート結果 では、家族世帯(2LDK程度)の引越しをする時の料金相場はどれくらいなのでしょうか。 3月4月の繁忙期よりも全体的に安い引越し料金となっており、15万円以上かかった世帯は全体の2割以下です。 一見、費用の安い業者でも、荷物量が多い場合は割高になる場合もあります。 家族世帯こそ、複数社に見積もりを取るメリットが大きいでしょう。 家族世帯、引越し費用の総額は? 家族世帯でも、引越し費用の総額は、引越し料金に、敷金・礼金・初月家賃、家電などの購入代金で決まります。 家族世帯は、広い部屋に引っ越すことも多く家賃が高い場合が多いでしょう。 家賃が高い分、敷金礼金も高く、引っ越し費用の総額も高額です。 家具や家電を新たに購入する場合には、さらに費用がかかります。 都内の家族世帯の引越しは、総額が100万円を超えてしまうケースもあります。 引越し費用を少しでも安く済ませるために、知っておきたい引越し料金の決まり方について、次章で詳しく解説します。 引っ越し料金はどう決まる?何が含まれる? 引越し料金の決まり方や、引越し料金に含まれているものを知ることで、引っ越し業者との料金交渉もスムーズに進められます。 引越し料金を少しでも安くするために、4つの引越し料金の要素を理解しておきましょう。 引っ越し料金は大まかに分けて、基礎運賃・実費・オプション・割増料金の4つの要素から構成されます。 まず距離や移動時間によって変わるのが「基礎運賃」。 スタッフの人件費やダンボールなどの荷物に掛かる梱包費用などが「実費」です。 そこにエアコンの取り付けや取り外し、不用品の処分など必要に応じて掛かる「オプション費(付帯サービス料)」と時期や時間帯(深夜など)によって発生する「割増料金」が状況によって別途発生します。 これらの料金は、人件費など様々な要素によって変わるため、相場はありますが定価というものは存在しません。 引っ越し料金の内訳について、それぞれの項目ごとにチェックしていきましょう。 基礎運賃 引越し料金のベースとなるのが基礎運賃です。 基礎運賃は、移動時間か移動距離、トラックの大きさで決まります。 国の法律により運賃の上限と下限が定められており、引っ越し業者ごとの料金の違いはあまりありません。 引越しの時期や引越しの時間帯も、基礎運賃には影響しません。 実費 引越し料金の中で、削減することが難しいのが「実費」です。 引越し業者に実際にかかる費用を指しますが、主に「人件費」と「梱包資材費」と「交通費」のことです。 ・人件費 スタッフの人数は使用するトラックの大きさと、建物の状況で決まるのが一般的です。 人数の目安は、2tトラックで1~2人の所が多いでしょう。 2tトラックは、学生や単身の方、荷物の少ないカップルの引越しの荷物量です。 また、トラックの大きさだけでなく、建物の立地状況によっても人数は変わります。 例えばエレベーターの無いマンションでは、スタッフ数が増員されますし、駐車が禁止されている区域ではトラックに残るスタッフが1名必要になります。 人数が増えれば料金はもちろん高くなるので、業者に見積もりを依頼する時は建物の状況も正しく伝える必要があります。 後から思いがけず追加料金が発生してしまうことのないよう、引っ越し先の状況も含めて見積り前に確認しておきましょう。 ・梱包資材費 引っ越しに欠かせない梱包材の費用も実費に含まれます。 ダンボールやガムテープをはじめ、洋服のためのハンガーケースや布団などを包む袋など、多くの引っ越し業者は、ダンボールやガムテープを無償で提供してくれます。 ただし格安の料金プランの場合は有料の場合もありますので、見積り時に確認が必要です。 引っ越し業者によっては使用済みのダンボールをリサイクルダンボールとして無償提供してくれることもありますので、見積り時に相談してみましょう。 ・交通費 遠方への引っ越しになると多くの場合、高速道路や有料道路の料金やガソリン代やフェリー代など交通費が発生します。 オプション費用 オプション費は、特別な作業に対して発生する料金のことで「付帯サービス料」とも呼ばれます。 代表的なものでは エアコンや洗濯機などの家電製品の取り付け取り外しがあります。 他には、ピアノなどの大型家具の運搬、荷造り荷解き作業や不用品の処分といった作業もオプションになります。 オプションの有無は、引っ越し業者や料金プランによって異なります。 