生理 運動 ダイエット。 【女性必見】生理前・生理中・生理後のダイエットを徹底解説!

生理中ダイエットを成功させる方法!痩せる食事&エクササイズ [女性の健康] All About

生理 運動 ダイエット

筋トレやストレッチ・食べ物など生理中のダイエット方法 月単位、年単位でダイエットを計画している人の中には、「生理中はどうしよう・・」と悩んでいる場合も少なくないのではないでしょうか。 生理痛には個人差があり、全く何もないという人もいますが、多かれ少なかれ体調不良が起こるもの。 生理のいらいらに加えて、食事制限による空腹や、激しい運動なんて、とてもじゃないけどできない!という場合が多いですよね。 まして、生理痛がひどい人であれば、生理中にダイエットなんてもっての他と思うかも知れません。 それでも、せっかく続けてきたダイエットを生理のために中断するのは惜しく感じるもの。 生理中であっても、比較的軽い人や無理をしない程度にダイエットを継続したいと思う人も多いはず。 そこで今回は、生理中のダイエットについて調べてみました。 生理中でもできる運動や食事の摂り方、女性によいと言われている飲み物の豆乳の効果など、知っておくとよい情報をご紹介したいと思います。 生理中は痩せないどころか体重が増えて太る? 生理中だからと言って、ダイエットをしてはいけないかと言われたら、決してそうではありません。 生理中であっても、軽い運動をすることで心身がリラックスするのではあれば、無理をしない程度に動くことは推奨されていますよね。 そのため、必ずしも生理中=ダイエットは厳禁、というわけではないことをまずは覚えておいて下さい。 その上で、生理中と言うのは女性ホルモンのバランスにより、ダイエットを頑張っても結果が出にくいことも覚えておくとよいでしょう。 生理中は、体が妊娠に向けて作られているため、どうしても水分や脂肪を溜めこみやすい傾向にあり、ダイエットをしても体重が減るどころか逆に増えてしまうこともありますが、この時期の体重の増加は、多くの場合生理による現象のため、生理が終わると徐々に減っていくので心配はありません。 とは言え、食欲のままに食べていれば、それは当然脂肪となって蓄積するので、生理が終わっても痩せることはないので注意しましょう。 生理周期で痩せやすいタイミングは? 生理周期とダイエットには実は密接な関係があり、このことを知っているのとそうではないのとでは、ダイエットに対する取り組み方や結果に違いが現れると言われています。 生理周期を大きく3つに分けると、生理前・生理中・生理後となりますが、この3つの中で最も痩せやすいと言われているのが生理後です。 生理後は、女性ホルモンの中のエストロゲンの分泌が徐々に多くなります。 このエストロゲンには、新陳代謝を活発にしたり、むくみを解消する作用があるため、この時期はダイエットに向いているだけではなく肌ツヤもよくなると言われています。 一方、排卵日を境に減るエストロゲンに代わり、分泌量は増えてくるのがもう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンです。 プロゲステロンには妊娠を継続させやすい環境を整えるという重要な働きがあることから、体内の水分や栄養をどんどんと溜めこもうとする性質があるため、排卵日から生理前まではむくみや便秘が起こりやすくなり、食欲が増進します。 生理が始まるとプロゲステロンの分泌量は低下していきますが、生理痛による不快感などにストレスから、生理中であっても食欲が止まらなかったり、いらいらを解消するために食べ物に走ったりしがちです。 生理中のダイエット方法の基本的な考え方ややり方! 生理中にダイエットを行う場合は、体に無理や負担を与えるような方法は避けるようにしましょう。 生理前から生理中に掛けて起こる食欲は、前述の通りホルモンによって引き起こされているため、それを無理矢理抑えるどころか、極端な食事制限などをしてしまうと、ストレスが増大し返って食べ過ぎを招いてしまいやすくなります。 また、ハードな運動を行うことで貧血や体調不良を起こしやすい時期になるため、基本的にはゆっくりと心身を落ち着かせて過ごすように心掛けるのがよいでしょう。 ただし、生理中は絶対にダイエットをしていなければいけないか、と言われたらそうではありません。 