ライン ブロック わかる。 LINE公式はブロックできない・できる?ライン公式アカウントのブロックの仕方まとめ

【LINE】自分が相手に削除されていないか確認する方法

ライン ブロック わかる

好きな人や彼氏と LINEをしていて、既読がつかないと『これってもしかして…未読無視?』なんて気になって、不安になったり、イライラしてしまいますよね。 『わざと未読無視しているのか』 『それとも今はスマホを触っていないのか』 『まさかのブロック…?』 世の中にはブロックを確認する方法もいくつかありますが、どれもLINEの仕様上100%ではありませんし、確認行為がバレるリスクだってあります。 そこまでする程でもない、心当たりがないというケースもありますよね。 そこでこの記事では、『ブロック以外』という前提で、彼が『 未読無視しているかの確認方法や スマホを見ているかわかる方法』をいくつかリストアップしました。 ざっくり読む• 【LINE】未読無視の確認|わかる方法8選!ブロック以外の未読スルーの可能性を見破る 言うまでもないことですが、ここで言う『未読無視』の定義は、『メッセージに気がついているけど、知らんぷりしている状態』のことです。 そして、先に残念な事を申し上げますと、ここにある方法で100%未読無視を確認する事は出来ません。 と言うよりも、未読無視について確実に確かめる術はありません。 本人に聞いてみる以外は。 ですが、『可能性が高い』という事はある程度見抜けます。 ここでは、そんな『可能性を確かめる方法』を8つ用意しました。 LINEを使ったものから、別のアプローチまで、ご自身に合ったものを選びましょう。 グループトークで確認する LINEのグループがあるなら、そちらで発言してみます。 この時、出来るだけ人数が少ないグループがあると理想的です。 例えば、あなた、彼、友達といった3人グループがあったとします。 このグループ内であなたが発言したとして、全員がメッセージを読めばあなた側に表示されるのは『既読 2』ですよね。 このように、未読無視しているかもしれない相手を含む 全員がメッセージを見たとしたら、彼はあなたのメッセージだけを故意にスルーしているということになります。 同様に、あなた以外の誰かが発言した場合も同じことが言えます。 ただし、グループ全員がすぐにメッセージを見るとも限らないので、誰が既読で誰が未読なのかわかりにくいのがデメリットです。 タイムラインで確認 世の中には様々な方がいるもので、メッセージは無視するけど、タイムラインにはしっかり痕跡を残すという方もいます。 『いいね』や『スタンプ』などですね。 もしも相手があなたのタイムラインを見ている場合、タイムラインを更新してみるのも手です。 もしもそこで反応があったなら、多少なりともスマホを触っているという事実に他なりません。 同じように、他の方のタイムラインにも出没していないか確かめるのもありです。 共通の友人などのタイムラインに痕跡を残していたなら、あなたのメッセージだけを敢えて無視しているということになります。 LINEのゲームランキング LINEのアプリにハマっている人も多いもので、中にはメッセージそっちのけでアプリに興じていることもあります。 逆に同じLINE内だからこそ、閉じるのが面倒でメッセージを後回しにしている可能性もありますよね。 そういった場合、未読無視にも関わらずゲームのランキングが変動していたり、何かしらの痕跡があったりします。 SNSでチェック よくある例としては、『未読無視なのにTwitterで呟いていた』なんていうケース。 まさかパソコンからSNSを更新できて、スマホは見ていない、なんて考えられません。 同様に、Facebookやインスタなど、彼が使っているSNSをチェックしてみると良さそうです。 『ありえないし、ありきたり』なんて思うかもしれませんが、誰しもがLINE最優先とは限りません。 中にはスマホに触れるようになったら真っ先にTwitterを開く方もいますし、『LINEメッセージは最も時間のあるときに』なんていうスタンスの方もいます。 というより、他のSNS使用によって未読無視が濃厚になった、という例は実際にあるものですよ。 友人に協力して調べてもらう 『あなた』という人間に対して未読無視をしているなら、他の方のメッセージにはちゃっかり返信したり、既読になる可能性があります。 言い替えれば、『LINE嫌い』ではなく『あなた嫌い』が濃厚になる方法ですが 共通の友人などにメッセージを送ってもらい、反応を確かめてみましょう。 先程のグループトークによる確認も使えますね。 間違っても『未読無視の探りを入れている』なんて勘づかれないよう、全く関係のない話題がオススメです。 占い師に聞いてみる 未読無視の確認、という意味でもそうですが、彼からあなたに対して『どう思っているのか』『どの程度好意があるのか』という部分まで知りたいなら、占い師に視てもらうのも効果的ですし、実際に恋愛に取り入れている方も多いようです。 未読無視をしていると仮定した場合、 大切なのは『未読無視したかどうか』という事実ではありませんよね。 私たちは証拠を集める警察でもないです。 知ったところで不快な気持ちになるだけです。 テキストによるメッセージは、短ければポップアップ通知やトーク一覧で確認できてしまいます。 ですが、画像や動画なら『〇〇が画像を送信しました』のようにその内容までは把握出来ません。 悪気があって未読無視している場合には効果がないかもしれませんが、それが性格によるものだったり、何の気なしにスルーしているだけだったら、『?』とトークを開く可能性はあります。 緊急性の高いラインを送る【注意】 これは、『とにかくメッセージを読んで欲しい!』とか『もうどう思われてもいいから未読無視の事実だけが知りたい!』という方向けです。 それは、相手が誰であれ『返信せざるを得ない』ような内容のメッセージを送ることです。 例えば、『事故にあった』『大変な事になったから連絡して』『あなたのお母さんから連絡があって…』 などなど、ネタはいくらでもあるかと思います。 ですが、本当にスマホが手元になければ後々大事になりかねませんし、何より人としての信用もなにもなくなります。 冗談が通じる相手ならまだしも、奥の奥の手と言えます。 確認するべきは心理と理由|未読無視を見破っただけでは誰も喜ばない 重ねて申し上げますが、ここで挙げた確認方法はあくまで可能性を見破るだけです。 人それぞれ状況もあります。 確認した時にたまたまスマホを持ったから既読になった、ということだってあるでしょう。 未読無視されているからといって、イコール嫌われている、失礼な事をされていると決めつけないよう注意です。 先程も申し上げましたが、本当に確認するべきは未読無視の事実だけではなく、『その理由』や『心理』、『脈ありかどうか』といった背景部分です。 その時に未読無視が発覚したからといって、その裏にある真実は結局分かりませんよね。 それよりも、二度と未読無視されない為にはどうするべきか?どうして未読無視するのかを考え、対応する方が、今後の為にもなります。 以下の記事では、未読無視や既読無視の心理と対処法です。 続けてご覧いただければ、彼が何を考え、どうやって気持ちをこちらに向ければ良いのかを知ることができます。