基本料金に含まれていると思っていた作業が、実はオプションだったというトラブルもありますので、見積もり時によく確認をし、不明点は必ず契約前に相談するようにしましょう。 割増料金 引っ越しをする時期や時間帯によって発生するのが割増料金です。 新生活がスタートする3~4月、夏休み期間にあたる8月といった繁忙月や土日祝日、深夜早朝の時間帯です。 さらに北海道や東北は冬季になると割増料金が適用されることがあります。 割増料金も、各引っ越し業者によって料金が異なりますので、見積もり時に確認しておきましょう。 このように、引っ越し料金は「基本料金+実費+割増料金+オプション」の合計で計算されますが、引っ越し当日の状況によって追加料金が発生する場合もあります。 引越し料金の請求は、最終的に加減金額を修正したものが引っ越し作業後に請求されます。 見積もりをチェックするときは、実費・梱包資材・オプションの内容も含めた比較検討が必要です。 参考: 引越し料金を安く済ませる方法 引越し料金は、少しでも安く済ませたいですよね。 引越し料金を抑える4つの方法をご紹介します。 【引越し料金を抑える4つの方法】 ・割増料金やオプション費用を減らす ・一括見積サイトを使う ・ポイントが貯まるサービスを利用する ・学割を使う 割増料金やオプション費用を減らす 引っ越し料金を少しでも抑えたいのであれば、引っ越す時期と時間帯を考慮し、割増費用を抑えるのがポイントです。 引っ越しの多い3~4月や8月の繁忙月や土日祝日は割増料金が適用されますし、深夜早朝や午前中の時間指定も同じく割増料金が設定されています。 繁栄期を避け、時間指定の無いプランを使用することで料金を抑えることができます。 また一部の業者では仏滅の日は値下げをおこなっているところもあります。 参考: 一括見積サイトで料金を比較 割増料金やオプション費用は、引越し業者により異なります。 複数の業者に見積もりをとることで、より安い引越し業者を見つけることができます。 一括見積サイトを利用すれば、まとめて見積もりがとれるので便利です。 また、料金を比較した結果、値引き交渉をしやすいというメリットもあります。 具体的な引越し時期が決まったら、まずは見積りサイトで見積もりを取りましょう。 ・見積りサイト活用の注意点 見積りサイトから見積もりを取ると、一括で見積もりをした引っ越し業者からの電話がかかってくる場合もあります。 電話は煩わしいと感じる方もいらっしゃいますが、その場で疑問点を確認でき、価格交渉を直接できるというメリットもあります。 電話で確認したい方は、 ・申し込み時の備考欄などに電話を受けられる日時を指定しておく ・電話が不要な場合には、メールでの見積もり希望や電話は受けないことを明記しておく などの方法で電話の対策をしてみてください。 ポイントが貯まるサービスを利用する 見積もりをするだけでポイントが貯まるサービスや、引越し完了でポイントが貯まるサービスもあります。 自分が普段貯めているポイントのサイトに、一括見積もりサービスや引越し業者への申込窓口がないか確認してみてください。 学割を使う 学生の場合は入学時期にあたる3・4月を避けて引っ越すことはどうしても難しいですよね。 収入のない学生に繁忙期の高額な引っ越し費用は大きな負担です。 しかし、引っ越し業者の中には、学割を導入している企業もあります。 学割制度がある引っ越し業者を利用して、少しでも引越し料金を抑えましょう。 ただし荷物が多すぎると学割が適用されないことがありますので、事前に必ず見積もりを取りましょう。 まとめ 今回は、引越し料金の相場について、引越し時期と世帯構成別にご紹介いたしました。 3月の単身世帯では7万~10万円、家族世帯では10万円以上と、繁忙期の引っ越し料金は高額です。 さらに、引越し料金以外にも、引っ越し費用は掛かるため、総額ではかなり金額がかさむものです。 引越し業者により、引越し料金には開きがありますので、少しでも安く引越しをするためには、一括見積サイトなどを活用し、少しでもお得な引越し業者を探しましょう。 今回ご紹介した費用の内訳や相場価格を参考にお得に引っ越しをしてくださいね。 「引越し相場」の関連記事 方位には運を高めてくれる「吉方位」と、運気が落ちるだけでなく様々なトラブルに見舞われる「凶方位」があります。 2020年2月4日~2021年2月3日までの1年間、凶方位をご紹介します。 