運動については激しいものは避けた方がよいですが、軽く体を動かすことでリフレッシュできる場合は行っても構いません。 自身の体調と向き合い、決して無理をしないようにしながら、それまでよりも負担が軽くなるような形でダイエットを継続する分には特に問題ありません。 生理中にダイエットを失敗させない食事メニューの考え方 生理中にダイエットを継続して行うには、それまでと同じような方法では体に負担が掛かりやすくなり、失敗してしまう可能性が高くなります。 特に食事制限をしている場合には、通常の食欲よりも強い欲求が起こるため、空腹によるいらいらがひどくなり、その反動で暴飲暴食に繋がりやすくなると言われています。 生理中に食事制限を伴うダイエットを行う時には、食事の量を極端に減らしたり、それだけしか食べない単品系のダイエットは控えた方がよいでしょう。 食事の量は腹7~8分目を目指し、よく噛んで、ゆっくりと時間をかけて食べたり、食事の最初に食物繊維の多い野菜を摂るようにして、ご飯やパンなどの糖質を多く含むものは食事の最後に食べるようにするとよいでしょう。 また、生理中は経血によって鉄分が失われやすく、貧血になりやすいと言われていますが、実はダイエットによる食事制限によっても鉄分やミネラルが不足しやすいことから、鉄分を多く含む食品を摂取するのがよいでしょう。 鉄分を多く含む食品にはレバーや卵黄、かつおなどがありますが、毎日手軽に摂るならしじみがお勧めです。 しじみのお味噌汁を食事の時に摂るようにするとよいでしょう。 生理前から生理中の食欲への対処法 生理前から生理中の食欲は、女性ホルモンのプロゲステロンの作用が関係しています。 無理に抑えとすると、返って食欲が強くなってしまいますが、だからと言って食欲のままに食べてしまえば太ってしまいますよね。 では、生理前から生理中の食欲にはどのような対処をすればよいのでしょうか。 例えば、生理前や生理中にお腹が空いた時、手っ取り早く食べられるお菓子を口にすることはないでしょうか。 お菓子は手軽に食べられるものですが、多くの場合白砂糖を使っており、食後の血糖値を急上昇させてしまいます。 血糖値が上がると空腹が解消されるため一旦は満足するものの、血糖値が下がると再び空腹感に襲われるため、結局はまた何か食べたいという欲求が生まれてしまいます。 そのため、生理前や生理中の食欲をコントロールするためには、血糖値の急上昇や急降下をなるべく避ける食べ物、つまりは血糖値の上昇が緩やかなものを摂るのがよいと言われています。 血糖値の上昇が緩やかな食べ物には、ドライフルーツやさつまいも、かぼちゃなどがあります。 特にプルーンの場合は、鉄分が多く含まれているので生理中の女性にお勧めです。 生理前や生理中にお腹が空いたなと感じたら、このようなものを少量ゆっくりと食べて、空腹を満たすのがよいでしょう。 生理中のストイックな食事制限は危険? 厄介な存在と言える脂肪も、実は体の中で様々な役割を担っています。 特に女性の場合は、男性と比べてお腹周りや下半身に脂肪が付きやすいと言われていますが、これにもきちんと理由があります。 それは、子宮や卵巣など、大事な臓器を衝撃から守るため。 そのため、女性は体脂肪率は22%を切ると血液中のレプチンというホルモンの低下によって、生理周期に影響を及ぼすようになると言われています。 ダイエットをすると生理不順になったり、生理が遅れる、止まると言われるのはこのためです。 また、一見生理が順調に来ているように思えても、実は無排卵だったりと、その時には気付かなくても、やがて結婚して子どもが欲しいなと思うようになった時に、昔の過酷なダイエットが原因で妊娠しづらい状態になっていることもあります。 このような理由から、生理中はとてもデリケートな時期であるため、無理なダイエットは絶対に控えるべきと言えるでしょう。 生理中のダイエットおける豆乳の効果とは? 健康や美容のために豆乳を飲んでいる人は多いですが、豆乳はダイエットにもよいと言われています。 それは、豆乳の原料である大豆に含まれる食物繊維の働きによるもの。 食物繊維は、腸内に溜まった老廃物などを絡めとり、便として排出する作用に優れた成分です。 