引越し 単身 見積もり。 単身(一人暮らし)の引越料金相場と費用を安くするコツ

単身引越し・大型家具の配送には赤帽

引越し 単身 見積もり

単身・ひとり暮らしの引越しだからといって、「 引越し単身パック」を選んではいませんか? 引越し単身パックを選んで引越し料金を節約している人もいますが、残念ながら、 引越し単身パックが適さない人もいます。 あなたは大丈夫ですか? 引越し単身パックが適さない人は? ・ベッドなど大きな荷物がある ・エアコンの取り外しなど、オプション作業が必要 ・荷物の多い方 ・荷造り・荷解きも依頼したい方 引越し単身パックでは、カートのような専用ボックスが決まっていて、その中に入る分だけ運んでもらうことができます。 しかしながら、ベッドや箪笥、大型冷蔵庫や洗濯機などがあると、専用ボックスでは納まりきれない場合も多いです。 あなたは、自分で自分の引越し荷物の量を正確に見積もって、必要最低限の単身パックを選ぶことができますか? もし専用ボックス(カート)に入りきれない場合、引越し元(実家など)に置いておくことができますますか? 前者は引越しを数多く経験した方か、引越し業者で働いた経験のある方でないとかなり難しいと思います。 自分が思っているよりも荷物量は意外と多いものです。 また、人間は年齢を重ねてくると、荷物量もだんだんと増えてきます。 そうなると、単身パックのカートには入りきらなくなる可能性も高くなります。 学生の初めての引越しや期限付きの単身赴任など、実家/自宅から引越しをする場合には、カートに入る荷物だけを持っていくということができますが、それ以外には難しいかも知れませんね。 引越し単身パックが適する人 では反対に、 引越し単身パックが適するのはどんな人でしょうか? ・荷物が少ない方 ・実家から引越しをされる方 ・単身赴任をされるサラリーマン 単身パックには、以下のメリットがありますので、荷物量を最小限にすることにより、最大の恩恵を受けることができるでしょう。 <単身パックメリット> ・引越し費用を抑えられる ・長距離でも対応してもらえる ・訪問見積もりが不要 万が一専用ボックスに荷物が入りきらない場合でも、今すんでいる住居において置ける方。 これは実家を出て一人暮らしを始める人、実家を出て結婚する人、単身赴任のサラリーマンに限られてしまうでしょう。 反対に、以下に該当する方は、単身パックよりも通常を引越しパックを選んだ方がいいでしょう。 ・荷物が多い ・大型家具、大型家電がある ・引越しスケジュールに余裕がない では、どうすればいいのか? 可能であれば単身パックで引越し料金を抑えたいが、自分の引越しでは当てはまるか分からない。 では、どうすれば良いのか? 当たり前ですが、 引越し単身パックと、通常の引越しサービスを同時に見積もり依頼をして、その中で安くで親切な引越し業者を選ぶのが良いでしょう。 この面倒くさい作業を簡単にできるのが、引越しの一括見積もりサービスです。 一括見積りサービスは ・スマホやパソコンから ・無料で ・複数の引越し会社にあい見積り ができるシステムです。 アート引越センターやアリアさんマークの引越し者といった大手の引越し業者から、格安の引越しで有名な赤帽、そして、町の引越し屋さんまで幅広く見積もりがとれるのが特徴です。 引越しは一人ひとりの オーダーメイドサービスです。 ・荷物の種類や量 ・引越し日時(スケジュール) ・移動距離 ・オプションの種類 などなど、引越しのしやすさや、作業量に応じて、当然のことながら料金は変わってきます。 一括見積りサービスを使えば、引越し料金が安くなるのはもちろん! 簡単に自分にあった引越し業者とサービスを見つけることができます。 