ウイイレ 若手。 「ウイニングイレブン2016で獲得すべき25名の若手」

【ウイイレアプリ2020】将来有望!白玉の最強若手ランキングTOP10|yasublog

ウイイレ 若手

昨季のアヤックスでは競り合いの強さとビルドアップ能力の高さで攻守で活躍し、 7月にイタリアのユベントスにステップアップしました。 その活躍からウイイレでも、ファンダイクに並ぶ最強センターバックになっています。 プレースタイルは ビルドアップ、 スキルは ヘッダー、マンマーク、インターセプト、キャプテンシー。 CMF、DMFでもプレーできます。 ウイイレ2019では金だったため、黒への昇格となりました。 ドリブルを得意とするウイングで、昨季はリーグで12ゴール14アシストの活躍でした。 10代のサッカー選手では、最も給与が高い選手としても知られています。 プレースタイルは 2列目からの飛び出し、 スキルは ダブルタッチ、エラシコ、軸裏ターン、足裏コントロール、コントロールカーブ、ヒールトリック、ワンタッチパス、ピンポイントクロス、アウトスピンキック、マリーシア。 レベルマックスでスピードと瞬発力は 99まで上がります。 ウイイレ2019では非搭載でした。 196cmの長身を活かしたシュートストップに定評のあるゴールキーパーです。 プロデビューは16歳の時で、その年齢にも能力の高さが表れています。 プレースタイルは 攻撃的GK、 スキルは 低弾道パントキック、PKストッパー。 レベルマックスでキーパー系の能力は、ほとんどが 99まで上がります。 ウイイレ2019では金だったため、黒への昇格となりました。 高い技術と得点力を併せ持つトップ下の逸材です。 プレースタイルは 2列目からの飛び出し、 スキルは エッジターン、軸裏ターン、コントロールカーブ、ミドルシュート、ライジングシュート、アクロバティックシュート、ヒールトリック、ワンタッチシュート、ワンタッチパス、スルーパス。 ウイイレ2019から大幅に強化され、かなり扱いやすい金選手になりました。 フェイントを使いながらのドリブル突破を得意とするウイングです。 プレースタイルは インサイドレシーバー、 スキルは シザーズ、ダブルタッチ、エラシコ、シャペウ、足裏コントロール、ライジングシュート、アクロバティックシュート、ヒールトリック、スルーパス、マリーシア。 ウイイレではドリブル、スピード系の能力が高くなっています。 ドリブルで相手をはがせるだけでなく、シュート技術も高いセカンドトップです。 プレースタイルは チャンスメイカー、 スキルは シザーズ、エラシコ、シャペウ、エッジターン、ワンタッチパス、スルーパス、ラボーナ、ノールックパス、マリーシア。 ウイイレ2019では銅だったため、金への大幅強化となりました。 スピードを活かしたドリブル突破だけでなく、得点能力も高いウイングです。 直接フリーキックも得意としていますね。 プレースタイルは インサイドレシーバー、 スキルは シザーズ、エラシコ。 ウイイレでもスピード、瞬発力の能力は高いですが、もっとスキルがあってもいいのではないかと思います。 中盤でのボールキープから味方を活かせるだけでなく、 自らドリブルでの仕掛けも得意とするミッドフィールダーです。 プレースタイルは 2列目からの飛び出し、 スキルは ダブルタッチ、軸裏ターン、足裏コントロール、コントロールカーブ、ミドルシュート、ヒールトリック、ワンタッチパス、ピンポイントクロス、チェイシング、闘争心。 センターフォワード、セカンドトップなど、高い位置でプレーできる点も魅力ですね。 ウイイレ2019では銅だったため、銀への昇格となりました。 スピードのあるドリブルで仕掛け、状況によっては味方を活かすことも得意なウイングです。 プレースタイルは 2列目からの飛び出し、 スキルは ダブルタッチ、シャペウ、軸裏ターン、足裏コントロール、ヒールトリック、スルーパス、マリーシア。 DMFより高い位置ではどこでもプレーできます。 なんと15歳でプロデビューした逸材で、188cmの長身を活かしたポストプレーや、 ヘディングシュートが武器のフォワードです。 プレースタイルは ポストプレーヤー、 スキルは ヘッダー、ワンタッチシュート、スーパーサブ。 ウイイレ2019では銅だったため、銀への昇格となりました。 ボールコントロールに優れるトップ下で、味方を最大限に活かすパスも得意としています。 最近は日本代表にも選出されていますね。 プレースタイルは チャンスメイカー、 スキルは ワンタッチパス、アウトスピンキック、ダブルタッチ、軸足あて、軸裏ターン、コントロールカーブ、スルーパス、マリーシア、足裏コントロール。 ウイイレ2019では白だったため、銅への昇格です。 スキルも追加されましたし、この強化は嬉しいですね。 今回は20歳以下の有能若手選手を紹介させていただきました。 もっている選手がいたらぜひ使ってみてください。 また、確定スカウトは今後変わってしまう可能性もありますので、獲得可能選手に 目当ての選手が含まれているか確認してから獲得、使用をお願いします。 その他ウイイレ2020の情報も更新していますので、よろしければご覧ください。