また、水分を吸収して便のかさを増し、腸壁を刺激することでお通じを促す効果もあると言われているので、腸内環境を整えるには欠かせないもの。 お通じが促進されると、体内の老廃物や余分な水分が排出されるため、血行がよくなり、新陳代謝が活発になってダイエットによいと言われています。 さらに、生理中に豆乳を飲むことで、大豆に含まれる大豆イソフラボンによる効果も期待できます。 大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすることがわかっているため、プロゲステロンによるむくみや便秘などを解消し、ダイエット効果を高めてくれると言われています。 生理中でもできるダイエットに効果的な筋トレ3選 女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が低くなる生理中は、その分言い換えれば男性的な体質に近くなっていることから、筋トレは生理中に行うのが最も効果が出やすいとも言われています。 そこでここでは、生理中は体に無理や負担を掛けないようにダイエットを行うことが絶対条件となりますが、生理中にできる筋トレをご紹介したいと思います。 この時、膝がつま先よりも前に出ないように注意しましょう。 生理中のダイエットにおすすめの有酸素運動3選 ここでは、生理中でも行える有酸素運動をご紹介したいと思います。 無理せず、体調を考慮しながら行いましょう。 ウォーキング 酸素を多く摂りこみ新陳代謝を活発にする有酸素運動の中でも、最も手軽に行えるのがウォーキングです。 ダイエット効果を高めるウォーキングは、やや早足で大股で歩くことが大切ですが、生理中はあくまでも体に負担の掛かりにくい形で取り組みましょう。 外を散歩する感覚で行っても、リラックスが促され生理痛などが軽減することがあります。 ラジオ体操 子どもの時、体育など授業の前に行ったラジオ体操ですが、実はこのラジオ体操も有酸素運動の一種と言われています。 体を屈伸させることで血行もよくなるので、生理痛の改善にも効果があると言われています。 ステッパー 上に乗って上下に足を動かすステッパーは、その動作をゆっくりと行うことで有酸素運動になります。 ステッパーがない場合は、階段の一段目や古雑誌をまとめた台の上に乗っても代用できます。 生理中のダイエットにおすすめのストレッチ3選 生理中は血行不良になりやすく、体が冷えたり体温が下がりやすくなります。 冷えは代謝を低下させ、ダイエット効果を下げてしまうため、ここでは血行促進や冷えの改善に効くストレッチ方法をご紹介したいと思います。 ダイエットで生理がこなくなった場合の改善法 ダイエットが原因で生理が止まったと思われる場合は、ただちにダイエットを中止して下さい。 その上で、女性ホルモンの生成に必要なコレステロールを摂取するために、食事を通常のものに戻すようにしましょう。 なお、女性ホルモンの分泌を高めるためにお勧めの成分が、大豆イソフラボンやビタミンEとなっているので、納豆などの大豆製品やアーモンドなどのナッツ類、オリーブオイルといった良質な脂質を摂るのがよいと言われています。 ダイエットを止めて、食事を元に戻しても生理が再開されない時は、病院へ行って検査を受けるようにしましょう。 生理周期やダイエット管理を行えるアプリ3選 生理周期を知ることは、ダイエットを効率よく行うためには欠かせないこと。 そこでここでは、生理周期を管理することができるお勧めのアプリをご紹介したいと思います。 ルナルナ 1,000万ダウンロードを達成した、生理周期アプリの代表的な存在。 妊娠しやすい時期や生理予想日はもちろんのこと、ダイエットに向いている日や日々の体調の管理も行えます。 参考URL: ラルーン 生理やダイエットの管理だけではなく、相談しにくい内容も匿名で相談することができ、他の相談者の書き込みを読むことができます。 参考URL: セレネカレンダー 生理周期アプリとはわからない仕様になっているため、万が一誰かに見られても安心です。 かわいいスタンプを押して、その日の体調やイベントなどを管理できます。 参考URL: 生理中のダイエットに最適な運動や食事はコレ!飲み物なら豆乳?のまとめ 生理中のダイエットの基本は、無理せず負担なく行うことが原則。 何をしても痩せにくい時期なので、体重を落とすことではなく現状維持できるように努めましょう。 また、女性ホルモンの分泌を促す食事や飲み物を上手に取り入れることで、ダイエットだけではなく体調管理にも役立ちます。

