ニジゲンノモリ 失敗。 【体験記&感想】ニジゲンノモリに行ってみた

「そうだ ニジゲンノモリ~ナイトウォーク火の鳥~、行こう。 (※アドバイス)」super_HRDのブログ | ENGINE 11, POSITION 5 !!

ニジゲンノモリ 失敗

こんにちは!しゅんぞう()です。 小学校2年生を持つ親です。 『 クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク』のある「 ニジゲンノモリ」で一番近いホテルに泊まりました。 どうやら、 ウェスティンホテル淡路でした。 「ウェスティンホテル淡路」はどうよ?! 私は身障者なので、部屋が、車いすでバリアフリーを希望していたが、、、 (1ヶ月前に予約していたが、、、) 当日は、2組の 身障者が先にチェックインしていた。 3~4. 4で評価でレビューされています。 綺麗だし、景色もいいし、朝食のブッフェも美味しいし、最高のホテルでした。 しゅんぞうのまとめ さて、今回は 『【淡路島】「ウェスティンホテル淡路」に泊まって来たぞ!』というお話でした。 昔から(私が病気になる前から)子どもがホテル好きなんです。 いい思い出になりました。 最後までお読みいただき、ありがとうございました! この記事が気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです。

次の

2020年 ニジゲンノモリへ行く前に!見どころをチェック

ニジゲンノモリ 失敗

きっかけ ニジゲンノモリという施設がオープンしたことは、わりと初期から知ってはいたものの、アトラクションの料金が高いので、我が家は縁が無いと思っていた。 ある平日、子供の学校が振り替え休日で、どこかに出かけようと思い、我が家から少し遠いが県立淡路島公園に出かけた。 この公園の交流ゾーン(GかF駐車場が最寄り)には、大型ローラー滑り台(一番長い滑り台は66 m)や、大型トランポリンの「ふわふわドーム」、水上遊具のある水の遊び場があり、小学生が1日遊べる公園だからだ。 (大きな芝生広場もあるが大部分には傾斜があり、ボール遊びはやりにくそうな印象。 ピクニックには良) F 駐車場から木の広場に向かうと、もうすでに見える範囲で新しい施設が増えていた。 アトラクションのチケット販売機やキャラクターグッズのお店、飲食店だった。 少し勾配のある坂を下り、木の広場で早速、子供は遊び始めた。 しかし、その日は一番長いローラー滑り台が使用禁止だった。 (滑り台の周りのネットの遊具も使用禁止)この滑り台は、長いうえに傾斜もあってかなりスピードが出る。 大人もついつい滑りたくレベルの代物で、子供にとってはメインイベントだっただけに、残念だった。 夏の暑い日なら、水着に着替えて水遊びをするところだが、残念ながら10月末とは思えない寒風が吹き荒れる日だったため、それも叶わず。 子供がすぐに飽きてしまいそうな雰囲気だったので、木の広場から池をはさんで対岸に見える施設(クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク)をのぞきに行った。 アッパレ!戦国大冒険!体験記 子供は、 超巨大戦国からくりアスレチック「アッパレ!戦国大冒険!」を一目見て「やりたいっ!」と言い出し、迷っていると、お兄さん(キャスト)が話しかけてきた。 まずは、子供の身長と年齢を聞かれ、利用可能な条件を満たしていたため、コースの説明をしてくれた。 足軽コースは、地上高約 4. 5 mのコースで中難易度とされているが、侍大将コースよりも実はアスレチックの攻略は難しめ• 侍大将コースは、地上高約 8 mで、高さがある分だけ恐怖心が増すが、アスレチックそのものは足軽より攻略しやすい ということだった。 恐がりの子供は、どちらを選ぶのかと思っていたら、 侍大将コースを選択。 チケット販売機で、コースと体験時間を選択し、購入。 覚悟はしていたが、 3,300 円には驚いた。 なお、体験時間は、30分ごとに予約でき、1回に15人まで参加できる。 インターネットからも予約できるらしい。 ニジゲンノモリ アッパレ!戦国大冒険!2 平日の昼前だったせいか、我が子以外に利用者がおらず、そのままアスレチックに突入。 お兄さんは、アスレチックのガイドだったらしく、子供と一緒にアスレチックに上るため、2人揃ってヘルメットと安全装置を装着した。 注意事項の説明の後、子供とガイドさんは 8 m上空へ。 子供は強風にも負けず、特に怖がるそぶりも見せず、淡々とアスレチックを攻略。 10分ほどで地上に帰還した。 終了後は、オリジナルの缶バッチをもらった。 ガイドさん曰く、混雑する休日は 30 分くらいはかかるが、今回のように単独で挑戦する場合は、5分から10分で終わることもあるということだった。 休日では、アスレチックに挑戦できるまで2時間待ちということもあるらしい。 挑戦するつもりの人は、あらかじめインターネットで予約するか、公園到着後すぐに最寄りのチケット売り場で予約するといいかもしれない。 後で、子供に感想を聞くと、「高くて怖かったから、さっさと進んで降りたかった」と言われた。 でも、楽しかったらしく、しばらくすると笑顔になった。 人力のゴンドラ(ロープを引いてゴンドラを引き寄せて乗り込み、ゴンドラの真横に張ってあるロープをつたい、自力で進むアスレチック)が特に面白かったらしい。 アスレチックの半券で、ふわふわ!カンタム・ロボ!も利用できたので、子供はロボの中で3 分ほど跳びはねて遊んだ。 私はオレンジのヘルメットを選んだ。 (子供もオレンジが良かったらしい、残念) 安全装置には先端にローラーが付属した長さ 1 m 程のロープを付けた。 しばらく順番待ちをして(5分くらい?)、対岸で赤い旗が挙がり、ローラーをコースロープに接続して、いざ出陣。 池の上をするすると滑っていくのは爽快だったが、滑っている間に、進行方向と逆方向を向いてしまい、やや失敗飛行になった。 でも、飛行距離は十分に長く、高低差があるためにスピードも出て、楽しかった。 普通のターザンロープのように、ロープにしがみついている必要は無いので、周りの景色をじっくり眺める余裕もあった。 チャレンジ!アクション仮面飛行隊!には、225 m(1回目) と140 m(2回目) の2コースがあるため、ゴール地点の横の小さい山を上り、2回目のスタート地点へ。 再び池の上空を通過し、1回目のスタート地点の下まで飛行。 2回目も逆方向を向いてしまった。 子供は終始前向きで飛行できていた。 子供は、はじめは渋々付き合ってくれたのだが、2回目を終わる頃には、大満足だったらしく、もう1回!と言い始めた。 (お財布の許可は出なかった) 安全装置を外し、ロッカーから荷物を回収して、アッパレ!戦国大冒険!(アスレチック)の横を通ると、大勢の大人や子供で賑わっていた。 アクション飛行隊の方も、次のお客さんが待っていた。 こちらも、人数分のオリジナル缶バッチをもらった。 クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク 缶バッチ 「チャレンジ!アクション仮面飛行隊!」の半券を使い、再び「ふわふわ!カンタム・ロボ!」に子供が吸い込まれた後、また公園に戻った。 かなり散財(合計 7,000円!)してしまったが、子供も楽しかった様子だし、充実した休みだったかな。 ただ、同じ兵庫県内にある、「東条湖おもちゃ王国の入園料 + 一日乗り放題(大人1人子供1人)」の方が安いという現実を突きつけられると、少し後悔もしてしまうのであった。 とりあえず、 安全費(+人件費)と思うことにした。 ホームページによると、今後も新たな施設がオープンする予定らしい。 ニジゲンノモリがなくても兵庫県立淡路島公園は子供が好きな公園だから、また行くことになるだろう。 次に行った時、どのように変化しているのか楽しみだ。 ) 【難易度3】足軽コース:2,500円(800円 down?) 【難易度4】侍大将コース:3,300円 〈チャレンジ!アクション仮面飛行隊!〉 2,000円(200円 up).

