おむつ替えシート。 おむつ替えシート・マットは必要?防水など人気のおすすめ11選

おむつ替えシート(Hanna Hula)|通販のベルメゾンネット

おむつ替えシート

おむつ替えマット・シートというのは、赤ちゃんのおむつ替えをするときに赤ちゃんの下に敷いて使うものです。 ベビー用品を揃えるにあたって、おむつ替えマット・シートを買うべきか悩むママさんも多いことでしょう。 結論から言うと絶対に必要なものではありませんが、実は あるととても便利です。 床やベッドが汚れないようにという目的もありますし、外出時公共のトイレなど衛生面的に気になる場所では、 赤ちゃんを保護する目的でも使うことができます。 実際使ってみると便利で手放せない!というママの声も多いです。 ここでは具体的なシチュエーションや使い方などを用いて、おむつ替えマット・シートをおすすめするポイントを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 バスタオルや新聞紙、おくるみや授乳ケープなどでの代用もでき、実際これらのもので済ませているママもいるようです。 代用するのであれば、すぐ洗えるものや、捨てられて使用の度に交換できるものが衛生的に良いでしょう。 ペットのいるお宅などではペットシーツを使うこともあるようです。 ただ、専用のおむつ替えマット・シートであれば、代用品と違って 防水加工が付いていたり、洗っても乾きやすいように作られていたりするので、便利で経済的ですからおすすめです。 赤ちゃんはうんちがゆるかったり、おむつ替え時におしっこをしてしまったりもします。 また吐き戻しやよだれなど、床やお布団が頻繁に汚れるので、防水機能のあるマット・シートの必要性を感じる場面は意外と多いですよ。 まず、市販のものには 使い捨てで毎回取り替えるタイプと、水洗いできて繰り返し使うタイプの二種類に分けることができます。 それぞれのメリット・デメリットは簡単に以下の通りです。 一概にどちらのほうが良いというのはありませんので、ママの考えで選べば大丈夫です。 たとえばですが、家では洗えるタイプを使って、外では使い捨てタイプを使うという 使い分けもおすすめですよ! 専用のおむつ替えマット・シートであれば防水加工はほとんどされていますが、 買う前にきちんと確認する必要があります。 せっかく購入するのであれば、防水加工がないと家にある代用品とあまり変わらなくなってしまい、もったいないからです。 また防水加工については、 両面防水加工になっているものと裏面だけのものとがあり、それぞれのメリット・デメリットは以下の通りです。 防水のタイプについてもどちらのほうが人気というのはありませんので、ママの好みや考えに合わせて選択してくださいね。 肌触り、防水機能、持ち運びやすさなどで素材は変わってきますから、 ママがどの点をいちばん重視するかで選ぶのがおすすめです。 たとえば上記でも触れたように、赤ちゃんに触れる部分はコットンなどのやさしい素材もあれば、ポリエステルやビニールなどの防水加工素材もあります。 ポリエステルなどが決して肌に悪いわけではないですが、やはりコットンなどに比べると 固く、ひんやりします。 気になる方は裏面のみが防水加工のものを選ぶとよいでしょう。 最初は家にあるタオルなどを使いながら、「うちの子は敏感肌みたいだから肌にやさしい素材がいいな」とか、「粗相しちゃうことが多いからさっと拭ける両面防水タイプにしよう」というように 赤ちゃんの様子を見ながら必要なものを買うのもいいかもしれませんね。 赤ちゃんのお世話で欠かすことできない「おむつ替え」。 とくに月齢が低い赤ちゃんは1日に替える回数も多く、ゆるゆるうんちなどで汚れてしまう頻度も高いです。 慣れないお世話や寝不足などでストレスが溜まりやすいママにとって、 少しでも負担を減らしたい!というのが正直な気持ちですよね。 専用のおむつ替えマット・シートはそんな ママの願いによりそったアイテムです。 絶対に必要なものではありませんが、「一度使ったらもう無しではいられない」というママが多い人気の商品なんです。 お家にある 代用品よりもやはり見栄えも良いですから、外出時のときのためにも持っていて損はありませんよ。 ぜひおむつ替えマット・シートを使って、おむつ替えのストレスを軽減し、楽しいスキンシップの時間にしてみてください。 ママも赤ちゃんも笑顔になれますように!.