次の

生理後のダイエットのチャンス!1週間で痩せる効果的な方法

生理 運動 ダイエット

生理前の特徴 図からも分かる通り生理の10日〜1週間前の期間は黄体ホルモンの働きが活発化しています。 この時期は個人差もあり症状も様々ですが、以下の様な状態になりやすく辛さを感じる方も多いと思います。 <生理前の体の特徴>• 頭痛やめまい• 体のだるさや重さを感じる• 倦怠感• むくみ• イライラ• 肩こりや便秘• 食欲の減退(過食がちになる方も) この時期は体に水分や脂肪を溜め込みやすく、「少し太ったなぁ」と感じやすい時期です。 この時期の運動は無駄ではありませんが、目に見えた効果が感じられにくいはずです。 生理前の憂鬱さやPMSと目に見えた効果が感じにくくなる時期が相まって、ダイエットにくじけてしまいがちな時期と言えるでしょう。 この時期は体重が数キロ変動する事もありますので体重計に乗るのを控えるなど「目に見えた体重の増減」から目を背けてしまうのも手です。 この時期の体重の増加はほとんどが水分と言われていていますので気にし過ぎはストレスになってしまいます。 生理中の体の特徴 生理中の体の特徴としては生理前に活発だった黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が落ち着きます。 図にもある通りこのホルモンの分泌が少なくなる事から体温が下がる「低体温期」になります。 生理中のダイエットのポイント 生理前と同じく体重が増えやすい時期と言えます。 また、体温が下がってしまう傾向があるため、冷えからくるむくみが起こりがちな時期とも言えます。 ですので体を冷やさないように注意しましょう。 体重が増えていきやすい時期で焦る気持ちも強くなってしまうかもしれません。 ただ焦る気持ちから「激しい運動」や「過剰な食事制限」は禁物です。 特にこの時期は体のだるさを感じたり、鉄分不足になりがちな時期ですので過剰な食事制限は栄養バランスが元々崩れやすい時期ですので食事制限は行わないようにしましょう。 ウォーキングやストレッチなど軽めの運動を中心に行いましょう。 血の巡りを良くする程よい有酸素運動として生理中であっても軽めの運動が出来る「ウォーキング」は特にオススメです。 生理が終わった後は痩せやすい時期になりますので、その時に備えた体の準備に役立ちます。 ダイエット効果を高めるウォーキングの行い方は過去記事を参考にしてみて下さい。 生理前と同じくダイエットの効果が見られにくい時期ですので体重の増減に一喜一憂しないように心がけましょう。 <鉄分不足を補おう>• レバー• パセリ• 油揚げ• ひじき• ピュアココア ココアはダイエットに嬉しい効果満載です。 ココアドリンクなどのレシピも過去記事ではご紹介していますので参考にしてみて下さい。 特にサプリメントで鉄分不足を補う場合は用量を守りましょう。 生理後は痩せ期! 生理終了後から2週間は体の調子も落ち着いてダイエットに最適な時期です! 一口に生理後と言っても1週間単位で2つの時期に分ける事が出来ます。 また、生理期間中のむくみが解消されて体重の落ちやすい時期ですので 痩せたからと言って気を抜かない!事が大切です。 このホルモンが活発な時期は心身ともに調子が上がってきますので運動もしやすく、ダイエット効果も高い時期です。 生理中から続く低温期ですので体が冷えないように注意して下さい。 徐々にむくみがちな体になっていきますので体重の増加にあまり気をとらわれないようにしましょう。 例えばいつもはウォーキングを定期的に行っているようであれば、この時期はジョギングにチャレンジしてみたり、ストレッチやエクササイズの時間を20分延長してみるなど変化をつけて運動量を増やすと痩せ期を活かしてダイエットを効率的に進める事が出来ます。 生理周期に合わせて豆乳をダイエットに活かす 豆乳は大豆の絞り汁ですが健康にいいと言われているのはご存知の方も多いと思います。 女性に嬉しいダイエット効果のある成分をピックアップします。 