コルゲート ハイインパクト 過酸化水素。 【海外製・最強】ホワイトニング歯磨き粉の人気おすすめランキング6選|Besme [ベスミー]

海外のホワイトニング歯磨き粉はなぜ効果があるのか?

コルゲート ハイインパクト 過酸化水素

「歯は人の印象を決める」 「美しい笑顔は口元から」 「歯が汚れている人はだらしなさそうに見える」 わかってる、わかってるけど・・・歯医者のホワイトニングは高いし、時間もない・・・ そんな方におすすめなのが、 コルゲート( Colgate )のホワイトニングアイテムです。 コルゲートはアメリカの多国籍企業で、オーラルケア製品や洗剤などの日用品を製造・販売しています。 コルゲートの歯磨き粉はアメリカでもっとも人気のある製品のひとつです。 中でも、ホワイトニング歯磨き粉には日本では添加を許可されていない過酸化水素が配合されており、「 歯を内側と外側から白くする」特徴をもっています。 コルゲート ホワイトニングアイテムはどんな種類がある? コルゲート社は歯磨き粉や歯ブラシ、マウスウオッシュなどさまざまなオーラルケア製品を販売しています。 中でも、いちばん人気があるのは歯磨き粉です。 コルゲートはアメリカでは歯磨き粉の代名詞として使われるほど、高い人気をほこっています。 ホワイトニングアイテムは歯磨き粉が中心 コルゲートのホワイトニングアイテムは歯磨き粉が主力商品です。 特に、過酸化水素が含まれているオプティックホワイトは薬剤が持つ漂白作用によって高いホワイトニング効果を期待できます。 過酸化水素を含んでおり、歯を内側と外側から白くする作用があります。 研磨剤として水和シリカを配合。 フッ素の力で歯を丈夫にしながら水和シリカの持つ研磨作用によって歯の表面についた汚れを落とし、歯を綺麗にします。 重曹と過酸化ナトリウムが持つ研磨作用により歯の汚れを落とします。 知覚過敏を改善する効果がある 硝酸カリウムを含んでいます。 歯ブラシは口の中全体をキレイにするアイテムが多い コルゲートの歯ブラシはさまざまな種類の製品を展開しています。 代表的なものには歯ブラシとホワイトニングペンがセットになった 「オプティックホワイト トゥースブラシ+ホワイトニングペン」 そのほか、歯ブラシのヘッドの裏側にゴム製のポツポツがついている 「360度歯ブラシ」、使い捨て歯ブラシの 「マックスフレッシュ」があります。 また、電動歯ブラシも多くの製品を販売しています。 歯の黄ばみや汚れが気になる部分をホワイトニングペンでこすって綺麗にします。 この突起が歯を磨いているときに頬の内側や舌の表面をこするため、歯磨きをしながらお口の中全体を清掃できます。 通常の歯ブラシよりも柄が短く、持ち手のお尻の部分がつまようじになっています。 歯ブラシの毛束の中心部分には歯磨きジェルがあらかじめ充填されており、歯磨き粉不要でどこでもすぐに歯を磨けるのが特徴です。 円状の毛束がヘッドの部分に縦に2つ並んでおり、それぞれが動く仕組みです。 ヘッドの毛は特殊研磨毛を採用、歯の汚れを落としやすくなっています。 さらに頬クリーナーと舌クリーナーも装備、お口の中全体をすみずみまで綺麗にします。 マウスウォッシュは歯そのものを白く成分が含まれるものも コルゲートのマウスウオッシュは殺菌効果を持つ一般的なものを始め、歯肉炎対策やドライマウス用、子ども用など多数の製品があります。 中でも、過酸化水素が含まれた「ホワイトニングマウスウオッシュ」は歯を漂白する作用があり、人気が高いです。 過酸化水素濃度:2%) 過酸化水素が持つ漂白作用によって歯を白くしながら口腔内の殺菌を行います。 アルコールフリー製品です。 ホワイトニングアイテムは過酸化水素を含んだものが1番効果が高い コルゲート社のホワイトニングアイテムでもっとも効果が高いのは ホワイトニング歯磨き粉の オプティックホワイトハイインパクト、オプティックホワイトホワイトニングマウスウォッシュなどの 過酸化水素を含んだ製品です。 