漫画 感想。 漫画「俺だけレベルアップな件」最新話87話のネタバレと感想!あらすじまとめ

【漫画感想】電人N グロい漫画

漫画 感想

自分が彼女だとハッキリ言うことができない朱里…。 美咲の後ろ姿を見ながら、胸が苦しくなるのを感じます。 美咲は朱里から預かっていた書類を浅倉へと手渡します。 しかし浅倉は内心、 朱里を呼び出すための口実に書類を頼んでいたのに…と不満そう。 そんな浅倉に、美咲は唐突に 脱いでくださいなどと言い出します! パジャマに着替えさせようとしているのです。 さらに身体を拭こうと服を脱がせようとしてくる美咲…。 浅倉は 自分でやると言って拒否をします。 片手でやりにくくても 看護師にやってもらうと浅倉が言っても美咲は引き下がりません。 看護師さんは忙しい、これくらい私ができますと食い下がってきました。 浅倉は強い口調で ダメだ!部下にそこまでさせられない!と拒みました。 堅物な浅倉の態度に美咲は思わず噴き出してしまいます。 美咲は独身で世話を焼いてくれる人がいないであろう浅倉のことを心配しているようです。 浅倉は そういう人がいないわけじゃない、と遠回しに自分には彼女がいることを伝えました。 すると美咲はあからさまにしょんぼりして、 なら私が世話を焼くのは悪いですよね…と黙り込んでしまいます。 気まずい沈黙…。 しかし美咲から 彼女が全然見舞いに来ないことを指摘され、やっぱり世話をする人が必要だと言い出しました。 結局、浅倉は美咲に着替えを手伝ってもらうことになります。 浅倉のパジャマを整える美咲。 すぐ目の前に浅倉の胸が…。 美咲は恥かしそうな表情をして、誤魔化すためかお湯を戻しに部屋を出ていきました。 朱里は、浅倉のいない自宅で寂しさに耐えていました。 リビングを見ても、ベッドを見ても、浅倉と一緒に過ごした時間を思い起こします。 そこにただ一人横たわり、浅倉の匂いを感じること意外、今の朱里にできることは何もありませんでした…。 ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!! 恋愛不感症・第73話の感想 世話を焼こうと食い下がってる美咲…うーん…鬱陶しいですね…。 美咲がいるから彼女の朱里がこれないというのに! というか浅倉も浅倉で「彼女が世話を焼きにくるから美咲は来なくてもいい」とハッキリいってしまえばいいと思うのですが…! 漫画的にそんなこと言ったら元も子もないかもしれませんけど…あまりにも朱里が可哀想すぎます! 美咲が浅倉の着替えの手伝いをしたなんて朱里が聞いたら、きっと嫉妬を通り越して悲しんでしまいますよ…。 本当は彼女である自分がしてやりたいのにって…。 美咲は美人タイプでもないので浅倉の好みではないとは思いますが、それでも朱里は不安で仕方ないと思うんですよね…。 浅倉の傷が早くよくなって元の生活に戻ることを切に願うばかりです…。

次の

恋愛不感症・第81話のネタバレと感想|めちゃコミック|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

漫画 感想

本屋の平台に積まれてあって、あっ、これは面白そう! と思って購入。 田中角栄といえば、鉄道オタク的には上越新幹線の漢というイメージしかなかったり。 『ムダヅモ無き改革』の大和田秀樹先生の描くマンガですから、 面白くないわけないだろうな、ということで期待していたのですが、 期待以上の面白さでした。 以下ネタバレ含む感想。 ん? でも田中角栄の伝記マンガにネタバレも何もないかな?• マンガ的面白さがここにある 『ムダヅモ無き改革』はまさにそうだなってとにかくド派手な絵が読んでいて勢いを感じさせます。 台詞一つ言うのにもこの(ナゾの)迫力… なんでも名言に聞こえてきますね笑 正直言って、『ムダツモ』の印象が強かったので、 怖い顔しておバカなこと言ってなんかすごみを出す感じで、 もっとギャグ味にあふれている内容になってるんじゃないか? って思っていたのですが、 おバカさが抜け、迫力が残ると何か高尚なものを読んでいるんじゃないかと思えてきます。 田中角栄ってこんなにすごいの? いやいや、まだ1巻でこんなに面白いのってすごくないですか? 天才的な人たらしであったといわれる田中角栄ですが、二十歳そこそこでこんな マンガ的な活躍本当にしてたの? って思っちゃいます。 上京、いくつもの仕事を経験し実力をつけ、そして大河内先生に見初められ、理研の職員として故郷に錦を飾る… 雑な言葉でいえば、リアル「なろう」ですよね。 この成り上がっていく感じ。 大河内先生に気に入られていく過程も、ちゃんと段階を踏んでいってるので、 角栄が着実に力をつけてきている、色々な人から学んで器のでかい男になっているのがよくわかります。 ・・・段階を踏んでいる、ってそんなのあたりまえじゃん。 って一瞬我に返ったんですが、最近そういう過程をすべて吹っ飛ばして 「でかい結果をいきなり出して雑に認められる」 が流行でもありますしね。 続きに期待 『角栄に花束を』は続けば続くほど面白くなっていくと思うんですよね。 設定でスタートダッシュを切る漫画が多い中で、続けば続くほど話のスケールがでかくなっていくと確約されている伝記漫画ですから、続きが楽しみです。 あと、尊敬するのが 参考文献の多さね!.