次の

LINE公式はブロックできない・できる?ライン公式アカウントのブロックの仕方まとめ

ライン ブロック わかる

Androidスマホでの判別方法は次の通り。 しかし、もし相手が自分をブロックしていた場合、「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません」というメッセージが表示されてしまう。 相手がそのスタンプを持っていて同メッセージが表示される可能性もゼロではないが、ほかにもいくつかのスタンプで試してみて、すべてプレゼントできなかった場合は、ブロックされていると判定して間違いないだろう。 ただし、無料版はアイテム数が限られているので、「LINEストア」を使った方法もある。 手順は次の通り。 (1)LINEストアにアクセスしてログイン (2)スタンプを選択し「プレゼントする」ボタンをタップ (3)ブロックの確認をしたい相手を贈る相手として決定 Android版や無料スタンプを贈ろうとした場合と同じく、相手が自分をブロックしていると、「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません」というメッセージが……。 前述と同じく相手が該当のスタンプを持っている可能性もあるが、ブロックの可能性を疑う根拠になるだろう。 また企業の公式アカウントなどから配布されることが多い無料スタンプだが、キャンペーンなど一定の条件を満たさないともらえないものも。 こういった特殊なスタンプであれば、ブロックを確認したい相手が持っている可能性も下がるため、ブロック判定として使うには有効かもしれない。 もうひとつのブロック判別法が、相手のタイムラインが閲覧できるか確認するというもの。 タイムラインにはカバー写真の変更の履歴や何かしらに「いいね!」を押した記録が表示されているが、たとえば最近までは見られていたのに、急に見られなくなった……といったようなケースでは、ブロックされた可能性が高い。 タイムラインを見るには、LINEアプリの友だちリストから見たい相手を選択し、ホームボタン(家型のアイコン)をタップしよう。 タイムラインには公開範囲の設定もあるが、明らかに突然見られなくなり、「まだ投稿がありません」というメッセージが表示されたら要注意だ。 ・トーク&無料通話を利用する方法 相手からブロックされると、トークで送ったメッセージが届かなくなるため、いつまで経っても既読にならない。 相手がメッセージを読んでいない事態も考えられるが、少なくとも1週間以上、未読のままならブロックされている可能性も。 無料通話も同じく相手に着信しなくなるため、いつまでも呼び出し画面のままで相手が出ないケースも、ブロックが疑われる。 また、ブロックされていないと音声通話を発信して一定時間が経った後、「応答がありません」というメッセージと共に再発信やボイスメッセージを選択する画面が出るが、ブロックされている場合は「応答がありません」という表示しかされない。 この場合は残念ながら非常に怪しいとしか言えない。 いずれもブロックされていなかった場合、トークも着信も実際に届いてしまうので、あらかじめ何かしらのいい訳を考えておこう。 LINEの仕様はアップデートされるたびに変わることも多いため、今回の方法がいつまで使えるかはわからないが、現時点で確認できるものをあげてみた。 ブロックはされていないに越したことはないが、気になる人はチェックしてみては。