次の

【ウイイレアプリ2020】将来有望!銀玉の最強若手ランキングTOP10|yasublog

ウイイレ 若手

ウイイレ2020おすすめ若手の選考基準 ・ウイイレ2020に収録される10代の若手選手(19歳以下)から選考する ・2019-20シーズンの成績 ・海外サイト「transfermarkt」の市場価値 ・僕の主観 今回は若手選手の紹介ということなので 10代の選手から選出していきます。 また、 2019-20シーズン途中までの成績であったり、 移籍情報や選手の市場価値をまとめた海外サイト「transfermarkt」をもとに選んでいます。 最終的には僕の主観で選考していますが、その点ご了承ください。 ウイイレ2020マスターリーグで獲得をおすすめしたい注目の若手選手 それではここからウイイレ2020マスターリーグで獲得をおすすめしたい注目の若手選手を紹介していきます。 まずはゴールキーパーからです。 ウイイレ2020マスターリーグの注目若手ゴールキーパー 名前(年齢) 国籍 ポジション 総合値 所属クラブ(リーグ) イラン メリエ(19) フランス GK 75 リーズ W(イングランド2部リーグ) べケル エゼル(19) トルコ GK 73 未所属 フリスティアン フリュートル(19) ドイツ GK 68 バイエルン ミュンヘン(その他ヨーロッパ) ウイイレ2020マスターリーグで獲得をおすすめしたい若手ゴールキーパーは上記の5名です。 それでは1人ずつおすすめポイントを紹介していきます。 まず1人目はリーズ Wに所属するイラン メリエです。 2018-19シーズンまではフランス2部リーグのFCロリアンでプレーしていました。 各年代のフランス代表でプレー経験がある十分な実績を持つ若手選手になります。 また、移籍情報サイト「transfermarkt」では10代のゴールキーパーでNo. 1の市場価値をマークしています(2020年1月時点)。 2人目は未所属のべケル エゼルです。 現実世界ではフェネルバフチェからベルギー2部リーグのKVCウェステルローというクラブにレンタル在籍中です(記事執筆時点)。 各年代のトルコ代表でプレーしており、A代表に招集されたこともあります。 3人目はバイエルン ミュンヘンに所属するフリスティアン フリュートルです。 実際はドイツ3部リーグにあるバイエルン ミュンヘンのリザーブチームでプレーしています。 年代別のドイツ代表でもプレーしており、将来が楽しみな若手選手です。 ウイイレ2020マスターリーグの注目若手ディフェンダー 名前(年齢) 国籍 ポジション 総合値 所属クラブ(リーグ) ウィリアム サリバ(18) フランス CB 75 サン テティエンヌ(Ligue 1 Conforama) ベノワ ベディアシレ(18) フランス CB 74 モナコ(Ligue 1 Conforama) マックス アーロンス(19) イングランド RSB 74 ノリッジ YG(イングランドリーグ) イーサン アンパドゥ(19) ウェールズ CB 73 未所属 ライアン アイト ヌーリ(18) フランス LSB 63 アンジェ(Ligue 1 Conforama) ウイイレ2020マスターリーグで獲得をおすすめしたい若手ディフェンダーは上記の5名です。 それでは1人ずつおすすめポイントを紹介していきます。 1人目はサン ティティエンヌに所属するウィリアム サリバです。 2019年夏にはアーセナルやトッテナムといったビッククラブが争奪戦を繰り広げた注目の若手有望株です。 結局サリバはアーセナルが獲得し、2019-20シーズンはサン ティティエンヌにレンタル中です。 2人目はモナコに所属するベノワ ベディアシレです。 各年代のフランス代表でプレーする注目の若手選手で、現在はU-19フランス代表でプレーしています。 チェルシーやレアル・マドリードといったビッククラブが関心を示すフランス期待の若手選手です。 3人目はノリッジ YGに所属するマックス アーロンスです。 ノリッジユースからトップチームのレギュラーまで駆け上がったノリッジ期待の若手選手になります。 チェルシー、アーセナル、トッテナムといったプレミアリーグの強豪が獲得に興味を示す逸材です。 