次の

おむつ替えマット・シートの人気おすすめ15選!防水・使い捨ても!

おむつ替えシート

2019年9月25日 更新• 家の中ではスムーズに進められても、外出先では汚れが付かないか心配になったり、衛生面が気になってもたついてしまうことも。 そんな時に用意しておくと非常に便利なアイテムが、ニトリなどから販売されているおむつ替えシート。 繰り返し使える洗濯可能なタイプや、外出のときに持っていきたい使い捨てタイプも人気です。 この記事では、使いやすくておしゃれなおむつ替えシートや、手作りしたい人にぴったりな作り方を紹介します。 出典: おむつ替えシートは、おむつ替えをするときに赤ちゃんの下に敷くシートのこと。 おむつを外している最中に赤ちゃんが動いて周りが汚れてしまうなどのトラブルを防ぎます。 後片付けを手早く済ませられるので、赤ちゃんを連れて外出するときにも便利です。 また、施設やお店などのトイレにはおむつの交換台があることも多いですが、そのまま使用するには衛生面が気になるもの。 そんなときも、おむつ替えシートを敷いて使用すれば、おむつ交換台が直接赤ちゃんの肌に触れることがないので安心して交換できます。 絶対に必要ではありませんが活躍シーンは多いアイテムです。 ニトリなどの定番ブランドからも販売されていて手軽に入手できるので、掃除を楽にしたい人、外出先でスムーズにおむつ替えを進めたい人はぜひ取り入れてみましょう。 おしゃれなものや便利な使い捨てタイプなど、機能や素材はおむつ替えシートによって異なります。 家の中や外出先など、おむつ替えシートを使うシーンや目的を考えながら選ぶのがポイントです。 出典: 汚れをしっかりと防ぎたいときに必要になってくる要素が、防水加工。 水分を弾いてくれるため汚れも染み込みにくく、拭くだけで簡単にお手入れができます。 また、汚れた場合も洗濯してすぐに乾くので、普段使い用のおむつ替えシートとしてもぴったり。 赤ちゃんの身体に負担を与えないように厚めに作られたタイプや、表面に布が貼られたタイプなどさまざまなものが展開されています。 出典: 自然素材であるコットンで作られたおむつ替えシートは、赤ちゃんの肌を優しく包む柔らかい肌触りが人気。 適度なクッション性があり、刺激を受けやすい敏感肌の赤ちゃんでも安心です。 また、コットンは吸水性や通気性に優れているため、さらさらとして蒸れにくいのも特徴。 汗をかきやすい夏場でも、赤ちゃんに余計なストレスを与えません。 このようにとても機能的ですが、ニトリなどの身近なお店でも販売されており、気軽に購入できます。 出典: おむつ替えシートには、洗濯できるタイプと使い捨てタイプの2種類があります。 洗濯できるタイプの特徴は、繰り返し使えてコストパフォーマンスに優れている点。 汚れが気になったらその都度洗濯する必要があるため、複数枚揃えて使うのがおすすめです。 使い捨てタイプのおむつ替えシートは、赤ちゃんとの外出用に人気。 汚れを拭き取ったり洗濯する必要がなく、さっと手軽に後片付けできるのが大きな魅力です。 出典: 子育てがもっと楽しくなるようなデザインのおむつ替えシートも、たくさん展開されています。 花柄やドット柄など、おしゃれなデザインのおむつ替えシートはプレゼントにもおすすめ。 人気絵本のイラストや、かわいいキャラクターがデザインされたおむつ替えシートは赤ちゃんにも親しみを持ってもらいやすく、ご機嫌なままおむつ替えを進められます。 