コロナ ウイルス 終息。 新型コロナウイルスはいつまで流行するのか【終息予想】東京オリンピックは大丈夫なのか

新型コロナの流行は気温が上昇しても終息に向かう可能性は低い、中国・復旦大学研究発表|@DIME アットダイム

コロナ ウイルス 終息

sponsorlink 新型コロナウイルス終息の条件 新型コロナウイルスの「終息」とは、感染患者が1人もいない状態のことである。 過去にもコロナウイルスが猛威を振るったが、「終息宣言」が出ている。 過去のコロナウイルス感染症の「終息宣言」 SARS(重症急性呼吸器症候群) SARSは2002年11月に、中国広東省仏山 フォーシャン 市で流行が始まる。 2003年7月5日にWHOより「終息宣言」が出された。 MERS MERSの韓国での感染拡大では、2015年5月中旬から感染した患者が出た。 韓国政府は2015年12月24日をもって終息宣言を発表。 新型インフルエンザ 2009年の新型インフルエンザの感染拡大では、4月にアメリカやメキシコで、ブタ由来のウイルスが、人から人に感染する例が複数確認された。 8月10日、WHOは世界的な大流行は終結したとして、パンデミックを解除した。 この潜伏期間を前提として、SARSやMERSと同じ基準によれば、 28日間、新たなウイルス患者が出ないことが終息宣言の条件になると考えられる。 但し、これは北半球の話。 『 北半球の気候が温暖になりウイルスの広がりがいったん収束しても、これから冬を迎える南半球で感染拡大が続けば、北半球に再度ウイルスが移り、「感染のサイクル」が作られる恐れがある。 新型コロナウイルスの場合、人口の7~8割が感染する必要があり、現実的ではない(=封じ込めと真逆)。 となるとワクチンの接種となるが、ワクチンの開発は始まったばかり。 東京医大の浜田篤郎教授(渡航医学)は「最終的にはワクチンができるまで流行を繰り返すのではないか」とした上で、 終息まで「二年程度はかかる」と予想する。 新型コロナウイルス終息時期は予測できない SARSウイルスと新型コロナウイルスの遺伝子は、90%近く同じであるという。 であれば、夏ごろに終息する可能性がある。 しかし、事はそう単純ではない。 それは夏(季節性)だから終息したのか、封じ込めが効果を発揮したのが夏だったからなのかに明確な答えが出ていない為だ。 また、新型コロナウイルスの封じ込めがどこまでうまくいくかによっても変わって来る。 新型コロナウイルス終息時期がいつになるかは、新型コロナウイルスが季節的かそうでないかによって異なる。 新型コロナウイルスが季節的なものである場合 新型コロナウイルスの封じ込めが上手くいき、新型コロナウイルスが季節的なものであれば、夏ごろに終息する可能性がある。 但し、それは北半球の話。 今度は南半球で感染が拡大し、その感染が北半球に及ぶ可能性があるので、安心はできない。 新型コロナウイルスが季節的なものでない場合 新型コロナウイルスが季節的なものでなければ、終息はワクチンの開発を待つしかない。 これには2年程度かかる見込み。 この場合、新型コロナウイルスの終息宣言は来年以降になる。 新型コロナウイルスはどうすれば終息するのか? 新型コロナウイルスを終息させるには以下の方法が考えられる。 封じ込めには限界がある。 集団免疫 集団免疫には人工の7~8割程度が新型コロナウイルスに感染する必要があり、現実的でない。 季節(高温多湿) 「インフルエンザウイルスなど一部のウイルスは、気温が低く空気が乾燥していると感染が拡大しやすい」とされているが、新型コロナウイルスもそうなのかについては分かっていない。 免疫力を高める 新型コロナウイルスに感染した人が全て重症化する訳ではない。 その差は「免疫力」にある。 いかに「免疫力」を高めるかが今後の課題となる。 ワクチン 新型コロナウイルスに最も有効なのがワクチン接種だ。 しかし、ワクチンの開発は始まったばかり。 ワクチンが出来るまで1年~2年程度かかる。 我々が今取るべき新型コロナウイルス対策は? 個人レベルで出来ることは限られる。 感染を拡大しない まず、感染を拡大しないことだ。 マスク着用、アルコール消毒の徹底、密閉した空間、人と至近距離での接触は避ける。 しかし、このことについて触れた記事やニュースは見当たらない。 免疫力を高めるのは何かをしてすぐ効果を発揮するものではないが、健康と免疫力は切っても切れない関係なので、これを機に免疫力を高める生活習慣を意識することが大事だ。

