自動ドアセンサー 反応しない 理由。 自動ドアが反応しない人の理由は服と床の2つの素材だった

故障の原因と対処法|愛知・岐阜の自動ドア修理・交換は株式会社ソニア

自動ドアセンサー 反応しない 理由

自動ドアって時々開かない時があるんですよね。 昔は、重量式である程度の体重がないと開かないんだなんて言われてたんですが、どうもそれは間違ってるみたいです。 自動ドアの反応が悪いと、一旦立ち止まって開いてから入るとかちょっと気をつけないと危険。 そんなドアに限って、ガラスが透き通ったようにキレイだったりするんで、タチが悪い。 最近じゃあ、スマホをチェックしながら歩いたりすることもあるんで、やっぱり歩きスマホやめよう、とか思いますけど。 それと、海外に行ったときなんか実は自動ドアじゃないってところも多いので、日本のドアに慣れてしまってるとすごい違和感感じるんですよね。 日本にいるならいいんですが、何でもかんでもセンサーが付いていて、ドアの前に立ったら飛びらは開くし、蛇口の前に手を出したら水は出るし、正常に動く間は便利でいいんですけど、これに慣れすぎると他で不便に思うし、センサー壊れてたら異常にイライラするしで、良し悪しあります。 こころをおおらかにしないといけないなと思うことしばしばです。 で、この自動ドアが反応しない理由って何なんでしょうか?まさか、人に相手にされない影が薄い人、ということではないはず。 ちょっと原因を調べてみましょうか。 【スポンサードリンク】 自動ドアが反応しない理由 センサーはどうなってるの? それで、まずは自動ドアが何を感じてドアを開け閉めしているかということなんですが。 一応こんな分類があるそうです。 マットスイッチ:重量:圧力センサで,人間が前に立ったことを検出する。 感熱センサ:温度:人間が発する熱を検出する。 超音波センサ:距離:超音波を使用して物体との距離を算出する。 光線センサ:光の変化:近赤外線を投光し、物体の移動による反射光の変化を検出する。 マットスイッチというのが、昔のタイプみたいです。 小さい子供じゃ自動ドアが開かないってやつですね。 今はもう殆ど無いみたいですが。 圧力センサが故障しやすいんだそうです。 誤作動も多かったですからね。 それで、現在の主流は光線センサなんだそうですが、これは近赤外線を使って、反射光の変化を測定するということになってるんです。 【スポンサードリンク】 自動ドアが反応しない理由 自動ドアは光線センサが反射光を拾えない時に反応できない 原理がわかれば理由を考えることが出来ます。 つまり、自動ドアは光を出して、その光の反射具合でドアの開け閉めを決めているということです。 ということは、光が反射しない環境では物体が移動したかどうかが判別しにくい、ということになります。 例えば、床が絨毯だったら元々光の反射が少ないわけですが、光沢の少ないマット調の黒い服を着て絨毯の上を歩いたとすると、やっぱり光が反射してきませんから、光線センサが光を拾うことが出来ないわけです。 これが逆に、床がピカピカであれば、その上を人が歩けば光の量の差が大きくなるので光線センサは反応しやすいということになります。 だから、その自動ドアのある場所の環境と自分の着ている服の状態で自動ドアが反応しにくいことがある、ということが出来るようです。 ちょうど、マトリックスに出てくるような真っ黒な服、なんていうのは自動ドアは苦手なんじゃないでしょうか。 逆にピコ太郎の着ているようなキラキラの服なら誤作動もしないでしょうね~ いかがでしょうか。 自動ドアが反応しないのは光線センサが光をうまく拾えない時ということなんですよね。 これから考えると、どうもうまく光線センサが働いてないみたいだと思ったときは、髪の毛の黒い部分を捉えている場合もありますから、上を向いてみる、というようなことも対策の一つになるのかもしれません。 昔は体重が軽いと動かなかった自動ドアですが、今じゃあ人通りの多い場所ではむやみに開かないようにタッチセンサを使ったりと、知らない間にずいぶん進化しているようです。 たかがドアの開閉ですが、とても身近な物。 事故など起こさないように気をつけたいものです。 カテゴリー• 106• 3 最近の投稿• 最近のコメント• に セミリタイア生活 より• に たっちゃん より• に セミリタイア生活 より• に セミリタイア生活 より• に より アーカイブ• メタ情報• 運営者情報.

