タケノコ の 茹で 方。 タケノコ(筍)の茹で方とアク抜き:旬の野菜百科

筍(たけのこ)の茹で方 簡単!ぬかは不要<とぎ汁・米・重曹・大根おろし>を使う方法|筍の保存方法も紹介

タケノコ の 茹で 方

外側の皮をむき、穂先を斜めに切り落とし、縦に切り込みを入れる。 皮つきのまま米ぬかと赤唐辛子と一緒にゆでる。 そのまま冷ます。 詳しい方法は。 でも、いざやってみると「皮はどこまでむく?」「米ぬかがないとダメ?」など、疑問がいろいろと出てきます。 そこで、伊勢丹新宿店・フレッシュマーケットの鈴木理繒シェフに正しい方法を解説してもらいました。 Q:なぜ、買ってすぐにゆでないといけないの? A:アクが出続けるのを止めるためです。 たけのこは切り取られてすぐにえぐみの原因となるアクが出始め、時間が経つほどどんどん強まっていきます。 買って帰ったら、なるべく早く調理してください。 Q:たけのこの皮は全部むいてから、ゆでちゃダメ? A:外側の泥のついた2~3枚はむきますが、全部むいてはダメです。 皮をつけたままゆでる理由は2つ。 皮がついていた方が、じっくり時間をかけてゆでることができ、アクがよく抜けます。 Q:下ごしらえの時、切り込みはどこまで入れる? A:たけのこの実のギリギリまでです。 これで厚い皮に覆われていた穂先に火が入りやすくなります。 Q:米ぬかや赤唐辛子は、絶対に必要? A:米ぬかと赤唐辛子はアク抜きに重要な働きをすると言われています。 たけのこは鮮度が命。 産地や鮮度によっては米ぬかなどが必要ない場合もありますが、小売店などで売られているものは収穫から時間がたっているものが多いので、アクやエグミを感じることがあります。 その場合は米ぬかや赤唐辛子を使用した方がおいしさがクリアになりますよ。 米ぬかがないときは、米のとぎ汁や米ひとつかみ(洗わずに使う。 無洗米はぬかがついていないのでNG)で代用できます。 Q:短時間でゆでられる方法はないの? A:ありません。 強火でゆでれば短時間でやわらかくはなりますが、アク抜きが不十分なためえぐみが残ってしまいます。 ゆでる目的は「やわらかくする」だけでなく、「アクをきちんと取る」こと。 最初は強火にかけ、沸騰したら弱火にして、じっくりと1時間程度ゆでてください。 根元のかたい部分に竹串がすっと入ったら、火を止めます。 ただし、春の野菜の美味しさは、ほろ苦さにもありますから、ある程度の苦みは季節の美味しさだと思いたいですね。 Q:ゆでたらそのまま冷ますのはなぜ? A:理由は2つ。 「粗熱がとれれば冷めた」と思っている人が多いのですが、その程度ではアクが残ってしまいます。 火を止めてから最低でもひと晩(8時間以上)おいて、しっかりと冷ましてください。 一枚ずつはがしながらむいている人が多いのですが、この方法の方が簡単です。 むけたたけのこの実の部分はすべて食べられます。 ただし穂先1cmくらいには、かたく苦い部分が残っていることがあるので、好みで切り落とすといいでしょう。 Q:たけのこをゆでた後、どう切ればいい? A:かたさの違う部位別に切り分けてから、それぞれに適した切り方をします。 まず「穂先」「中央」「根元」の3つの部位に切り分けます。 そして「穂先」は垂直方向に4等分。 「中央」は食感を生かすために繊維に沿って縦に切ります。 「根元」はかたいので繊維を断ち切るように輪切りにするとやわらかく食べられます。 Q:ゆでたたけのこの保存方法と賞味期限は? A:たけのこは保存容器に水と一緒に入れて、冷蔵庫で保存してください。 水は毎日替えること。 ただし時間が経つにつれてうまみが抜けていくので、なるべく3~4日で食べきるのがいいでしょう。 【基本】皮つきたけのこのゆで方• たけのこ(皮つき)…1本(250g)• 米ぬか…1カップ• たけのこは泥のついた外側の皮を2~3枚むいて、全体をさっと洗う。 穂先を斜めに切り落とし、繊維に沿って2本切り込みを入れる。 鍋にたけのこを入れて全体がかぶるくらいに水を注ぎ、米ぬかと赤唐辛子を入れる。 たけのこが浮いてくるようなら落としぶたをして強火にかける。 沸騰したらふつふつ沸くくらいの弱火にして、アクを取りながら1時間ほどゆでる。 途中で湯が少なくなったら湯を足して、たけのこが湯から出ないようにする。 かたい根元に竹串を刺して、すっと入ったら火を止める。 鍋に入れたまま、ひと晩(8時間以上)そのままおいてしっかり冷ます。 【たけのこの選び方】 先端が緑色になっていたり、根元にある丸い粒々が赤みを帯びていたりするものは、収穫してから時間が経っているのでなるべく避けましょう。 また、底の断面の形がまん丸ではなく「楕円」になっているものの方が、柔らかくゆで上がります。 また、小さいサイズの方がやわらかいのですが、食べられる部分が少ないので値段が安くなります。 【その他の春野菜をおいしく食べるコツ&レシピ】.

