ルート 225 映画。 ルート225

ルート225

ルート 225 映画

映画ルート225は、パワレルワールドに迷い込んだ田中兄弟のお話(ネタバレ) はじめに 映画の物語のあらすじです。 ある日14歳の田中エリ子役の多部未華子は、帰りの遅い弟のダイゴを迎えに行く ダイゴを見つけて一緒に帰る途中、いつの間にかパラレルワールドに迷い込んでしまう。 パラレルワールドは、現実と少しずつズレている。 ・聞いたことのない住所。 ・自宅付近に無いはずの海がある。 ・いるはずの両親が家にいない。 ・喧嘩したはずの親友と仲直りしている。 ・死んだはずの友人が生きている。 ・唯一自宅に繋がる高橋由伸のテレフォンカード。 パラレルワールドに迷い込んだ理由がわからず、元の世界に帰る方法を模索する2人。 果たして、2人は両親の居る世界に戻れるのか? 私は小説を読んでいないのですが、映画だけでも十分楽しめました。 ダイゴ役の石田力くんの持ち前のキャラがいい感じで 緊張感を緩めてくれる。 エリ子も弟想いなのだけれど、それを弟に知られまいとして必死で隠すシーン、良かったです。 スポンサードリンク ネタバレ・・と言えないのかもしれませんね、 バラすほどの事がわかりませんでした、笑 どうしてパワレルワールドに迷い込んだのか? どうやったら元の世界の戻れるのか? 確信をつく答えは、映画の中では話をしません。 観る人を選ぶ、そんな映画だと思いました。 弟への想いが相まって、 ラストシーンは結構キュンとくる仕上がり。 世の中って「こんなもんだよね〜」と、 ある意味現実的な仕上がりになっていて、それが良かった。 ナレーションは多部ちゃんなので、 期待を裏切らない澄んだ声が聞けますよ^^ ルート225の伏線に関する考察(ネタバレ) 一般的に、人間って理解しようと思って解釈をめぐらせて映画を観るものです。 理解できないポイントも少なくないので、勝手に解釈を巡らせてしまう。 衣装、お花、背景セットの色が「青」「赤」「オレンジ」「黄色」が多く使われていました。 結局不明ですが、伏線なのかなぁと思って見てましたがわからず・・。 謎が気になりすぎるので、原作読もうかなと思ってます。 それと、多部ちゃんの台詞の、 「どこにいても、絶対誰かがいないような気がするんだよね。 パラレルワールドでは、両親は行方不明だけれど、クラスメイトとは仲がよく、くまのいさんは生きている。 何度か、家に帰る方法を試行錯誤してみたけれど、 結局元の世界には戻れなかった。 でも、こんなことって、今生きている世界でも起こっている。 後悔だってするし、そもそも過去のことなら 自分が望んでいる世界に行きたくてもそのチャレンジするチャンスすらないのが一般的。 つまり、何が言いたいかというと。 今生きている世界になったのは、理由があって それを受け入れて、 今を全力で生きようというのが答えだと考えています。 なぜこうなったのか?なんてこと、 いくら考えても仕方ないですもの・・。 過去には戻れないし、 タイムマシンもないし、 考えても仕方ないなら、 考えない!! ルート225の中で、弟のダイゴが帰ってくるのを待っている多部ちゃんのシーンがあります。 当たり前の日常になってしまうと、気づけなくなっている幸せ、、 つまり、非日常を体験するだけで「弟が居るだけで有難い」ということに気づけるのかもしれませんね。 それに、多部ちゃんみたいなお姉ちゃんだったら、なんか色々ワガママ言っちゃいそうじゃないですか?? 優しいですもの^^ 明らかのは、撮影当時の多部未華子が10代だという事! 映画撮影時点で、多部ちゃんは10代。 (幼さが残る・・今でもそうかな??) 大人びて綺麗になった姿もモチロン良い! でも、 10代の多部ちゃんも良い! 演技力は、もうこの頃からビックリする位完成されてますね。