コルゲートはほかにもさまざまな種類のオーラルケアアイテムを展開しています。 しかし、研磨剤やベーキングソーダ(重曹)が配合された歯磨き粉は歯の表面の汚れを落とすことしかできないのに対し、過酸化水素を含むものは、 歯の色自体を白くする効果があります。 ホワイトニング歯磨き粉でのホワイトニング効果は人によってそれぞれ 「コルゲート オプティックホワイト ハイインパクト」は製品パッケージに 『歯の色が4トーン(4シェード)白くなる』『3日間で歯の白さを実感できる』と書かれています。 ただし、これはあくまでも目安であり、歯の黄ばみやステイン汚れ(着色汚れ)がひどいケースなど、人によっては1~2トーン程度しか歯が白くならない、もしくは効果をほとんど実感できない場合もあります。 では、実際にオプティックホワイト ハイインパクトを使ってみた人はどのような感想を持ったのか確認してみましょう。 まだ使って間もないけど少し白くなった気がします。 ホワイトニング系の歯磨き粉、どれを買えばいいかわからなかったので、他のサイトで紹介されていたものを3種類ほど購入して、しばらく使ってみましたが、白さではこれが一番効果がありました。 磨いた後に、歯の所々が白いシミのようになっています。 漂白されたということでしょうか。 そのシミのような模様はすぐに馴染みわからなくなりますが、日本の歯磨き粉では経験したことがないことだったので、おおーっと感動しました。 ドラッグストアでホワイトニングを謳っている日本の歯磨き粉を買うならば、思い切ってこういうものを購入した方がいいと思います。 爽快感もすごいです。 (amazon. jpより抜粋) 5つ星、絶賛してる方もいます。 一方、次のような評価も見受けられました。 クレスト3Dから切り替えてみたが、ホワイトニング効果は同等。 クレストもだがゆすいでも口に味が残る。 子どもの頃虫歯治療した歯に知覚過敏様症状を段々感じるようになった為、残念ながら使い切る前に使用中止。 DENTISSEと言うのに変えて、初回から症状消失。 食後にこれを使って磨くと色戻りしづらいのでとても良いです。 歯の表面がツルツルになる点、泡立ちすぎなくて磨きやすい点も気に入っています。 また、私は味がからすぎるものが苦手なのですが、これは問題なく使えました。 ただ、使用期限がかなり短いです! 2018年12月下旬に注文して翌1月中旬に届いたものの期限が、2019年5月でした。 これではまとめ買いでストックしておくことや、ワインを飲んだ後だけ…など限定した使い方をすることは難しいと思います。 まだ白くなった実感はないです。 少し続けてみようと思います。 (amazon. jpより抜粋) 人によっては知覚過敏の症状がでてしまったり、白さを実感できないケースもあるようです。 また、味については特に問題なく使えている、との口コミがある一方、味が口に残る(まずい)という感想もちらほら。 こちらは口に含んでゆすぐタイプのアイテムとなっています。 ホワイトニングマウスウォッシュの口コミは以下の通りです。 でも、コーヒーや紅茶を飲んだときに歯につくステイン汚れを防止するのに役立つかも。 フレーバーはミント味とのことですがほとんど味を感じずまずい。 アルコールフリーなので刺激は少ない。 オプティックのホワイトニング歯磨き粉と併用していますが、歯磨きでホワイトニングしにくい歯と歯のあいだを白くするのに役立ちます。 使用を開始してから、すぐに歯の白さを実感できました。 でも、2か月使ってみたが白さは実感できなかった。 (amazon. comより抜粋) 「白くなった」「白さを実感できなかった」とこちらもさまざまな感想ですね。 