デュエマ ドロマー ハンデス。 デュエプレ(デュエマプレイス)4c二角 デッキ解説

現役中学生が解説!ドロマーGRハンデス

デュエマ ドロマー ハンデス

よりも早く頭角を示し、メタゲーム上に姿を現した。 相性のいいやが増えるたびにコントロール性を増し、内容が変化している為、前半と後半では構成が異なっている。 また、前半に含まれる最初期と中盤でも僅かに内容が違う(下記参照)。 覚醒編後半になるほど、コントロール力が強くなり、またフィニッシャーが変化し安全にとどめがさせるようになっているのが大きな変化である。 キルの登場でシンカイヤヌスが覚醒。 の覚醒時の効果でパワードをに。 ラスト・ストームの攻撃がされていなければ、スピードアタッカーのパワードで安全に。 双極篇終期型(発売後) [ ] 、を獲得。 この頃になるとによるもでのも頓挫することが多くなり、新規ツインパクトを始めとしたに入るクリーチャーで少しずつ刻むプレイングをすることも比較的多くなった。 しかしながら、、など、手札が1枚だけで始動できず、そもそも特定のカードを抱えていないと弱いデッキが環境のトップにあったため、を途中で挟んでを与えても返しのターンに反撃されて負けるとは限らなかった。 双極篇初期型(発売後) [ ] とを獲得したため、やなどのランデス呪文をで増幅させ、相手のマナゾーンを空にしたところで勝つのが主流のパターンとなった。 革命ファイナル型(〜) [ ] でを獲得し、からへとする型が登場。 などの系デッキを《プチョヘンザ》1体で完封することも少なくなくなり、高速環境にも通用するロック力を得たこのデッキは環境内での立場を高めた。 に収録されたはやなどの自壊クリーチャーと大変な相性の良さを誇り、これを積むことによって性能を高めた型が一気に主流となる。 同じく新規収録されたも、によるフィニッシュを安定させるなど、このデッキタイプの強化に大いに貢献している。 でとを獲得。 と比べると、豊富なに加え、からのによるの獲得、山札操作によるの早期など、様々な動きが取れるのが強み。 しかし、をすることが困難なため、早期に高コストのカードを取り回すことが得意ではない。 弱点・対策 [ ]• 攻めが頼りのため、などのを制限するカードや、などのメタに弱い。 呪文が多めな上にドローが豊富なデッキなので、はまさに天敵。 運が悪いと10枚以上山札を持って行かれてしまい、一気にの危険が高まる。 殿堂レギュレーションの変遷 [ ] 2011年6月に発表された新規によりがに指定され、さらにもに指定されて同時使用ができなくなったため、一気に弱体化。 を投入する意義が薄くなり、という派生デッキも登場した。 2016年9月15日付でのが決定。 再びに4枚投入が可能となった。 2019年7月1日にがに指定された。 と異なり色の都合上をフィニッシャーに据えることができるほどデッキに水のコマンドを確保できないためを活かした1ショットキルに必然と特化し、を出張させる型も模索された。 その他 [ ]• 第三回目、第四回目の全国最大の非公認大会と全国大会のサイキック・マスターのオープンクラスで1位、2位を持って行ったデッキタイプである。 超次元コントロールとしてのアーキタイプとなり、結果的にのをほとんど占めることとなった。 参考 [ ]•