4人目は未所属のイーサン アンパドゥです。 現実ではチェルシーが保有権を持っていて、2019-20シーズンはドイツ1部リーグのRBライプツィヒにレンタルで在籍しています。 すでにウェールズ代表にも召集され、数試合プレーしている注目の若手選手です。 5人目はアンジェに所属するライアン アイト ヌーリです。 「総合値めちゃくちゃ低いじゃねーか!」と思った方もいるでしょうが、現実では10代の左サイドバックの中で世界最高額になります(2020年1月時点:1200万ユーロ)。 ウイイレ2020での初期総合値は低いためみなさんのマスターリーグで育ててあげてください。 それでは1人ずつおすすめポイントを紹介していきます。 1人目はPSVに所属するモハメド イハターレンです。 PSVの生え抜き選手で、2019-20シーズンのオランダリーグで輝きを放っている1人になります。 各年代のオランダ代表でもプレーしている注目の逸材です。 2人目はべレス サルスフィエルドに所属するトリスタン アルマダです。 U-20アルゼンチン代表の選手です。 現実ではマンチェスター・シティが獲得を狙っているようでNEXTメッシとも言われています。 3人目はフラメンゴに所属するヘイニエル カルヴァーリョです。 2019シーズンにフラメンゴでトップチームデビューを果たしたブラジル期待の新星になります。 FCバルセロナ、マンチェスター・シティなどビッククラブが注目する逸材で、レアル・マドリードが獲得間近とされています。 4人目はレンヌに所属するエドゥアルド カマヴィンガです。 今季、リーグ・アンで輝きを放っている注目の若手です。 移籍情報サイト「transfermarkt」によると10代のセントラルミットフィルダーの中ではNo. 1の市場価値(2020年1月時点:3500万ユーロ)になります。 5人目はマヨルカ RNに所属する久保 建英です。 日本人としては日本人選手を獲得してマスターリーグで活躍させたいのではないでしょうか。 そこで当ブログでは2019年夏、レアル・マドリードに加入した日本期待の若手選手、久保建英の獲得をおすすめします。 それでは1人ずつおすすめポイントを紹介していきます。 1人目はサン パウロに所属するアントニです。 サンパウロの下部組織で育ち、今やトップチームの中心選手として欠かせない存在となりました。 アーセナルやミランといった複数の欧州クラブが獲得に興味を示すほどの逸材です。 2人目はラヌースに所属するペドロ デ ラ ベガです。 ラヌースの下部組織で順調に成長したデ ラ ベガは2018年9月にトップチームデビューを果たしました。 U-20アルゼンチン代表でもプレーしていて今後が楽しみな期待の逸材です。 3人目はバルセロナに所属するアンスマネ ファティです。 バルセロナの下部組織で育ったアンスマネ ファティは16歳という若さでトップチームデビューを飾りました。 その後、出場機会を与えられた試合では結果を残し、ここ数ヵ月で市場価値が爆上げしている若手選手です。 4人目はAZに所属するマイロン ボアドゥです。 AZの下部組織で育ったマイロン ボアドゥはAZ史上最高の逸材とも言われています。 各年代のオランダ代表でもプレーしていて、2019年11月にはすでにA代表デビューも飾っています。 5人目はマンチェスター ユナイテッドに所属するメイソン グリーンウッドです。 マンチェスター ユナイテッドの下部組織で育ち、現在はトップチームでプレーするまでに成長しました。 ウイイレ2020では初期総合値が低い気がしますが、今後の成長が楽しみな注目の若手です。 まとめ 今回はウイイレ2020のマスターリーグで獲得をおすすめしたい若手選手まとめということでいろいろな若手選手を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。 現実世界で活躍していたり、注目されている若手選手をまとめたので、ウイイレ2020の総合値については低い選手もたくさんいます。 その点お許しください。 今後、ウイイレ2020のマスターリーグをテーマに取り扱った記事をどんどん書いていくつもりなので興味がある方は当ブログを是非チェックしてみてください。 また、もやっていますので心優しい方はぜひともフォローしてあげてください。

