黒埼ちとせ r18。 Pチャンに構ってもらいたいシリーズ

Pチャンに構ってもらいたいシリーズ

黒埼ちとせ r18

寝耳に水、青天の霹靂。 辞書でも引けば、いくらでも現状を表す言葉は出力されそうなものだが、生憎それ自体はあまり珍しいことではなかった。 どこまで本当かはわからないが、時に自分が、まるで余命幾ばくもないかのように振る舞うことも珍しくなかった。 だからこそ、専用にレッスンのメニューを考えたり、スケジュールを調整したりとあれこれ奔走して、何とか彼女がステージに立てるぐらいには体力を付けるように取りはからっていたはずなのだが。 走馬燈のように浮かんでくる景色をぬぐい取るように頭を振って、走る。 人でごった返す真夏の雑踏を駆け抜けて、連絡があった病院へと俺はただ足を動かしていた。 ちとせが救急車で搬送された。 その連絡が飛び込んできたのは、丁度、彼女に関わる企画の打ち合わせで事務所を留守にしていたときの話だ。 正直なところ、何の冗談だと、そう思った。 頭の処理が追いついていない。 あの千夜が。 まるで子供のように、助けを求めるかのように、電話口で金切り声を上げている。 そんなこと、信じられるはずもないだろう。 まるで、明日が来るのが当たり前であるかのようにあいつは冷静で、いつ何時も揺らぐことなく、淡々と喋っていて。 だから、ちとせだってそうなんだ。 いつも通り意味ありげなことを、どこか挑発的に唇に乗せて、最後には小さく笑っている。 息を切らして病院の受付に飛び込んだ今だって、そんな御伽噺を信じてみたくなってしまう。 壮大な冗談か、何かの間違いであってほしいと願ってしまう。 現実逃避をしようとしていたのだろう。 そんな俺の甘さを粉々に打ち砕くかのように、面会した医者から告げられた事実は、千夜から貰う小言よりも鋭利で、冷たく、そして煮えたぎるような絶望を含んでいた。

