フランス語 文法。 フランス語文法の問題(色々な問題)

フランス語の文法をサクッと知りたいならこの参考書一択!『携帯<万能>フランス語文法』

フランス語 文法

フランス語現在分詞の作りかた 直説法現在の1人称複数 nous の語尾-ons を -ant に変えます。 〜する時、〜する。 私はラジオを聞きながら、仕事をする。 - J'ai vu Sophie en descendant l'escalier. 階段を降りるときに、ソフィーに会った。 2 条件・手段 (〜すれば、〜できる。 早く出発すれば、時間に間に合うでしょう。 3 原因・理由 (〜したので、〜した。 ころんで、骨折しました。 net. フランスネットのサイトを見ながら、フランス語を学んでいる。 5 対立・譲歩 (たとえ〜しても、〜でしょう。 (対立・譲歩) ダイエットをしても、彼女はやせない。 4 Nous marchons bavarder. 10 J'ai appris la nouvelle arriver au bureau.

次の

ケータイ「万能」フランス語文法

フランス語 文法

ようこそ この オンライン フランス語講座は、フランス語の学習で つまずきやすい点を重点的に取り上げながら、 初級文法だけでなく 中級文法までカバーしつつ、フランス語 文法の全体像をすっきりと把握できるようになることを目指しています。 まったくの初心者向けというより、 少しフランス語をかじった人向きです。 ほかのところでフランス語を学んだけれど、今ひとつよくわからない、文法的にきちんと理解したい、頭の中をすっきりと整理したい、という人に最適です。 ページの切り替え速度が遅い場合は、しばらく時間を置いてからお試しください(アクセスが集中して遅くなることがあります)。 携帯端末での動作確認はおこなっておりません。 なるべく通常版でご覧ください。 本ホームページの構成 フランス語の構造を捉える上で鍵となるポイントだと考えられる 8 つの章を、 に横方向に配置しました。 これらは、文の構造全体に大きな影響を及ぼす、いわばダイナミック(動的)な内容が中心です。 左から順に読むか、または興味のある章や苦手意識のある章からお読みください。 さらに、これを補足するものとして、• のページを設けました。 ページ左上には縦方向に、基礎的な項目を配置しました。 これらは、文の構造全体にはあまり影響を及ぼさない、いわばスタティック(静的)な内容が中心です。 など これらのページは、 上の 8 つの章を読みながら、基礎的なことを確認したい場合に参照することを目的として作られています。 「冠詞」などのページは、わりと無味乾燥で、これだけ読んでもあまり面白くないかもしれませんので、自称「初級」の方も、なるべく「6文型」や「助動詞」のページからお読みください。 また、基礎的とは言っても、 従来の参考書にはない捉え方や、かなり高度な内容も含まれています。 本ホームページが想定している読者• 初級文法だけでなく、同時に 中級文法も学びたい人• フランス語文法の全体像を把握したい人• ほかのところで学んだ 知識を整理したい人、頭をすっきりさせたい人• 読解力・ 構文把握力を着実に身につけたい人• 会話は多少できるが、文法が苦手で、勉強したい人• 仏検を受ける人• 英語の代わりにフランス語で大学受験をする高校生• 大学の 第二外国語で学んだことがあるが、もっと力をつけたい人• 大学院の第二外国語の試験をフランス語で受ける大学生• フランス語の専門書を読む必要のある人• 独習・独学によって本格的な力をつけたい人 本ホームページの特徴 文法のための文法、語学のための語学は目指していません。 最初のうちから細かいことにこだわっていては、全体像は見えなくなってしまいます。 学習者が全体像が把握できるよう、大胆に単純化した場合もあります。 しかし同時に、鍵となる点については、徹底的に詳しく掘り下げたつもりです。 もご覧ください。 (更新履歴はに移動しました).

次の

フランス語文法の問題(色々な問題)