次の

(ウイイレアプリ2020)有能すぎる白玉紹介。育てると黒玉級の選手も!│sports

ウイイレ 若手

人気サッカーゲーム「eFootball ウイニングイレブン2020」が2019年にリリースされ、新シーズンが開幕。 バルセロナやユヴェントスなどの公認クラブが多数登場している。 今回は、ウイイレ2020の最強レート選手や有望な若手プレーヤーを紹介していく。 ウイイレ2020:最強選手• ウイイレ2020:若手優秀選手• ウイイレ2020:最強のレジェンド• ウイイレ2020:最強チーム• ウイイレ2021:最新情報 ウイイレ2020:最強選手 リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドは毎年世界最強の称号を争っているが、ウイニングイレブンの世界では2人に同じレートが与えられ、優劣をつけない判断がされている。 メッシとロナウドはウイニングイレブン2020でも最高のプレイヤーだ。 2人には総合値94が与えられている。 ネイマールはこの2人に次いで高い92。 今回は18人の選手に90以上の総合値がつけられている。 最強クラスの選手の多くはアタッカーだが、センターバックのファン・ダイクやジェラール・ピケ、セルヒオ・ラモスも今年のトップ10にランクインしている。 Ranking Player Rating 1 リオネル・メッシ 94 2 クリスティアーノ・ロナウド 94 3 ネイマール 92 4 エデン・アザール 91 5 セルヒオ・アグエロ 91 6 ルイス・スアレス 91 7 フィルヒル・ファンダイク 91 8 セルヒオ・ラモス 90 9 ジェラール・ピケ 90 10 ロベルト・レヴァンドフスキI 90 11 ダビド・デ・ヘア 90 12 アントワーヌ・グリーズマン 90 13 ヤン・オブラク 90 14 ケヴィン・デ・ブライネ 90 15 ハリー・ケイン 90 16 モハメド・サラー 90 17 アリソン 90 18 キリアン・ムバッペ 90 19 マヌエル・ノイアー 89 20 ルカ・モドリッチ 89 21 セルヒオ・ブスケツ 89 22 ラヒーム・スターリング 89 23 エデルソン 89 24 サディオ・マネ 89 25 マルク・テア・シュテーゲン 89 26 ダビド・シルバ 88 27 カリム・ベンゼマ 88 28 エディンソン・カバーニ 88 29 マッツ・フンメルス 88 30 トニ・クロース 88 31 ピエール・オーバメヤン 88 32 クリスティアン・エリクセン 88 33 チアゴ・アルカンタラ 88 34 ポール・ポグバ 88 35 エンゴロ・カンテ 88 36 カリドゥ・クリバリ 88 37 ベルナルド・シウバ 88 38 サミール・ハンダノヴィッチ 87 39 ヨシュア・キミッヒ 87 40 ウーゴ・ロリス 87 41 ジョルジョ・キエッリーニ 87 42 ディエゴ・ゴディン 87 43 ギャレス・ベイル 87 44 イヴァン・ラキティッチ 87 45 ミラレム・ピャニッチ 87 46 ジョルディ・アルバ 87 47 マルコ・ロイス 87 48 フィリペ・コウチーニョ 87 49 ラファエル・ヴァラン 87 50 ティボー・クルトワ 87 トップへ ウイイレ2020:若手優秀選手 ウイニングイレブン2020でも、キリアン・ムバッペが21歳以下の最優秀選手であることは驚きではないだろう。 パリ・サンジェルマンに所属するこのFWは、若手の中で唯一総合値90を超える選手だ。 ムバッペ以外では、総合値において全体の50位以内にランクインした若手選手はいなかった。 ユヴェントスのCBマタイス・デ・リフトは総合値86で若手2位、トレント・アレクサンダー=アーノルドとジャンルイジ・ドンナルンマが85で続いている。 選手レートはエーリング・ホーランドがCLで猛威を振るう前に設定されたものであり、ホーランドの総合値は80にとどまっている。 次回作「ウイニングイレブン2021」ではより高いレートになることは間違いない。 