14 週 お腹 の 張り。 14週のお腹のチクチクする腹痛の原因は?妊娠初期の下腹部の変化

14週のお腹のチクチクする腹痛の原因は?妊娠初期の下腹部の変化

14 週 お腹 の 張り

看護師・助産師の免許取得後、大学病院、市民病院、個人病院等に勤務。 様々な診療科を経験し、看護師教育や思春期教育にも関わっていました。 助産師の仕事が大好きで、25年以上この仕事をしています。 青年海外協力... 妊娠14週は、多くの妊婦さんにとってつわりが落ち着く時期です。 ここから1ヶ月は赤ちゃんが急成長し、体の形も生まれるときの姿に近づいていきます。 それにともなって、日に日にお腹のふくらみが目立つようになり、妊婦さんらしい体型になっていきますよ。 今回は妊娠14週の妊婦さんの体と赤ちゃんの状態、エコーで性別がわかるのか、胎動は感じられるのかなど、気になる点をご説明します。 妊娠14週のお腹の大きさは?子宮底長って? 妊娠14週は、お腹もだいぶ大きくなっている頃です。 この時期からは、妊婦健診時に「子宮底長」を測定する産院が増えてきます。 子宮底長とは子宮のふくらみを表す数値のことで、胎児の発育状態や羊水の量が適切かどうかを判断するひとつの指標になります。 あお向けに寝た状態で「恥骨結合上縁(恥骨の上の端)から子宮の一番上までの長さ」を測定します。 子宮底長が長いと羊水過多症や巨大児、前置胎盤などの疑いがあり、短い場合は羊水過少症や未熟児、発育遅滞の可能性を指摘されることがあります。 ただし、子宮底長はメジャーで計測するので多少の誤差が生じやすく、それだけでは正確な診断ができません。 異常がありそうなときは、超音波検査でも確認した上で判断します。 また子宮底長は妊娠16週頃まで省略できる検査なので、妊娠14週では測定しない産院もあります。 関連記事 妊娠14週に起きやすいマイナートラブルは? 妊娠14週は体調が安定してきますが、妊娠に伴う体の変化によって、様々なマイナートラブルが起こる時期でもあります。 以下のような症状は妊娠中の生理的な現象で、根本的な解決は難しいものですが、つらいときは症状をやわらげるような対処をしていきましょう。 おりものが増える 赤ちゃんが通る道を整える準備が始まると、おりものの量が増えます。 快適に過ごすために、通気性や吸水性の高い下着を着けるようにしましょう。 また、下着が汚れないよう、パンティライナーを使うのもおすすめです。 ただし、長時間おりものが付着した状態だと細菌が繁殖してしまったり、かぶれてしまったりすることもあるので、こまめに交換してくださいね。 おりものの量が増えるだけなら問題はありませんが、膿やカッテージチーズのような状態になっている、色が黄色や緑色、においが強い、痒みがあるといった場合は、感染症の疑いがあります。 一度、産婦人科に相談しましょう。 関連記事 体がむくみやすくなる 体内の血液量が増えると、体重が増加し、体がむくみやすくなります。 特に、足の甲や足首につらい症状を感じる妊婦さんが多く、一般的に妊娠中期頃から症状が顕著になることが多いですが、この時期から気をつけておきましょう。 長時間の立ちっぱなしを避ける、体調の良い日は適度に運動をする、足を高い位置に置くなどの対策をとって、血液の循環を良くするように心がけてください。 体内に水分がたまるのを防ぐために、塩分を控えて水分をたっぷり摂ることも大切です。 また、結婚指輪をつけたままにしておくと、むくんだときに食い込み、指をうっ血させてしまうおそれがあります。 むくみがちな人は、この時期から外して保管しておくと安心ですよ。 むくみ改善のためにマタニティマッサージを受けようと考える人もいるかもしれませんが、この時期は体調が不安定なため、サロンや治療院によっては利用できないこともあります。 事前に医師に相談してから、施術先に確認するようにしましょう。 平均より小さめでも、健診時に異常がなければ気にしないでくださいね。 妊娠14~15週までには、「胎便」と呼ばれる、赤ちゃんのうんちが形成され始めます。 胎便は通常、生まれてから排泄されるもので、お腹のなかにいる間に排泄されることはありません。 またこの頃には、男の子と女の子で外陰部の違いが出てきます。 運がよければエコー検査で性別がわかることもありますが、はっきりとわかるのは妊娠17〜18週以降です。 妊娠14週ではまだ判断しづらいことが多いので、はっきりと確認されるまで楽しみに待っていましょう。 関連記事 妊娠14週以降は徐々に体を動かそう 妊娠14週は、赤ちゃんの成長に合わせてママの体重が増えやすくなる時期です。 つわりが落ち着いて食欲も増してくるので、食べる量が増える人もいるかもしれませんが、体重が増えすぎると、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などのトラブルにつながります。 体重の増加やマイナートラブル防止のためにも、体調が落ち着いているときは、軽く体を動かすのもいいでしょう。 妊娠16週に入ればマタニティヨガやマタニティスイミング、ウォーキングなどもできるようになるので、その準備運動を始めておきたいですね。 家でできる軽いストレッチなどから始めてみるのがおすすめです。 ただし、運動中に立ちくらみや頭痛、下腹部の痛み・張りなどを感じたら、無理をせずすぐに体を休めましょう。

