好き な こと だけ し て 生き て いく。 未来を心配しない「今が幸せ」を大切にしたい>>心屋仁之助『「好きなこと」だけして生きていく。』

『「好きなこと」だけして生きていく。』心屋仁之助著・一読感想

好き な こと だけ し て 生き て いく

この本は、 「好きなことだけやって生きていける」ようになるには、どうすればよいかについて、 著者の番組制作経験や 成功したタレントの共通項から、 著者なりの結論を解説しているものです。 本書は以下の 4部構成から成っています。 1.「好きなこと」を増やすだけで、あなたの人生は大きく変わる 2.新しいアイデアは、必ず「好きなこと」の中から生まれる 3.伝え方一つで、「ダメ」なアイデアも「いい」アイデアに変わる 4.「うまくいかないときにどうするか」が、好きなことをし続けられるかを決める この本の冒頭で著者は、 「好きなこと」を仕事にできる人と、できない人の差を次のように述べています。 私たちは 20~60歳のおよそ半分の時間は仕事をする「働く時間」で、それは 人生の4分の1にもなります。 その 仕事を「好きなこと」にすれば 楽しい人生が送れます。 これから求められるのは、 アウトプットとインプットを繰り返し、「好きなこと」を増やせる人だけが生き残れるでしょう。 また、 「好きなこと」が増えれば、知識や才能が増えていき、その先に必ず、「あなたにしかできないこと」が待っている、と著者は言います。 次にこの本では、 「好きなこと」から無限に成功するアイデアを生み出すには、固定観念にとらわれず、 売れているもの、他人がおもしろいと言ったものに、とにかく興味を持つことです。 そして、あなたの アイデアをうまく伝えることも大切で、自分が話したいことではなく、 相手が何を話すと喜ぶかを考え、相手に 参加させる工夫をすることが必要です。 本書の最後では、 多くの成功したタレントに共通する特徴として、 成功する人と成功していない人の「7つの大きな違い」を紹介しています。 成功していない人は、 次の7つの共通点があります。 こうならないように注意しましょう。 そして、 「好きなこと」を続けていくためには、 以下のことを実行するよう、著者の角田さんは解説しています。 1.いろいろなことに興味を持って、「好きなこと」を増やす 2.「好きなこと」と既存のものを組み合わせ、アイデアを生み出す 3.アイデアをうまくプレゼンして、仕事にする 4.「好きなこと」を仕事にし続ける あなたも本書を読んで、 「好きなことだけやって生きていく」という ライフスタイルや 働き方を実現してみませんか。 速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を 無料で差し上げます。 ご請求はこちらを クリックしてください! では、今日もハッピーな1日を 速読・多読ができる読書術.