フランス語 文法

現在、中央大学等で教壇に立つ。 1998年、自ら短期大学の助教授職を辞し、以来、フランス語教育の明日に向けた新機軸を盛りこんだ語学書を発表している。 著書 フランス語教育関連 に『英語がわかればフランス語はできる! 』駿河台出版社。 『 暗記本位 仏検対応・フランス語動詞活用表』同上。 『 仏検2・3級対応 フランス語重要表現・熟語集』同上。 『 仏検 3・4級必須単語集』:白水社。 『 仏検 準1級・2級必須単語集』同上 共著。 『ポケットプログレッシブ 仏和・和仏辞典』小学館 共著。 『フランス語会話 21世紀の学習術 入門・初級編 』第三書房 ほか。 訳書 フランスの文化・社会に関連する訳書 にB. リュカ著『死のとびらを前にして』白水社。 エリアシェフ著『楽園を追われた子どもたち』新評論 監訳。 ド・シルギー著『人間とごみ』同上 編訳 ほか 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです アマゾンのレビュー数からいって、こちらの本がフランス語文法書で一強です。 内容は悪くありませんが、ただ、この本でなくてもいいです。 書店に行かず、webで調べただけで、この本を買いました。 後日、大型書店にいって、後悔しました。 アマゾンレビューだけで騙されてはいけません。 ・同じ著者 久松健一先生による「ケータイ〈万能〉フランス語文法 実践講義ノート」 この『ケータイ「万能」フランス語文法 』の"増補版"です。 本の体裁として実践講義ノートのほうが読みやすく、内容も増補されています。 ・NHK出版 これならわかるフランス語文法 入門から上級まで 上級へと見越している方はこちらの方がいいです。 発音は載っていませんが、これらは別の書籍で補えます。 この『ケータイ「万能」フランス語文法 』は、使いやすのだけれど、使いにくいという側面があります。 入門〜初級〜中級と通読して読むを意図されており、先へ進んでいくには読みやすいです。 しかし、私は中級に入ったときにパタリと進みが止まりました。 徐々に文法項目が深くなっていくために、項目がまとまった箇所にないのです。 代名詞、形容詞、副詞などがこれに当たります。 探すのに手間がかかります。 また、中級以降は、見開き紙面の都合上、文例が少なく、項目理解をしにくいではないでしょうか。 私はいったん、中級以降の項目を別の書籍で進めることにしました。 この本の役割を、入門〜初級〜中級 初め の理解と割り切って使うのなら、いいのかもしれません。 さて、この『ケータイ「万能」フランス語文法 』には音声がありません。 読みがわからないことで進められないこともあるかもしれません。 実際に発音を聞くと、機械音であったとしても、本のカナ音表記がいかに微妙なのが露わにわかります。 そのために、OCR フランス語 ありでスキャンしましょう! OCRでコピペができる状態になると、以下のことができます。 ・PCではGoogle 翻訳などで発音ができます。 web辞書のCollins English-Frenchなどを利用するのも容易です。 要設定です。 方法はwebで調べてください。 ・Mac 同じくSpeech機能で発話、またMacOS内蔵の英仏辞典を引けます。 コピペして、まとめ例文集を作るのも容易です。 要設定です。 方法はwebで調べてください。 ・Android PDFビューアXodoでは語を選択することで、google翻訳にすぐにジャンプできます。 "Android Accessibility Suite"をインストールすることで発話もできます。 web辞書のCollins French-Englishなどを利用すると紙辞書いらずです。 スキャンしてPDFにせずに、楽に、発音をさせつつ、復習する方法は、 ・Macでメモ memo. app で例文を書く。 ・MacのSpeech機能で発音。 こういったPDF状態になると、"ケータイ"でなくてもよく、「NHK出版 これならわかるフランス語文法 入門から上級まで」でも良かったと思いました。 フランス語を独学で勉強し始めた時に手軽に見れる初心者向けの文法辞書みたいなものが欲しくて購入。 内容は初心者にもわかりやすく解説されていますが、最初から最後まで全部読もうとすると結構ボリュームがあり、こちらをメインテキストにして勉強するには向かないと思います。 ただそれ以上のレベルになると本書では対応できなくなるので別途文法辞書が必要になります。 パリの語学学校に通っていた頃に、授業の共として使っていました。 語学学校は生徒も日本人以外にたくさんの国の人が来ていて日本語は通じません。 もちろんフランス人の先生で教科書や授業中の会話• 説明も全てフランス語で行われます。 ですので聞き取りはすぐに上達しましたが文法の理解は結構苦労しました。 全てフランス語で書かれた教科書を読むのでせいいっぱいで先生のネイティブのフランス語でする説明を聞いて瞬時に理解すると言うことがとても難しかったからです。 そんなときにこの本を教科書の横に置いて文法を照らし合わせて使っていました。 やはり日本語はすんなり分かりやすい! そして聞き取り学習が必要なかった私にとって音声cdなどが付いていなくて完全に文法のみの内容も嬉しかったです。 内容についても、やはりフランス人の作った教科書よりも日本人が作った本の方が日本人の脳みそに合った書き方なんだなぁと実感しました。 前書きからすると、著者が多数の教科書類を読み込んで、わかりやすく統合してくれたようなコンセプトのようです。 文法本なのに、著者がちらほらと現実に会話する場面に気を使ったコメントをちりばめており(例:実際の会話ではこっちは使わずこっちを使う、など)そうした配慮が素晴らしいと思います。 大学の教科書やら仏検やらを見据えた本にもかかわらず、文法じゃなくて会話の練習をしないとだめだよ、という著者の意図がところどころに感じられます。 また -de(eは無音)で終わっている語の読みを、あえて-ドゥという表記にした理由とかも前書きに書いてあり、そういったところにもいちいち配慮を感じます。 実用性という面では、簡単でしかも頻繁に使う「複合過去」が比較的うしろに来ている点が妙ですが、 それは仏検とやらに合わせているせいでしょうか。 とにかく、「こんなにわかっていいかしら」などとうたう某書よりも、はるかにこちらのほうがわかりやすいです。

次の