Ranking Player Rating 1 キリアン・ムバッペ 90 2 マタイス・デ・リフト 86 3 トレント・アレクサンダー=アーノルド 85 4 ジャンルイジ・ドンナルンマ 85 5 ジョアン・フェリックス 84 6 ジェイドン・サンチョ 84 7 マルティン・ウーデゴール 83 8 エデル・ミリトン 83 9 カイ・ハフェルツ 82 10 フェドル・チャロフ 81 11 ヴィニシウス・ジュニオール 81 12 クリスティアン・プリシッチ 81 13 ホセ・イバン・デ・パウラ 81 14 ニコロ・ザニオーロ 81 15 メイソン・マウント 81 16 マッテオ・グエンドゥジ 81 17 フセム・アワール 81 18 ラウタロ・マルティネス 81 19 アクラフ・ハキミ 81 20 アルバン・ラフォン 81 21 エーリング・ホーランド 80 22 オドソンヌ・エドゥアール 80 23 フェラン・トーレス 80 24 ジョナタン・イコネ 80 25 エセキエル・パラシオス 80 26 フェデリコ・バルベルデ 80 27 デクラン・ライス 80 28 ジュール・クンデ 80 29 モイーズ・キーン 79 30 ロドリゴ 79 トップへ ウイイレ2020:最強のレジェンド サッカー界に名を轟かせたアイコンたちもウイニングイレブン2020に収録されている。 たとえばブラジルのロマーリオ、リヴァウド、ロナウジーニョも選手として起用することができる。 この3人は全員総合値87以上に設定されており、ロマーリオはレジェンドの中で4番目の高レートとなっている。 W杯優勝を経験したアルゼンチンのスーパースター、ディエゴ・マラドーナはレジェンドトップの総合値97を誇る。 マラドーナのレートはデフォルトの選手としてゲーム中最高値となっており、メッシやクリスティアーノ・ロナウドをも上回っている。 オリバー・カーンはウイニングイレブン2020の中で最高レートを持つGKだ。 レジェンドGKで唯一90超えを実現している。 一方、同じドイツのフランツ・ベッケンバウアーはレジェンド内では最高のDFだ。 Ranking Player Rating 1 ディエゴ・マラドーナ 97 2 ヨハン・クライフ 93 3 ジーコ 92 4 ロマーリオ 91 5 カール・ハインツ・ルンメニゲ 91 6 ロナウジーニョ 91 7 フランツ・ベッケンバウアー 91 8 オリバー・カーン 91 9 イニエスタ 90 10 ガブリエル・バティストゥータ 89 11 アドリアーノ 89 12 ルート・フリット 89 13 デビッド・ベッカム 89 14 パベル・ネドベド 89 15 パトリック・ヴィエラ 89 16 フランチェスコ・トッティ 88 17 アレッサンドロ・デル・ピエロ 88 18 ルイス・フィーゴ 88 19 リヴァウド 88 20 フランク・ランパード 88 21 アンドレア・ピルロ 88 22 ハビエル・サネッティ 88 23 ロベルト・カルロス 88 24 パオロ・マルディーニ 88 25 フランコ・バレージ 88 26 デニス・ロー 87 27 アルバロ・レコバ 87 28 ライー 87 29 ポール・スコールズ 87 30 カフー 87 トップへ ウイイレ2020:最強チーム バルセロナ、マンチェスターB、マドリー・チャマルティンBの3チームが総合値86で最強の座を分け合っている。 コナミがプレミアリーグの公認を得ていないため、マンチェスター・シティはゲーム上では架空名の「マンチェスターB」として登場している。 同様に、レアル・マドリーは「レアル・マドリー・チャマルティンB」と表記されている。 ウイニングイレブン2020はバイエルン・ミュンヘン、ユヴェントス、ナポリ、PSGの公認を受けており、これらのクラブは実名で登場している。 ブンデスリーガはウイニングイレブン2020には登場しない。 そのため、バイエルンは「他の欧州クラブ」のセクションで登場する。 レヴァークーゼンやシャルケも同様となる。 Team Overall Defence Midfield Attack バルセロナ 86 85 84 88 マンチェスターB 86 84 87 88 マドリーチャマルティンB 86 85 87 86 バイエルン・ミュンヘン 85 83 85 87 ユヴェントス 85 85 84 87 PSG 85 83 84 89 リヴァプールR 84 85 82 86 マドリーロサスRB 84 82 84 84 ナポリ 83 83 83 83 トッテナムWB 83 82 82 85 トップへ ウイイレ2021 最新情報 次作、ウイニングイレブン2021についての最新情報は以下の記事で紹介しているのでチェックしてほしい。 ウイニングイレブン2021は2020年9月17日に発売することが決定。 2021版はシーズンアップデートとなり、現行の2020版をベースに、選手やデータをアップデートしたものが展開される。

次の