磨きにくい歯と歯のあいだを白くできる、という理由からホワイトニング歯磨き粉と併用している人も。 過酸化水素を含んでいないアイテムは歯質強化や外面の汚れを落とすといった効果あり コルゲート社の歯磨き粉には「トータルアドバンスホワイトニング」や「ベーキングソーダ アンド ペルオキシド」など、過酸化水素を含んでいないアイテムもあります。 これらの製品は過酸化水素を含む歯磨き粉と比べると歯の美白作用は劣るものの、フッ素の力で歯質を強化したり研磨作用によって歯が綺麗になるなど、多少のホワイトニング効果はあるようです。 重曹が入っていますがチョークのような味はしません。 ミントフレーバーが爽やかです。 コーヒーを飲むのですが、使い始めてから少しずつ歯が白くなっているようです。 ただし味は当たり障りのない普通のフレーバー。 清涼感は弱いので歯磨きをしたあとにさっぱり感を味わいたいならほかの製品をオススメします。 (amazon. comより抜粋) どちらの製品も歯を白くする効果はそれほど高くないものの、 「使いやすい」「汚れは良く落ちる」など、清掃面では高評価を得ています。 コルゲート ホワイトニングアイテムの安全性は? 欧米向けのため、日本人には合わないケースも コルゲートのホワイトニングアイテムは過酸化水素を含んでいることから人によっては知覚過敏の症状がでたり、歯にしみを感じる場合もあります。 使用中に異常を感じたらどうする? コルゲートの歯磨き粉を始めとしたオーラルケアアイテムには欧米人に合わせた成分が配合されています。 実際、日本人でコルゲートの歯磨き粉を使った人の中には「研磨剤の粒子が荒くて歯が痛みやすい」というネット上の感想も見受けられました。 また、人によってはフッ素の成分が身体に合わず、体調が悪くなる可能性も考えられます。 コルゲートとの違いは何でしょうか。 ここではコルゲートとクレストのアイテムを種類・効果・値段などの観点から比較していきます。 一方、クレストは歯そのものを白くする成分が含まれた ホワイトニングシートがメインアイテムです。 ホワイトニングシートは薬剤濃度もコルゲートの歯磨き粉に比べて、高めでよりホワイトニングの効果は期待できます。 ただし、濃度が高いことで自分で行うセルフホワイトニングでの しみ・痛みなどの可能性は高くなります。 値段についてはホワイトニングシートは20枚セットなどで販売されており、1回あたりの価格が数百円ほどになります。 歯を内面からより白くしたいという方にはクレストのホワイトニングシートを使用するのがよいでしょう。 あくまでも自分自身で行うホワイトニングになりますので、 しみ・痛みなどの安全性については十分考慮する必要があります。 歯の表面の汚れを落としたいという方はコルゲートのホワイトニング用歯磨き粉を使いましょう。 歯そのものを白くする過酸化物が含まれた歯磨き粉もありますが、ホワイトニングシートほどの効果は期待できません。 輸入販売業者が多いサイトとしてはアマゾンや楽天、バイマなどがあります。 アマゾン・楽天・バイマなどで購入 2019年3月現在、それぞれのアイテムの最安価格は以下のとおりとなっています。 com)を始めとする海外サイトから通販購入が可能です。 アメリカ国内では多数の通販サイトがコルゲートのアイテムを取り扱っています。 ただし、アメリカの通販サイトの中にはアメリカ人以外の通販の利用を禁止しているところも多く、アクセスすらできないケースも。 もし、海外から直接購入する場合には品揃えが豊富で日本への発送も問題なくできるUSAアマゾンの利用をおすすめします。 また、購入する際は送料がかかるので、まとめて購入がお得になります。 2019年8月現在、それぞれの製品のUSAアマゾンでの最安価格は以下のとおりとなっています。 [歯磨き粉] 〇オプティックホワイト ハイインパクト(1 本:90g ) 〇トータルアドバンスホワイトニング(1 本:136 g ) 〇ベーキングソーダ アンド ペルオキシド(1 本:170g ) 〇センシティブホワイトニング(1 本:170g ) [歯ブラシ] 〇オプティックホワイト トゥースブラシ プラス ホワイトニングペン 楽天のほうが安価な為、記載していません。 アメリカ国内であればコストコなどのスーパーマーケットやドラッグストアで店頭購入することも可能です。 アメリカを訪れた際には、機会があればぜひコストコに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。 思わぬ掘り出し価格でコルゲートのホワイトニングアイテムをゲットできるかもしれません。 もし、日本国内で通販サイトを利用するときや海外のスーパーマーケットなどで現地購入する場合には以下の単語を覚えておくと役に立ちます。 目的の商品を購入する際のご参考になさってみてくださいね。 ・過酸化水素(歯を白くする成分)=hydrogen peroxide ・フッ素(歯質強化)=fluoride ・ベーキングソーダ(重曹)(研磨剤)=baking soda ・過酸化ナトリウム(研磨剤)=peroxide (Sodium peroxide ) ・知覚過敏(歯の知覚過敏)=sensitive teeth ・硝酸カリウム(知覚過敏対策)=potassium nitrate まとめ:コルゲートのホワイトニングは自己責任で 人気のコルゲート社のホワイトニングアイテムおよびオーラルケアアイテムについてご紹介しました。 今回の内容をまとめると、以下のようになります。 ・コルゲートの歯磨き粉やマウスウォッシュには過酸化水素が含まれいるアイテムがあり、歯そのものの色を白くすることができる。 ・劇的に歯を白くすることはできない。 (最高でも4 トーン。 平均で1 ~2 トーン程度しか白くできない) 歯の黄ばみや汚れがひどいケースなど、人によっては歯の白さを実感できないケースもある。 ・過酸化水素が含まれていない歯磨き粉は歯そのものを白くできないが、歯表面を汚れを落とす効果がある。 ・もともと欧米人向けの製品のため、日本人が使用すると 歯のしみや痛み、知覚過敏の症状がでたり、 頬や舌の粘膜を傷つけるおそれがある。 ・国内で買うならアマゾンや楽天、バイマが便利。 海外のサイトではUSAアマゾンが品揃えも良く、より 安く購入しやすい。 ・製品名が異なっても成分や効果が似ている商品が多数存在する。 購入時には英語での成分表示をチェックしてみること。 コルゲートのホワイトニング歯磨き粉は過酸化水素が含まれているアイテムでは、いつもの歯磨き時に使うだけでお手軽に歯のホワイトニングができます。 しかし、セルフで行うホワイトニングは希望する歯の白さにコントロールすることが難しく、安全面でも不安があります。 「本当に歯を白くしたい」「安全にホワイトニングしたい」と希望される場合はコルゲートなどの市販品は使わず、歯科医院に行き 歯科医指導によるホワイトニングをお受けになることをおすすめします。 「安いから」と価格の面だけを見て海外のホワイトニングアイテムを選ぶ前に、安全面も十分考慮した上で自分に合ったホワイトニング方法を選ぶようにしましょう。

次の

効果アリ!歯磨きで歯を白く!コルゲートの歯磨き粉、オプティックホワイト「ハイインパクト」使ってみた!【レポ】

コルゲート ハイインパクト 過酸化水素

