大阪 桐 蔭 藤江。 大阪桐蔭高校野球部

【大阪桐蔭高校吹奏楽部第14回定期演奏会】わが子の吹奏楽生活が終わりました

大阪 桐 蔭 藤江

5億円超に上る裏金問題に揺れる大阪桐蔭中学・高校(大阪府大東市)。 文武両道の有名校が長年抱えていた「闇」は、何もザルのような会計処理だけではなかった。 大阪桐蔭を運営する学校法人大阪産業大の教職員組合は4月、裏金を私的に流用したとして、業務上横領罪で前校長(74)ら2人を大阪地検特捜部に刑事告発した。 さらに、前校長が外部から招いた女性を不可解な形で〝スピード出世〟させた疑惑まで浮上したのだ。 法人は近く問題の調査結果をまとめる方針だが、権力を一手に握った前校長の所業に保護者らの不信感は強く、一枚岩で再生に向かう見通しは立っていない。 「誰も反対意見言えぬ」 前校長は大阪桐蔭が大阪産業大付属高の分校から独立した昭和63年、初代トップに就任。 対外的な名声を得ることに腐心した。 硬式野球部は平成3年の夏の甲子園で初優勝。 全国制覇はこれまで春夏通算5回を数え、全国有数の強豪校にまで成長した。 学業面では「京大に年間50人合格させる」と標榜(ひょうぼう)。 文武両道を掲げ、7年に中高一貫教育を導入したことで東大や京大など難関大学の合格者数は飛躍的に向上した。 受験者数が増えたことで約3千人の生徒が通う大規模校へと成長するに至った。 こうした前校長の〝剛腕〟運営は、権力の集中を招いた。 中高一貫教育の導入とともに法人の理事になり、9年に常務理事、20年6月には副理事長に昇格した。 法人に長年勤めた元職員は前校長について「ワンマンで民主的に学校を経営するとか全く考えない。 実績を上げているから、周囲は誰も反対意見を言うことができなかった」と振り返る。 19年には吹奏楽部員200人以上が練習可能な「シンフォニックホール」、25年には約3千人を収容できる体育館「桐蔭アリーナ」が完成した。 これら豪華施設の建設にも前校長の力が影響したとされる。

次の

大阪桐蔭高校出身のプロ野球選手一覧

大阪 桐 蔭 藤江

5億円超に上る裏金問題に揺れる大阪桐蔭中学・高校(大阪府大東市)。 文武両道の有名校が長年抱えていた「闇」は、何もザルのような会計処理だけではなかった。 大阪桐蔭を運営する学校法人大阪産業大の教職員組合は4月、裏金を私的に流用したとして、業務上横領罪で前校長(74)ら2人を大阪地検特捜部に刑事告発した。 さらに、前校長が外部から招いた女性を不可解な形で〝スピード出世〟させた疑惑まで浮上したのだ。 法人は近く問題の調査結果をまとめる方針だが、権力を一手に握った前校長の所業に保護者らの不信感は強く、一枚岩で再生に向かう見通しは立っていない。 「誰も反対意見言えぬ」 前校長は大阪桐蔭が大阪産業大付属高の分校から独立した昭和63年、初代トップに就任。 対外的な名声を得ることに腐心した。 硬式野球部は平成3年の夏の甲子園で初優勝。 全国制覇はこれまで春夏通算5回を数え、全国有数の強豪校にまで成長した。 学業面では「京大に年間50人合格させる」と標榜(ひょうぼう)。 文武両道を掲げ、7年に中高一貫教育を導入したことで東大や京大など難関大学の合格者数は飛躍的に向上した。 受験者数が増えたことで約3千人の生徒が通う大規模校へと成長するに至った。 こうした前校長の〝剛腕〟運営は、権力の集中を招いた。 中高一貫教育の導入とともに法人の理事になり、9年に常務理事、20年6月には副理事長に昇格した。 法人に長年勤めた元職員は前校長について「ワンマンで民主的に学校を経営するとか全く考えない。 実績を上げているから、周囲は誰も反対意見を言うことができなかった」と振り返る。 19年には吹奏楽部員200人以上が練習可能な「シンフォニックホール」、25年には約3千人を収容できる体育館「桐蔭アリーナ」が完成した。 これら豪華施設の建設にも前校長の力が影響したとされる。

次の

大阪桐蔭・藤江星河、健大高崎・下慎之介ら2020年ドラフトで注目の高校生左腕たち|【SPAIA】スパイア

大阪 桐 蔭 藤江

大阪桐蔭中学校・高等学校(より/Kansai explorer) 現在開催されている第87回選抜高校野球大会で、史上5校目の「夏春連覇」を狙いながらも準決勝で敗退した大阪桐蔭高校が「 裏金」問題で揺れている。 大阪桐蔭は中高一貫の私学で、学校法人・大阪産業大学の傘下にある。 その大阪産業大学から調査を委託された第三者委員会(委員長・畠田健治弁護士)が3月25日、保護者から集めた教材費や模試受験料の一部を裏金として約5億円プールし、約1億2000万円が不正使用されていたと発表したのだ。 この裏金づくりと不正使用の中心にいたとされるのが、前校長の森山信一氏だ。 関係者によると、裏金の使途はデパートの外商から購入していたエルメスなどの高級バッグやスカーフ、ゴルフ代、飲食代などで、中には100万円もするような高級ブランド品もあった。 さらに、裏金から森山氏の口座に毎月50万円、その娘の口座に毎月30万円が振り込まれていたという。 同校の内実に詳しい学校法人の元役員がこう説明する。 「優秀な学生を大阪桐蔭中高に誘導してもらうために、主に学習塾経営者の接待に用いていたようです。 森山先生は金にまつわる噂の絶えない人でもあったが、こんなに金まみれだとは思いませんでした」 さらに、こうも指摘する。 「学校出入りの建設業者などからバックマージンをもらっている噂も絶えず、自宅もその出入り業者が建設したようです。 寮運営などで野球部へ出入りする業者も『打ち出の小槌』のようにうまく使っていました。 高校野球の強豪校であり、阪神タイガースの藤浪晋太郎選手や北海道日本ハムファイターズの中田翔選手らの母校としても知られると同時に進学校でもあり、関西の有名私立大学「関関同立(関西大、関西学院大、同志社大、立命館大)」や国公立大に多数の合格者を出している。 森山氏は2013年に発覚した「やらせ受験」の責任を取って教育相談役に退いていたが、隠然たる権力を持っていた。 この「やらせ受験」も悪質で、入学意思のない大阪桐蔭高校の成績優秀な生徒に謝礼を払って大阪産業大を受験させ、偏差値を水増しするもの。 大阪産業大では入試での成績上位者10%を授業料免除にするが、その10%を入学意思のない者が占めることによって、学費免除制度を骨抜きにするための姑息なやり口だった。

次の