優れた機能性で使いやすい、ニトリなどから販売されているおしゃれなおむつ替えシートを紹介します。 出典: パステルカラーの柔らかい色合いが素敵な、コットン素材のおむつ替えシート。 表はコットン素材のパイル生地なので敏感肌の赤ちゃんにも優しく、吸水性も抜群です。 また、小さく丸められるので外出にも便利。 シートの縁にあしらわれた花柄デザインの生地がアクセントになっていて、おしゃれに持ち運べます。 サイズ 幅45cm 長さ70cm• 裏面 ウレタン樹脂ラミネート加工 出典: 外出時に便利なサイズのおむつ替えシート。 おむつ替えシートはおしりの下をカバーできれば十分という人から高い人気を得ています。 コンパクトでも縦横両方の向きで使用可能で、赤ちゃんを抱っこした状態でも敷きやすいです。 コットン素材で赤ちゃんに優しいのに加え、完全防水も備えており、サイズ以外も申し分ありません。 サイズ 幅48cm 長さ35cm• 裏面 ウレタン樹脂ラミネート加工 出典: 赤ちゃんが成長しても使える大きめサイズながら、スナップボタンで小さくまとめられるのがとても便利です。 表地はオーガニックコットン、裏地は防水布で作られているため、肌への刺激に敏感な赤ちゃんでも安心。 おむつ替えシートとしてだけでなく、冷たい床に座らせるときの敷物代わりに携帯するのも良いでしょう。 サイズ 幅50cm 長さ70cm• こちらからはカラフルな色合いがおしゃれな、リバーシブルデザインのおむつ替えシートが販売されています。 シートはくるくると巻けるためコンパクトにまとめることができ、赤ちゃんと一緒に外出するときにもおすすめです。 サイズ 幅45cm 長さ70cm• かわいいドット柄と優しいカラーバリエーションで、北欧テイストのグッズとの相性も抜群。 ポーチの裏地にも防水加工を施しており、万が一の汚れも心配することなく安心して使えます。 サイズ• 本体 幅47cm 長さ65cm• ポーチ 幅13cm 長さ27cm• オムツ替えシート裏地 ウレタン樹脂フィルム• 男性にも使いやすいおしゃれなボーダー柄でパパとの外出にもおすすめです。 マジックテープの角を取ってあったり、抗菌素材が織り込まれていたりと、機能性にも優れています。 口コミでも「かわいいし、軽いし、お気に入り」と人気です。 サイズ 幅42cm 長さ63cm• 裏地 PU加工 出典: カラフルでビビッドなデザインが豊富に揃っており、日々のお世話をおしゃれに演出してくれるおむつ替えシートです。 生地には撥水加工が施されいるため水をしっかりと弾き、汚れてしまったときも簡単に落とせます。 小さく折りたためておむつポーチにも収納しやすく、リバーシブルで使えるデザインも便利です。 サイズ 幅54cm 長さ40cm• 素材 ポリエステル 出典: 人気絵本「はらぺこあおむし」のイラストがデザインされた、カラフルで鮮やかなおむつ替えシートです。 表面は柔らかなダブルガーゼ生地で作られているため、肌の弱い赤ちゃんにもぴったり。 シートの中間に防水シートを入れる作り方なので、裏面も柔らかいパイル生地になっていて、リバーシブルで使えます。 サイズ 幅45cm 長さ70cm• 表面には汚れを拭き取りやすいPVC加工生地、裏面には肌触りのよいパイル生地を使用した作りで、適度なクッション性も持ちます。 マジックテープを使いまるめて持ち運べるため、外出時の荷物をコンパクトにまとめたいときにもおすすめ。 サイズ 幅36cm 長さ60cm• ニトリらしいベーシックなストライプ柄とかわいい雲柄の2枚がセットになっており、普段使いにもぴったりです。 