家族の一員であるペットと暮らす幸せな間取りについてご紹介します。 ゲージやお布団などペット専用の場所を作って空間にメリハリをつけることが重要です。 引越しをする際に業者に自宅を訪問してもらい、引越し費用をスタッフに見積もりしてもらうのが訪問見積もりです。 ここでは、上手く利用することでお得に引越しできる訪問見積もりについてご説明します。 子どもに健康で元気に育ってほしいという願いは、すべての親に共通の想いです。 今回は子どもたちが幸せに育つ間取りやインテリアをご紹介します。 各方位の2020年のおすすめアイテムをご紹介します。 すべて取り入れるのではなく、ポイントを絞って自分の目的に合った方位のパワーを強めていきましょう。 方位学では各方位の意味や、その方位の持つ力は不動ですが、年が変わると各方位に定位する星も変わるため、おすすめアイテムも変化します。 各方位の2019年のおすすめアイテムをご紹介します。 今回は金運に特化したインテリア術をご紹介します。 どれも簡単に取り入れやすいことばかりなので、ぜひ実行してみましょう。 家の間取りや方位が、自分や家族の運勢に影響があることを知ると「自分の家はどうなのだろう」「動いた時期や方位が悪かったのかも・・・」と不安になる方も多いと思います。 今回はそんな方必見、凶方位や凶家相の対応法をご紹介します。 戸建て住宅に多く見られる凶家相の一部をご紹介します。 一戸建てを借りたり、購入したり、新築を建てる際にはぜひ参考にしてください。 方位にはそれぞれ意味があります。 今回2019年2月4日~2019年2月3日までの1年間、注意しなければならない凶方位をご紹介します。 方位にはそれぞれ意味があります。 今住んでいる場所を中心とし、いつ、どの方位へ動くかを事前に調べ計画的に動くことにより運気をアップさせる開運術を「方位学」と言います。 家が清潔で整理整頓されていると、良い気が充満して住んでいる人にも良い影響を与えます。 調子が悪いなと感じてたり、運気を上げたい時は徹底的に整理整頓してみましょう。 運気が高まる建物は、方位や間取りはもちろん、外観も大きく影響します。 内覧の際はかならずチェックしましょう。 「家」という空間は自分の運勢にとても大きな影響を与えています。 これまでもたくさんの自宅を拝見してきましたが、家や部屋を見るとその人の人生、運勢が見えます。 内覧では平面図だけではわからないことが見えてきます。 とても大事なことなので内覧では下記の項目をぜひチェックしてみてください。 運勢を好転させるには引っ越しが一番効果のある方法ですが、せっかく吉方位に引っ越しても運気が落ちてしまう要注意の場所があります。 引っ越しの際はぜひチェックしましょう。 住空間と運勢は密接に関係しています。 住まいの気を整えることで運気を上げる事ができます。 今回は忙しい方でも簡単に取り入れられる開運インテリア術をご紹介します。 進学や転勤など突然引っ越しをしなければいけない場合があります。 もし移動する方位が凶方位とわかっていても引っ越しを先延ばしにできない・・・そんな方も多いのではないでしょうか。 皆さんはどのようにして新居を決めていますか?立地、広さ、賃料・・・人によって判断の基準が違うと思いますが、実は「住むと運気が下がる間取り」があるのをご存知でしょうか?また知らず知らずに運気が下がってしまうインテリアにも要注意です。 家はあなたの生活の拠点で自分の運勢に大きく影響します。 今日の疲れを癒し明日の活力を充電する大事な場所、この拠点をしっかりさせる事で活動力や仕事運や恋愛運なども引き寄せることができます。 良い運気を取り入れるには間取りだけでなく、どんな場所に立っているか土地の状況も大きく関係してきます。 実は土地の状況、つまり立地もとても重要なのです。 家は自分の運気に密接に関係しています。 実は住むと運気が下がる間取りがあるのをご存知でしょうか?前回に引き続き要注意の間取りをご紹介します。 自分の目的に最適な方位に動く事によって、スムーズに自分の希望を叶える開運術を「方位学」と呼びます。 今回はあなたの目的が叶う方位を目的別にご紹介しましょう。 家の中でも、あなたの部屋はとっても重要な場所です。 あなた自身の基盤となる所で、運気や運勢と密接に関係しています。 ですから部屋の気を整える事は自分の運気も整い上がっていく事になります。 わたしたちは生まれた瞬間に、運勢や運命を支配する星が割り当てられます。 