次の

新型コロナウイルス“しゅうそく”は、収束? 終息?〈デキる社会人の言葉づかい〉

コロナ ウイルス 終息

毎日のようにテレビやネット上で報道されるコロナウイルスの情報に、私たちは日々精神的なストレスが溜まっている状況です。 コロナウイルスがいつまで続くのかという疑問や不安に対して、専門家の間ではどのような予想が立っているのか調べてみました。 なかなか長い戦いになると予想されますが、今の状況があと1年たっても終息しないとなると気が滅入りますね。 なぜ1年で収束が不可能なのか、専門家の具体的な意見を調査しました。 専門家の予想は? 新型コロナの収束は10年仕事という、東大の前田先生のポスト。 とても気の長い話で、社会を根本から変えてしまうのかもしれない。 — Kenji Shiraishi Knjshiraishi 昭和大学病院の日本感染症学会感染症専門医である二木芳人客員教授は、ここまで感染が拡大すると1年では国内だけでも収束するのは難しいと述べています。 一時的に感染者数が減少して収束し始めたかと思える時期も来るかもしれないが、感染の波がやって来ることが予想されるとのことです。 また、病院においては感染経路の追えない患者が増え、受け入れ能力が逼迫していることが問題点となっています。 緊急事態宣言が出た今でも、平日の商店街やオフィス街は多くの人が出歩いています。 在宅勤務ができない状況の方も多いとは思いますが、より強いメッセージを発信して外出自粛をする必要があると指摘されています。 jiji. ピークもくそもないだろ。 仕事も時間の問題。 対岸の火事じゃない。 ワクチンできるまで時間要するし、ワクチンできても手に渡るまでどんくらいかかるか。 家族との時間を大切に。 押し寄せるウイルスから感染遅らせるには 行動を制御するしかない。 — メフィスト asakurachan24 ツイッターでは、以下のような意見が集まっています。 日本のコロナウイルスいつまで続く?終息条件も調査! 専門家警告【新型コロナ終息2年】自分の身は自分で守るしかない〝醜聞まみれ〟安倍政権はもはや神頼み 「すでに感染者数千人、終息に2年」は大げさなのか 手洗いで防げるのか。 防護服でも感染の衝撃 恐慌直前の日本経済、消費税軽減が当たり前(日刊ゲンダイ) — KK Trapelus 徐々に不安や恐怖心が大きくなっている中、コロナウイルスが終息したとみなされるには、どのような条件が必要なのでしょうか。 具体的な終息条件を詳しく調べていきましょう。 また、私たちが終息に向けて行うべき対策についてもまとめてみました。 終息条件は? (3)道内の患者の発生については、安定傾向にはありますが、終息に向かっているとまでは言い切れず、依然として油断できない状況。 また、新型コロナウイルス感染症が世界的広がりを見せ、WHOもパンデミック(世界的な大流行)とみなせると表明した現在、早期に終息するかは見通せない状況です(続) — 鈴木直道(北海道知事) suzukinaomichi 今回の新型コロナウイルスの終息条件について、今の所決定された条件提示はされていません。 しかし過去、2003年に流行したSARSと2015年に流行したMERSについては、それぞれ 潜伏期間の2倍の期間が経過してもウイルス患者が出なかった場合は終息とされました。 japan-who. この潜伏期間を前提としてSARSやMERSと同じ基準だと考えれば、28日間新たな患者が出ないことが終息宣言の条件になるのだとニッセイ基礎研究所の主席研究員の篠原拓也氏は指摘しています。 news-postseven. 省略・・・再び感染者の増加が来るだろう」昭和大学(東京都品川区)の二木芳人客員教授(感染症)は、こう現状を厳しく分析する。 新型コロナウイルスの社会的影響は長期戦ですね。 — アウトドアサークル福島 tpf3chVBhQO5zSf 今後必要な対策についても、ニッセイ基礎研究所の主席研究員の篠原拓也氏はこのように指摘しています。 政府や自治体においては引き続き、さまざまな拡大防止策を進めていく必要がある。 一般市民の側でも、一人ひとりが手洗いなどの対策を取る、集団感染を避けるなどの行動を積み重ねて、小康状態や終息につなげる努力をしていく必要がある。 news-postseven. 日本のコロナウイルスいつまで続くか専門家の予想は?終息条件も調査! 瀬戸際の2週間が経過したが依然として感染の終息が見込めないコロナウィルス問題。 今日、専門家会議が開かれ、現状の状態が先ほどテレビで報道されていました。 今後も瀬戸際の対策を継続していくことになることのようです。 国民全体で終息目指して努力することが必要と改めて実感しています。 — 大泉 かずお 川越市議会議員) mizuyokazuo 日本の新型コロナウイルスがいつまで続くか、専門家の予想はとても厳しいものでしたね。 終息条件についても今後詳しい情報が上がってくると思いますが、これ以上日本で新型コロナウイルスの感染を拡大させないためにも、私たち一人一人が今できることを意識して行動することが大切です。 日々新しい情報が出てくるたびにいつまで続くかという不安は募るばかりです。 様々な情報が出回っている中でも、正しい専門家の予想や意見と終息条件を参考にしながら、間違った情報に振り回されないように生活していきましょう。

