さながら 短文。 栄(さかえ)とは

「さしずめ」の意味とは?類語、使い方や例文、反対語を紹介!

さながら 短文

「~~」を使って短文を作りなさい。 「短文を作れったー」 でお題をもらってぽそぽそ作った短文の集積。 ・ 「だいたい」を使って短文を作りなさい 恩師から旅行のお土産を頂いた。 一体どこに行ってきたのやら、俺にはセイウチの牙でできたのお守り、彼女には刺繍が綺麗な中国山岳民族の伝統的なポーチ、ヤツには阿寒湖のマリモの小瓶が手渡された。 ・ 「さばかり」を使って短文を作りなさい おぉお、呪われてあれ〆鯖。 カリカリと胃の腑を内側からかじられるような痛みにのた打ち回りながら、夕食の〆鯖への呪詛を吐き出した。 虫を憎んで鯖を憎まずとも思うがこの痛みの中では慈悲など持ちようがない。 ・ 「あまねく」を使って短文を作りなさい 「やっぱり和菓子はすあまね、栗饅頭も捨てがたいけど」 ショウケースを眺める先輩への、後輩の「でもすあまってういろうとどう違うのかわからないですよ」という発言が契機となり部活を二分する戦いが勃発した。 ・ 「やたら」を使って短文を作りなさい 劇場に入ったら真っ先に怒声が響いてきた。 「お笑いの命は間合いや! タライ落とすのも呼吸考えて落とさんかい!」 額に派手なコブを作った先輩芸人に、新人の裏方が思い切り叱られていたのだ。 ・ 「もっぱら」を使って短文を作りなさい コロッケを7つも食ったので思い切り芋っ腹である。 ・ 「かしこくも」を使って短文を作りなさい 本日のカレーはマイルドさを出すためチャツネを溶かし、コクも出したかったのでチョコレートを入れたが、辛いのが苦手な彼にはつらかったようでやはりカレーの王子様を買うべきだったかと現在後悔している。 ・ 「ついに」を使って短文を作りなさい ヤツはその髭男の殺意に抱擁を以って応えたのだ。 ・ 「さながら」を使って短文を作りなさい その小さな、がらんどうの空間の中心には一つの彫刻が据えられていた。 冒険者が近づくと御影石で象られた鯨 いさな がランプの灯りに浮かび上がる。 古びた美しさながらも愛嬌があり、それでいて勇壮な姿であった。 ・ 「よろしく」を使って短文を作りなさい 「やっぱりは呉だよ、ろしく、ろしく! では:画!」「だろ、好きなヤツの名前くらいちゃんと発音しろ」「…舌足らずですんません…」 ・ 「ついでに」を使って短文を作りなさい さんのシベリア旅行記を読んだら蚊の話が恐ろしかった。 シベリアの蚊は分厚いデニム地のズボンの上から針を突き刺してくるというのだ。 ・ 「いささか」を使って短文を作りなさい 「仙台のお土産、萩の月でいい?」「笹かまぼこ!笹かまぼこ!! 」「あんた、猫にあげようとするからダメ! 猫の健康考えなさい!」 ・ 「いやしくも」を使って短文を作りなさい 「あー、もう花見の場所ないや」「敷くもの探してるうちに埋まっちゃったね」 ・ 「すこぶる」を使って短文を作りなさい 「あの飲み物に続く商品を考えたぞ! スカーレット・ブル! 略してスコブル!! 」「コが苦しいです博士…」 ・ 「はからずも」を使って短文を作りなさい 餃子のタレは辛酢もいいよねー。 辛党の姉はそう言いながらラー油ではなく、唐辛子を漬け込んだ酢を小皿に垂らしてニコニコしている。 辛いのが苦手な私は黒酢を手にする。 さぁ、餃子祭り開幕だ! ・ 「はからずも」を使って短文を作りなさい 奥の方の歯から「ずももももも…」と響くような痛みがやってくる。 くそッ、くそッ、親知らずめ! ・ 「みょうに」を使って短文を作りなさい 「いいかおまえら、萌え語尾禁止! 特に『みょ』! 『うに?』とかいって首を傾げさせるのも禁止!! 俺のアイコに乱れた日本語を教えるな!」AI開発に勤しむ研究者が、学生達へ向けて悲痛な叫びを上げた。 ・ 「けだし」を使って短文を作りなさい 「お昼に戻れそう?」「わかんない。 昼ごはん何?」「あんかけうどん。 椎茸ダシの」「えー!なら、部活に顔出すだけだしすぐ戻る!」姉は叫びを上げて駆け出した。 ふむ、ブシならぬ椎茸の情けだ、支度をしよう。 ・ 「ほとんど」を使って短文を作りなさい 「なにー、データベースが吹っ飛んだだと?! おい、バックアップの確保…」「…㌧㌦」全員の悲鳴が部屋にこだました。 環境依存文字失礼 ・ 「はたと」を使って短文を作りなさい 砂浜には直径一メートルにもなろうかというエチゼンクラゲの骸がへばりついていた。 「こいつのせいで今年はまるでハタハタ捕れんかった」。 クラゲの大きさに驚くだけの私の隣で、親父さんはぼそりとそう呟いた。 ・ 「いたずらに」を使って短文を作りなさい 「これがそのときの水温の推移を描いた図」「ラニーニャって女の子って意味なんだって。 で、エルニーニョが男の子」「こらー、そこ、私語は慎めー」地学の授業は今日も平和だ。 ・ 「めっぽう」を使って短文を作りなさい 「今週末は仕事だから夕飯くらいしか空いてないや、母さんと買い物するのはダメっぽう」姉からメールが届いた。 「い」と「う」のミスはよくあることだが、几帳面な姉からと考えるとよほど忙しいのだろう。 ・ 「いよいよ」を使って短文を作りなさい 「雨やまない…」「よいよい、春雨じゃ、ぬれていこう」そう嘯いた先輩は翌日見事に風邪を引いた。 「お見舞いもってくか」「今月お金ないよ」「が昨日田舎から送られてきたから持ってこう、ビタミンCだ!」 ・ 「くれぐれも」を使って短文を作りなさい 「さて契約と参ろうではないか。 そちの願いを聞かせておくれ」「グレモリーたんハァハァ」「たわけが!わらわの愛を得ようなど100億光年早いわ!」光年は距離だよグレモリーたん。 ・ 「とうに」を使って短文を作りなさい 知らないのか 納豆に葱をきざむと美味いんだ …すまん! どうしてもこれだけは誘惑に勝てなかった…!! …その場のひらめき重視で作ってきたところ、なんだか食い物ネタが異様に多いところがなんとも言えませぬな…。 おあとがよろしいようで…。