回は全てを明記することはできませんので、人生の大枠を作っている本命星をご紹介します。 引越会社一覧 一括お引越し見積りができる引越会社の一覧です。 画像をクリックしていただくと、各引越会社の詳しい情報を確認することができます。 引越会社によってサービス内容が違います。 お引越し見積もりをする際にご参考にしてください。 別途、申請等は不要です ポイント付与日 電話見積 『見積依頼をしていただいた日から起算』して、翌々月末に楽天ポイントを登録口座へ付与いたします。 お引越し 『お引越をして料金をお支払いいただいた日から起算』して、翌々月末に楽天ポイントを登録口座へ付与いたします。 注意事項 ・本キャンペーンのご応募には、事前に楽天への会員登録(無料)が必要です。 ・キャンセルされた場合、ポイント付与はされません。 ・ポイント付与対象となるのは引越し料金に対してのみとなります。 エアコンの取付、取外し等のオプション料金や消費税はポイント対象外です。 その他事項 以下の場合には本キャンペーンの対象外とさせていただきますので、あらかじめご了承願います。 ・ イタズラや重複など、お申し込み内容として相応しくない入力が見られた場合。 ・ 登録内容に不備があった場合。 ・ 事実と相違する内容がある場合。 ・ すでに該当企業への登録をされていることがわかった場合。 ・ お見積後のお申し出は対象外となりますのでご注意下さい。 ・ 法人契約でのお引越はキャンペーン対象外となります。 ・ 引っ越しの意志のない方のお見積のみのご利用はポイント付与対象外となる可能性がございます。 ご注意ください。 ・ 該当企業が同時期に実施する他のキャンペーン、特典、優待との併用はできません。 ・電話見積を依頼された場合でも、状況により引越業者から電話連絡がない場合がございます。 ・数日経っても連絡がない場合は、直接引越業者にご連絡の上、「楽天から見積もりを依頼した」とお伝えください。 個人情報の利用目的 ご入力いただいた個人情報は個人情報保護方針に基づいてお取り扱いいたします。 また、サービス申込のために該当情報は参画各社に提供します。 なお、参画各社における個人情報の取り扱いに関しましては、 各社ホームページ上のプライバシーポリシーをご覧ください。 お問い合わせ先 引越しに関するお問い合わせは各社までお願いします。 別途、申請等は不要です ポイント付与日 電話見積 『見積依頼をしていただいた日から起算』して、翌々月末に楽天ポイントを登録口座へ付与いたします。 お引越し 『お引越をして料金をお支払いいただいた日から起算』して、翌々月末に楽天ポイントを登録口座へ付与いたします。 注意事項 ・本キャンペーンのご応募には、事前に楽天への会員登録(無料)が必要です。 ・キャンセルされた場合、ポイント付与はされません。 ・ポイント付与対象となるのは引越し料金に対してのみとなります。 エアコンの取付、取外し等のオプション料金や消費税はポイント対象外です。 その他事項 以下の場合には本キャンペーンの対象外とさせていただきますので、あらかじめご了承願います。 ・ イタズラや重複など、お申し込み内容として相応しくない入力が見られた場合。 ・ 登録内容に不備があった場合。 ・ 事実と相違する内容がある場合。 ・ すでに該当企業への登録をされていることがわかった場合。 ・ お見積後のお申し出は対象外となりますのでご注意下さい。 ・ 法人契約でのお引越はキャンペーン対象外となります。 ・ 引っ越しの意志のない方のお見積のみのご利用はポイント付与対象外となる可能性がございます。 ・ 該当企業が同時期に実施する他のキャンペーン、特典、優待との併用はできません。 ・電話見積を依頼された場合でも、状況により引越業者から電話連絡がない場合がございます。 ・数日経っても連絡がない場合は、直接引越業者にご連絡の上、「楽天から見積もりを依頼した」とお伝えください。 個人情報の利用目的 ご入力いただいた個人情報は個人情報保護方針に基づいてお取り扱いいたします。 また、サービス申込のために該当情報は参画各社に提供します。 なお、参画各社における個人情報の取り扱いに関しましては、 各社ホームページ上のプライバシーポリシーをご覧ください。 お問い合わせ先 引越しに関するお問い合わせは各社までお願いします。 キャンペーン・ポイントに関する問い合わせはこちら.