アメリカの歯磨き粉のホワイトニング成分とは アメリカでは市販の歯磨き粉にも、ホワイトニング成分である過酸化水素を配合することができます。 過酸化水素は化学反応で歯の着色を分解するホワイトニング剤です。 過酸化水素のホワイトニングで、本来の歯の色からワントーン、ツートン明るくすることが可能です。 ですが、 日本の市販歯磨き粉には過酸化物を配合することが法律で許されていません。 現在使用が許されているのは歯医者さんのみ。 日本のホワイトニング歯磨き粉は、ブラッシングによるホワイトニング効果で、本来の歯の色以上に白くなることはないのです。 colgate whitening total(コルゲートホワイトニングトータル)• sensodyne extra whitening(センソダインエクストラホワイトニング)• crest white(クレストホワイト)• colgate optic white(コルゲートオプティックホワイト) 全てパッケージに「ホワイト」と書いてあったので、当然過酸化水素が入っている・・・と思いこんで買ってしまったですが・・・ なんと、結果的に 過酸化水素が入っているのはcolgate optic white(コルゲートオプティックホワイト)だけだったんです!(涙) 帰国してから翻訳機の前で、4本の歯磨き粉の全成分を調べましたが、 hydrogen peroxide(過酸化水素)と書いてあるのはcolgate optic white(コルゲートオプティックホワイト)だけでした。 アメリカの歯磨き粉も「ホワイトニング」と書いてあるからと言って必ずしも過酸化水素入りとは限りません。 なので、過酸化水素入りの歯磨き粉を欲しい方は、事前に成分表示をチェックすることをおすすめします。 アメリカの歯磨き粉はほぼラウリル硫酸ナトリウムが入っている 今回4本の歯磨き粉の成分をチェックして思ったのが、アメリカの歯磨き粉ってラウリル硫酸ナトリウム入りが多いなってことです。 ラウリル硫酸ナトリウムはシャンプーとか歯磨き粉によく使われれる合成界面活性剤のこと。 洗浄力が強い分刺激も強い成分です。 4本の歯磨き粉のうちラウリル硫酸ナトリウムが入っていないのはsensodyne extra whitening(センソダインエクストラホワイトニング)のみでした。 sensitive teeth(敏感な歯)と書いてあるので優しめの成分なのかもしれません。 個人的には日本の歯磨き粉でもラウリル硫酸ナトリウム入りは避けるようにしています。 低刺激の物を選ぶ様にしているため、アメリカの歯磨き粉を使ってみてかなりヒリヒリするなと感じました。 特にcolgate optic white(コルゲートオプティックホワイト)は1分と磨けないほど刺激が強いです! 過酸化水素入りで確かに歯は白くなりますが・・・刺激をとるか効果をとるか。 アメリカの歯磨き粉は部分使いがおすすめ! 正直、 刺激の強い歯磨き粉を毎日使うのは抵抗があります。 アメリカの歯磨き粉を使い始めてから口の中に一気に口内炎ができてしまいました!(これだけが原因じゃないかもですが) 口の中の粘膜は皮膚の何倍も吸収するというので、なるべく安全なものを使うべきだと思うのです。 それに、口の中に入れておけないがために歯磨きがおろそかになったら、本末転倒ですから。 なので、アメリカのホワイトニング歯磨き粉を使う場合は、 前歯のみ、部分使いするのがおすすめです。 ただし! アメリカの歯磨き粉って当然ですが欧米人向けに作られてますし、欧米人の歯のエナメル質は日本人に比べて厚いとも言われています。 つまり、日本人には合わない場合がありますし、過酸化水素の刺激で知覚過敏が起こるリスクもあります。 使う時はあくまでも自己責任でお願いします。 色んなホワイトニング歯磨き粉今まで試してきた管理人ですが、一番のお気に入りは 「ちゅらトゥースホワイトニング」です! ちゅらトゥースホワイトニングは沖縄の健康食品会社チュラコスが販売するホワイトニング歯磨き粉です。 >><< 10円玉の汚れがどれだけ落ちるか他のホワイトニング歯磨き粉と比較してみました。 