引越し単身パックについて(おさらい) 引越し単身パックとは、引越し業者が単身者・一人暮らし向けのプランとして用意しているサービスやパックのことで、具体的には以下があります。 (ダンボール箱数で決めている場合もあります) 引越し費用を抑えるために、トラックを占有するのではなく、他のお客さんとシェアしますが、このときに専用カートを利用します。 (トラックを占有する通常のプランでは、引越し料金を抑えるのは難しくなります) ですから、以下の注意が必要です。 ・カートに入りきれない荷物は、運んでもらえません! ・引越し日時を指定できない場合があります。 ・オプションを追加した際など、通常の引越しよりも割高になる場合もあります。 では、自分の引越しは、単身パックが向いているのか?通常の引越しプランが向いているのか?どちらなのでしょうか? これを確かめるには、各引越し業者に見積もり依頼をする必要がありますが、そんなことをしていたら大変ですし、どこまでやれば安い業者が見つかるのか目安が分からないですよね!? こんな時には、引越しの一括見積もりサイトを使いましょう。 数百社の引越し業者が登録してあるので、引越しの地域や荷物量など条件に応じて、納得できるサービス内容や料金を提示してくれる業者が見つかるでしょう。 詳細は、をご覧ください。 単身パックは、どの引越し業者でも用意していますか? カートやコンテナを使った引越しを単身パックと考えると、どの業者でも対応してくれるわけではありません。 引越し業者には、それぞれ得意不得意がありますので、自分にあった引越し業者を選ぶことが大切です。 単身パックだと、必ず安くなりますか? 必ずと言うわけではありませんが、安くなる可能性は高くなります。 ただ、指定されたサイズに入りきらず、追加料金が発生した場合は、割高になってしまうこともあるので要注意です。 単身パックだと、なぜ引越し日時を指定できないのでしょうか? 1台のトラックを複数のお客さんでシェアする形になるので、集荷及び配送のスケジュールについて、希望は聞いてもらえるものの、最終判断は業者になることが多いです。 引越し業者に電話番号を教えたくないのですが・・・ 最近は電話番号を入力しなくても見積もりがとれる場合もありますが、実際に依頼する際には、緊急時の連絡先として、お互いの電話番号は交換しておいた方がいいでしょう。 体験談 会社の単身赴任で利用しました 会社の転勤(単身赴任)で、ハート引越しセンターを利用しました。 引越し費用は会社負担だったのですが、会社は、一番安いプランを申し込んでいたらしく、荷物量に制限があったり(超過料金は個人負担)、集荷や配送時刻が指定できなかったり(フリー便)で、かなり大変でした。 引越し当日は会社を休めたので、それは良かったのですが、引越し元での荷物の引き渡しと、引越し先での荷物の受け取りの両方を自分でやらなければいけなかったことと、引越し先でのガスの開栓工事立会が重なって、時間指定ができないのは、かなり大変でした。 私は、机、キッチン用品、洋服、雑貨、空気清浄器など、すぐには使わないものだけ運んでもらって、あとは自分の車(ミニバン)で運びました。 マイカーを運転しても大丈夫な距離だったので良かったですが、これが飛行機や新幹線を使わなければいけない場合だと、大変だなあ、と思いました。 家具家電付きレオパレスへの単身赴任 冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、電子レンジ、電気コンロ、テレビ、エアコン、ベッド、クローゼット、机、椅子など家具や家電が整ったレオパレス物件への、期間限定の単身赴任だったので、必要最低限の荷物だけを運んでもらいました。 自分では必要最低限のつもりでしたが、コンテナいっぱいになり、びっくりしました。 作業員の方は慣れているようで、手際よく作業をしてくれました。