次の

妊娠14週目は赤ちゃんの性格を左右する大事な時期である

14 週 お腹 の 張り

妊娠14週のお腹のチクチクの正体は下腹部痛 14週は子宮が大きくなる影響で腹痛を感じることも 妊娠14週になると子宮が小玉のメロンくらいの大きさまで成長するため、左右の太ももの付け根の部分をつないでいる靭帯が急激に引っ張られることで、お腹にチクチクした痛みが生じます。 こうしたお腹のチクチクする痛みは妊娠初期症状の一つで、お腹の赤ちゃんが成長するために必要な過程です。 そのため、ほとんどが危険なものではない痛みですので、特に心配しなくても大丈夫です。 お腹にチクチクした痛みが生じたときは、痛い方を下にしてゆっくり横になって休みましょう。 妊娠14週によくある便秘や下痢 妊娠14週です。 下痢がとまりません。 今朝腹痛があり、排便したのですが、その後下痢が続いています。 引用: 妊娠14週の初妊婦です。 ここ最近便秘がひどく全くでません。 産婦人科で相談して、妊婦でも飲めるという便秘薬をもらいました。 就寝前に飲むタイプのもので、翌日お通じが良くなるものの効きすぎるのか?トイレとお友達状態ですが、飲まない日は全くでません。 引用: 妊娠14週は便秘や下痢の症状が出やすい時期。 その影響でお腹の痛みを伴うことも増えます。 安静にして過ごすことが大切ですが、便秘や下痢が長く続く場合はかかりつけ医に相談してください。 左右のどちらかか、あるいは交互に痛む お腹のチクチクした痛みは子宮全体が痛むというより、左右のどちらか、あるいは交互に痛みが発生します。 お腹が引っ張られる感覚もある 14週のお腹のチクチクは、お腹が外に引っ張られたりお腹が全体的に引っ張られる感覚もあります。 こうしたお腹が引っ張られる感覚は体の変化による一時的な症状ですので特に心配する必要はありません。 胎動ではない 胎動は妊娠中期以降、安定期を過ぎたあたりから活発に感じるようになります。 そのため、妊娠初期である14週はまだ胎動には早い段階です。 妊娠初期(妊娠四ヶ月)の腹痛・チクチクはいつまで続く? 妊娠初期のチクチクした痛みは安定期と言われている妊娠16週~を過ぎて妊娠中期に入る辺りで治まります。 なお、お腹のチクチクが始まる時期や終わる時期は個人差があるため妊娠19週くらいまでお腹のチクチクがあったという妊婦さんいれば、妊娠6週くらいでチクチクが治まったという妊婦さんもいます。 また、人それぞれの痛みの感じ方によってかなり違ってきます。 【体験談】妊娠14週で『お腹痛い!』と感じた先輩妊婦さんの声 妊娠14週のお腹のチクチクについて教えて下さい。 いつもお世話になっています。 現在妊娠14週に入ったばかりです。 最終の検診が12週入って直ぐでした。 お腹の上からの検査で赤ちゃんは元気に足を伸ばしたり動いていました。 頭からお尻の先まで6センチでした。 (12週1日) 初めて心音も聞きました。 心音の乱れも無く順調との事でした。 ここ数日オヘソの下あたり全体にかけてチクチクする時があります。 我慢出来ない痛みでは無く1分程で痛みは無くなり横になれば楽になります。 10週の時くらいに膀胱炎になりその痛みが来たのかなと・・・思っていましたがこのチクチクはこの周期ではよく有る事ですか? 出血などは無いし激痛って訳でも無いので痛い時は横になっています。 このチクチク感は危険信号とかですか? 出典: お腹がチクチクしない人もいる 中にはお腹のチクチクが全くない人もいます。 もしくは一人目は無いのに二人目のときはあった、など。 個人差があります。 そのため、チクチクを感じなかったからと言って決しておかしなことではありません。 流産の兆候である腹痛との違い 妊娠初期の腹痛は妊娠の経過による自然の流れで起こるものがほとんどですので基本的に危険なことがありません。 ですが、症状によっては流産の兆候である腹痛が出ることもあります。 妊娠初期である14週の流産の症状 流産の兆候である腹痛症状の特徴は、痛みが長時間続く・痛みが増す・激痛や出血を伴うなど。 これらの症状がみられたらすぐに病院で診てもらいましょう。 妊娠初期時に流産になる確率はおよそ10%~15%とされ、原因は胎児側の先天性の染色体異常によるものである場合がほとんど。 