アフリカ マンゴ ノキ エキス。 アフリカマンゴノキエキスの原料株式会社龍泉堂

アフリカマンゴノキ由来エラグ酸は効果なし!?ダイエットサプリの成分として配合されている理由とは?|アフリカマンゴノキ

アフリカ マンゴ ノキ エキス

糖質制限では脳のパフォーマンスの向上と体重の減少、顔の老化予防に効果があります。 糖質制限で私が補助的にエネルギー源として利用しているのがココナッツオイルに含まれるMCTオイル(中鎖脂肪酸)です。 老化を防止しながらスリムな体形を維持するのに中鎖脂肪酸がなぜ役に立つのか? 私のブログでもを紹介しましたが、中鎖脂肪酸や短鎖脂肪酸は血中のケトン体を増やす作用があるため糖質制限のエネルギー源としてのサプリメントになり、糖質を食べないため食後血糖値が一定していることで自らで食欲を手なずけているからです。 食欲コントロールの他に中鎖脂肪酸は脂肪細胞に作用し、総じてメタボリックシンドロームの改善に有効な効果を持っています。 今回の記事は中鎖脂肪酸を多く含むアフリカマンゴノキがどう脂肪をコントロールするのか?その抗肥満作用について考察してみます。 アフリカマンゴノキの減量効果• アディポネクチンは肥満と逆相関しており、抗炎症作用、抗糖尿病作用、視床下部の満腹中枢に働きかけ食欲抑制とエネルギー消費増大作用がある。 肥満とは線維芽細胞から分化した脂肪細胞の数と脂肪滴の肥大で特徴づけられる[1]。 つまり痩せるということです。 脂肪細胞は炎症を引き起こす炎症性サイトカインを分泌する炎症源ですが、同時にレプチンという『もう食べるな』というシグナルを脳の視床下部に送ることもできる組織です。 レプチンはアディポネクチンによって制御されアフリカマンゴノキはアディポネクチンを増やしますが、レプチンの分泌量を減らします。 あれ?レプチンは増えた方が痩せるんじゃないの?と思う人もいると思います。 肥満の方は通常、脂肪滴をため込んだ脂肪細胞が大量にあるためレプチンが常に大量に出続けています。 そのため視床下部ではレプチンが大量に入ってくるために『レプチン麻痺』つまりレプチンに対して抵抗性を持つようになります。 レプチンで『もう食べるな』という信号を送っても脳の視床下部が麻痺して食欲が止まらなくなってしまうのです。 これを改善するためにはレプチンを減らして徐々にレプチン受容体を敏感にしていき、レプチン抵抗性を解除するしかないです。 アフリカマンゴノキの種のエキス Irvingia gabonensis seed extract は糖質制限しなくても脂肪細胞由来のレプチンを減らすことによってレプチン抵抗性を改善します。 アディポネクチンは肥満の人のレプチン抵抗性を緩和してレプチン(『もう食べるな』)信号が満腹中枢に効くようにしてくれます。 肥満の方はレプチンが出続けて脳の視床下部のレプチン受容体が麻痺していますので、糖質を食べている人がこれからダイエットしようと決心している人にとっては栄養補助として有効だと考えます。 ダイエットが成功するかどうかは食欲のコントロールができるかどうかにかかっていますので。 もし本当に痩せたいなら糖質は摂取しないことです。 糖質だけが血糖値を上げ中性脂肪としてエネルギーを蓄積するのです。 さて、レプチンが視床下部で効くようになると食欲が抑制され、同時にエネルギー消費が増えて食べた分のエネルギーが消費され、脂肪に蓄積されにくくなります。 したがって肥満になりにくくなります。 そもそも肥満とは脂肪細胞が脂肪滴をため込み脂肪細胞の数が増えている状態です。 じつは脂肪細胞の前駆細胞は線維芽細胞ですので、生活習慣しだいでコラーゲン繊維を作るアンチエイジングに重要な細胞として生きるか、あるいは脂肪蓄積という老化を加速する細胞になるか分かれてくるのです。 細胞の分化も変えてしまう生活習慣は本当に老化に関係しているんだなと思います。 アフリカマンゴノキのシードエキスの摂取はいわゆるメタボリックシンドロームに特徴的な症状:体重、体脂肪、および胴囲ならびに血漿総コレステロール、LDLコレステロール、血糖、C反応性タンパク質、アディポネクチンの減少およびレプチン抵抗性、これらの有意な改善が報告されています[2]。 一般に『エキス』には多くの成分が含まれていて安全なもの、リスクがあるもの、さまざまミックスされています。 アフリカマンゴノキは中鎖脂肪酸を主な成分としてエキス全体として肥満抑制に効果が出る食べ物と言えます。 アフリカマンゴノキの成分と肥満改善の理由の考察• アフリカマンゴノキのシードオイル中の主要脂肪酸は飽和脂肪酸で酸化しにくい。 主にラウリン酸およびミリスチン酸で構成されていた。 リノレン酸も非常に高い含有量が認められた。 揮発性化合物も含まれており様々な芳香族および脂肪族有機化合物がある[3]。 赤血球膜におけるアディポネクチンとレプチンの量はラウリン酸とリノール酸では正の相関、n-3脂肪酸とはアディポネクチンとレプチンとの負の関連が観察された[4]。 これはココナッツオイルの主要な中鎖脂肪酸であるリノレン酸がアディポネクチン合成を増やす作用があるので、なぜ中鎖脂肪酸を摂取しながらの糖質制限ダイエットが痩せるのか容易に想像できます。 肥満の方は満腹中枢におけるレプチン抵抗性がありますから、レプチンを減らしてレプチン受容体の感受性を高めることは肥満を改善するのに効果的です。 まとめ• アフリカマンゴノキの種のエキス(シードエキス)の摂取はアディポネクチンを増やす。 アフリカマンゴノキのシードエキスはレプチンを減らし肥満の方の減量の助けになる• したがって私の意見としてアフリカマンゴノキの摂取は肥満の方が糖質制限などの本格的なダイエットに取り組む前のサプリマントとして有効だと考える 参考文献:• 【メルマガ登録】 不要な老いを避け美しく生きるお役に立てるよう当ブログの最新情報をお届けします。 登録すると最初に7回に分けて若々しさを保つ基本のアンチエイジング習慣をお伝えします。