次の

好きなことだけして生きていく!“理想通りの仕事”の引き寄せ2

好き な こと だけ し て 生き て いく

どうも、ゆるミニマリストのれおなです。 おれも朝起きる度に、はぁああぁぁ、もうやだなぁと思うよ。 でも、またいつか大好きだったものが自分を救ってくれるよ。 だから、みんな今日もがんばろね。 おれも朝起きる度に、はぁああぁぁ、もうやだなぁと思うよ。 でも、またいつか大好きだったものが自分を救ってくれるよ。 勘違いしている人は「遊びでお金を稼いでズルい!」とか言っちゃうんですよね… プロゲーマーやYouTuberは一見遊んでいるように見えますが、実際はツライ職業。 毎日なにかしら努力を継続しているので、アスリートに近い感じだと思います。 ほとんどの人は、誰かに雇われて働いているってことですね。 サラリーマンはストレスが多いかもしれませんが、一ヶ月出社すれば間違いなくお給料がもらえるのが最大のメリットです。 でも好きなことで生きている人(自営業、フリーランス等)は確実に〇〇円お金が入ってくるという保証がないんですよね。 ちょっと言い方は悪いけど会社で働く場合は、組織の歯車にさえなれば給料はもらえる。 でも自営業やフリーランスは 全てを自分でやる必要があるので、気楽ではないってことです。 サラリーマンも気楽ってわけじゃないですが、ツラさの質が違います。 でも実際「好きなことで生きる」ためにはそれ以外の雑用も必要ということになります。 もちろん、稼げるようになって会社を作ったり作業を外注すれば「好きなことだけ」で生きていけるでしょう。 ただその場合は人を雇うためのお金が必要になってきます。 とにかく好きなことを仕事にした場合、最初は好きなこと以外の雑用も必須ということは知っておいたほうがいいです。 自己コントロールができない人はサラリーマンしかできない これだけ「好きなことで生きていく」というワードが広まっているのに、いまだに9割くらいがサラリーマンをしているのには理由があります。 それは… 「ほとんどの人は自己コントロールができないから」 自営業やフリーランスの場合、基本的に支持してくれる人はいません。 でも自営業やフリーランスは、自分でコントロールしなきゃいけません。 自由で良さそうに思えますが、実際は管理をするのがスゴく難しい。 だって「好きなことで生きるのって楽でいいよね」と思うなら自分もやればいいいんです。 ただし解説したとおり自営業は自由な部分もあれば、大変な部分もあります。 とはいえ一生ストレスを抱えながらサラリーマンとして生きるのか、好きなことをやって生きられるように頑張るの、どちらがいいって聞かれたらそりゃ決まってますよね! というわけで、日々コツコツ努力していきましょう! それじゃまた!.

次の

好きなことだけして生きていく!“理想通りの仕事”の引き寄せ2

好き な こと だけ し て 生き て いく

この本は、 「好きなことだけやって生きていける」ようになるには、どうすればよいかについて、 著者の番組制作経験や 成功したタレントの共通項から、 著者なりの結論を解説しているものです。 本書は以下の 4部構成から成っています。 1.「好きなこと」を増やすだけで、あなたの人生は大きく変わる 2.新しいアイデアは、必ず「好きなこと」の中から生まれる 3.伝え方一つで、「ダメ」なアイデアも「いい」アイデアに変わる 4.「うまくいかないときにどうするか」が、好きなことをし続けられるかを決める この本の冒頭で著者は、 「好きなこと」を仕事にできる人と、できない人の差を次のように述べています。 私たちは 20~60歳のおよそ半分の時間は仕事をする「働く時間」で、それは 人生の4分の1にもなります。 その 仕事を「好きなこと」にすれば 楽しい人生が送れます。 これから求められるのは、 アウトプットとインプットを繰り返し、「好きなこと」を増やせる人だけが生き残れるでしょう。 また、 「好きなこと」が増えれば、知識や才能が増えていき、その先に必ず、「あなたにしかできないこと」が待っている、と著者は言います。 次にこの本では、 「好きなこと」から無限に成功するアイデアを生み出すには、固定観念にとらわれず、 売れているもの、他人がおもしろいと言ったものに、とにかく興味を持つことです。 そして、あなたの アイデアをうまく伝えることも大切で、自分が話したいことではなく、 相手が何を話すと喜ぶかを考え、相手に 参加させる工夫をすることが必要です。 本書の最後では、 多くの成功したタレントに共通する特徴として、 成功する人と成功していない人の「7つの大きな違い」を紹介しています。 成功していない人は、 次の7つの共通点があります。 こうならないように注意しましょう。 そして、 「好きなこと」を続けていくためには、 以下のことを実行するよう、著者の角田さんは解説しています。 1.いろいろなことに興味を持って、「好きなこと」を増やす 2.「好きなこと」と既存のものを組み合わせ、アイデアを生み出す 3.アイデアをうまくプレゼンして、仕事にする 4.「好きなこと」を仕事にし続ける あなたも本書を読んで、 「好きなことだけやって生きていく」という ライフスタイルや 働き方を実現してみませんか。 速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を 無料で差し上げます。 ご請求はこちらを クリックしてください! では、今日もハッピーな1日を 速読・多読ができる読書術.

次の