墓場 英語。 「結婚は人生の墓場」よりヤバイ!文学者たちのコワ~イ名言4つ

「持っていく」は英語で?「take/bring」の使い分けルール

墓場 英語

I've always been called a professional opportunist, and in the future I'm open to anything. 「ワシはプロの投機家だから、将来何をやるかはわからんゾ」 I've always been called a professional opportunist 「ワシはプロの投機家である」 今回は、「墓場のダンサー」という異名をとる投資家が登場です。 その名は、サミュエル・ゼル。 不動産などを徹底的に安く買いたたき、それを高値で売って巨額の富を手にするのが得意技。 つまりは、相場が下がれば下がるほど儲かるわけで、「墓場」のような市場環境で一人高笑いをする姿から名付けられたのがこのニックネームです。 「オポチュニスト」は日本語でも使われる時もあって、「日和見 ひよりみ 主義者」なんて訳されていて、マネーに関していうと「投機家」のようなイメージでしょうか。 どちらの言葉も悪いニュアンスで使われますが、ゼル氏はあえて「プロの投機家」というひねった表現で自分の抜け目のなさを強調しています。 ゼル氏の投資、面白いですね。 これまで紹介してきたやは大局観を持って投資に臨んでいましたが、ゼル氏はもう、短期で売り脱けようというイケイケ系。 でも…。 と、投資をかじったことがある人なら思うかもしれませんね。 「短期で儲けることって、ホントにできるの?」、と。 と言うのも、短期の売買で儲けを出すことは極めて難しいと一般的には言われているのです。 だって、仮に大もうけできる話が転がっていたらどうなるとおもいます?そう、誰かがあっという間にその情報を利用してオイシイとこ取り。 チャンスは瞬時に消えてしまいますね。 「市場は効率的だ」なんて表現されますが、現代のように情報があっという間にやりとりされる環境においては、オイシイ儲け話なんてなかなかないのです。 では、「墓場のダンサー」は短期売買でどのようにして巨額の富を生み出しているのでしょう? ポイントは、「読み」と「機動力」にありそうです。 というのは、一見すると相反する手法に見えて、実はゼル氏もバフェット氏も同じ考えを共有しているはずで、それはに表される経済の動き。 ただ、その見方が違っていて、バフェット氏は「長期的にはどの業界が栄えるかな」と見ているのに対し、ゼル氏は「短期的にはどこでダイヤモンドモデルにほころびが出て儲け話が転がり込んでくるかな」と見ているのではないでしょうか。 そして、儲け話が転がり込んでくるやいなや、ゼル氏は巨額の投資資金を準備して、一気にお金をつぎ込むのです。 その額は、例えば2年ほど前の「シカゴ・トリビューン」の買収では1兆円に近い金額です。 儲け話を見つけたとしても、それだけのお金を瞬時に動かせる機動力がないとなかなか儲けは得られないものなのでしょう。 ちなみに、この「シカゴ・トリビューン」はその後経営破綻してしまって、ゼル氏は苦境に陥ったとも言われています。 さて、「墓場のダンサー」はいつまで踊り続けられるのでしょうか。

次の

バングラデシュ 船の墓場で働く

墓場 英語

がアリゾナ州で保管中または解体を待っている 飛行機の墓場(ひこうきのはかば、: aircraft boneyard、: aircraft graveyard)は、退役したを保管または解体のために待機させるや場所。 航空機の墓場にある飛行機は、保管を目的として留め置かれるか、部品を再使用または再販売するために取り外したのちににされる。 空気が乾燥状態であればを遅らせ、硬質地盤であれば舗装する必要がないため、にあるような砂漠地帯は飛行機の墓場に適している。 この種の最大の施設である「309th Aerospace Maintenance and Regeneration Group」は、「The Boneyard」として口語的に知られている。 主な航空機の墓場 [ ] 空港 国 都市 備考 () 主にを退役した多くのが存在する。 アメリカ合衆国以外で最初の大規模な飛行機の墓場。 () () エア・サルベージ・インターナショナル(Air Salvage International:ASI)の本拠地である。 ASIはヨーロッパの大手航空機のサルベージ会社である。 ()の本拠地である2,600エーカーの敷地には約4,400機の航空機が存在する。 () 、、などの大手キャリアにスペースを貸し出し、保管と修理の両方のサービスを提供する「アクティブな保管施設」として機能する。 () () ()株式会社によって部品のために取り除かれていた様々な元の航空機が存在する。 () 1,000機以上の航空機が存在する。 ソビエト時代の航空機が1991年以降現れ始めた。 () () およびその他の航空会社の機体が保管されている。 () () () 第二次世界大戦の終わりから1972年まで。 複数の大型旅客機と貨物ジェット機の退役機が存在する。 ()とが運航していた23機の古いが存在する。 出典 [ ] []• 2015年7月19日閲覧。 John A. Weeks III 2009年7月3日. 2014年11月6日閲覧。 Planes of the Past. 2015年6月22日時点のよりアーカイブ。 2015年7月19日閲覧。 AirplaneBoneyards. com. 2016年11月22日閲覧。 Traveller 2011年5月27日. 2015年7月19日閲覧。 i3m. airsalvage. 2018年3月18日閲覧。 2013年8月18日. 2015年7月19日閲覧。 Andrew Vane 2014年2月27日. AirlineReporter. 2016年11月22日閲覧。 AirplaneBoneyards. com. 2016年11月22日閲覧。 Azcentral. com 2015年3月27日. 2016年2月14日閲覧。 Tom Moran 2014年6月26日. 2016年11月22日閲覧。 AirplaneBoneyards. com. 2016年11月22日閲覧。 2018年3月18日閲覧。 Pae, Peter 2009年3月15日. The Los Angeles Times. 2016年11月22日閲覧。 Brunat, David. spanish. El Confidencial. 2016年12月11日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。

次の

「秘密は守るよ」は英語で?「墓場まで持っていく」の英会話フレーズ!

墓場 英語

「彼の墓はその墓地にあります」と言いたかったのですが、「墓」「墓地」の表現に迷いました。 早速、「墓」「墓地」「墓石」について調べました。 私は明日、母の墓参りに行きます。 私と夫は昨日、祖先の墓参りをした。 My husband and I visited the tombs of our ancestors yesterday. 私の父の遺体はその墓地に埋葬された。 My sister lies in the churchyard. 彼らの遺骨はこの前の日曜日にあの墓地に埋葬された。 Their bones were buried in that churchyard last Sunday. Former President John F. Kennedy was buried in this graveyard. 私の父は、彼の地方の教会の墓地に多くの軍人たちと埋葬された。 My father was buried with full military honours in the graveyard of his local church. 「墓」だけでなく遺体を葬る場所全てに使われます。 「tomb」 は「遺体」葬るために作られた場所で、墓石や記念碑などが作られる「お墓」を指すこと多いです。 「cemetery」は教会墓地でない共同墓地で、「churchyard」は教会付属の墓地のことを指します。 「graveyard」は英英辞書では「教会の横にある墓地」と書かれています。 See you next time!

次の