あいの 風 ライナー。 あいの風とやま鉄道・IRいしかわ鉄道ダイヤ改正「あいの風ライナー」は減便

あいの風とやま鉄道の3分早いライナーに乗ってみた!

あいの 風 ライナー

「」も参照 本列車は全車であり、の他に「」が必要となる。 料金は1回の乗車につき300円。 乗車区間にかかわらず均一で、大人・小児とも同額である。 ライナー券は、金沢駅以外の本列車の停車駅および本列車の車内で発売される。 2016年(平成28年)より、乗車日が属する週の前週から金沢駅以外の本列車の停車駅で事前発売(前売り)するようになった。 それまでの事前発売(前売り)は、乗車日の5日前(・を含まない)から金沢駅以外の本列車の停車駅で行われていた。 但し、と同一の車両を使用している為、普通列車との区別が付き難く誤乗が多い上、集金システムにも問題があり、ライナー券を購入せずに乗車するケースが発生している。 こういった状況を受け、2016年3月のダイヤ改正より、車両の種別幕の表示をそれまでのJR西日本仕様であるの「快速」から、専用ロゴを使用したものに変更した。 発券システム [ ] 座席管理はのサービスに収められ、・が操作する端末にはのモデルを採用、iPadと接続されたモバイルで発券する。 回線を通じて座席管理データベースにアクセスできるため、車内でも座席番号の印字されたライナー券が発行される。 クラウドや汎用の採用により、開発・保守費用は大きく抑えられた。 徹底的な機能の絞りこみやの手法により、システムは半年で構築された。 停車駅 [ ] - - - - - - - - - 時代に金沢駅以東で運行されていた特急が停車していた駅をほぼ踏襲しているが、現在もからの上り特急が一部停車するは通過する。 そのため、IRいしかわ鉄道線内の停車駅は始発・終着駅である金沢駅のみで、それ以外の駅はすべてあいの風とやま鉄道線内の駅である。 なお、泊駅以東、を越えてへの直通は行われていない。 沿革 [ ]• (27年) - 開業後最初の平日ダイヤ適用日である同日から運行を開始。 3往復運転(うち上り6号のみ泊発富山行き。 それ以外は金沢駅 - 泊駅間)。 (平成28年)• - のダイヤ改正により、以下の変更を実施(適用開始)。 県東部の学生の部活動後の下校対策として、6号を廃止して普通列車(引き続き土休日運休)に変更。 下り3本・上り2本となり、運転区間は金沢駅 - 泊駅間に統一された。 朝の2号(泊発金沢行き)を4両から2両に減車。 これにより、全列車が2両編成での運転に統一された。 専用ロゴを導入した種別幕の使用を開始した。 - この日からライナー券の事前発売(前売り)開始日をそれまでの乗車日の5日前(土曜日・休日を含まない)から変更し、乗車日が属する週の前週日曜日分から購入できるようになった。 脚注 [ ] [] We always like to be transparent on pricing but we customise each campaign specifically for each client so pricing can differ in many ways , so we highly suggest you complete this form below and one of our campaign specialists will contact you to discuss all your requirements. If your enquiring about a personal page just leave the company details blank.

次の

あいの風とやま鉄道「あいの風ライナー」一部運休

あいの 風 ライナー

あいの風ライナーとは、とが運行するである。 概要 特徴 限定で、を直通して運行される 有料で、~間まで運行される。 利用するにはの停 は除く または両社が定する販売で販売されている券が必要となる。 なお、内でも購入可なので、利用する際は内巡回しているさんを訪ねてみよう。 全席定席ではあるが、立って利用することも可である。 また、で券を購入した時は定席は補助席扱いとなる。 運行本数は下り 泊方面 が3本、上り 方面 が2本で運行される。 また運行時間帯はラッシュ時で乗降人数が多い方と夕方の時間帯に絞られている。 使用車両 から譲受したが使用される。 なお、所属のは使用されず、全て所属のが使用される。 運行両数は基本2両編成である。 の正までは、のみ4両編成で運行されていた。 停車駅 ー 石動 ー ー ー ー ー ー 部 ー 入善 ー これはかつて時代に運行されていた優等の停をほぼ踏襲している。 誤乗車問題 、設立当初から運行されているあいの風ライナーであったが、運行するにつれ、有料とは知らずに誤乗する乗客が非常に多いという問題に直面した。 この問題に対して両社は、優等幕を「」の表示に変更、やで"券"が別途必要であることを乗客に分かりやすくするなど、までに良策を施した。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• 外部リンク•

次の

あいの風ライナーとは

あいの 風 ライナー

快速「ホリデーライナーかなざわ」で運用される471系 () 概要 現況 運行終了 地域 石川県・富山県 運行開始 2007年3月18日 運行終了 2015年3月8日 旧 (JR西日本) 路線 起点 終点 使用路線 技術 ) 1,067 20,000V 60 ホリデーライナーかなざわは、(JR西日本)が富山駅 - 金沢駅(現:・)間で運行した快速列車である。 概要 (18年)に金沢駅前に開業した商業施設「」への買い物客の利用を見込み、翌2007年(平成19年)のダイヤ改正で、土曜日・休日の午前中に富山発金沢行の快速列車(臨時列車扱い)が上りのみ2本新設された。 この列車は時刻表上は愛称なしであったものの「ショッピングトレイン」と銘打たれ、専用のヘッドマークも掲示された。 その後、列車名は同年5月26日に金沢駅構内に「くつろぎ館」がオープンしたのに合わせ「ホリデーライナーかなざわ」に変更し、ヘッドマークも新規のものが掲示された。 しかし、2010年(平成22年)3月20日には、運行は上り1本に減便され、2015年(平成27年)3月14日には、金沢開業に伴い、運行区間の北陸本線はとに移管されたため、改正前最後の土休日となった同年3月8日をもって運行終了となった。 停車駅は、・・・・・・であった。 その後 移管に際しては、本列車の直接の代替となる列車は設定されなかった。 あいの風とやま鉄道およびIRいしかわ鉄道では移管後から金沢 - 富山・間で「」を運転しているが、「ホリデーライナーかなざわ」と異なり、同区間で移管以前に運転されていた特急「」の移管区間における代替という性格が強く、平日のみ運転の座席指定制列車となっており、停車駅も異なる。 また、IRいしかわ鉄道では2017年3月4日から土休日の午前中に「IRホリデー号」の名称の普通列車を津幡駅 - 金沢駅間で運転していたが 、2019年(平成31年)3月16日ダイヤ改正により廃止が決定。 最後の土休日となる同10日に運行終了となった。 ダイヤ改正以降は「IRおでかけ号」の名称で、臨時列車として多客期に運転される。 脚注 [] 注釈.

次の