次の

単身パックの引越し見積もりを主要5社で比較!

引越し 単身 見積もり

「単身で引越すことになったけど、あまりお金をかけたくない…」 「1人分の荷物でも自分で運ぶのは大変…少しでも安く業者に頼めないかな?」 引越し費用は、時期や距離、荷物の量によって変動するため、調べてもなかなかわかりませんよね。 この記事では距離別、時期別など、さまざまなシーン別におおよその相場がわかるよう情報をまとめました。 自分のパターンに当てはめれば、単身引越しのおおよその費用が見えてくるはずです。 単身引越しの費用について• 長距離の引越しは高くなりがち• 引越し繁忙期の3月、4月は特に高くなる• 梱包資材は、引越会社が提供する専用ボックスを活用しよう• 引越業者を選ぶ際は、一括見積りサイトを利用するとスムーズ 距離 通常期 繁忙期 3~4月 15km 20,000 円 25,000 円 50km 21,600 円 30,450 円 100km 30,000 円 47,260 円 200km 43,200 円 59,400 円 500km 54,000 円 80,000 円 コンテナボックスに入る量は決まっているので、コンテナボックスにすき間があっても、ぎっしり詰まっていても料金は同じです。 コンテナボックスからはみ出してしまう場合は、もう1台コンテナボックスを使うことになります。 割引が適用されますが、 コンテナ2台分の料金を支払う必要があります。 単身パックが安い2つの理由 単身パックが安い理由は2つあります。 1つ目は人件費がかからないこと。 単身パックは運べる荷物の量が少ないため、見積もりは電話のみで完了します。 そのため、引越業者のスタッフが自宅まで訪問見積もりに訪れるという人件費がかかりません。 引越し当日も大がかりな荷物の運び出しがないため、1~2人といった少人数で作業を進められます。 人件費をおさえられる分、単身パックの料金は低く設定されているのです。 2つ目の理由は、複数の荷物をひとつのトラックに詰め込む「混載便」であるためです。 通常の引越しであれば、トラック1台に対してひとり分の荷物しか入れられません。 しかし、単身パックは、1台のトラックに複数人の荷物(コンテナボックス)を積むことになります。 そのため、トラックのチャーター料金やガソリン代、高速料金の負担が軽減されるのです。 単身パックのコンテナに入る荷物の量ってどれくらい? 単身パックを利用するときに注意したいのは、専用コンテナボックスのサイズです。 コンテナボックスのサイズは引越業者によって異なります。 以下の表で確認してみましょう。 単身パックで運べる荷物量 クロネコヤマト ・冷蔵庫(2ドア) ・洗濯機(4km) ・電子レンジ ・段ボール10箱 ・衣装ケース3箱 ・布団袋1袋 ・スーツケース1個 日通 ・日通ダンボールMサイズ5個 ・薄型テレビ(小) ・衣装ケース3箱 ・冷蔵庫(2ドア) ・洗濯機(4km) ・テレビ台 ・電子レンジ ・掃除機 ・衣装ケース ・姿見 ・布団 ハトのマークの引越センター ・冷蔵庫(2ドア) ・テレビ(小) ・ビデオデッキ ・ミニコンポ ・衣装ケース(小) これを見てもわかるように、 大型の家電家具や、ベッドを運ぶことはできません。 ベッドや大型家電家具のみ運びたい方は、クロネコヤマトのらくらく家財サービスを利用しましょう。 運ぶ荷物の大きさで料金は変動しますが、たとえばベッドを同一県内で運ぶ場合、1万5000円ほどです。 高いと感じる方は、ベッドや自転車等の単身パックで運べない荷物は回収処分してもらい、引越し先で新しいものを買うという選択肢もあります。 単身プランもある!単身パックとの違いは一体何? 荷物が多すぎて単身パックのコンテナボックスに入らないという方は「単身プラン」を利用しましょう。 一見大差ないように見えますが、サービスの内容は異なります。 単身プランとは、スタッフの数やトラックの大きさが単身者向けにアレンジされたプラン。 単身パックは無料の梱包資材が付きませんが、単身プランだとダンボールやガムテープ、布団袋などの梱包資材を無料で提供してもらえたり、洋服をハンガーにかけたまま運べるハンガーボックスなども借りたりすることができます。 ダンボール箱も数が多くなると、自分で用意するのは大きな負担です。 目先の料金だけでなく、無料で資材が利用できることを考えると、大きい家具・家電がある人や、荷物が多い人は単身プランを利用したほうが単身パックにオプションサービスをつけるよりも割安になる可能性があります。 クロネコヤマトの単身パック サービスの種類や料金は? クロネコヤマトの単身パックは「単身引越サービス」と「単身引越サービスmini」の2種類です。 