次の

suspended.accessdomain.com: シボヘールGOLDスムージー アフリカマンゴノキエキス配合 約1か月分 180g ハーブ健康本舗: 食品・飲料・お酒

アフリカ マンゴ ノキ エキス

アフリカマンゴノキ由来エラグ酸は効果なし!?ダイエットサプリの成分として配合されている理由とは? カテゴリー: 、 、 、 、 薬局やドラッグストアでの取り扱いはもちろん、通信販売も加えると、世の中には様々なダイエットサプリが存在します。 そんなダイエットサプリの主成分として近年注目されるようになったのが、「アフリカマンゴノキ由来エラグ酸」です。 しかし、この成分が一体何なのかよくわからない方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、 ・アフリカマンゴノキ由来エラグ酸とは? ・アフリカマンゴノキ由来エラグ酸はダイエットに効果を期待できる? この2つの疑問に的を絞り、わかりやすくご紹介していきます! アフリカマンゴノキ由来エラグ酸が配合されているダイエットサプリが気になっている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね! アフリカマンゴノキ由来エラグ酸ってなに? アフリカマンゴノキ由来エラグ酸は、アフリカマンゴノキの種子に含まれている成分です。 アフリカマンゴノキは日本に自生している植物ではなく、アフリカやインドといった地域に自生している常緑高木になるんですが、現地ではダイエットに効果的な薬草として親しまれてきました。 種子やエキスを使って料理に加えることにより、食欲を抑制して食べ過ぎを防ぐと重宝されてきたんですね。 これが大きな評判となって、アメリカではアフリカマンゴノキの種子から抽出した成分をダイエットサプリに使用したのが、「アフリカマンゴノキ由来エラグ酸」が多くの人に認知されるようになったきっかけです。 アフリカマンゴノキ由来エラグ酸の効果とは? アフリカマンゴノキの種子に含まれるポリフェノールの一種が、アフリカマンゴノキ由来エラグ酸となりますが、この成分には以下のようなダイエット効果と健康維持効果を期待することができます。 ダイエットを成功させるためには、蓄積された脂肪を効率よく燃焼させなければいけません。 そのために重要となるのが、エネルギー源として活用することができる「脂肪酸」に変換させる働きです。 アフリカマンゴノキ由来エラグ酸のサポートによって中性脂肪の分解を促せば、脂肪酸にする力を大きくすることができるんですね。 つまり、太りやすく痩せにくい状態を解消することにつながるわけです。 善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを低下させる アフリカマンゴノキ由来エラグ酸には、善玉コレステロールとして知られているHDLコレステロールを増やして、悪玉コレステロールとして知られているLDLコレステロールを低下させることができるといわれています。 悪玉コレステロールが高くなっている状態では脂質異常が発生し、生活習慣病のリスクが高まります。 この状態を緩和するためにも、アフリカマンゴノキ由来エラグ酸のサポートで悪玉コレステロールを低下させれば、健康維持に役立つと期待されているんです。 アフリカマンゴノキ由来エラグ酸はダイエットに効果的? アフリカマンゴノキ由来エラグ酸のダイエット効果を上記でご紹介しましたが、果たして本当にダイエットに効果的なのか気になりますよね。 アフリカマンゴノキに関しては、臨床試験が行われています。 この臨床試験の結果、わずか8週間といった短い期間で体重やウエストの数値に変化がありました。 しかし、腹部脂肪面積についてはデータがないため、ダイエットにものすごく効果的なのかと聞かれると、疑問が残る状態です。 また、エラグ酸がそこまでダイエットに効果を期待できる成分なのであれば、アフリカマンゴノキ由来エラグ酸でなくても、エラグ酸が多く含まれている食品で痩せられるということになります。 ちなみに、イチゴには豊富なエラグ酸が含まれていますが、食べているだけで1ヵ月で3キロ痩せるといった話は聞きません。 2kgといった数値が出ているんです。 仮に、臨床試験データのような高いダイエット効果を期待できるのが本当だとしても、これをエラグ酸だけで証明するのは無理があるんですよね。 今の現状では、アフリカマンゴノキ由来エラグ酸がダイエットに効果的であると残念ですが断言することができません。 まとめ 今回は、ダイエットサプリの原料として選ばれているアフリカマンゴノキ由来エラグ酸についてお話ししました。 アメリカでは実績のある成分として紹介されていることもありますが、日本では高く評価できるだけの実績がありません。 あまり期待しすぎてしまうとがっかりする可能性も高いため、アフリカマンゴノキ由来エラグ酸が気になっている方は、あらゆる観点で総合的に判断した上で試してみてくださいね。