次の

引越し費用の相場と総額料金の目安

引っ越し 費用 相場

単身 (荷物小) 単身 (荷物大) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 52,210 円 平均 75,761 円 平均 99,206 円 平均 124,872 円 平均 156,449 円 平均 211,717 円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 42,496 円 平均 58,981 円 平均 78,374 円 平均 99,966 円 平均 122,343 円 平均 149,220 円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 47,698 円 平均 64,493 円 平均 89,964 円 平均 112,434 円 平均 143,856 円 平均 192,766 円 ~200km未満 同一地方程度 平均 51,419 円 平均 82,816 円 平均 116,164 円 平均 146,649 円 平均 178,904 円 平均 252,965 円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 59,989 円 平均 98,207 円 平均 153,954 円 平均 195,514 円 平均 243,687 円 平均 347,415 円 500km以上 遠距離地方程度 平均 69,406 円 平均 120,496 円 平均 212,637 円 平均 275,409 円 平均 310,461 円 平均 374,965 円 また、アート引越センター塚本斉さんによると、繁忙期の中でも特に料金が高くなる時期があるとのことです。 「引越し料金が高くなっている3月と4月は1年で最も引越しの依頼が集中する時期です。 でもたとえば、3月のなかでも上旬と下旬ではご提示できる引越し料金は異なります。 3~4月は繁忙期ですが、その中でも最も引越しが集中する時期は、3月下旬~4月上旬にかけてです」(塚本さん、以下同) 繁忙期に引越しを予定している人も、3月中旬までや、4月中旬以降に引っ越すことで、一番費用が高い時期を避けることができます。 単身 (荷物小) 単身 (荷物大) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 44,358 円 平均 57,503 円 平均 75,151 円 平均 93,485 円 平均 116,447 円 平均 165,171 円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 36,609 円 平均 48,514 円 平均 65,379 円 平均 80,743 円 平均 100,097 円 平均 143,342 円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 38,730 円 平均 50,077 円 平均 71,478 円 平均 90,917 円 平均 118,388 円 平均 156,573 円 ~200km未満 同一地方程度 平均 46,950 円 平均 65,166 円 平均 88,235 円 平均 105,027 円 平均 134,730 円 平均 189,609 円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 56,149 円 平均 81,866 円 平均 111,441 円 平均 147,811 円 平均 180,431 円 平均 230,000 円 500km以上 遠距離地方程度 平均 65,776 円 平均 100,545 円 平均 157,987 円 平均 198,821 円 平均 240,697 円 平均 341,262 円 単身引越しの場合、繁忙期であれば、4万円~6万円、通常期であれば、3万円~5万円が相場と言えそうです。 また、 3人世帯が同一県内に引越した場合(50km未満)、繁忙期であれば、平均相場は11万円程度、通常期であれば8万円程度です。 これに加え、新しい住居の契約時の初期費用には、以下のようなものがあります。 1.礼金 礼金とは、住宅を借りる際に貸主(大家さんなど)に渡す費用のことを指します。 一般的に賃料の1~2カ月分が相場となっていますが、礼金を必要としない場合もあります。 退居時に返還はされません。 2.敷金 敷金とは、補修費用や家賃が支払われなかったときのために、貸主が借主から預かっておく費用のことを言います。 一般的に賃料の1~2カ月分が相場となっていますが、敷金を必要としないケースもあります。 敷金は礼金とは異なり、入居している間に賃料の滞納や補修費用が発生しなければ、退居時に返還されます。 3.前家賃 契約時に賃料の翌月分を前払いするケースが多くなっています。 例えば、3月に契約、4月からの入居が決まっている場合、契約時に4月分の家賃を前払いします。 また、4月の中旬からの入居が決まっている場合は、4月分の家賃(日割り計算)にプラスして5月分の家賃を払うことが一般的です。 