次の

[B! 黒埼ちとせ] SS

黒埼ちとせ r18

プロフィール 「え?私がアイドル?なしてや!?じゃなくて、なんで!?スカウトってもっと可愛い子が受けるものでは…。 で告知された「7人の新アイドル」のうちの1人目で、以来実に4年3か月ぶりの新アイドル追加となった。 人物像 初となる山形県出身であることを全面に出したキャラクター。 好きなものとして挙げているとはいずれも山形県の名産品である。 実家はりんご農家で、農作業の手伝いもしていたため体力にはそれなりに自信がある様子。 りんごの皮むきやりんご料理も得意。 好物というだけでなくあかり自身もりんごっぽく、のようなと、頬がすぐ赤くなってしまうことから「」というあだ名を持つ。 ちなみに、同じ赤くて丸い作物でもは苦手。 基本的に礼儀正しく、褒められると素直に照れるなど、親しみやすい性格。 ただ、そのわりに目立つことを得意としておらず、自己評価は高くない。 プロデューサーからスカウトを受けた際にも「もっと可愛い子が受けるものでは…。 」と驚きを隠せなかった。 しかし両親に相談したところ「アイドルやれ」「レッスン受けろ」とかえって背中を押されてしまい、浮かれ半分でアイドル生活を始めることになる。 後述する理由から「頑張る」ことに対しては消極的な面があり、当初はアイドル活動も山形りんごの宣伝のため、無理せずできるところまでほどほどに行う、というスタンスだった。 しかし、そうした中でとのレッスンにより少しずつ踊れるようになったことや、メイクさんのお化粧により可愛くなれたと感じたことを通して心境の変化が表れはじめる。 そして両親の「頑張れ」という応援もあって、現在ではアイドルとして活動していくことが楽しいと思えるようになっている。 口調 基本的に敬語だが、たまにキャラ付けのつもりなのか 「」という特徴的な語尾を繰り出すことがあるんご。 どうも、ネットで調べた際にこの語尾が都会で流行っていると思い込んでいたらしい。 使い続けたためか無意識にんごんご言うことも。 は可愛くないと思って使わないようにしているが、ふと素が出た瞬間にこぼれてしまう。 特に「なしてや!? 」は「」に次ぐあかりの口癖となりつつある。 家族・生い立ち 山形県出身。 先述の通り実家はリンゴ農家で、父親は農夫。 両親は「父ちゃん」「お母ちゃん」と呼んでいる。 あかりの芸能界入りを歓迎する両親だったが、これには娘のアイドル活動に乗じて山形りんごをアピールさせるという魂胆があった(娘を心から応援する気持ちは本物である)。 イベント等でも実家産のりんごを持ってきて度々PRしている。 あかりも家業を手伝わされており、アイドル衣装には『リンゴの世話には衣装がなかったからうれしい』と言ったり、初のバレンタインキャンペーンでは『辻野あかりの作った山形りんご 生 』をくれたりする。 一方で、手間隙かけた農作物が台風で壊滅するという実体験から「頑張るのが好きじゃない」と語っており、実家の存在はあかりの控えめな人格にも少なからず影響を与えている。 しかしながら、1位のはその9倍近くの生産、2位のともトリプルスコア以上の差がある。 そしてあかりの登場から約半年後に農林水産省から発表された平成30年の生産量では、なんとに抜かれて4位に後退してしまっている。 父親は山形りんごが全国1位でないことを気にしており、「やるからには一番を目指す」が口癖とのこと。 それを受けて、あかり自身もやらされるのではなく一番の人気アイドルになることを目指している。 ちなみに地元では1位になることを期待して大フィーバーが起きているらしく、例としてあかりのポスターが各所に貼られている。 初期カード特訓後の籠についているキャラクター。 名前の通り、りんごに手足とかわいげのない顔がついた容姿をしている。 「こちら、りんごろうさん!」「こいつはりんごの精です。 何か?」 あかりは『さん』付けしているが、デレステのやウワサによると『りんごろう』が正式名称。。 諸々の台詞から見るに、あかりからの扱いはけっこうぞんざいである。 なお、あかりはりんごろうで一儲けを企んでいるらしいが、現実世界では実際にりんごろうのグッズ化が進行している。 その他、大好きから気に入られている。 共演者は、。 特訓前は「アイロワ」系カードに多いトレーニングをする姿。 それも、腰とを紐で結び付けて走るという古典的なである。 過酷なトレーニングに「漫画やテレビで見たのより…ずーっとキツイっ!」と音を上げ、アホ毛もしぼむ。 それでもりんごジュースで体力を補充し、「諦めたら間引かれる!?」と農家ならではの危機感で食らいつく。 特訓後は「アイロワ」系カードの共通衣装のひとつ。 イベント内でも【】の仲間入りを果たしている。 『劇場』1293話では、「からたまに怖い声が聞こえる」という小梅のにびびりまくっている。 これはPも加担した小梅のイタズラだったのだが、電話から漏れる「んごおおー! 」という奇声の主は、当のあかりだった……。 アップルチアー 2019年12月24日からの「チーム対抗 オールスターSP」でメダルチャンス報酬として登場したSR。 応援アイテムは焼きりんご。 表紙&巻頭グラビアは脅威の160ページらしい。 2019年4月3日に、・とともに追加された。 この際に アホ毛が可動式であること、頑張るのが苦手であること、農家の娘として台風から「どんなに頑張っても無駄になることがある」という覚悟を背負っていることが分かった。 果たして彼女を待ち受ける未来とは。 2019年4月10日、リズムゲーム『』に実装される。 初回ログイン時にNカードが1枚プレゼントされた。 ステータスはVi偏重である。 実装に伴い、カード台詞やコミュで大幅に情報が増え、キャラクターの掘り下げが進んだ。 Mobage版での初登場から印象が変わったユーザーもいたようである。 こちらでは東京のデパートにて開かれた山形の物産展で、りんごろうの着ぐるみに入り両親の手伝いをしていた際にスカウトを受けた。 先日のぷちエピソードでアホ毛が可動式だったことが判明したが、なんと 3Dモデルで表情に応じてアホ毛が動く。 イラストでアホ毛が変化していたり、テレビアニメでアホ毛が動いたアイドルは他にもいたが、3Dモデルで実際にアホ毛が動いたアイドルはあかりが初めてである。 なお、実装当時はMobage版の立ち絵ではころころと動いたアホ毛がデレステでの立ち絵では一切動かない状態だったが、のちにMobage版同様に変化するようになった。 関連アイドル• それぞれあかりの翌月、翌々月に登場したが、ぷちデレラは同時に実装されたことなどから、この3人で同期という扱いのようである。 2019年4月5日には実に4年半ぶりの「」として、ライバルユニットで登場している。 ちとせ、千夜は2019年2月、久川姉妹は4月に登場。 凪とはに行こうとしているところをスカウトされたというつながりもある。 - シンデレラガールズにおけるの先輩。 同時に方向性こそ真逆だが、どちらもを抱えているという共通点も存在する。 参加ユニット 【辻野あかり】辻野あかり 2018年12月31日からの「 新春SP 第42回 」第6ラウンドでソロとして初登場、イベントデビューを飾る。 「辻野あかりって名前なんで、覚えて帰ってね!」「あかりんごって呼ぶんご!」「これからブレイクしちゃうな~!したいな~…!」などアピールに余念がない。 お相手はシンデレラガールズ最初のボスキャラ前川みく。 ドローすると自分の名前が入っていないことに気付く。 みくにゃん曰く「んご」で十分アピールできているらしい。 新規アイドルの顔見せユニットで、あかりは「りんごはソロでも美味しいけど、いろんな食材とも合うんだよ! 」と相性のよさをアピールする。 同系統の衣装によるユニット。 あかり自ら「あかりんご」を名乗ってセンターを張っている。 LOSE台詞では「味も見た目も大満足! メディアミックス アニメ『』 ゲーム内で配信される『シンデレラガールズ劇場 Extra Stage』第1話で登場。 が司会を務める番組にあきら・りあむとともに出演していた。 ボイスは無し。 総選挙 で見事1位に輝き、ボイス実装が決定した。 さらに、同時開催のでも35位と、圏内入りを果たした。 今回のボイスアイドルオーディションと総選挙では積極的な票交換が行われ、それが順位に一定の影響を及ぼした(実際、総選挙側で圏内入りした他のアイドルはボイス実装を逃し、ボイス実装した他のアイドルは総選挙で圏外となっている)。 にも関わらず、あかりは唯一双方のランキングに名を連ねており、非常に強い支持が有った事が伺える。 これは1月頃から動画サイトでブームの発生したの影響が強いと考えられており、実際「たべるんごのうたを見てモバマス・デレステを始め、あかりに投票した」と言うPも多く見受けられた(動画サイトのあかりの掲示板は、半ばそうしたP達の受け皿・本部となっていた)。 コラボ 2019年8月31日~9月29日に開催されたスイーツパラダイスとのコラボキャンペーンにて、イメージガールの1人に選出される。 コラボメニューはリンゴジュース。 もれなくりんごろうもついてくる。 「んご」というインターネットスラングは、掲示板サイト「5ちゃんねる(旧:)」の実況板「」で生まれた。 2008年、プロ野球チーム・に所属していた投手であるが開幕戦の最終回・9回裏に登板。 しかし打ち込まれ、1アウトも取れずに逆転サヨナラ負けという事態を招いてしまい、なんJは「ドミンゴwww」といった書き込みで溢れ返った。 時代が進むにつれ、野球関連以外の板やスレッド、SNS、動画サイトでも使われるようになっている。 現在「んご」で検索すると、他ならぬ辻野あかりが上位に出てくる。 そのため「辻野あかり」そのものを指す言葉としても用いられるようになった。 なお、勘違いされやすいが、彼女自身はあくまでキャラ立ての一環として使い始めただけであり、別に普段から「んご」を愛用しているわけではない…筈だったのだが、気が付いたら本当に口癖になっていたようだ(第1293話より)。 誕生日のは「いいりんごの日」(2001年に が制定)にあたる。 ついでに言うとと一緒である。 「あかりんご」と似たあだ名として、役のの通称「みのりんご」がある。 ユーザーの間では本作が『』ガールズであるのに対し、リンゴをもった姿からがモチーフではないかという考察もある。 その他にも7周年アイドルについて何らかの連関を見出そうとする動きがある。 後にダイスdeシンデレラに追加された際の姿は、前述の通り白雪姫モチーフであることが分かるものだった。 『』で告知された7人の新アイドルの先陣を切ったこともあり、後続の新アイドルの情報が発表されるたびに比較対象として「あかりんご」もTwitterのトレンドに浮上するという現象が起きている。 なお、後続の新アイドルがあかりより濃い人物ばかりだったため、語尾・山形りんごという薄めの特徴は「一人だけで戦っている」と例えられ、「応援したくなる王道キャラ」「新アイドルにおける」というポジションで捉えられることもある。 一方で「頑張るのが好きじゃない」等の一筋縄ではいかない設定が明らかになった後は「ひのきの棒かと思ったら仕込み杖だった」と言われる事も。 『7人の新アイドル』の中で唯一2019年4月18日現在きょうだいの存在が明言されていない一人っ子 ちとせと千夜は本来なら養子縁組で姉妹になっていた。