ちなみに比較したホワイトニング歯磨き粉はポリリン酸を主な有効成分としている歯磨き粉です。 歯みがき粉を10円玉に塗って20分置いてみました。 すると… 結果は一目瞭然!ちゅらトゥースホワイトニングは歯磨き粉を塗った部分だけキレイに汚れが落ちています! 汚れが落ちる理由は、歯にダメージを与えない リンゴ酸やビタミンCで歯の汚れを浮かせ、アミノ酸高分子のPPA(ポリアスパラギン酸)が汚れをしっかり包み込んで剥がすから。 さらにウーロン茶エキスのGTOが虫歯予防として働き、有効成分のアラントインが歯肉炎や歯茎の腫れを予防してくれます。 私も実際に使ってみてますが、少しづつ歯の黄ばみが落ちてきているなと実感しています。 ホワイトニングと一緒に歯茎&虫歯ケアもしたい人• 歯の着色を落とし本来の白さをとりもどしたい人• 歯を傷つけることなく安全に白さをとりもどしたい人 ちゅらトゥースホワイトニングは 歯に着色した汚れを分解し落とすことで歯本来の白さを取り戻すホワイトニング歯磨き粉です。 歯医者さんで行うホワイトニングは過酸化物という漂白効果のある刺激の強い薬剤を使用しています。 日本ではこの過酸化物を一般の商品に配合することは安全性の面から禁止されているのですねー。 なので、ちゅらトゥースホワイトニングで歯医者さんのホワイトニングと同じような効果は得られませんが、 毎日安全に使えて、自然な歯の白さを目指す人にはおすすめです! 私も使い始めて 2か月くらいから犬歯の黄ばみが和らいできたと感じました。 ただ、歯の元々の色も個人差がありますし、長年の飲食で蓄積されたステインの場合は時間が少し掛かってしまうかもしれません。 ちなみに通販限定ですが、 アマゾンや楽天では購入できないので公式サイトをチェックしてくださいね! >>.

次の

歯を白くする最強のホワイトニング歯磨き粉!コルゲート「オプティックホワイト プラチナム(ハイインパクト)」を試した私の口コミ│そらいろブログ

コルゲート ハイインパクト 過酸化水素

Photo Credit: Flickr via 日本人と外国人は根本的に歯の色が違う 日本と諸外国の歯磨き粉の商品の違いを見る前に、そもそもの話、歯の性質の違いを把握しておかなければなりません。 もともと日本人はやや黄色っぽい歯の色をしています。 それに対して白人、黒人の歯が白く見えるのは、エナメル質の厚さの違いにあります。 歯の構造は、象牙質をエナメル質が覆っている状態で、エナメル質の下にある象牙質はやや黄色味を帯びた色になっています。 私たち日本人をはじめとする黄色人種の歯は、エナメル質がやや薄く、象牙質の黄色が透けて見えることから、黄色っぽい歯に見えます。 一方、白人、黒人などの外国人はエナメル質が厚く、象牙質が透けて見えないため、生まれつき歯が白く見えるのです。 ホワイトニング歯磨き粉を使うにあたって、黄色人種と、白人・黒人の歯の性質は生まれながらにして違うということを理解しておかなければなりません。 日本の歯磨き粉は研磨剤で白くする 日本にはありとあらゆるメーカーの歯磨き粉が販売されています。 そのほとんどのものに研磨剤が含まれています。 歯にプラーク(歯垢)が付着すると、表面が凹凸になります。 研磨剤で磨くことによって歯の表面の着色汚れを削り落とし、滑らかにしてくれます。 日本で市販されている「ホワイトニング効果」を謳った歯磨き粉は、すべてこの研磨作用によって、歯の着色汚れを落とすことによって白くさせるものです。 そのためもともとの歯の色が黄色っぽい、グレーっぽいという方は効果を感じることができません。 海外の歯磨き粉は過酸化水素で白くする 海外製の歯磨き粉で歯が白くなるのは、歯磨き粉の成分に「過酸化水素」および「過酸化尿素」が含まれているからです。 