次の

たけのこの茹で方・アク抜きの方法(皮付き)【料理の基本】

タケノコ の 茹で 方

Contents• 筍の茹で方 簡単!ぬかいらず 米ぬか以外の材料で筍の茹でる方法を紹介します。 「 手間がかからない」「 試してうまくできた」という基準で選びました。 なお、それぞれの材料を使った所要時間は次のとおりです。 材料 茹で時間 漬ける(冷ます)時間) とぎ汁 沸騰後1時間 一晩 米 沸騰後30分 一晩 重曹 沸騰後30分 2時間 大根おろし なし 1~2時間 茹で汁に漬ける(冷ます)時間は筍の鮮度によります。 採れたての筍の場合は冷まして1時間で「えぐみ」が消えました。 なので、漬ける時間はあくまで目安として考えてくださいね。 とぎ汁を使う 米のとぎ汁で茹でたほうが筍がおいしく感じる人がいるようです。 どうやら、米のとぎ汁に入っている 「でんぷん」が、筍の凹凸に密着して表面をなめらかにしてくれる効果を発揮するそうなんです。 確かに米のとぎ汁で茹でた時、表面がつるんとした感じになりました。 滑らかな食感が好みの人にはおすすめです。 ぬかと違い、 生米だとお鍋が噴きこぼれる心配がないので安心ですよ。 ただ、使用したお米は捨てることになります。 捨てるのが気になる方は他のあく抜きをご検討くださいね。 なお、圧力鍋を使う場合は、圧力がかかってから10分茹でます。 その後、1時間放置して自然に冷まします。 (画像は実際に無洗米で試した筍です) 重曹を使う 重曹は最近はやっているあく抜きの方法です。 アルカリ性の重曹水で筍を煮ると、 筍のえぐみ成分「ホモゲンチジン」を出してくれます。 また、お鍋が噴きこぼれず片付けもラクラクです。 デメリットは、米やとぎ汁でゆでた時の風味がプラスされないことくらいですね。 お家に食品用の重曹(別名:ベーキングソーダ)があれば試してみてはいかがでしょうか。 価格の安い掃除用の重曹と間違えないようにしてくださいね。 また、 重曹の量が多すぎると筍が茶色く変色するので気を付けましょう。 実は、この方法は 茹でる必要さえないんです。 大根おろしを混ぜた塩水に筍を漬けるだけの画期的な方法なんです。 こちらは、NHKの情報番組「ガッテン」で放送されました。 以下の記事に作り方の情報をまとめたので興味のある方はぜひ、ご覧ください。 大根おろしを作るひと手間はありますが、火を使わないのでガス代の節約にもなるんです。 どのレシピの場合でも、新鮮は筍であればえぐみが少ないので冷ます時間が時短できます。 以下の選び方を参考に、ぜひ鮮度のよい筍を手に入れてくださいね。 <新鮮なたけのこの選び方>• 全体がずんぐりしている。 皮が薄茶色。 穂先が黄色がかっている。 手にずっしりと重みがある。 切り口が白く、みずみずしい。 筍の保存方法 画像引用:グルメノート 筍は鮮度が命なので、茹でた後にすぐに食べきるのが理想的です。 でも、一度にはなかなか食べきれませんよね。 そこで、茹でた筍の保存方法のコツを保存期間ごとにご紹介します。 お好みの方法で試してみてください。 その後は毎日水を入れ替える。 常備食としておすすめ。 使うときには呼び塩(薄い塩水につけて塩抜き)する。 ~呼び塩の方法~ 500ccの水に小さじ1~1. 5の塩水を作り、筍を入れて一晩を目安に放置する。 ただし、筍が傷まないようにビンを煮沸消毒するなどひと手間かける必要があります。 うまく保存できれば、春に採れた筍をお正月に新鮮な状態で食べられるんです。 興味のある方は次の参考レシピがおすすめなのでチャレンジしてみてください。 これで、ぬかが無くても簡単に筍を茹でることができますね。 たけのこが余ったら、食べるタイミングに合った方法で保管してくださいね。 春のたけのこの美味しさは格別です。 ぜひ、手軽に味わって楽しんでみませんか?.