次の

LINEでブロックされたらどうなる? 確認方法、非表示との違いなど【2020年版】

ライン ブロック わかる

トークルームにおけるメッセージの送受信や無料通話の発着信を双方向でできなくなるなど、連絡を取りたくない相手との接触をほとんど断つことができます。 左:iOS版LINEのブロック中の画面 右:Android版LINEのブロック中の画面 しかしここで問題となるのが、人間関係への影響。 ブロックする対象となる相手がリアルの友だちや知り合いであることが多々あるため、ブロックした事実が相手にバレると、いろいろと面倒事が起こりかねません。 そこで以下では、ブロックをする側、される側それぞれどにような現象が起こるのかを解説します。 LINEのブロック機能は人間関係に大きく影響するだけに、その効果をしっかり把握しておくと、いざというとき不安にならずに済むでしょう。 ブロックした側のLINEに起こる現象 appllio. com トークルームでブロックを解除する トークルームを削除してしまった場合は、この方法は利用できません。 ブロックリストからブロック解除しましょう。 左:iOS版LINE 右:Android版LINE トークルームでブロックを解除する場合は、ブロックしたときと同様の手順でメニュー画面に進み、一番下にある[ブロック解除]ボタンを押せば完了です。 Android版LINEでは、ブロック相手のトークルーム上部に[ブロック解除]が設置されているので、これを押しましょう。 相手にブロックされているか確認する方法 メッセージにずっと既読がつかなかったり、無料通話に応答がなかったりとブロックが疑わしい状態が続いたなら、実際に確認するのが手っ取り早いでしょう。 ここで紹介する「スタンププレゼント」によるブロック確認は、誰でも試しやすく、かつ確実性も高い方法です。 実際に購入する必要はないので、お金もかかりません。 また、メッセージや通知が相手に届くといった痕跡が残らないので、水面下でこっそり調べたい場合にも有効です。 ぜひ試してみてください。 1 「スタンプ情報」画面で[プレゼントする]をタップする LINEの「ホーム」タブからスタンプショップに移動します。 適当にスタンプを選択し、「スタンプ情報」画面で[プレゼントする]ボタンを押してください。 ここで、 相手がおそらく「持っていないであろう」スタンプを選択するのがポイントです。 万が一プレゼントしたものと同じスタンプを相手がすでに持っている場合、ブロックと同様にプレゼントできなくなる現象が起きるため、プレゼントしたときの挙動だけでは断定できなくなります。 2 ブロックされているか確認したい相手を選ぶ 次に、ブロックされているか確認したい相手を選んでタップし、[OK](Androidでは[次へ])を押してください。 3 表示画面の内容を確認する 続く画面で、左上の画像のように[プレゼント購入する]のボタンが表示されていれば、 ブロックされていないといえます。 」と表示されていれば、ブロックされている可能性が高い状況です。 もっとも、贈ったスタンプを相手が偶然所持している場合も同じ文言が表示されます。 何度か挑戦してみて、すべて「プレゼントできません。 」と出てしまったら、ほぼ確実にブロックされていると判断できるでしょう。 ほかにも、協力者を募って複数人トークを作成する方法など、ブロックの確認方法はいくつか存在します。 気になる人は以下の特集を参照ください。 appllio. Q1:ブロック中に相手から届いたメッセージは解除後に既読が付く? A:ブロック解除後、自分が先にメッセージを送信するか、相手が先にメッセージを送信するかで、ブロック中に相手から届いたメッセージの既読表示のされ方が異なります。 ブロック解除後、 相手が先にメッセージを送ってきた場合、そのメッセージを確認した瞬間に、ブロック中に受信したメッセージが一斉に既読になります。 