染色体異常による流産は母体側で防ぐことができませんが、この時期に体に無理だけはさせないようにしてください。 葉酸で赤ちゃんの健やかな成長を助ける 葉酸サプリですが、私は妊娠前から飲んでいて、今は妊娠5ヶ月ですがずっと飲んでいます。 病院の栄養士さんも葉酸サプリをすすめていました。 出典: 妊娠希望の方の場合、妊娠中は妊婦さんとして体づくり・お腹の赤ちゃんが無事の出産を迎えるために 葉酸を摂取していきましょう。 お腹の赤ちゃんの中枢神経(脳・脊髄)が発達する妊娠初期(~15週目)までは、その成長を助けるためにも妊婦さんの葉酸摂取は欠かすことができません。 また、妊娠初期時に葉酸が不足すると無脳症や二分脊椎など、神経管閉鎖障害(先天性異常)のリスクが高くなることも分かっており、厚生労働省や母子手帳からも妊娠初期の妊婦さんには葉酸の摂取が推奨されています。 出典: あとで後悔しないためにも、ママは妊娠初期である今から必要な葉酸量を摂取してお腹の赤ちゃんの成長を助けてあげてください。 参考出典: 、 、• 日本の先天性異常のリスクはアメリカの8倍! 例えば、アメリカやイギリスでは葉酸摂取によって、胎児神経管閉鎖障害の発生は、この10年間で約10分の1に減少した。 一方、日本では、葉酸摂取の重要性の啓発に対する効果が未だ見受けられず、この10年間で胎児神経管閉鎖障害の発生率は漸増し、アメリカの8倍、イギリスの6倍となっているのが現状である 出典: 日本産婦人科医会によると日本では葉酸の重要性への理解が進んでおらず、その影響で アメリカの8倍、イギリスの6倍も先天性異常が発生している現状となっており、葉酸への理解が少ない現状が大きく心配されています。 そのため、「 」や「」でもお伝えしたように、特に妊娠初期までの期間は葉酸の摂取不足にならないよう、妊娠初期時に必要な葉酸量をサプリを活用しながら補ってくださいね。 腹痛と一緒に出血が出る状況は正常とは言えませんので、すぐにかかりつけの医師に診てもらいましょう。 切迫流産と診断された場合は、入院か自宅安静が必要になります。 胎児の心拍が確認されていて、切迫流産になったときの治療法は安静に過ごすしか方法はありませんが、妊娠を継続できることが多いです。 妊娠14週(妊娠四ヶ月)のお腹のチクチクへの対処 冷やさない 身体を冷やすとお腹の痛みが悪化することがあります。 身体を冷やしてしまうと血流を悪くしたり、子宮が収縮されるなど痛みを誘発する要因が増えてしまいます。 食事の買い物のために寒い冬の季節に外へ出かけることもあることでしょうが、お腹周りを意識していつも温かい衣服を着用し、体を冷やさないように出かけましょう。 また、暑い夏の時期は大きなお腹を気にして生活をするのは大変ですので、冷房の効いた部屋でゆっくりしたくなりますが、ひざ掛けをお腹に掛けるなどの対処をして過ごしましょう。 安静にする お腹のチクチクは、安静にすること以外に治療する方法はありません。 ずっとベッドに横になって安静にしたほうがいいのか、シャワーは大丈夫なのか、といった安静の度合いについては医師に相談しましょう。 判断がわからない場合は病院へ お腹のチクチクへの対処の仕方がどうしたらいいのか判断がわからない場合は、病院へ行って医師に診てもらいましょう。 便秘や下痢が要因でお腹がチクチクすることもありますが、切迫流産の場合はお腹の状態によって入院が必要になることもあります。 心配しすぎと思ってしまったり、迷惑なんじゃないかと思ってしまうかもしれませんが、お腹の赤ちゃんのことを第一に考えて遠慮せず主治医の診断を受けてくださいね。 まとめ 14週のお腹のチクチクは妊娠初期によくある症状ですので特に心配する必要はありませんが、出血を伴う・痛みが長く続く、などの場合は流産の危険性があります。 自分がどんな症状か?だけは理解しており、それでも判断がわからない場合はかかりつけ医に相談してください。。 妊娠初期はお腹のチクチクなど体調の変化が出やすい時期です。 大変ですがあと少しで安定期に入ると腹痛も落ち着きますので、それまでは無理をすることなく体を温めながら過ごしてくださいね。 なお、妊娠14週目についてより詳しく知りたい方は「」もぜひご参考になさってくださいませ。

