ヒルドイド ソフト 軟膏 ジェネリック。 ヒルドイドジェネリックの値段・違いや効果を紹介!泡・スプレータイプもあり?

ヒルドイドローションって先発希望が多くない?そんな患者さんに提案を

ヒルドイド ソフト 軟膏 ジェネリック

ヒルドイドの種類 ヒルドイドの種類は現在全部で5種類あります。 ・ヒルドイドソフト軟膏0. 3%(発売:1996年7月8日) ・ヒルドイドクリーム0. 3%(発売:1954年10月1日) ・ヒルドイドローション0. 3%(発売:2001年7月9日) ・ヒルドイドゲル0. 3%(発売::1988年10月1日) ・ヒルドイドフォーム0. 3%(発売:2018年9月13日) 一番馴染みがあるだろうソフト軟膏は意外と3番目の発売、次に使われているだろうヒルドイドローションも割と新参者の4番目、最近はあまり使われなくなったクリームが一番の古株です。 そしてヒルドイドゲル、今使う人いるのかな。 ヒルドイドフォームはジェネリックより後に出てきた製品。 1本あたりの量が92gでいろいろと物議を醸し出す要因を作っている曲者。 現在、ヒルドイド製品は上記のような5種類ですが、メインで使われているのがソフト軟膏と、ローションといったところでしょう。 ヒルドイドの一般名 ヒルドイドの一般名はヘパリン類似物質、というのは割と周知の事実ですね。 類似物質ってなんだよって話もありますが、それはとりあえず置いておきます。 mhlw. html からピックアップすると以下のようになります。 一般名コード 一般名処方の標準的な記載 該当するヒルドイド製品 2649950M1ZZZ 【般】ヘパリン類似物質ゲル0.3% ヒルドイドゲル 3339950M1ZZZ 【般】ヘパリン類似物質軟膏0.3% ヒルドイドソフト軟膏 3339950N1ZZZ 【般】ヘパリン類似物質クリーム0.3% ヒルドイドクリーム 3339950Q1ZZZ 【般】ヘパリン類似物質外用液0.3% ヒルドイドローション 3339950R1ZZZ 【般】ヘパリン類似物質スプレー0.3% ヒルドイドフォーム まぁまとめてみると、ここまでもそこまで複雑ではないですね。 ローションは外用液、ソフト軟膏は軟膏となっているので特に紛らわしくないです。 ただ、これをジェネリックで調剤するときは少し注意ですね。 ヒルドイドのジェネリック変更、一般名記載の場合も ヒルドイドの処方のジェネリック変更、一般名記載の場合のジェネリック調剤は少し注意が必要です。 ヒルドイド製品、一般名(基剤の構成成分)、該当するジェネリック医薬品は以下の通りです。 ジェネリックは共に「クリーム」の名称が使われています。 ソフト軟膏に該当するのが油性クリーム、クリームはそのままクリームです。 一般名処方の場合、ヘパリン類似物質軟膏でもジェネリックで調剤する場合は「油性クリーム」となるので注意が必要です。 また、「ヘパリン類似物質スプレー」の一般名できた場合、通常のスプレーと泡状スプレーの両方がある点も注意が必要でしょう。 現在は通常のスプレーが一般的ですが、従来泡タイプで使ってきた患者さんの場合は、泡タイプを希望している可能性があります。 その他、後述のg数にも注意が必要となります。 ヒルドイドフォームのジェネリックとg数 ヒルドイドフォームは1本あたり92gという中途半端な量になっています。 このため、ヒルドイドフォームをジェネリックに変更する場合、全量も100gに変更する必要がある(現在ジェネリックは100gが一般的)ため、疑義照会が必要となります。 実質、ヒルドイドフォームは変更できないようなもんですね。 また、一般名の場合も同様の注意が必要です。 「ヘパリン類似物質スプレー 100g」の一般名できた場合は、これはジェネリック医薬品で調剤、逆に「ヘパリン類似物質スプレー 92g」できた場合は、これは一般名ですが先発のヒルドイドフォームを調剤しろといっているようなものですね。 ヒルドイドローションのジェネリック変更も注意が必要 ヒルドイドローションをジェネリックに変更するときも注意が必要ですね。 ヒルドイドローションと、ビーソフテンをはじめとしてジェネリックのローションは全く使用感が異なります。 ヒルドイドローションは乳液に近い感じ、ビーソフテンなどのローションは化粧水に近い感じがあります。 なお、ジェネリックであるヘパリン類似物質ローションのうち、「ラクール」のものは白色のローション剤であり、比較的ヒルドイドローションに近い感じがあるため、ヒルドイドローションから変更しても違和感が少ないでしょう。 また、たまにあるのが、一つに処方箋に「ヘパリン類似物質外用液」が2個書いてあるパターン。 これ、記載ミスってこともまれにありますが、結構医師が意図して処方しているケースがあります。 片方はヒルドイドローション、もう一方は化粧水タイプのビーソフテンローションもしくはヘパリン類似物質ローションを一つずつというケースです。 もし出会ったら、患者さんに意図を確認してみましょう。 大体はそれで解決、それでもわからなければ疑義で確認するのがベターですね。 確認せずにヒルドイドローション2本渡すのはナンセンスですし。 より詳しい情報はポータルサイトでも 今回の記事のような、薬剤師の専門情報はネット検索でもなかなか見つからなかったりします。 より詳しくまとまった情報は、薬剤師のポータルサイトを活用するのも選択肢です。 無料で使える大手の薬剤師ポータルサイトだと m3. comと 日経DIの2種類が有名どころですね。 comは業界ニュースの他にも、 薬剤師掲示板の機能があり、通常のネット検索では見つからないような情報、他の薬剤師の考えなども知ることができます。 閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。 上記は m3. comの薬剤師掲示板の一例です。 日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。 こちらは薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典など使いやすいコンテンツがあります。 ちなみに登録完了までは、1〜2分かかるので、正直少し面倒くさいです。 勤務先とかも入力する必要があるので。 しかし、 今やらないと後ではもっとやる気にならないので、メリットを感じる場合は今、登録しても良いでしょう。 デメリットとしては、ニュースメールとかが来るようになります。 登録するメールアドレスはご注意ください。 勤務先情報を登録しますが、勤務先に電話とかがかかってきたり、本人確認が来ることはないでその点は安心してください。