4.仲介手数料 不動産会社を介して住居を探す場合は、月額賃料の0. 5カ月分~1カ月分の範囲内で仲介手数料が必要となることが多いです。 しかし、賃貸借契約とは別なので、自分で火災保険を選ぶことも可能です。 保険料や保険の適用範囲などを丁寧に確認し、自分にあった保険を選ぶのがいいでしょう。 上記のような費用を全て含むと、相場としては 賃料の4カ月分~6カ月分と考えることができそうです。 賃料や敷金・礼金の設定によって大きく変わるため、住居を決める際には必ずあらかじめ計算をしてみるようにしましょう。 平日と土日の引越し料金の差は756円なので、ほぼないと言っていいでしょう。 家族の引越し料金は平日117,944円に対して、土日117,659円となっています。 こちらも平日と土日の引越し料金の差額は285円で、単身者よりさらに少なく、平日と土日の差はほとんどありません。 結果だけみると単身者は祝日の引越し料金が一番高く、家族は一番安いのですが、祝日はそもそも日数が少ないため、引越し料金の相場を見るうえでは、あまり参考にならないかもしれません。 時間帯別の引越し費用相場 引越し時間帯別の費用は、曜日別の費用よりも大きく変わる傾向にあります。 単身者の引越しの場合、一番安い7時以前と一番高い8時ごろの平均金額の差は33,101円です。 家族・カップルの引越し料金では、一番安い19時以降と一番高い7時以前の平均金額の差は83,781円もあることがわかりました。 基本運賃 引越しの距離や作業時間によって決まる料金です。 見積もり書に必要な項目などのモデルとなる約款を国土交通省が定めています。 実 費 引越し作業員の人件費や、ダンボール箱などの梱包資材費、高速道路を利用した場合の交通費などです。 付帯サービス エアコンの取り外し・取り付け費用、ピアノや乗用車など特殊な荷物の運送料、ハウスクリーニング、不用品処分など様々なサービスが提供されています。 引越し費用の安い時期・高い時期 引越しが集中する繁忙期は、3~4月と言われています。 この時期は、学生であれば「入学」「卒業」、社会人であれば「就職」「転勤」と、新しい生活を始める人が多い時期です。 反対に、繁忙期である3~4月を除いた期間のことは「通常期」と言われています。 繁忙期と通常期の引越し料金相場について、もっと詳細に月別のデータを見てみましょう。 右記は荷物が少なめの単身者の月別の引越し料金相場データです。 最も引越し料金が高いのは3月、次いで4月ということで繁忙期が高いという結果になっています。 次に、家族の引越し料金を見てみましょう。 右記は4人家族の月別の引越し料金相場データです。 単身者のデータと同様、3月と4月が最も引越し料金が高いのですが、通常期との差が単身者より大きいのが特徴です。 家族の引越しの場合、休みを合わせる必要があるうえ、子どもの学校などの事情により、3月と4月の繁忙期に引越しが集中する傾向があるのかもしれません。 引越し費用を安くするポイント 引越しの費用を安く抑えるためにできる工夫を紹介します。 ここまで解説したとおり、トラックを使う分、見積もり料金も上がってしまいます。 そのため、大きめの家具は思い切ってリサイクルに出すなどして、新しいものを購入してもよいかもしれません。 もちろん全てを新調するとなると引越し費用はかさんでしまいますが、「持っていくより買ったほうが得!」と判断できるモノに出合えたなら購入を検討してみては?もちろん、新たに購入したものは新居への配送をお願いしておきましょう。 なかでも午前中が人気とのことです。 年度末になると進学や就職、転勤などで引越しをする人が増え、スケジュールを押さえるのにもひと苦労。 午前中が人気な理由は、時間を「〇時から」と指定できることと、その日のうちに引越しを終えて落ち着きたいという人が多いためです。 こうした条件で引越し業者にお願いすると、同じような条件を希望する人はたくさんいるため、引越し料金の交渉は難しくなってしまいます。 そこで、「平日でもいい」「時間は何時でもOK」など、希望の日程に幅をもたせるようにしましょう。 そうすることで引越し業者側もスケジュールを取りやすく、ほかに同じ時間を希望する人がいなければ引越し料金の交渉をすることも無理ではありません。 自分のスケジュールを考えながら、「譲れるポイント」を探し、引越し業者に相談してみるのがおすすめです。 Q2運搬中の事故で荷物が破損した場合、補償はしてもらえますか? A運送を請け負う引越し業者は、お客様の大切な荷物を守るために保険に加入しているため、多くの場合補償を受けることができます。 ただし、保険では補償できないものもあります。 【補償に限度額があるもの】 ・貨紙幣・有価証券(金・銀・白金類の地金を含む)…1梱包当たり10万円まで ・貴金属、宝玉および宝石、宝飾品(時計、アクセサリー類を含む)、書画、骨董、彫刻物およびその他の美術品…1個または1組当たり10万円まで 上記は、たとえ10万円を超える金額であっても10万円までの補償。 現金や貴重品、美術品は運搬できないとしている引越し業者も多いことから、これらのものを梱包するのは避けましょう。

次の

引っ越し費用の相場はいくら?一人暮らし・同棲・家族の料金総額目安を公開!