次の

自動ドアが反応しない人の理由は服と床の2つの素材だった

自動ドアセンサー 反応しない 理由

どうして自動ドアは普及したの? 主に利用者への「サービス精神」と「思いやり」から普及したと言われています。 また、日本の引き戸がスライド式自動ドアの普及に、大きく影響したとも言われています。 日本で初期に自動ドアを採用したのは「病院」と「銀行」です。 当時の自動ドアは、自動車1台と同じくらいの高価格でしたので、一般建物への普及はなかなか広がりませんでした。 大きな建物の玄関ドアは、立派で大きく重いものが多いため、妊婦さんやお年寄りが手で開けるのは大変困難でした。 自動ドアを設置するのは、そうした方が重いドアを自分で開けなくても自動で開いてくれれば、大変楽になります。 そうした「サービス精神」や「思いやり」から普及したのだと思われます。 自動ドアのメリット• バリアフリー効果 高齢者の方・障害者の方々にもドアを押したり、引いたりすることなく、容易に通り抜けられます。 また、車イスやベビーカーの通り抜けも、ドアをおさえたりする必要がないため駅校内などの設置が進められています。 省エネルギー効果 自動ドアの普及により、ドアが開いたままということがなくなったので、エアコン等を入れていても効き目が良くなり省エネルギーになりました。 衛生管理の効果 手を使用しなくてもドアの開閉ができるため「病院」や「食品工場」でも多く取り入れられるようになりました。 また、密封性の高い自動ドアにすることで、小さなゴミやホコリなどの侵入を防ぐことが可能です。 便利性の向上 ドアの前で立ち止まらなくても、楽に通り抜けできます。 思い荷物を持った人や赤ちゃんを抱っこしているお母さんも、両手が塞がっていてもそのまま通行できます。 商業施設・宿泊施設・公共施設で積極的に自動ドアが取り入れています。

次の

自動ドアが普及した理由って何ですか?

自動ドアセンサー 反応しない 理由

出典: センサーにも色々 ナブテスコは、国内の自動ドアでシェアが50%以上ある大手メーカーです。 同社の住環境カンパニー商品企画部主査の構井克典(よしのり)さんは「自動ドアのセンサーには、熱線式(温度のセンサー)、光線式(光の反射)、超音波などがあります」と言います。 以前、多かった熱センサーは、人間の体温と周囲の温度を比較して探知し、作動します。 しかし屋外だと温度変化が激しく、特に猛暑日は、人間の体温と屋外の気温とほとんど変わらなくなるため、センサーの作動が非常に鈍くなります。 現在、熱センサーの自動ドアは、室内の警備用に限られているそうです。 超音波センサーは、気温の影響を受けにくく、犬や猫には反応しないように高さのコントロールができますが、雨風に弱いというデメリットがあります。 現在、主流なのは光線式センサーで、8-9割を占めているそうです。 ナブテスコ社提供 法定の保守点検がない自動ドア 自動ドアの技術は日々進歩していますが、町なかにはまだまだ古い自動ドアがあります。 自動ドアにはエレベーターのような法定点検の制度がないので、20年、30年と保守点検せずに使い続けられているものが少なくありません。 使用期間が長くなると、経年劣化により反応が鈍くなることがあり、旧タイプのセンサーは最新型のものより検知精度が低い場合があります。 そういったことから、自動ドア販売会社各社は保守契約をすすめています。 反応しない自動ドアは事故の原因になりかねません。 全国自動ドア協会JADAによると、自動ドアの事故は小さな子どもや高齢者に多く、場合によっては、ケガをしてしまう危険があります。 トラブルの原因は「駆け込み」「立ち止まり」「斜め進入」が半分以上を占めているそうです。

次の