次の

辻野あかり (つじのあかり)とは【ピクシブ百科事典】

黒埼ちとせ r18

寝耳に水、青天の霹靂。 辞書でも引けば、いくらでも現状を表す言葉は出力されそうなものだが、生憎それ自体はあまり珍しいことではなかった。 どこまで本当かはわからないが、時に自分が、まるで余命幾ばくもないかのように振る舞うことも珍しくなかった。 だからこそ、専用にレッスンのメニューを考えたり、スケジュールを調整したりとあれこれ奔走して、何とか彼女がステージに立てるぐらいには体力を付けるように取りはからっていたはずなのだが。 走馬燈のように浮かんでくる景色をぬぐい取るように頭を振って、走る。 人でごった返す真夏の雑踏を駆け抜けて、連絡があった病院へと俺はただ足を動かしていた。 ちとせが救急車で搬送された。 その連絡が飛び込んできたのは、丁度、彼女に関わる企画の打ち合わせで事務所を留守にしていたときの話だ。 正直なところ、何の冗談だと、そう思った。 頭の処理が追いついていない。 あの千夜が。 まるで子供のように、助けを求めるかのように、電話口で金切り声を上げている。 そんなこと、信じられるはずもないだろう。 まるで、明日が来るのが当たり前であるかのようにあいつは冷静で、いつ何時も揺らぐことなく、淡々と喋っていて。 だから、ちとせだってそうなんだ。 いつも通り意味ありげなことを、どこか挑発的に唇に乗せて、最後には小さく笑っている。 息を切らして病院の受付に飛び込んだ今だって、そんな御伽噺を信じてみたくなってしまう。 壮大な冗談か、何かの間違いであってほしいと願ってしまう。 現実逃避をしようとしていたのだろう。 そんな俺の甘さを粉々に打ち砕くかのように、面会した医者から告げられた事実は、千夜から貰う小言よりも鋭利で、冷たく、そして煮えたぎるような絶望を含んでいた。

次の