引っ越し 費用 相場

単身 (荷物小) 単身 (荷物大) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 52,210 円 平均 75,761 円 平均 99,206 円 平均 124,872 円 平均 156,449 円 平均 211,717 円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 42,496 円 平均 58,981 円 平均 78,374 円 平均 99,966 円 平均 122,343 円 平均 149,220 円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 47,698 円 平均 64,493 円 平均 89,964 円 平均 112,434 円 平均 143,856 円 平均 192,766 円 ~200km未満 同一地方程度 平均 51,419 円 平均 82,816 円 平均 116,164 円 平均 146,649 円 平均 178,904 円 平均 252,965 円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 59,989 円 平均 98,207 円 平均 153,954 円 平均 195,514 円 平均 243,687 円 平均 347,415 円 500km以上 遠距離地方程度 平均 69,406 円 平均 120,496 円 平均 212,637 円 平均 275,409 円 平均 310,461 円 平均 374,965 円 また、アート引越センター塚本斉さんによると、繁忙期の中でも特に料金が高くなる時期があるとのことです。 「引越し料金が高くなっている3月と4月は1年で最も引越しの依頼が集中する時期です。 でもたとえば、3月のなかでも上旬と下旬ではご提示できる引越し料金は異なります。 3~4月は繁忙期ですが、その中でも最も引越しが集中する時期は、3月下旬~4月上旬にかけてです」(塚本さん、以下同) 繁忙期に引越しを予定している人も、3月中旬までや、4月中旬以降に引っ越すことで、一番費用が高い時期を避けることができます。 単身 (荷物小) 単身 (荷物大) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 44,358 円 平均 57,503 円 平均 75,151 円 平均 93,485 円 平均 116,447 円 平均 165,171 円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 36,609 円 平均 48,514 円 平均 65,379 円 平均 80,743 円 平均 100,097 円 平均 143,342 円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 38,730 円 平均 50,077 円 平均 71,478 円 平均 90,917 円 平均 118,388 円 平均 156,573 円 ~200km未満 同一地方程度 平均 46,950 円 平均 65,166 円 平均 88,235 円 平均 105,027 円 平均 134,730 円 平均 189,609 円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 56,149 円 平均 81,866 円 平均 111,441 円 平均 147,811 円 平均 180,431 円 平均 230,000 円 500km以上 遠距離地方程度 平均 65,776 円 平均 100,545 円 平均 157,987 円 平均 198,821 円 平均 240,697 円 平均 341,262 円 単身引越しの場合、繁忙期であれば、4万円~6万円、通常期であれば、3万円~5万円が相場と言えそうです。 また、 3人世帯が同一県内に引越した場合(50km未満)、繁忙期であれば、平均相場は11万円程度、通常期であれば8万円程度です。 これに加え、新しい住居の契約時の初期費用には、以下のようなものがあります。 1.礼金 礼金とは、住宅を借りる際に貸主(大家さんなど)に渡す費用のことを指します。 一般的に賃料の1~2カ月分が相場となっていますが、礼金を必要としない場合もあります。 退居時に返還はされません。 2.敷金 敷金とは、補修費用や家賃が支払われなかったときのために、貸主が借主から預かっておく費用のことを言います。 一般的に賃料の1~2カ月分が相場となっていますが、敷金を必要としないケースもあります。 敷金は礼金とは異なり、入居している間に賃料の滞納や補修費用が発生しなければ、退居時に返還されます。 3.前家賃 契約時に賃料の翌月分を前払いするケースが多くなっています。 例えば、3月に契約、4月からの入居が決まっている場合、契約時に4月分の家賃を前払いします。 また、4月の中旬からの入居が決まっている場合は、4月分の家賃(日割り計算)にプラスして5月分の家賃を払うことが一般的です。 