ニュースu1。 保守速報

「韓国外交はひどい」「黙っていられない」米国から批判続く(高英起)

ニュースu1

【AFP=時事】中国で6月から続いている豪雨による洪水で、長江(Yangtze River)流域の広範囲で冠水が発生している。 濁流による堤防の決壊、家屋の浸水といった被害も出ており、多くの住民がボートやいかだに乗って避難している。 中国政府によると豪雨による死者・行方不明者は少なくとも141人に上り、7月だけでも1500万人近い人々が避難を余儀なくされている。 経済的損失も甚大だという。 400以上の河川で水位が警戒レベルを超え、一部の河川では過去最高の水位を記録。 当局によると、記録的水位が確認された期間には長江流域において1961年以降で最大の平均雨量が記録された。 ノルウェー非営利団体EATが16日、食習慣と健康、気候変動の因果関係を分析して出した報告書「より良い未来のための食習慣」によると、地球に暮らす77億人のための食料生産は気候変動を招く世界の炭素排出の4分の1を占める要因だ。 うち40%は家畜飼育、残飯、稲作、肥料使用、農地造成、山林伐採などに起因する。 報告書によると、20カ国・地域(G20)のうち1人あたりの食料消費による温室効果ガス排出量が地球の限界以内である国はインドとインドネシアだけだった。 以下略全文はソースヘ 中央日報日本語版2020. 関係者によると、枝野氏は合流後の新党名を巡り、投票など民主的手続きで決めるべきだとした国民の玉木雄一郎代表の主張に難色を示し、立民側から示した条件の変更に応じない意向を表明した。 玉木氏が求める合流前の消費税減税に関する協議も否定した。 枝野氏は会議で、党名を投票で決めるのは考えられないと指摘した。

次の

「韓国外交はひどい」「黙っていられない」米国から批判続く(高英起)

ニュースu1

北海道についての昨日のChina記事 相変わらずファンタジーしてます👇 北海道は何故日本から「独立」したいのか?日本は典型的な単一国家ですが実際それは一種の誤解です。 日本に住む他の少数民族と同様にアイヌの人々は残酷に抑圧され血と涙の歴史を持っていました。 は?— mei mei98862477 北海道はなぜ日本からの「独立」を望むのか? 日本は典型的な単一民族国家であり、「大和民族」と呼ぶことに慣れているという印象を持っている人が多い。 実はこれは誤解です。 総人口の90%以上を占める大和民族に加え、日本には約200万人の琉球人、約30万人の日本人、約150万人の日本人が住んでいます。 これらの少数民族の中には、朝鮮人、日本の漢民族約10万人、アイヌ民族約2万人が含まれています。 これらの少数民族のうち、日本政府が認めているのはアイヌだけで、他の民族は「大」「小」に分類されます。 と「国家」。 北海道はかつて「蝦夷」と呼ばれ、そこに住んでいた原住民を「蝦夷族」と呼んでいました。 アイヌ民族の祖先は、主に狩猟や漁師として生活し、原始的な自然宗教を実践していた「蝦夷(えぞ)族」であったとする学者が多い。 集団的な漁業・狩猟社会でした。 西暦720年、重信公が編纂した『日本書紀』には、蝦夷(えぞ)族が日本に影響力を持っていたことが記されています。 東北地方全体のこと。 現在でも東北地方には、アイヌ語に由来する地名が多く残っています。 アイヌは、日本に住む他の少数民族と同様に、虐げられてきた悲惨な歴史を持っています。 江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜が明治天皇に国を返し、日本史における明治が始まりました。 1869年、明治天皇が都を江戸に移し、新都を東京と改称しました。 同年、アイヌの人々が住んでいた「蝦夷地」が何の協議もなく正式に日本の行政に編入された。 北海道」と改名しました。

次の

「韓国外交はひどい」「黙っていられない」米国から批判続く(高英起)

ニュースu1

新型コロナウイルスの影響でリモートワーク化が徐々に進む中、自宅でお茶やコーヒーを飲む機会が増えていませんか? 私もまさにそのひとり。 でも、熱々のドリップコーヒーを入れて、いざ飲もうとすると熱くて飲めない…。 冷まそうと思って仕事に集中していたら、コーヒーがぬるくなりすぎていたなんていうこともあります。 「常に適温のコーヒーを飲めたらな…」と感じること、少なくありません。 そんなとき、machi-yaでクラウドファンディングを実施中の1分で飲み頃になるデジタルタンブラー「U1」の存在を知りました。 1分で飲み頃になるとはどういうことか? 製品をレンタルして、実際に試してみました。 1分間シェイクするだけで、適温になるタンブラー Photo: 島津健吾 「U1」は一見ごく普通のタンブラー。 ステンレス多重構造により、2時間半の保温が可能。 スタイリッシュなデザインで、自宅でもオフィスでも使えます。 何より驚きなのが、熱々の熱湯を1分間シェイクするだけで、飲み頃の温度に変えてしまうところです。 Photo: 島津健吾 そこで、実際に沸騰したばかりの熱湯をタンブラーに注いでみたところ、外側は熱くなりません。 シェイクしても温度が変わっている気はしませんでしたが、実際に開けて飲んでみるとあら不思議。 飲みやすい温度になっているではありませんか。 その理由は、本体内部の熱を相転移させる特殊技術。 ステンレス層の間に液体の層があり、熱が吸収されるようです。 それでいて、適温を2時間半も維持することも可能。 なんとも不思議な仕組みですね。 でも、このおかげですぐにおいしいコーヒーが飲めるし、仕事をしながら温かいコーヒーを長時間楽しめるので、リモートワークとの相性も良さそうです。 温度を管理できるタッチディスプレイ Photo: 島津健吾 「U1」の蓋は、タッチで操作できるLCDディスプレイ。 ここに温度が表示されます。 写真を撮った時点では52度。 ちょうど良い温かさです。 Photo: 島津健吾 蓋の裏側にはセンサーがついており、ここで温度を計測しているのだとか。 正確に測りたい時は、ここにお湯が当たるようシェイクすると良いですよ。 ちなみに、この蓋は充電が必要です。 付属のワイヤレスチャージャーで、適宜充電するようにしましょう。 Photo: 島津健吾 容量は220ml。 重量は430gと、このサイズにしてはちょっと重め。 その分、適温のコーヒーを常に飲めるのだから、これはトレードオフですね…。 これからカフェで仕事をしたり、コワーキングスペースで仕事をしたりする人も増えてくると思いますので、温度をキープできるタンブラーは今後ニーズが高まっていくのは間違いないでしょう。 現在、「U1」はmachi-yaでクラウドファンディングを実施中。 10名限定で、一般販売予定価格9,990円から20%OFFの7,990円(消費税・送料込み)で支援が可能。 カラーは、White/Black/Pinkの3色展開です。 商品の詳細は、下記リンク先のプロジェクトページでご確認ください! >>コーヒーが1分で飲み頃になるデジタルタンブラーの支援はこちら Photo: 島津健吾 Source: machi-ya.

次の