オリゴ糖:便秘解消効果• イソフラボン:女性ホルモンと同じ様な働き• ビタミンE:美肌効果• サポニン、レシチン:肥満の予防効果• カリウム:むくみの解消 特にイソフラボンは卵胞ホルモン(エストロゲン)と似た働きをします。 更年期に近づくに従ってエストロゲンが減少する傾向にあります。 このエストロゲンの減少は不眠やイライラの減少につながります。 豆乳を定期的に飲む事で生理前のイライラの緩和や辛い生理痛などを緩和する効果が期待できます。 また、サポニンやレシチンは血中のコレステロールを減少させたり、血をさらさらにしてくれる効果があります。 極めつけは大豆たんぱくは体内での吸収と分解に時間がかかるため、満腹感が持続しやすい特徴があります。 ダイエットだけでなく女性に嬉しい効果が満載の豆乳は是非生活に取り入れたい健康食品と言えますね! 日本豆乳協会(参考www. tounyu. html) 注意点としては大豆イソフラボンの過剰摂取は健康への影響があると示唆された研究結果もあるため、一日の摂取量は無調整の豆乳で200mlを上限としましょう。 また、妊娠中の方のイソフラボンが胎児の生殖機能の影響を及ぼす可能性が示唆されているため、妊娠中や妊娠の可能性がある方は摂取を控えましょう。 生理前に多量の豆乳の摂取で生理が遅れたという報告もあります。 過剰な摂取には注意が必要です。 参考: 豆乳ダイエットの実践方法 少し長くなってしまいました…。 豆乳の血糖値の急激な上昇を抑える効果で食べた物が脂肪に変わりにくくなります。 調製豆乳や豆乳飲料(コーヒー味など)は飲みやすいですが糖分が含まれていますのでダイエットには若干不向きです。 豆乳をあまり飲んだ事の無い方や豆乳が苦手な方は調製豆乳や豆乳飲料から試してみてもいいと思います。 生理が始まったタイミングで豆乳を飲むのを止めると更に効果的です。 豆乳ダイエットのポイント 体重の増加を気にしないように! 豆乳を飲みましょう! 運動は続けましょう! 適度な運動は生理を軽くする効果も期待できますので、体を動かす事は前提として、短期間での体重の増減に一喜一憂しないようにする事がこの時期のダイエットに大切なポイントと言えます。 生理前一週間豆乳飲むだけダイエットでまた1. 107• 109•

次の

生理中のダイエットに最適な運動や食事はコレ!飲み物なら豆乳? │ ダイエットノートBIZ

生理 運動 ダイエット

月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の4つのうちにダイエットに関係してくる時期というのが黄体期に関係性があります。 黄体期は生理周期の排卵期が終わってから次に生理が始まるまでの間の期間ですが黄体期は排卵期で排卵された卵子が成長し黄体化することで女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステン)が大量に分泌される時期にあります。 こういった時期には月経前症候群が出やすくなる時期のために・・・・• 基礎体温が上がる• 身体がだるく感じる• 太りやすくなる• イライラしやすくなる こういった状態にあることでダイエットには適さない時期だということなのです。 特にこの黄体期がダイエットに適さない時期だといわれるところには、 体内にコレステロールを多く蓄えようとする時期のために痩せにくいのです。 こういった月経前症候群がでやすい時期は黄体ホルモンとエストロゲンのバランスが崩れてしまっているために心が不安定になりダイエットには向かず、太りやすいのです。 生理中に痩せる理由 生理周期でみた場合にダイエットに適している時期と言うのは確かにあります。 生理周期に合わせてみるとこうなります。 痩せやすい時期• 痩せにくい時期• 太りやすい時期 つまり痩せやすい時期にダイエットをすることでしっかりと痩せることができるようになります。 この痩せやすい時期というのは生理が終わって高温期に入る前、 生理が終わる 頃から 排卵期 までの2週間程度の期間が最も身体の体調がよく、新陳代謝もいい時期のために痩せやすい時期なのです。 生理中にやってはいけないこと 激しい運動 生理中にしてはいけないことの一つとして激しい運動になります。 生理中は心も体も敏感な時期にあるために身体に負担をかけるようなことはもちろん疲労を感じるような運動をすることは避けなければなりません。 