次の

【ドロマー超次元】

デュエマ ドロマー ハンデス

よりも早く頭角を示し、メタゲーム上に姿を現した。 相性のいいやが増えるたびにコントロール性を増し、内容が変化している為、前半と後半では構成が異なっている。 また、前半に含まれる最初期と中盤でも僅かに内容が違う(下記参照)。 覚醒編後半になるほど、コントロール力が強くなり、またフィニッシャーが変化し安全にとどめがさせるようになっているのが大きな変化である。 キルの登場でシンカイヤヌスが覚醒。 の覚醒時の効果でパワードをに。 ラスト・ストームの攻撃がされていなければ、スピードアタッカーのパワードで安全に。 双極篇終期型(発売後) [ ] 、を獲得。 この頃になるとによるもでのも頓挫することが多くなり、新規ツインパクトを始めとしたに入るクリーチャーで少しずつ刻むプレイングをすることも比較的多くなった。 しかしながら、、など、手札が1枚だけで始動できず、そもそも特定のカードを抱えていないと弱いデッキが環境のトップにあったため、を途中で挟んでを与えても返しのターンに反撃されて負けるとは限らなかった。 双極篇初期型(発売後) [ ] とを獲得したため、やなどのランデス呪文をで増幅させ、相手のマナゾーンを空にしたところで勝つのが主流のパターンとなった。 革命ファイナル型(〜) [ ] でを獲得し、からへとする型が登場。 などの系デッキを《プチョヘンザ》1体で完封することも少なくなくなり、高速環境にも通用するロック力を得たこのデッキは環境内での立場を高めた。 に収録されたはやなどの自壊クリーチャーと大変な相性の良さを誇り、これを積むことによって性能を高めた型が一気に主流となる。 同じく新規収録されたも、によるフィニッシュを安定させるなど、このデッキタイプの強化に大いに貢献している。 でとを獲得。 と比べると、豊富なに加え、からのによるの獲得、山札操作によるの早期など、様々な動きが取れるのが強み。 しかし、をすることが困難なため、早期に高コストのカードを取り回すことが得意ではない。 弱点・対策 [ ]• 攻めが頼りのため、などのを制限するカードや、などのメタに弱い。 呪文が多めな上にドローが豊富なデッキなので、はまさに天敵。 運が悪いと10枚以上山札を持って行かれてしまい、一気にの危険が高まる。 殿堂レギュレーションの変遷 [ ] 2011年6月に発表された新規によりがに指定され、さらにもに指定されて同時使用ができなくなったため、一気に弱体化。 を投入する意義が薄くなり、という派生デッキも登場した。 2016年9月15日付でのが決定。 再びに4枚投入が可能となった。 2019年7月1日にがに指定された。 と異なり色の都合上をフィニッシャーに据えることができるほどデッキに水のコマンドを確保できないためを活かした1ショットキルに必然と特化し、を出張させる型も模索された。 その他 [ ]• 第三回目、第四回目の全国最大の非公認大会と全国大会のサイキック・マスターのオープンクラスで1位、2位を持って行ったデッキタイプである。 超次元コントロールとしてのアーキタイプとなり、結果的にのをほとんど占めることとなった。 参考 [ ]•

次の

【ドロマー超次元】

デュエマ ドロマー ハンデス

よりも早く頭角を示し、メタゲーム上に姿を現した。 相性のいいやが増えるたびにコントロール性を増し、内容が変化している為、前半と後半では構成が異なっている。 また、前半に含まれる最初期と中盤でも僅かに内容が違う(下記参照)。 覚醒編後半になるほど、コントロール力が強くなり、またフィニッシャーが変化し安全にとどめがさせるようになっているのが大きな変化である。 キルの登場でシンカイヤヌスが覚醒。 の覚醒時の効果でパワードをに。 ラスト・ストームの攻撃がされていなければ、スピードアタッカーのパワードで安全に。 双極篇終期型(発売後) [ ] 、を獲得。 この頃になるとによるもでのも頓挫することが多くなり、新規ツインパクトを始めとしたに入るクリーチャーで少しずつ刻むプレイングをすることも比較的多くなった。 しかしながら、、など、手札が1枚だけで始動できず、そもそも特定のカードを抱えていないと弱いデッキが環境のトップにあったため、を途中で挟んでを与えても返しのターンに反撃されて負けるとは限らなかった。 双極篇初期型(発売後) [ ] とを獲得したため、やなどのランデス呪文をで増幅させ、相手のマナゾーンを空にしたところで勝つのが主流のパターンとなった。 革命ファイナル型(〜) [ ] でを獲得し、からへとする型が登場。 などの系デッキを《プチョヘンザ》1体で完封することも少なくなくなり、高速環境にも通用するロック力を得たこのデッキは環境内での立場を高めた。 に収録されたはやなどの自壊クリーチャーと大変な相性の良さを誇り、これを積むことによって性能を高めた型が一気に主流となる。 同じく新規収録されたも、によるフィニッシュを安定させるなど、このデッキタイプの強化に大いに貢献している。 でとを獲得。 と比べると、豊富なに加え、からのによるの獲得、山札操作によるの早期など、様々な動きが取れるのが強み。 しかし、をすることが困難なため、早期に高コストのカードを取り回すことが得意ではない。 弱点・対策 [ ]• 攻めが頼りのため、などのを制限するカードや、などのメタに弱い。 呪文が多めな上にドローが豊富なデッキなので、はまさに天敵。 運が悪いと10枚以上山札を持って行かれてしまい、一気にの危険が高まる。 殿堂レギュレーションの変遷 [ ] 2011年6月に発表された新規によりがに指定され、さらにもに指定されて同時使用ができなくなったため、一気に弱体化。 を投入する意義が薄くなり、という派生デッキも登場した。 2016年9月15日付でのが決定。 再びに4枚投入が可能となった。 2019年7月1日にがに指定された。 と異なり色の都合上をフィニッシャーに据えることができるほどデッキに水のコマンドを確保できないためを活かした1ショットキルに必然と特化し、を出張させる型も模索された。 その他 [ ]• 第三回目、第四回目の全国最大の非公認大会と全国大会のサイキック・マスターのオープンクラスで1位、2位を持って行ったデッキタイプである。 超次元コントロールとしてのアーキタイプとなり、結果的にのをほとんど占めることとなった。 参考 [ ]•

次の