サイズ 幅50cm 長さ70cm• 裏地 ポリウレタンコーティング 外出時におむつ替えシートが汚れると処理に困ることも。 外出時のおむつ替えに持って行くと便利な、使い捨てタイプのおむつ替えシートを紹介します。 出典: たっぷり100枚入りのセットで、枚数を気にせずに使えるのが大きな魅力。 表面は吸水仕様、裏面は防水仕様に作られているため、外している最中に赤ちゃんがおしっこをしてもしっかりガードしてくれます。 外出時に持って行きやすいコンパクトサイズの使い捨てタイプなので、万が一に備えてさまざまなバッグに忍ばせておくのもおすすめ。 サイズ 幅45cm 長さ33cm• 素材 紙 ポリエチレンコーティング• 内容量 100枚 出典: 赤ちゃんを寝かせた状態でも、余裕のあるゆったりサイズが嬉しい使い捨てタイプのおむつ替えシートです。 ミシン目に沿って袋を開けるタイプなので、片手で取り出せるのが便利。 おむつ替え以外にも食べこぼし防止などに幅広く使えます。 スリムで軽い形状のため、おむつと一緒にポーチに入れて外出できるのも魅力です。 サイズ 幅45cm 長さ66cm• 表地 紙• 裏地 ポリエチレン• 内容量 50枚 出典: ベビー用品を扱う人気ブランドの西松屋からは、外出時だけでなく家で使うのにも便利な使い捨てのおむつ替えシートが販売されています。 50枚と大容量なので、頻繁にストックをチェックする手間もなく安心。 おむつ替えのときだけでなく、おねしょや食べこぼしの汚れを防ぎたいときなどたくさんのシーンで大活躍します。 サイズ 幅45cm 長さ66cm• 表地 紙• 裏地 ポリエチレン• 内容量 50枚 出典: おむつ替えにぴったりなコンパクトなサイズに作られているため、手早くスムーズに作業を進められます。 かさ張らないので荷物を減らして外出したいときにおすすめです。 12枚と使いやすい枚数のセットで、長時間の外出でも袋ごと持ち歩けるのでより衛生的。 サイズ 幅45cm 長さ33cm• 表地 紙• 裏地 ポリエチレンフィルム• 内容量 12枚 家にあるタオルやレジャーシートを使えば、自分でも簡単におむつ替えシートを手作りすることが可能です。 今回は、タオル・レジャーシート・バイアステープ・ゴム紐・ボタンを材料にした、おむつ替えシートの作り方を紹介します。 レジャーシートとタオルをおむつ替えシートのサイズに切ります。 レジャーシートとタオルを重ねて四隅をマチ針で留めましょう。 端ぎりぎりよりも少し余裕をもった位置で、ミシンで四辺を縫います。 縫い目の外側をハサミで切り落としましょう。 縁にバイアステープを付け、再びミシンで縫います。 輪っか状にしたゴム紐にボタンを付け、シートの端の中央にボタンを縫い付けて下さい。 以上の手順で手作りおむつ替えシートの完成です。 この作り方だと、シートを丸めてゴム紐で固定できる、持ち運びやすいくておしゃれなデザインに仕上がります。 ニトリなどから販売されている人気のおむつ替えシートや、手作りしたい人にぴったりな作り方を紹介しました。 おむつ替えシートを使えば周囲を汚す心配をすることなく、おむつ替えを進められるのが大きな特徴。 家で繰り返し使いたいときには洗濯できるタイプ、外出先で手軽に使いたいときには使い捨てタイプがおすすめです。 必要に応じて便利でおしゃれなおむつ替えシートを用意し、日々のお世話に役立てましょう。 キーワード• 閲覧履歴• 関連記事• 人気の記事• 話題のキーワード•

