バジリスク絆2 at中 朧ナビ。 【バジリスク絆】BC中の白ナビ演出の恩恵・示唆について

【モード&設定別のAT当選率判明!!】バジリスク絆2

バジリスク絆2 at中 朧ナビ

6 97. 3 98. 7 102. 4 106. 9 110. 7 112. 小役確率 設定 50枚当たり 1 49. 5G 2 49. 6G 3 49. 5G 4 49. 6G 5 49. 7G 6 49. またお馴染の「状態」や「モード」などによる管理システムも抽選に大きく影響します。 BC突入後はBT突入を目指す流れとなります。 2% 共通ベル 6. 3% 弱チェリー 3. 1% 強チェリー 25. 0% 巻物 50. 0% チャンス目 5. 安定or超安定の場合は矛盾の為継続確定。 5% 36. 7% 33. 6% 33. 2% 39. 7% 1G 6. 6% 6. 0% 6. 0% 5. 7% 6. 7% 2G 6. 6% 6. 0% 6. 0% 5. 7% 6. 7% 3G — — 3. 1% 3. 1% — 4G 6. 6% 6. 0% 6. 0% 5. 7% 6. 7% 5G 6. 6% 6. 0% 6. 0% 5. 7% 6. 7% 6G — 3. 1% 3. 1% 3. 1% — 7G 6. 6% 6. 0% 6. 0% 5. 7% 6. 7% 8G 6. 6% 6. 0% 6. 0% 5. 7% 6. 7% 9G 3. 1% 3. 1% 3. 1% 3. 1% — 10G 6. 6% 6. 0% 6. 0% 5. 7% 6. 7% 11G 6. 6% 6. 0% 6. 0% 5. 7% 6. 7% 12G — 3. 1% 3. 1% 3. 1% — 13G 6. 6% 6. 0% 6. 0% 5. 7% 6. 7% 14G 開始1G — — — 3. 反逆とかな・・)あっても導入せざるを得ないし 資金かけて導入するということはどこかで回収しなければ先細りで悪循環で 希望的観測からいえばどの設定でもどこからでもワンチャンあった絆が 6号機になり出玉制限あり(吸い込み制限なし)で 有利区間のおかげで同じような仕組みにはならんし状態判別から全ツッパもできなくなるし何処にいいとこがあるのか全く分からねえわ。 とことん吸い込まれて逆万枚報告まってるわw.

次の

バジリスク絆~甲賀忍法帖~絆2 解析情報

バジリスク絆2 at中 朧ナビ

この記事に書かれている内容は…• blog. fc2. html 通常時にバジリスクチャンスが成立した際、図柄のテンパイ時にボイスが発生します。 朧には「お見事です」「嬉しき予感がいたします」の2種類があり、後者選択でチャンス。 朧ボイスは青系BC時に発生しますが、 赤系BC成立時に朧ボイスが発生するなどの矛盾が発生すれば、AT当選確定となります。 また稀に図柄テンパイ時に天膳ボイスが発生することもあり、これもAT当選確定となります。 絆高確に突入することで特定役でのBC当選期待度が上昇し、ATのロング継続につながります。 またBC当選=ATストックのチャンスでもあります。 どの絆高確が出現するかはその後の展開次第となっており、内容に期待することとなります。 blogspot. html バジリスク絆のATでは絆高確という概念が存在します。 絆高確は特定条件を満たすことで突入しますが、特定のセット数継続でもチャンスとなります。 ・第8話 血煙無情 ・第13話 胡蝶乱舞 ・第19話 猛女姦謀 8・13・19セット目まで継続すれれば、何かしらの絆高確が確定。 さらに以下のセットでは突入のチャンスとなります。 ・第2話 胎動弐場 ・第16話 懐抱淡画 ・第24話 来世邂逅以降 以上のタイミングでは リプレイ成立時の朧ボイス発生率が高くなっており、変化すれば争忍の刻での期待度が大きく上昇します。 目に見えるストックを獲得している際は変化しやすい状態になっています。 しかしストックなしで迎えた争忍の刻で発生すれば、その瞬間に気が楽になるでしょう。 争忍の刻の対戦組み合わせで継続に期待ができないパターンが出現しても、朧ボイス発生で安心の瞬間となります。 まとめ A T中は至る場面で朧ボイスが発生しますが、いずれも特典の内容は濃くなっています。 追想の刻では絆高確、争忍の刻では継続が確定することから、その後の展開に気合が入ることは間違いありません。 また、良い状況に気を許すのではなく、しっかりと活かしていくことが重要であるため、朧ボイス発生=そこからが勝負となります。

次の

バジリスク絆~甲賀忍法帖~絆2 解析情報

バジリスク絆2 at中 朧ナビ

【その1】継続のカギはシナリオと絆高確 AT「バジリスクタイム」はセット継続タイプで、前作のATを継承した流れで進行。 継続システムは変更されており、1セットごとの継続率はシナリオで管理。 BC抽選およびBC当選時のAT突入率には通常時の内部状態と内部モードの特徴はしっかりと押さえておこう。 前作と同じくBCのスルー回数をチェックしての立ち回りも可能だ。 モード移行は専用のテーブルによって管理されており、AT非当選のBC終了時に上表の順番で移行していく。 テーブル振り分け率の詳細は現時点では不明だが、どのテーブルも最後は必ずBC当選でAT突入確定 絆高確も確定 となるモードDに移行するため、前作と同じくBCのスルー回数狙いは有効だ。 基本的には最大7回目のBCでモードD到達となるが、テーブル5は6回目までが期待薄な代わりに、8回目までたどり着いた場合は複数のATストックに期待できる特殊なテーブルとなっている。 モードテーブルは有利区間移行時に抽選で決定。 ただし天井BCからATに当選しなかった場合はテーブルが再抽選される。 通常時およびAT中に当選する疑似ボーナス。 大きく分けて異色 赤・赤・青or青・青・赤 と同色 赤揃い・青揃い の2パターンがあり、同色BCの方が抽選値が優遇される。 パターンは「甲賀10名(通常&アニメ)」「伊賀10名(通常&アニメ)」「徳川家康」「服部半蔵」「デフォルメ3種」「設定示唆5種」の全部で50通り存在する。 下表の数値をすべて把握する必要はないが、表は1戦ごとにまとめてあるので、シナリオ判別ひいては設定推測に役立ててほしい。 セットごとの背景と合わせてシナリオを看破していこう。

次の