次の

【漫画感想】電人N グロい漫画

漫画 感想

笑えて節約勉強になる。 そんな漫画が「 節約ロック」だ。 著者は「 人は見た目が100パーセント」を描いた大久保ヒロミ先生。 節約に関する小ネタとコメディが融合した漫画。 本当に笑えて、節約の参考にもなる男の節約バイブル漫画が登場しました! この漫画、30歳で広告代理店に勤務する松本タカオといった男が主人公。 趣味はロックバンドで浪費癖が凄い。 そのせいで彼女であるマキコには出ていかれる始末。 そんな男が節約のために作った湯葉丼を食したことで気持ちに改革が…。 心の貯金箱の音色をロックな音と感じて節約生活がスタートしていきます。 興味を持たれたなら是非、読んでみて欲しい! 本当に面白いから! 目次• 漫画「節約ロック」ネタバレ 様々なテーマに沿った節約物語が展開されていく漫画です。 その中に多くのコメディ要素、哀愁漂う主人公:松本の男臭さが溢れて出ている作品。 いくつかエピソードを切り取ってご紹介していきます。 ロックな光熱費 電気代の節約をテーマにしたエピソード。 出ていったマキコとヨリを戻すため、節約生活をスタートさせるタカオ。 手始めに光熱費の見直しを考える。 タカオが起こした行動は契約している電気のA(アンペア)を30Aから15Aに下げることだった。 基本料も安くなるわけだし、使いすぎはブレーカーが落ちるリスクもある。 本気で節約をするなら理にかなった方法であろう。 結果は1000円以上、電気代を安くすることに成功。 このエピソードは結果より、そこに辿り着くまでの過程が最高に面白い。 この漫画を読む男性読者であれば多くがタカオに好印象を抱くはず。 この男(タカオ)の行動は男なら納得できるのだ(笑) 休日と遊興費 言ってしまえば「休日を0円で過ごす方法」をテーマにしたエピソード。 自宅でクリエイティブな作業をするがセンスの欠片もないタカオが早々に幻滅。 外へ出ることに。 ここで立ち寄った公園で思わぬ出来事が…。 何故か子供たちから羨望の眼差しを受けるタカオ。 普段受けることのない子供達からの待遇に気分を良くするが、子供同士のカップルを目にした途端、ヒエラルキー(ピラミッド型の階層組織のこと)の最下層へ落ちていく(笑) 現実逃避しようとするタカオ。 そこで思い浮かんだ究極の休日の過ごし方…「時空を超える」であった。 結果を書こう。 タカオは自宅に帰り、就寝したのだ。 そう15時間後に時空を超えてタイムスリップした気分に浸り、休日を過ごす選択肢を選んだ。 まぁ、究極の過ごし方ではあるが悲しいぃぃぃ(笑) 彼女のために交際費 こちらは「彼女のために交際費」とあるが「飲み代を安くする方法」をテーマにしたエピソードになっている。 男性で酒好き。 でも飲み代を少しでも節約したいと考えているなら勉強になる物語になっている。 ここでは最強節約家でタカオが勝手にライバル視している稲葉が登場する。 ビールはジョッキより瓶。 好みでないお通しならカット。 そして割引が効くカードで支払い。 驚いたのは居酒屋の覆面調査モニターによるキャッシュバック制度。 ありとあらゆる手を付くして飲み代を節約する稲葉の手腕には驚くことばかりの内容となっている。 会計は二人で6200円。 割り勘で一人あたり3100円だが、稲葉の節約ぶりによって一人あたり1240円まで飲み代を節約できる結果となる。 そしてタカオにとって節約で稲葉に完敗するエピソードでもあるのだ(笑) 漫画「節約ロック」感想 他にも 「安くて贅沢な食事をする方法」「お手製のイオン導入器を作る方法」「金を極力かけずに風邪を治す方法」など目から鱗の節約テクニックが作中で存分に披露されています。 節約をテーマに面白おかしく物語が展開していく斬新な切り口の漫画。 節約をしようと心がけている人の勉強にもなるし、何より天然で少しおバカっちょなタカオが最高に笑わしてくれるのだ。 マイナーな漫画ではあるが、かなりの良作。 男臭さが滲み出ている節約テーマの漫画を読みたかった方へ最高にお勧めできる一冊です!.

次の