次の

ハチク(淡竹/はちく)の茹で方と料理:旬の野菜百科

タケノコ の 茹で 方

アク抜きをする• 米ぬかがない場合は米のとぎ汁でもOK。 たけのこが浮いてこないよう落し蓋をします。 適当な落し蓋がなければお皿をかぶせましょう。 重曹を使ったアク抜き 水1リットルに対して小さじ1杯の重曹を入れます。 あとの手順は米ぬかなどを使ったときと同じ。 重曹は必ず食品用のものを使用して下さい。 重曹は弱アルカリ性なので、たけのこなどに含まれるアクの成分を溶かして上手にあく抜きすることができ、えぐみもなくなります。 重曹を使ったほうが吹きこぼれにくいというメリットがありますが、仕上がりの色が少し茶色っぽくなります。 醤油で煮たり、天ぷらにするなら気にならないと思いますが、料理によっては見た目があまり良くないかもしれません。 スポンサーリンク 皮ごと茹でるのはなぜ? 実は皮を全部むいてから茹でても問題はありません。 ただ、皮ごと茹でるほうが風味が良くなるのと、皮から出る成分がたけのこを白くすると言われているためです。 大量にいただいたりした場合は、皮を剥いてから茹でたほうがいっぺんにできるので楽ちんです。 茹でたたけのこが残ったら 茹でたたけのこは傷みやすいので、できればすぐに料理に使うのがベター。 量が多すぎて1回で使い切れない場合は、ボールやタッパーなど、たっぷりの水の中にたけのこを入れて冷蔵庫で保存します。 水を毎日変えるようにすれば数日は日持ちします。 冷凍する場合は水気を拭き取り、調理サイズに切り分けてから保存袋などに入れます。 たけのこ茹で方で圧力鍋を使う場合 圧力鍋を使うと茹で時間が15分くらいですみます。 基本的には鍋で湯がく場合と同じ。 違うのは落し蓋をしないことくらいです。 あと、圧力鍋の場合、米ぬかだとオモリの蒸気穴をふさぐ可能性があるので、米のとぎ汁もしくは重曹のほうが安心です。 たけのこの茹で方は簡単:まとめ 旬のたけの子は、天ぷらや煮物、たけのこご飯やお味噌汁の具材など、何をしても美味しくいただけますよね。 見た目はチョット手強そうな皮付きのたけのこの下処理も、やってみると意外に簡単です。 「今日の夕食はたけのこづくし」なんてのはいかがでしょうか?.

次の