次の

ルート225

ルート 225 映画

これは辛い。 最後思わず「えーーっ!」って声出ちゃうかと思った。 なのでかなりネタバレ加減大で記録しておく。 a次元からb次元そしてa'次元という微妙なパラレルワールドに来てしまった姉弟。 親だけが居ない。 親の方にも子供たちだけが見えない 後で親は気づいたようす という世界。 何故か散りばめられる高橋由伸。 ハッピーエンドではなく子供たちは親戚にバラバラに預けられ、そこで順応して生きていくという終わり方。 怖いーっ親の立場になったらゾッとする。 悲しくてやり切れない。 あのキョウダイの心強すぎる。 私が実妹と同じ事になったら私が妹を手放さない。 そして待つ。 あれこれ試して死んで行くのかな。 最後のキョウダイの頭とほほカキカキポーズは、同じ次元からきた証が分かるように~なのかな。 モヤモヤとは違うゾワゾワとも違うSFホラー。 昔はこの手の好きだったけど今は怖くなってしまった。 救いは弟くん、いい味の子役くん。 しかし他の作品には出演してない様子。 多部ちゃんより脇役の人が気になった。 テレカ屋さんてあのよく刑事役の役者さんだよね?名前出てこない。 友達の男子も意味不明に良心的。 そんな優しい感じの役者さん揃ってる中でのホラーな展開怖すぎた。 でも、今居る私の世界がa'次元で明日起きたらマスクなんてしないで過ごせる春に戻ってたならなぁ。 1日も早く世界が穏やかになりますように。 今夜は怖い夢見そうだ。 頭の中で考えたことがあるような 世界観で引き込まれた 帰れない結末を 想像してなかったから終わった時 なんとも言えない気持ちだった 見ている最中も感情移入して 怖くて不安な気持ちだった。 変化が起こり始めた 14歳の9月から映画のラストの15歳。 演技の下手さや空気感が昔っぽいのが 今見るとなんか良かった。 親も後半受け入れて 納得してる感じとか なんか理解し難くて 満足の結末!とはならなかった。 なんで高橋由伸が キーマンになってるのかは さっぱり分からなかった。

次の

ルート225 : 作品情報

ルート 225 映画

映画ルート225は、パワレルワールドに迷い込んだ田中兄弟のお話(ネタバレ) はじめに 映画の物語のあらすじです。 ある日14歳の田中エリ子役の多部未華子は、帰りの遅い弟のダイゴを迎えに行く ダイゴを見つけて一緒に帰る途中、いつの間にかパラレルワールドに迷い込んでしまう。 パラレルワールドは、現実と少しずつズレている。 ・聞いたことのない住所。 ・自宅付近に無いはずの海がある。 ・いるはずの両親が家にいない。 ・喧嘩したはずの親友と仲直りしている。 ・死んだはずの友人が生きている。 ・唯一自宅に繋がる高橋由伸のテレフォンカード。 パラレルワールドに迷い込んだ理由がわからず、元の世界に帰る方法を模索する2人。 果たして、2人は両親の居る世界に戻れるのか? 私は小説を読んでいないのですが、映画だけでも十分楽しめました。 ダイゴ役の石田力くんの持ち前のキャラがいい感じで 緊張感を緩めてくれる。 エリ子も弟想いなのだけれど、それを弟に知られまいとして必死で隠すシーン、良かったです。 スポンサードリンク ネタバレ・・と言えないのかもしれませんね、 バラすほどの事がわかりませんでした、笑 どうしてパワレルワールドに迷い込んだのか? どうやったら元の世界の戻れるのか? 確信をつく答えは、映画の中では話をしません。 観る人を選ぶ、そんな映画だと思いました。 弟への想いが相まって、 ラストシーンは結構キュンとくる仕上がり。 世の中って「こんなもんだよね〜」と、 ある意味現実的な仕上がりになっていて、それが良かった。 ナレーションは多部ちゃんなので、 期待を裏切らない澄んだ声が聞けますよ^^ ルート225の伏線に関する考察(ネタバレ) 一般的に、人間って理解しようと思って解釈をめぐらせて映画を観るものです。 理解できないポイントも少なくないので、勝手に解釈を巡らせてしまう。 衣装、お花、背景セットの色が「青」「赤」「オレンジ」「黄色」が多く使われていました。 結局不明ですが、伏線なのかなぁと思って見てましたがわからず・・。 謎が気になりすぎるので、原作読もうかなと思ってます。 それと、多部ちゃんの台詞の、 「どこにいても、絶対誰かがいないような気がするんだよね。 パラレルワールドでは、両親は行方不明だけれど、クラスメイトとは仲がよく、くまのいさんは生きている。 何度か、家に帰る方法を試行錯誤してみたけれど、 結局元の世界には戻れなかった。 でも、こんなことって、今生きている世界でも起こっている。 後悔だってするし、そもそも過去のことなら 自分が望んでいる世界に行きたくてもそのチャレンジするチャンスすらないのが一般的。 つまり、何が言いたいかというと。 今生きている世界になったのは、理由があって それを受け入れて、 今を全力で生きようというのが答えだと考えています。 なぜこうなったのか?なんてこと、 いくら考えても仕方ないですもの・・。 過去には戻れないし、 タイムマシンもないし、 考えても仕方ないなら、 考えない!! ルート225の中で、弟のダイゴが帰ってくるのを待っている多部ちゃんのシーンがあります。 当たり前の日常になってしまうと、気づけなくなっている幸せ、、 つまり、非日常を体験するだけで「弟が居るだけで有難い」ということに気づけるのかもしれませんね。 それに、多部ちゃんみたいなお姉ちゃんだったら、なんか色々ワガママ言っちゃいそうじゃないですか?? 優しいですもの^^ 明らかのは、撮影当時の多部未華子が10代だという事! 映画撮影時点で、多部ちゃんは10代。 (幼さが残る・・今でもそうかな??) 大人びて綺麗になった姿もモチロン良い! でも、 10代の多部ちゃんも良い! 演技力は、もうこの頃からビックリする位完成されてますね。

次の