実際にはブロック中に相手から届いたメッセージを確認していませんが、相手側の視点ではいつも通り既読が表示されるため、特段怪しまれる心配はないでしょう。 一方、ブロック解除後、 自分が先にメッセージを送信してしまった場合、ブロック中に受信したメッセージには既読がつきません。 相手側の視点でみてみると、右上の画像のようにブロック中に送信していたメッセージに既読がつかないままなのに、あなたから新規メッセージを受信しているという矛盾した状態になります。 したがって、ブロックを解除した場合は、 相手からメッセージを受信したあとで自分のメッセージを送信するようにしたほうが無難でしょう。 appllio. com Q2:ブロック相手はホーム画面のアイコンや投稿を見られなくなる? A:ブロックした後も、ホーム画面のプロフィール情報はブロック相手に公開されたままになります。 左:ブロックされている相手のホーム画面 右:ブロックされている相手のホーム画面のタイムライン投稿 アイコン(プロフィール画像)・BGM・ひとこと(ステータスメッセージ)・カバー画像(ホーム写真/トプ画)などは見られてしまいます。 ブロック相手には見られたくないかもしれませんが、回避する方法はありません。 そしてホーム画面から閲覧できるタイムライン投稿のうち、「全体公開」に設定した投稿だけはブロック相手も変わらず見られる状態が維持されます。 さらに、LINEのアイコン画像、ステータスメッセージ、プロフィールBGMのいずれかを変更した場合には、ブロック相手の友だちリスト上に緑の点が表示されます。 これらの変更時にストーリーに投稿するオプションが有効になっていると、緑色のリングでストーリー投稿がブロック相手にも通知されます。 Q3:LINE電話の「応答なし」表示とブロックとの関係は? A:「応答なし」が表示されたからといって必ずしもブロックされているとは限りません。 以前は、ブロックされていると疑わしき人物に無料通話をかけて、強制終了メッセージが「応答なし」かどうかをチェックすることで、ブロックを確認する方法がありました。 しかし2020年3月現在、ブロックされている場合の強制終了メッセージは、ブロックされていない場合と同じものが表示されるようになっています。 そのため現在は、 LINE電話を介してブロックされているかどうかを判別することはできません(iOS/Android版問わず)。 左:iOS版LINE 右:Android版LINE 相手にブロックされている/されていないにかかわらず、発信し続けると一定時間で発信が切れ、iOS版、Android版それぞれ上のような画面が表示されます。 もし相手にブロックされていなかった場合、相手に着信します。 相手側の着信履歴に残るほか、相手が通話に出てしまう可能性があるので注意してください。 appllio. com Q4:相手とのLINE上の関係を完全に断ち切りたい場合はどうする? A:ブロックリストから友だちを削除した上でトークルームも削除すれば、相手とのLINE上での連絡手段は完全に絶たれます。 LINEのブロック機能は、あくまでもLINE上の友だち関係を「一時的」に停止するもの。 前述したようにブロックを解除することで再び連絡を取れるようになります。 そこで、有効なのがブロックリストから相手を「削除」する方法。 ブロック効果が持続した状態で、かつ相手を友だちリストに戻すこともできなくなるため、LINE上の友だち関係を完全に解消できるというわけです。 気になる場合は、トークルームも削除すればさらに完璧に相手の存在を無かったことにできます。 左:iOS版LINE 右:Android版LINE 方法はかんたん。 Android版LINEは、[編集]をボタンをタップして[削除]を選択するだけです。 友だち削除の効果については、以下の記事に詳しくまとめています。

次の