次の

suspended.accessdomain.com: シボヘールGOLDスムージー アフリカマンゴノキエキス配合 約1か月分 180g ハーブ健康本舗: 食品・飲料・お酒

アフリカ マンゴ ノキ エキス

アフリカマンゴノキエスは機能性表示食品に対応可能な原料です。 やや体脂肪が高めの方やBMIがやや高めの方の数値を穏やかに減少させる機能性表示が可能です。 アフリカマンゴノキ 学名:Irvingia gabonensis、英名:African Mango/アフリカンマンゴー はアフリカマンゴノキ属ニガキ科の常緑高木であり、主に中央~西アフリカやインドなどの熱帯の湿った地域、低木の集まる森で自然に生育してます。 アフリカマンゴノキは、緑色~黄色のマンゴーのような果実をつけ、その果実や種子は食用として用いられています。 アフリカ各地では体重を減少させる薬草として古くから使用されていたほか、とくに中央~西アフリカの採集狩猟民族では、過剰な食欲を自然に抑制する食材として利用しています。 また、アフリカマンゴノキの種子あるいはエキスは、スープのトロミや味付け、お菓子、食用油脂などの食品原料として常用されています。 さらに、アメリカでは種子から抽出した濃縮エキスを栄養補助食品の原材料として利用されています。 近年の研究によって、アフリカマンゴノキの種子エキスには、ウエイトロス 体重減少 やメタボリックシンドロームに効果のあることが分かってきました。 とくに肥満の方は、レプチン抵抗性によって食欲コントロールの働きが鈍っている方が多いが、アディポネクチンの分泌が増加すると、レプチンの働きがしっかりと脳に伝えることができるようになり、食欲抑制および体重管理が可能となります(レプチン抵抗性の改善)。 【2】 抗メタボリックシンドローム ( アディポネクチンの増加 ) 脂肪細胞の肥大と深い関係があることで知られているアディポネクチンは、脂肪細胞から分泌される生理活性物質で、善玉ホルモンとも呼ばれています。 アディポネクチンは標準的な大きさの脂肪細胞では多く分泌されますが、肥大した脂肪細胞では分泌されにくくなります。 また、アディポネクチンはインスリンの働きを良くするので、血糖値が下がりやすくなり糖尿病の予防・改善に効果があります。 また、筋肉や肝臓の脂肪代謝を良くする作用があり、中性脂肪を低下させます。 さらに、血管拡張作用のあることから高血圧、動脈硬化を改善し、心筋梗塞や脳梗塞の予防・改善効果があります。 【3】 脂肪の合成抑制 ( グリセロール-3-リン酸脱水素酵素の阻害 ) 脂肪細胞内で血糖分を中性脂肪に変換し、蓄積する働きがある酵素として知られているグリセロール-3-リン酸脱水素酵素(GPDH)は、その濃度が上昇すると中性脂肪の合成が促進すます。 アフリカマンゴノキエキスには、GPDHを阻害する働きがあり、血糖分を中性脂肪に変換されるのを抑制します。 【4】 炭水化物の吸収抑制 ( アミラーゼの阻害 ) 炭水化物が吸収されるには、消化酵素のアミラーゼによって分解される必要があります。 アフリカマンゴノキエキスには、アミラーゼを阻害する働きがあるため、デンプンが糖に分解されず、体内に吸収される糖の量が減少します。

次の