次の

「そうだ ニジゲンノモリ~ナイトウォーク火の鳥~、行こう。 (※アドバイス)」super_HRDのブログ | ENGINE 11, POSITION 5 !!

ニジゲンノモリ 失敗

ニジゲンノモリ みなさんは今年の7月に完成予定の「ニジゲンノモリ」をご存知ですか? 淡路島の「兵庫県立淡路島公園内」に完成する予定です。 今回は先日淡路島を通る用事がありましたので、ニジゲンノモリの完成予定地である兵庫県立淡路島公園に立ち寄ることにしました。 そこで見た現在の淡路島公園の様子と、ニジゲンノモリの完成予定図について書いていきます。 ニジゲンノモリとは ニジゲンノモリとは、人材派遣会社のパソナグループが淡路島公園にて今年の7月の開設を目指している、体験型アニメパークのことです。 施設の中には、海外でも人気の日本の「クールジャパン」、つまりマンガやアニメコンテンツをテーマにした施設が開設される予定となっています。 以下に開設予定の施設をまとめておきます。 火の鳥 手塚治虫さんの「火の鳥」をテーマにした、全長1. 2キロのナイトウォーク。 グランピング 淡路島の食材を楽しめる、宿泊可能なグランピング施設。 クレヨンしんちゃん 人気アニメクレヨンしんちゃんをテーマにした、ジップラインやアスレチックコース。 ちなみにジップラインとは、ロープを滑車で滑るターザンみたいなアスレチックのことです。 現時点で発表されているのは以上になります。 この他にも、マンガやアニメをテーマにした飲食コーナーや、イベントステージ、ミュージカル劇場も開設を計画しているとのことです。 「体験型」というのが、施設のひとつのテーマになっているようです。 スポンサーリンク 兵庫県立淡路島公園 そしてそのオープンの舞台になる予定の、兵庫県立淡路島公園についてです。 場所は本州から淡路島に渡ってすぐの、淡路島ハイウェイオアシスの中にあります。 高速を走って車で行ったなら、淡路サービスエリアからハイウェイオアシスまでそのまま入ることが出来ます。 ちなみにハイウェイオアシスのお土産屋さんでは、オニオンスープの試飲が出来ます。 淡路島といえば玉ねぎが有名です。 ぜひ一度ご賞味ください。 (めっちゃ熱いのでやけどに気を付けましょう) ハイウェイオアシスのすぐ裏側に、淡路島公園が広がっています。 ちょっと行ってみましょう! イベントのステージやアスレチックの遊具などがあります。 けっこう大人の人も遊んでいました。 地元の人かな? ちなみに「もしかしたら工事とか始まってないかなー」という気持ちで行ったのですが、私が行った時にはまだ何も着手はされていませんでした。 (公式ホームページを見ると5月から工事が始まったようですね!ニアミス笑) あと2カ月 7月ということは、夏休みにはオープンするんだということだと思います。 あと2カ月少々ですね。 レジャーも「 観賞型」から「 体験型」に変化しました。 「 体験型」は今のレジャーのトレンドです。 大事なのはどこまで体験できるのか。 ありきたりで終わってしまったら、高い料金払って橋を渡っていく価値が無いと判断されてしまいます。 他の淡路島の観光施設などとも連携してほしいですね。 島を丸ごと楽しめるような感じです。 工事も始まってこれから続報も出てくると思います。 「 ニジゲンノモリ」 引き続き注目していきます! ko-udon-sc50.

次の