4.仲介手数料 不動産会社を介して住居を探す場合は、月額賃料の0. 5カ月分~1カ月分の範囲内で仲介手数料が必要となることが多いです。 しかし、賃貸借契約とは別なので、自分で火災保険を選ぶことも可能です。 保険料や保険の適用範囲などを丁寧に確認し、自分にあった保険を選ぶのがいいでしょう。 上記のような費用を全て含むと、相場としては 賃料の4カ月分~6カ月分と考えることができそうです。 賃料や敷金・礼金の設定によって大きく変わるため、住居を決める際には必ずあらかじめ計算をしてみるようにしましょう。 平日と土日の引越し料金の差は756円なので、ほぼないと言っていいでしょう。 家族の引越し料金は平日117,944円に対して、土日117,659円となっています。 こちらも平日と土日の引越し料金の差額は285円で、単身者よりさらに少なく、平日と土日の差はほとんどありません。 結果だけみると単身者は祝日の引越し料金が一番高く、家族は一番安いのですが、祝日はそもそも日数が少ないため、引越し料金の相場を見るうえでは、あまり参考にならないかもしれません。 時間帯別の引越し費用相場 引越し時間帯別の費用は、曜日別の費用よりも大きく変わる傾向にあります。 単身者の引越しの場合、一番安い7時以前と一番高い8時ごろの平均金額の差は33,101円です。 家族・カップルの引越し料金では、一番安い19時以降と一番高い7時以前の平均金額の差は83,781円もあることがわかりました。 基本運賃 引越しの距離や作業時間によって決まる料金です。 見積もり書に必要な項目などのモデルとなる約款を国土交通省が定めています。 実 費 引越し作業員の人件費や、ダンボール箱などの梱包資材費、高速道路を利用した場合の交通費などです。 付帯サービス エアコンの取り外し・取り付け費用、ピアノや乗用車など特殊な荷物の運送料、ハウスクリーニング、不用品処分など様々なサービスが提供されています。 引越し費用の安い時期・高い時期 引越しが集中する繁忙期は、3~4月と言われています。 この時期は、学生であれば「入学」「卒業」、社会人であれば「就職」「転勤」と、新しい生活を始める人が多い時期です。 反対に、繁忙期である3~4月を除いた期間のことは「通常期」と言われています。 繁忙期と通常期の引越し料金相場について、もっと詳細に月別のデータを見てみましょう。 右記は荷物が少なめの単身者の月別の引越し料金相場データです。 最も引越し料金が高いのは3月、次いで4月ということで繁忙期が高いという結果になっています。 次に、家族の引越し料金を見てみましょう。 右記は4人家族の月別の引越し料金相場データです。 単身者のデータと同様、3月と4月が最も引越し料金が高いのですが、通常期との差が単身者より大きいのが特徴です。 家族の引越しの場合、休みを合わせる必要があるうえ、子どもの学校などの事情により、3月と4月の繁忙期に引越しが集中する傾向があるのかもしれません。 引越し費用を安くするポイント 引越しの費用を安く抑えるためにできる工夫を紹介します。 ここまで解説したとおり、トラックを使う分、見積もり料金も上がってしまいます。 そのため、大きめの家具は思い切ってリサイクルに出すなどして、新しいものを購入してもよいかもしれません。 もちろん全てを新調するとなると引越し費用はかさんでしまいますが、「持っていくより買ったほうが得!」と判断できるモノに出合えたなら購入を検討してみては?もちろん、新たに購入したものは新居への配送をお願いしておきましょう。 なかでも午前中が人気とのことです。 年度末になると進学や就職、転勤などで引越しをする人が増え、スケジュールを押さえるのにもひと苦労。 午前中が人気な理由は、時間を「〇時から」と指定できることと、その日のうちに引越しを終えて落ち着きたいという人が多いためです。 こうした条件で引越し業者にお願いすると、同じような条件を希望する人はたくさんいるため、引越し料金の交渉は難しくなってしまいます。 そこで、「平日でもいい」「時間は何時でもOK」など、希望の日程に幅をもたせるようにしましょう。 そうすることで引越し業者側もスケジュールを取りやすく、ほかに同じ時間を希望する人がいなければ引越し料金の交渉をすることも無理ではありません。 自分のスケジュールを考えながら、「譲れるポイント」を探し、引越し業者に相談してみるのがおすすめです。 Q2運搬中の事故で荷物が破損した場合、補償はしてもらえますか? A運送を請け負う引越し業者は、お客様の大切な荷物を守るために保険に加入しているため、多くの場合補償を受けることができます。 ただし、保険では補償できないものもあります。 【補償に限度額があるもの】 ・貨紙幣・有価証券(金・銀・白金類の地金を含む)…1梱包当たり10万円まで ・貴金属、宝玉および宝石、宝飾品(時計、アクセサリー類を含む)、書画、骨董、彫刻物およびその他の美術品…1個または1組当たり10万円まで 上記は、たとえ10万円を超える金額であっても10万円までの補償。 現金や貴重品、美術品は運搬できないとしている引越し業者も多いことから、これらのものを梱包するのは避けましょう。

次の