次の

新型コロナウイルス“しゅうそく”は、収束? 終息?〈デキる社会人の言葉づかい〉

コロナ ウイルス 終息

韓国紙・朝鮮日報は21日、が終息した後の世界に起こる10の変化について分析する記事を掲載した。 環球時報が22日付で伝えた。 記事は、野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミストの木内登英氏や、ベルギーのブリューゲル研究所のウォルフ所長など、世界の著名な学者24人にインタビューを行った結果を基に、新型コロナウイルスの終息後に世界で起きる10大変化についてまとめている。 この変化は、人類社会の各分野のルールを完全に変えるものとなる可能性があるという。 以下はその10の変化。 1.世界全体が停止し、人や資本が国をまたいで流れることがなくなり、それぞれが生き延びることが時代の主流となる。 将来的に世界的な産業チェーンは再編され、反グローバルが新たな国際秩序の特徴となるかもしれない。 2.大政府が主流となり、戦時基準で厳格に新型コロナの感染をコントロールすることが普遍的な現象となる。 これは、全体主義への回帰を予示している。 3.世界経済が日本化する。 欧米は経済衰退を阻止するため金をばらまくが、日本が経験したような失われた20年を経験し、国の債務が増加して最終的に長期の低迷に陥る。 4.欧州連合(EU)が存亡の危機に陥る。 新型コロナはイタリアやスペインなどの南欧国家の経済危機を深刻なものとし、EU内部の不均衡という問題がさらに深刻になる。 5.中国の国際的な地位が「米国を上回る」、もしくは「世界中から疑問視される」。 新型コロナ後の中国の地位については専門家の意見が一致しておらず、楽観的な学者は米国より早く危機から脱したので国際的な影響力が増すと考えているが、悲観的な学者は世界の中心と見なされるのは非常に難しいと見ている。 6.ポピュリズムの台頭。 新型コロナは多くの国における両極化をより深刻なものとし、これがポピュリズムの土壌となる。 感染拡大阻止のため、多くの国がホテルや飲食店などのサービス業を停止したが、大量の低収入労働者が失業すれば貧富の差がさらに大きくなる。 7.在宅勤務が主流となり、これが家事の再配分をもたらし、女性の社会経済活動への参加が増える。 8.握手は過去の歴史となり、社会的距離を保つことが新基準となるかもしれない。 以前は直接会って解決していた問題も、オンラインなどの新たな方式に取って代わる可能性がある。 9.「新型コロナ世代」が誕生するかもしれない。 20代の若者は長期にわたって就職難となる可能性があり、かつての世界恐慌の世代が節約の習慣を持ち続けたのと同様、新型コロナも新たな世代に生涯にわたる烙印(らくいん)を押すことになるかもしれない。 10.環境をより重視するようになる。 新型コロナは環境や科学に対する人類の認識を変化させ、人と自然との調和の必要性を意識するようになる。

次の