これは生理中にホルモンバランスの乱れによって不安定な時期でもあるためにどうしても ストレスになってしまうのです。 こういった時期に激しい運動をするとただ苦痛でしかないのです。 チョコレート 生理中にチョコレートを食べることによって良いことはテオブロミンという成分が心を安定させてくれる効果がある一方で糖分が多い食べ物でもあります。 チョコレートは糖分が多いために血糖値を上昇しやすく太りやすくしてしまう可能性があります。 またチョコレートにはチョコレートの甘味には身体を冷やしてしまうために逆に生理痛を重くしてしまう恐れも考えられます。 どうしてもチョコレートを欲する時は ビターなものを選ぶといいでしょう。 暴飲暴食 生理前になると黄体ホルモンという女性ホルモンの分泌が盛んになってきます。 こういった時期は身体も心も不安定な時期のために太りやすい時期と言われており、特に食欲をコントロールすることがうまくできなくなってくる時期でもあります。 これは身体が妊娠しやすい状態を作るための時期になるために、食欲が湧いてくるのです。 その理由には黄体ホルモンが分泌することによって血糖値が下っていくわけですが血糖値を安定させようとアドレナリンが分泌されます。 このアドレナリンが失われた栄養を補おうとすることで食欲が増進してしまうのです。 この時期は食欲を増進するだけでなく同時に身体に栄養を蓄えようとするために体重が増えやすく、個人差はありますが1Kg~3Kgほどの体重の増えるようになるのです。 生理前にやるべきダイエット 食事 生理前に食欲が増進することは避けられないことかもしれません。 しかし、食欲が湧くからといって欲求に任されて食事を食べてしまえば、体重だけでなく、必要以上に脂肪の蓄積に繋がりかねないことになってしまいます。 こういったことにならないためには、生理前の食欲を抑える方法として 食事は空腹を感じさせない状態を作ることにあります。 ここでの空腹とはあくまで強い空腹感を作らないことです。 空腹をただ我慢することはかえって食欲が増進されるだけのために食事のときはゆっくりよく噛んで食事をすることをおすすめします。 よく噛むということはそれだけでダイエット効果があり、噛む回数を重ねることで満腹中枢を刺激することによって、少ない量で満足感を得ることができるようになります。 運動 生理前は個人差によるところが大きいですが身体のだるさやイライラなど体調不良に悩みやすい時期でもあります。 こういった時期にいくら運動をしても逆にストレスを抱える原因になりかねません。 しかも運動をこの時期にしてもダイエット効果はほとんど期待することができないのです。 これは体重が落ちないどころか逆に太ってしまったなんてこともあります。 こういった生理前の時期に必要な運動はなく、部屋で行えるようなストレッチをすることがおすすめです。 その他ではヨガもおすすめできる運動です。 ヨガの効果• 老廃物を出すことによって肌がキレイになる• 基礎代謝を上げることができる• 血液の循環がよくなり肩こりを解消• 冷え症を改善できる• 月経による不快症状を緩和できる• 病気の予防ができる• 自律神経の活動を整える• 姿勢がよくなり脂肪が付きにくくなる また半身浴などもおすすめです。 半身浴効果• むくみの解消• 脂肪燃焼が早まる• 美容効果がある• 疲れがとれる• 質の良い睡眠がとれる 生理中にやるべきこと 現状維持 生理中の時期は何より一番きつい時期でもあるために無理なダイエットは控える方がよいです。 そのためにストレスを受けにくい、感じにくい時間の過ごし方をすることが一番よいとされています。 特に生理中にダイエットをしてしまうと思っている以上に効果は薄く、いい成果が現れないだけでなく、大きなストレスになってしまう可能性があります。 こういった時期は自律神経の乱れによることが原因なので食事や運動に少しばかり気にかけ意識する程度で過ごすことが大切です。 軽めの運動 生理中におこなう運動はやはり激しい運動は控えなければなりません。 生理中に激しい運動や筋トレなどを行うと身体への負担も大きくかえってただ疲れストレスになりかねません。 こういった生理中に行う運動は、軽めの運動がおすすめです。 