過酸化水素は、過酸化物から発生したフリーラジカルが有機性着色物を分解して無色化することで歯が白くなります。 この過酸化水素は、歯を漂白するので効果はありますが、日本では薬機法の関係で市販の歯磨き粉に含ませることはできません。 そのため過酸化水素入りの歯磨き粉を購入しようと思えば、外国で購入するか、 となります。 海外製歯磨きの注意点 過酸化水素が配合された歯磨き粉は、諸外国では普通にドラックストアなどに陳列されており、しかも低価格で買い求めることができます。 過酸化水素入りがどうかを見るには、成分に「 hydrogen peroxide」と表記されていれば、これが過酸化水素です。 ところが濃度までは記載されていません。 私たち日本人の場合、エナメル質が薄いため刺激が強すぎて、知覚過敏の症状がでることがあるので要注意。 ひとりひとりの口の状態が違うので、安全性にバラつきが出てしまいます。 また日本の薬機法で認められておらず、入手方法は、外国に行って購入するか、輸入などの手段によって入手するしかありません。 その場合、すべて自己責任になります。 刺激が強いこともあるので、使っていて知覚過敏の症状が出るなどした場合、速やかに使用を中止しましょう。 では、過酸化水素配合の歯磨き粉は危ないのか?と言えば、そうではありません。 ホワイトニング成分が適量で適切に調合されたものであれば安全に使用することができるとして、アメリカでは州によって違いがあるものの、市販の歯磨き粉に過酸化水素6%程度までの配合が許可されております。 過酸化水素・過酸化尿素配合の歯磨き粉が市販されてから100年以上も歴史があり、認められています。 お国が変われば、法律も変わるわけで、安全性に疑問があるからということではないようです。 ただ、ひとりひとりの口の中の状態は違うので、状況を見ながら行い、過度に使用するのは避けたほうがいいでしょう。 人気のある海外製歯磨き粉 Super smile(スーパースマイル)• 過酸化水素• カルプロックス アメリカの歯科審美学会(ASDA)の会長で歯科医師のアーウィン・スマイゲル博士によって開発された歯磨き粉です。 粗い研磨剤は使用せず、歯に付着したタンパク質の汚れに独自成分の「カルプロックス」がアプローチし、分解、除去してくれます。 全成分 精製水、ソルビット 湿潤剤 、リン酸水素カルシウム 基剤 、炭酸水素ナトリウム 基剤 、炭酸カルシウム 研磨剤 、カルボキシメチルセルロースナトリウム 粘結剤 、酸化カルシウム 防腐剤 、トウモロコシデンプン 分散剤 、軽質炭酸マグネシウム 研磨剤 、酸化チタン 白濁剤 、香料、モノフルオロリン酸ナトリウム 有効成分 、パラオキシ安息香酸エステル 防腐剤 、ラウロイルサルコシンナトリウム 発泡剤 、サッカリンナトリウム 甘味剤 、水酸化カルシウム 安定剤• ホワイト・ミント(白)…シャープでクールなミントの香り• クラッシック・ストロング・ミント(緑)…ペパーミントの香りが口の中でセンセーショナルに広がります• アクアティック・ミント(青)…フレッシュでクールなミントで爽快なフレーバー• リコラス・ミント(黒)…ほのかな苦みと甘みがミックスされた官能的な大人のフレーバー• ジャスミン・ミント(紫)…ジャスミンと爽快なミントのロマンチックな香り• ジンジャー・ミント(橙)…ジンジャーのスパイシーなフレーバーが刺激的 ホワイトニングを意識しているなら「ホワイト・ミント」がおすすめ。 ホワイト・ミント全成分 湿潤剤 グリセリン、(研磨剤)含水シリカ、(増量剤)水、(結合剤)PEG-32、(緩衝剤)ピロリン酸4Na、(香味剤)香料、(結合剤)セルロースガム、(香味剤)キシリトール、(不透明化剤)酸化チタン、(発泡剤)ラウリル硫酸ナトリウム、(香味剤)サッカリンナトリウム、リモネン、オイゲノール、ベンジルアルコール.

次の