次の

ヒルドイドとジェネリック(ビーソフテン/ヘパリン類似物質)3つの違い

ヒルドイド ソフト 軟膏 ジェネリック

ヒルドイドソフト軟膏0. 乾皮症、皮脂欠乏性湿疹 アトピー性皮膚炎 湿疹(皮膚炎) ヒルドイドソフト軟膏0. 血行障害による痛みや 炎症をやわらげるお薬です。 打撲、 捻挫などのはれや痛み、筋肉痛、関節痛を治療するお薬です。 保湿効果があり、皮膚の乾燥を防ぐ働きがあります。 傷跡の肉のもりあがりの治療や予防、皮膚のかさつきやしもやけなどの治療をするお薬です。 血流量を増やして、痛みや炎症をおさえる働きがあります。 ヒルドイドソフト軟膏0. 注射後硬結• 注射後 疼痛• 皮脂欠乏症• 外傷の関節炎• 外傷の筋肉痛• 外傷の 血腫• 外傷の 腱鞘炎• 外傷の 腫脹• の治療• の予防• 挫傷の関節炎• 挫傷の筋肉痛• 挫傷の血腫• 挫傷の腱鞘炎• 挫傷の腫脹• 進行性指掌角皮症• 打撲の関節炎• 打撲の筋肉痛• 打撲の血腫• 打撲の腱鞘炎• 打撲の腫脹• 捻挫の関節炎• 捻挫の筋肉痛• 捻挫の血腫• 捻挫の腱鞘炎• 捻挫の腫脹• の治療• の予防• <乳児期>• 血行障害の疼痛• 血行障害の 炎症性疾患 ヒルドイドソフト軟膏0.

次の

ヒルドイドの一般名とジェネリック

ヒルドイド ソフト 軟膏 ジェネリック

見た目はこんな感じ。 ニプロ、アメルはだいぶヒルドイドを意識してそう。 日医工は独自路線ですね。 先日 ヘパリン類似物質油性クリーム「日医工」とネリゾナクリームを混ぜていたら水みたい になってしまいました。 ヘパリン類似物質油性クリームのインタビューフォームを見ると、ネリゾナクリームは液状化するとの記載がありました。 ちゃんと調べてから作ればよかったものを… 各メーカー間でも配合変化が異なるので調べてみました。 まずは代表的な配合変化不可薬剤について。 配合直後に液状化・軟化する薬剤 日医工 ウレパールクリーム 液状化 オイラックスクリーム 液状化 ネリゾナクリーム 液状化 レスタミンコーワクリーム 軟化、含量低下 フルメタクリーム 軟化 ニプロ• 111• 237•

次の