ストレッチやヨガ、ウォーキング、軽めのジョギング程度であれば心配はないでしょう。 またこうした軽めの運動を行うことで生理中のイライラを緩和させることもできるためにおすすめです。 そしてあくまで生理中の期間は 体重を意識して落とそうとせずに現状を維持させることだけに集中しましょう。 食事 生理中はホルモンの関係上どうしても体重がおちにくい時期なので、あくまで今の状態をキープさせることにだけ集中!!ただ生理中は無理な食事制限もそこまで必要はありません。 ただ食事で意識的にしなければならないことは温かい食べ物を意識して摂るようにする事と、生理前と違う点では体温が下がりやすい時期なので、温かい食べ物や温かいスープなどで身体を温めるようにしてください。 また貧血になりやすいために食事の中では鉄分を含む食べ物を摂ることも必要です。 鉄分の多い食材• カツオ• マグロ• レバー• ひじき• 小松菜• ほうれん草• プルーン またこういった食材を摂ることも大切なことですが生理中の食事は特に一日3食は必ず摂るようにしなければなりません。 また 一日3食の食事のバランスをしっかりと摂ることも必要なことです。 特に朝の時間に食事を摂るか摂らないかでは一日をダイエットとして見た場合に大きく効果が変わってきます。 朝食を食べる効果には大きく5つの効果があります。 集中力がアップする• 排便作用が活性化する• 低体温の改善• 食べ過ぎを予防できる• 脂肪の蓄積を予防できる こういった効果が朝食を摂ることで効果があります。 特に生理中であっても普段のダイエットであっても朝食を摂ることでその日の一日の代謝の上がり方が大きく変わってくるために 必ず朝食は食べるようにしなければならないです。 また食べる時に意識することは水分をしっかりと飲むことや食事の食べる順番を意識することも必要なことです。 食べる順番は 「野菜」「タンパク質」「脂肪」の順で食べるようにしましょう。 この食べる順番で多いなポイントが野菜を始めに食べることにあります。 野菜を始めに食べることによって血糖値の上昇を緩やかにさせる効果があるために野菜を先に食べなければなりません。 しかもこの血糖値の緩やかな上昇効果は昼、夕の食事の血糖値までも緩やかにさせてくれる効果がります。 スポンサードリンク 朝の食事で野菜を先に食べるだけでその日の一日の食事の血糖値が上がりにくくする効果があるのです。 水分 黄体期にある時は、食欲の増進とともに太りやすい時期であるために、この期間でやせることは難しいです。 しかし、生理が終わって次の排卵日までの排卵期は代謝が良くなる期間で心と体のバランスがとれる時期のために、それまでの期間ではむくみを和らげるために、利尿作用のある食材を食べる事以外にもこまめな水分補給は必要になります。 生理中はむくむことは仕方のないことかもしれませんが、むくむからといって 水分を摂らないようなことをすると逆効果になってしまいます。 生理中にむくむのはあくまで生理中の一時的な期間であって、生理後にはしっかりとむくみも取れるようになります。 そのためには、ミネラルウォーターなどの水分を摂ることで代謝を上げる効果や代謝を上げることによって脂肪が燃焼しやすくなる効果もあります。 また水分を摂ることで身体に溜まった老廃物も排出することができます。 生理後にやるべきダイエット 生理後から排卵日までの期間は最も痩せることができる時期でもあります。 「痩せ期」「ダイエット期」と呼ばれるほど大きな成果を期待する期間なのです。 生理が終わってからの7日間が「卵胞期」と呼ばれる期間でこの時期こそ期待できるわけです。 こういった期間にやるべきダイエットは食事と運動と大きく2つにわけることができます。 食事 生理後の食事で気をつけるポイントは糖質や脂質を摂り過ぎないようにすることです。 ただ完全に制限するといったことはよくないために低脂肪で高タンパク質な食材を食べるように心がけるとよいです。 おすすめタンパク質食材• 赤身肉• 鶏のささみ• カツオ• 大豆食品 生理後は脂肪が燃焼しやすい時期と同時に筋肉をつけやすい時期でもあります。 そのために タンパク質を摂る必要があるのです。 また大豆製品からも量質なタンパク質を摂ることができます。 