次の

人気のおむつ替えシート14選 必要性や選び方を解説 便利な使い捨てやおしゃれな手作りシートの作り方も紹介

おむつ替えシート

おむつ替えマット・シートというのは、赤ちゃんのおむつ替えをするときに赤ちゃんの下に敷いて使うものです。 ベビー用品を揃えるにあたって、おむつ替えマット・シートを買うべきか悩むママさんも多いことでしょう。 結論から言うと絶対に必要なものではありませんが、実は あるととても便利です。 床やベッドが汚れないようにという目的もありますし、外出時公共のトイレなど衛生面的に気になる場所では、 赤ちゃんを保護する目的でも使うことができます。 実際使ってみると便利で手放せない!というママの声も多いです。 ここでは具体的なシチュエーションや使い方などを用いて、おむつ替えマット・シートをおすすめするポイントを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 バスタオルや新聞紙、おくるみや授乳ケープなどでの代用もでき、実際これらのもので済ませているママもいるようです。 代用するのであれば、すぐ洗えるものや、捨てられて使用の度に交換できるものが衛生的に良いでしょう。 ペットのいるお宅などではペットシーツを使うこともあるようです。 ただ、専用のおむつ替えマット・シートであれば、代用品と違って 防水加工が付いていたり、洗っても乾きやすいように作られていたりするので、便利で経済的ですからおすすめです。 赤ちゃんはうんちがゆるかったり、おむつ替え時におしっこをしてしまったりもします。 また吐き戻しやよだれなど、床やお布団が頻繁に汚れるので、防水機能のあるマット・シートの必要性を感じる場面は意外と多いですよ。 まず、市販のものには 使い捨てで毎回取り替えるタイプと、水洗いできて繰り返し使うタイプの二種類に分けることができます。 それぞれのメリット・デメリットは簡単に以下の通りです。 一概にどちらのほうが良いというのはありませんので、ママの考えで選べば大丈夫です。 たとえばですが、家では洗えるタイプを使って、外では使い捨てタイプを使うという 使い分けもおすすめですよ! 専用のおむつ替えマット・シートであれば防水加工はほとんどされていますが、 買う前にきちんと確認する必要があります。 せっかく購入するのであれば、防水加工がないと家にある代用品とあまり変わらなくなってしまい、もったいないからです。 また防水加工については、 両面防水加工になっているものと裏面だけのものとがあり、それぞれのメリット・デメリットは以下の通りです。 防水のタイプについてもどちらのほうが人気というのはありませんので、ママの好みや考えに合わせて選択してくださいね。 肌触り、防水機能、持ち運びやすさなどで素材は変わってきますから、 ママがどの点をいちばん重視するかで選ぶのがおすすめです。 たとえば上記でも触れたように、赤ちゃんに触れる部分はコットンなどのやさしい素材もあれば、ポリエステルやビニールなどの防水加工素材もあります。 ポリエステルなどが決して肌に悪いわけではないですが、やはりコットンなどに比べると 固く、ひんやりします。 気になる方は裏面のみが防水加工のものを選ぶとよいでしょう。 最初は家にあるタオルなどを使いながら、「うちの子は敏感肌みたいだから肌にやさしい素材がいいな」とか、「粗相しちゃうことが多いからさっと拭ける両面防水タイプにしよう」というように 赤ちゃんの様子を見ながら必要なものを買うのもいいかもしれませんね。 赤ちゃんのお世話で欠かすことできない「おむつ替え」。 とくに月齢が低い赤ちゃんは1日に替える回数も多く、ゆるゆるうんちなどで汚れてしまう頻度も高いです。 慣れないお世話や寝不足などでストレスが溜まりやすいママにとって、 少しでも負担を減らしたい!というのが正直な気持ちですよね。 専用のおむつ替えマット・シートはそんな ママの願いによりそったアイテムです。 絶対に必要なものではありませんが、「一度使ったらもう無しではいられない」というママが多い人気の商品なんです。 お家にある 代用品よりもやはり見栄えも良いですから、外出時のときのためにも持っていて損はありませんよ。 ぜひおむつ替えマット・シートを使って、おむつ替えのストレスを軽減し、楽しいスキンシップの時間にしてみてください。 ママも赤ちゃんも笑顔になれますように!.

次の