たちまち 方言。 広島弁

『忽ち』の意味や使い方とは?由来や古文・漢文での意味も解説!

たちまち 方言

方言「たちまち」は広島弁で使われる方言です。 方言「たちまち」の意味は「とりあえず」という意味になります。 実は「たちまち」という言葉は標準語でも使われますが、標準語と広島弁の方言では「たちまち」の意味が大きく異なります。 今回は方言「たちまち」の意味や使われる地域、例文を紹介します。 「たちまち」の意味や使われる地域 「たちまち」は広島県で使われる方言で、意味は「とりあえず」という意味になります。 「たちまち」広島県全域で使われる方言で、広島弁を代表する方言の1つです。 通常日本国内では「とりあえず」という言葉は多くの地域で使われていると思います。 その「とりあえず」を違う意味の方言、 「とりあえず」という意味で「たちまち」という方言を使うのは日本でも広島弁に限られるので、「たちまち」は広島に初めて来た人などは驚くことの多い独特の方言です。 「たちまち」の標準語の意味は? 「たちまち」は標準語でも使われますが、標準語の「たちまち」は「すぐに」という意味になります。 現在では日常会話で「たちまち」という標準語は時々使われますが、 最も「たちまち」の意味がわかりやすいのは、本や演劇など文章に使われる文語体や口語体で使われる表現ではないかと思います。 例えば、演劇の台本に「魔法使いが杖を振ると、この犬はたちまち美女へと変化した」と書いてあると、「魔法使いが杖を振って魔法を使って犬が元の美女へと変化したんだな」という意味がなんとなくわかりますよね。 逆に「あの人は、たちまちどこかに行きましたよ」(あの人はすぐにどこかに行きましたよ)のように、標準語の「たちまち」は時々は今でも日常会話で使われることもあります。 広島弁は独特な方言がたくさんある 広島弁は「たちまち」のように独特な方言がたくさんあります。 TVでは2001年に「かばちたれ」というドラマが放映され、豊富な広島弁が話題になりましたよね。 ちなみに「かばち」とは広島弁で「口が達者な」という意味を持つ方言で、さらに語尾に「たれ(る)」=「言う」が付くことで「かばちたれ」は「文句を言う」「屁理屈を言う」という意味になります。 広島では多くの人が使う「じゃけん」「じゃろ」 「じゃけん」や「じゃろ」は広島では男女を問わず多くの人が日常会話で使います。 「じゃけん」の意味は「だから」で「じゃろ」の意味は「だろう」です。 「じゃけん」は「だ」が「じゃ」に訛り、「~から」「~ので」の意味を持つ九州地方で使われる方言「けん」を組み合わせた方言です。 ちなみに「けん」は語尾につくと「~だよ」とか「~だ」となりますが、文中にくると「~から」や「~ので」と意味合いが変わります。 そして「じゃろ」は「じゃ」が「だ」で、「ろ」が「~ろう」を省略した言葉になり、この2つを組み合わせて「じゃろ」という方言になります。 「たちまち」の例文 広島弁で「とりあえず」という意味で使われる「たちまち」ですが、標準語とは意味が異なる反面、広島県では非常に良く使われる方言です。 ここで例文を3つ紹介しますので、方言の意味を簡単で良いので理解しておきましょう。