次の

便利文房具で時短を実現!便利文房具を7つご紹介します!

さながら 短文

英検1級の二次試験(面接)に絞り込んで特訓できる、本格派の面接対策書。 1章では面接の概要や勉強法と取り組み方、面接でよく出題されるジャンルのランキング、頻出トピック分析ダイアグラムを使って頭を整理できる。 2章では、面接で超使える短文フレーズ機能ごとに分類。 Unitは頻出ジャンル別に分類されているので、苦手なジャンルがあれば集中的に訓練も可能。 巻末には引き続き独習がしやすいように「フラッシュカード」を付属。 モデル解答音声はCDに収録されている。 1章では面接の概要や勉強法と取り組み方、面接でよく出題されるジャンルのランキング、頻出トピック分析ダイアグラムを使って頭を整理できる。 2章では、面接で超使える短文フレーズ機能ごとに分類。 Unitは頻出ジャンル別に分類されているので、苦手なジャンルがあれば集中的に訓練も可能。 巻末には引き続き独習がしやすいように「フラッシュカード」を付属。 モデル解答音声はCDに収録されている。 機能別の短文練習と本番さながらの頻出分野別の実践訓練で準備万端。 例文の丸暗記ではなく、自分の意見を論理的に言う力が身につく。 頻出トピックのダイアグラムで、頭を整理し効率的に学べる。 巻末のフラッシュカードで、読了後もしっかり独学特訓できる。 【目次】(「BOOK」データベースより) 第1章 面接の準備(面接シミュレーション/二次面接試験の極意/英検1級 頻出分野はこれだ! ほか)/第2章 短文練習(イントロに効果的な表現/因果関係・要因を表す表現/影響・結果を表す表現 ほか)/第3章 実践訓練(政治/経済/教育 ほか) 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 植田一三(ウエダイチゾウ) 英語の超人(amortal philosophartist)、英語の最高峰資格7冠突破&英語教育書ライター養成校アクエアリーズ学長。 英検1級対策33年、資格3冠対策、TOEFL対策22年、工業英検1級対策16年、通訳案内士対策16年、国連英検特A対策8年指導。 ノースウェスタン大学院修了後、テキサス大学博士課程に留学し、同大学で異文化間コミュニケーションを1年間指導 上田敏子(ウエダトシコ) アクエアリーズ英検1級・工業英検1級・通訳案内士講座講師。 英検1級、工業英検1級(文部科学大臣賞)、国連英検特A(優秀賞)、ミシガン英検1級、TOEIC満点、通訳案内士国家資格取得。 英国バーミンガム大学院修士課程修了(翻訳学・優秀賞) Michy里中(ミッチーサトナカ) アクエアリーズ英検1級講師。 ビジネス会議通訳者。 LAで7年間、ビジネス通訳・翻訳業務に携わる。 大手企業でのTOEIC講座やビジネス英語指導経験も豊富で、歴史文化財の英文翻訳にも携わる。 英検1級・TOEIC990点満点・通訳案内士国家資格取得 山下澄子(ヤマシタスミコ) アクエアリーズ横浜校英検1級&TOEIC満点突破講座を担当し、大学入試予備校で医歯薬入試対策指導を行うと同時に、英検1級・通訳案内士・TOEIC900点突破教材の執筆を行う。 サウジアラビアに4年間滞在し、現地でヨガやスキューバダイビングのインストラクターを務め、英語でその講義と実践指導経験を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の

方丈記『安元の大火・大火とつじ風(予、ものの心を知れりしより〜)』わかりやすい現代語訳と解説 / 古文 by 走るメロス

さながら 短文

あくまでも、あさはか、あしからず、あたかも、あながち、あらあらしい、いかが、いかにも~そうだ、いささか、いちがい、いますがり、うってかわって かつて、かねがね、かなり~ろう、からくも、きっと、ぐったり、決して~ない さすがだ、さっそく、さながら、しかし~だろう、しからば、しっかり、すかっと、すこしだけ~、すべからく、せいぜい、せっせと、ぜんぜん、それいじょう、それなのに、そんざい たいがい、たしかに、ただし、ためしに、~たり~たり、つねに、~といえば、どうして、とうとう、とかく、ときめく、とっておきの、とても~ない、とにかく、どんより ないがしろ、~ながら、なにがし、~ならでは、ならわし、なんでも、~にすぎない、にわかに、~のよう、~のような ~ばかり、ひねもす まさか~ろう、まさに、またしても、まったく~ない、むしろ、もし~なら、もしかして~だった、もっともな ~やいなや、やっと、やはり~だった、やぶさか、ようやく、よしんば、よもや、よもや~まい カテゴリー• 1,252• 578• 401• 207• 232• 238• 590• 180• 131• 110• 161• 175• 318• 145• 133• 247• 106• 447• 100• 125• 2 NEW ENTRY.

次の