特に大豆には大豆イソフラボンが含まれているために、食事で摂ることで吸収され、血中に入るとエストロゲンと感知するそうで女性ホルモンと似た構造を持つイソフラボンを摂ることが女性ホルモンの減少をサポートする効果があります。 美肌効果のアップ• バストアップ• 骨密度を保つ• 肥満予防 また野菜や海藻類を積極的に摂ることで女性ホルモンの働きかけを助ける効果もあるために ビタミンやミネラルをしっかりと摂ることも必要です。 運動 生理後は特に運動をすることで大きく痩せることができる期間です。 特に脂肪燃焼効果の高い 有酸素運動をとり入れることで効果的になります。 これはエストロゲンが多く分泌されている時期というのは身体にある老廃物や水分脂肪燃焼が活発に行われるようになるためです。 この時期に有酸素運動をすることで、より脂肪分解酵素の量が増えていくために脂肪燃焼することができ痩せることができるようになるのです。 そしてさらに効果を高める運動が筋トレになります。 筋トレを行う目的は、身体に筋肉をつけることで、身体の脂肪をより燃焼させてくれる働きがあります。 また筋肉が作られることで基礎代謝も高くなり、一日の消費カロリーも基礎代謝が低い状態の時とは大きく消費されるカロリーも変わってきます。 基礎代謝を上げることは太りにくく痩せやすい体質に変えることになります。 生理後は脂肪燃焼しやすい時期と同時に筋肉が作られやすい時期でもあるので 筋トレと有酸素運動を行うことでより大きなダイエット効果を狙うことができるようになります。 おすすめの有酸素運動と筋トレはこちら「家で毎日できる運動ダイエット!方法と効果は」 また、生理中に筋トレを考えている場合は、あくまでも無理のない範囲で行うことが求められます。 生理前はそもそも脂肪を貯め込もうとする力が強くなる時期です。 しかし、この時期を過ぎると、女性ホルモンの分泌が下がる時期に入ります。 この時期に筋トレをすることで筋肉をつけやすくできる時期のために、適度な筋トレであればむくみの血行を促進させることにもなり、むくみも解消することができるようになります。 「筋トレは毎日しない!女性が効果を出す自重トレーニング」 睡眠は意外と大事なこと 生理中に眠気がくるのは身体の変化に起こることが原因ですが、生理中にしっかりと寝ているはずなのに、とにかく眠たいと感じる人がかなり多くあります。 その理由には黄体ホルモンが関係していて生理前はこの黄体ホルモンが活発になることで就寝時も眠りに付きにくくなります。 そして生理中になるとこの黄体ホルモンの分泌が低下するために低体温が続き、眠たくなります。 じつはこのホルモンの働きには睡眠薬と同じくらいの効果があると言われています。 こういった眠気を少しでも和らげるために必要なことが3つあります。 体内時計のリセット 体内時計とは人が一日の周期でリズムを刻むために備わっている時計で、意識をしていなくてもに中は活動状態になり、夜間は休息状態にと切り替わるリズムが自然と備わっています。 これが生活習慣の乱れや暴飲暴食、運動不足などによって乱れてしまいます。 こういった改善と同時に、太陽の光を浴びることで体内時計をリセットすることができるために、この仕組みをうまく使ってみるといいでしょう。 質の良い睡眠を準備する 質のよい睡眠をとるためには、黄体ホルモンによる低体温の状態を少しでも体温を上げるだけでもかわってきます。 寝る前に3時間ほど適度な運動を行うなどをしたり入浴をすることで体温を上げるなどすることで効果があります。 また入浴は半身浴でぬるめのお湯でしっくりと入ることでゆっくりと温めることがポイントです。 また寝具にも気を使うといいでしょう。 寝やすい枕や寝具をそろえることでも効果は変わってきます。 また寝つきやリラックス効果を得るためにアロマを焚くこともおすすめです。 昼間に眠気が止まらない時は! 昼間にどうしても眠気が強く集中できないなどがあれば、空いた時間を利用して5分、10分程度だけでも眠るだけでも効果があります。 ただ、昼寝として長い時間寝てしまうと目覚めも悪くなり逆効果になるので気をつけましょう。 まとめ 生理中、生理前そして生理後の過ごし方でダイエットの成果は大きく変わってきます。 その時々の生理の状態でうまくダイエットに繋げていくとただ体重が減っただけでなく美容面でも大きな効果を期待することができるでしょう。

次の