次の

面白い大分弁★笑われちゃう方言のセリフ10選

たちまち 方言

方言「たちまち」は広島弁で使われる方言です。 方言「たちまち」の意味は「とりあえず」という意味になります。 実は「たちまち」という言葉は標準語でも使われますが、標準語と広島弁の方言では「たちまち」の意味が大きく異なります。 今回は方言「たちまち」の意味や使われる地域、例文を紹介します。 「たちまち」の意味や使われる地域 「たちまち」は広島県で使われる方言で、意味は「とりあえず」という意味になります。 「たちまち」広島県全域で使われる方言で、広島弁を代表する方言の1つです。 通常日本国内では「とりあえず」という言葉は多くの地域で使われていると思います。 その「とりあえず」を違う意味の方言、 「とりあえず」という意味で「たちまち」という方言を使うのは日本でも広島弁に限られるので、「たちまち」は広島に初めて来た人などは驚くことの多い独特の方言です。 「たちまち」の標準語の意味は? 「たちまち」は標準語でも使われますが、標準語の「たちまち」は「すぐに」という意味になります。 現在では日常会話で「たちまち」という標準語は時々使われますが、 最も「たちまち」の意味がわかりやすいのは、本や演劇など文章に使われる文語体や口語体で使われる表現ではないかと思います。 例えば、演劇の台本に「魔法使いが杖を振ると、この犬はたちまち美女へと変化した」と書いてあると、「魔法使いが杖を振って魔法を使って犬が元の美女へと変化したんだな」という意味がなんとなくわかりますよね。 逆に「あの人は、たちまちどこかに行きましたよ」(あの人はすぐにどこかに行きましたよ)のように、標準語の「たちまち」は時々は今でも日常会話で使われることもあります。 広島弁は独特な方言がたくさんある 広島弁は「たちまち」のように独特な方言がたくさんあります。 TVでは2001年に「かばちたれ」というドラマが放映され、豊富な広島弁が話題になりましたよね。 ちなみに「かばち」とは広島弁で「口が達者な」という意味を持つ方言で、さらに語尾に「たれ(る)」=「言う」が付くことで「かばちたれ」は「文句を言う」「屁理屈を言う」という意味になります。 広島では多くの人が使う「じゃけん」「じゃろ」 「じゃけん」や「じゃろ」は広島では男女を問わず多くの人が日常会話で使います。 「じゃけん」の意味は「だから」で「じゃろ」の意味は「だろう」です。 「じゃけん」は「だ」が「じゃ」に訛り、「~から」「~ので」の意味を持つ九州地方で使われる方言「けん」を組み合わせた方言です。 ちなみに「けん」は語尾につくと「~だよ」とか「~だ」となりますが、文中にくると「~から」や「~ので」と意味合いが変わります。 そして「じゃろ」は「じゃ」が「だ」で、「ろ」が「~ろう」を省略した言葉になり、この2つを組み合わせて「じゃろ」という方言になります。 「たちまち」の例文 広島弁で「とりあえず」という意味で使われる「たちまち」ですが、標準語とは意味が異なる反面、広島県では非常に良く使われる方言です。 ここで例文を3つ紹介しますので、方言の意味を簡単で良いので理解しておきましょう。

次の

面白い大分弁★笑われちゃう方言のセリフ10選

たちまち 方言

古文や漢文にも使われていた「忽ち」ですが言葉の由来はどこから来ているのでしょうか。 「忽ち」の語源の由来は「立ち待ち月」から来ていると言われています。 「忽ち」の言葉の慌ただしい印象からすると、月が由来していたとは意外ですよね。 それでは由来となった「立ち待ち月」とはどのような月のことを言っているのでしょうか。 「立ち待ち月」とは満月、つまり十五夜の月から2日後の十七日目の月のことを「立ち待ち月」と言っていました。 意味としては「立って待っているうちに現れる月」になります。 この十七日目の月は日没後、およそ100分たってから昇って来ます。 昔の人にとっては100分なら立って待っていられるので「立ち待ち月」となったわけです。 ここまで「非常に短い時間のうちに動作が行われるさま」を表す「忽ち」という言葉の使い方や言い換え、類語についてご紹介してきましたが、最後に番外編として広島県の方言「たちまち」の意味と使い方をご紹介します。 驚くことに、広島弁では「忽ち」が全く違った意味になって使われています。 どのような意味かと言うと、広島弁の「たちまち」は「とりあえず」という意味で使われます。 飲食店での店員と客の会話のセリフを読むと標準語としての「忽ち」の使い方とだいぶ違うのがお分かりになると思います。 例:店員「ご注文はお決まりですか」 客 「たちまち、ビールをお願いします」 ( とりあえず、ビールをお願いします) 「忽ち」の言い換えや類語と違って、全く意味が異なるので広島弁の分からない店員さんだったら戸惑ってしまいそうですね。

次の