次の

妊娠14週!エコーで性別がわかる?お腹の大きさは?

14 週 お腹 の 張り

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 妊娠初期はまだお腹が大きくありませんが、生理痛に似た軽い下腹部痛や引っ張られるような痛みなど、違和感を覚えることがあります。 お腹が張ったような感じになるので、「流産の兆候なのかな」といった不安がよぎるかもしれません。 そこで今回は、妊娠初期のお腹の張りの原因や対策について、先輩ママの体験談と共にご紹介します。 妊娠初期のお腹の張りとは?どんな状態? 妊娠中の「お腹の張り」は子宮の動きと連動しています。 子宮は筋肉でできているため、伸びたり縮んだりすることで腹部に痛みが現れます。 特に子宮の筋肉がキュッと縮んでこわばるとお腹が硬くなり、「お腹が張る」状態になるのです。 しかし、妊娠初期(妊娠1〜4ヶ月)はお腹の膨らみがまだ目立たない時期。 「お腹が張る」とはどのような状態なのか、分からない妊婦さんも多いのではないでしょうか。 妊娠初期のお腹の張りの体験談 お腹だけでなく足の付け根も張る 妊娠初期の頃、お腹の張りに加えて、太ももの裏側が張ることがありました。 足の付け根がしびれて歩くのが辛いこともありました。 Sさん 30代 靭帯は足にもつながっています。 お腹の張りだけでなく、足の付け根にしびれを感じる場合は、子宮が大きくなることで靭帯が引っ張られていることが原因と考えられます。 便秘の影響 妊娠するとホルモンバランスが変化して、消化器官の筋肉が緩みます。 そのため、妊娠初期から便秘気味になる人が増え、お腹にガスなどが溜まって張ったように感じてしまうことがあります。 妊娠初期のお腹の張りは対策できる? 妊娠初期のお腹の張りを感じる場合は、次のようなことを心がけてみましょう。 電車やバスに乗るときはなるべく座る• 歩くスピードを遅くする• お腹の張りを感じたら少し休む• 便秘を予防する 妊娠中は体が大きく変化しているため、疲れを感じやすい状態です。 先述のように、ママが疲れを感じたときにお腹が張ることが多いため、妊娠初期は無理をせず、お腹の張りを感じたときは休むことが大切ですよ。 また、便秘によってお腹の張りを感じている場合には、食物繊維や水分、ヨーグルトなどを積極的に摂取してお腹の調子を整えてみてくださいね。

次の