料金は最安値(関東の同一市内、割引特典3つ適用の場合)が1万2000円(税抜)。 料金は利用する日時と、距離によって変動します。 単身引越サービスminiは、単身引越サービスと同じ条件で最安値は1万1000円(税抜)です。 ただし、 単身引越サービスminiを利用できるエリアは限定されているため、あらかじめクロネコヤマトのホームページで確認しましょう。 クロネコヤマトの特徴は、Web割引2000円、平日割引2000円、早期申込割引1000円、複数BOX割引1000円を利用できるという点です。 日通の単身パック サービスの種類や料金は? 日通の単身パックは「単身パック・S」と「単身パック・L」の2サイズです。 単身パックSの料金は、Web割引を適用した際の最安値が1万5000円(税抜)です。 一方、単身パックLのコンテナの料金は、Web割引を適用して最安値が1万6000円(税抜)です。 日通の割引特典は、パソコン、モバイル、スマートフォンのいずれかから申し込めば2000円のWeb割引を受けられることと、2ボックス以上利用すると複数ボックス割引として1ボックスあたり1000円の割引を受けられる上に、エリアや集荷日によってはエリア割引1000円も受けられるという点です。 ただし、3月20日から4月5日までは2000円、18時~21時の夜間配達は2000円、土日祝日は2000円、土日祝日の夜間配達は4000円という割増設定がある点は要注意です。 しかし、割増料金の設定があっても、夜間に引越しを頼める点は人によっては重宝するでしょう。 また、トラックに他のものと混載して輸送するため、コンテナ1個あたり200万円の運送保険が付けられている点は心強いポイントです。 ハトのマークの引越センターの単身パック サービスの種類や料金は? ハトのマークの引越センターの単身パックは「小鳩パック」と「青春引越便」の2種類です。 小鳩パックの専用ボックスで運べる荷物は、• 2ドア120リットルの冷蔵庫1台• 小型テレビ1台• ビデオデッキ1台• ミニコンポ1台• 衣装ケース1台 を想定しています。 一方、青春引越便は小鳩パックよりも多めの荷物が想定されています。 2ドア109リットルの冷蔵庫• 4kgの洗濯機• 20インチの薄型テレビ• テレビ台• 電子レンジ• 掃除機• 3段のカラーボックス• 衣装ケース• ダンボール箱 という組み合わせは日通の単身パック・Lとほぼ同じ内容といえるでしょう。 ただし、ハトのマークの引越センターの場合、 片道200km以上の遠距離輸送でしかこれらのサービスを利用できません。 その代わり、コンテナに積めない大きいサイズの荷物があっても、一緒に預かって輸送できるということがホームページに明記されています。 荷物の量が多めの場合や、大きい荷物がある人も安心して利用できるでしょう。 単身プランがおすすめの引越業者 アート引越センターには単身パックの設定はありませんが、単身向けの引越しプランが用意されています。 「レディースパック」や「学割パック」など、アート引越センター独自のオプションサービスと組み合わせて利用できます。 アーク引越センターは「ミニ引越しプラン」「ミニ引越し長距離プラン」「荷物多め単身プラン」というように、単身向けの引越しプランが充実。 なかにはほぼすべての作業をアーク引越センターのスタッフに任せられる「お任せフルフルプラン」なるものまで用意されています。 単身者の引越しと一口に言っても、理想の引越しのかたちは異なるはずです。 ですから、どんな条件で引越しをしたいのかを考えて、 複数の引越業者に同じ条件で見積もりを依頼して、比較検討することが大事です。 過去に見積もりを取ったことがある業者があっても、料金は時期によって大きく変動します。 引越しの時期が定まった時点で、改めて見積もりを依頼してみましょう。 何社分か集めて比較してみると、自分に合いそうな引越業者が見つかるはずです。 一括見積もりで単身引越しを安く済ませよう 複数の引越業者の異なるプランを比較して、自分にぴったりのプランを見つけるなら、一括見積もりサービスを利用すると便利です。 1社1社の見積もりを取るのが面倒な人でも、1回の入力で一気に見積もりを依頼できるので、それほど面倒には感じないはずです。 単身パックも引越業者によって微妙にボックスのサイズが異なるため、A社のボックスには入らない荷物も、B社のボックスには収まることもあります。 ボックスには入りきらなかったけれど、オプションを利用したら格安に引越しできる可能性もあります。 安く単身引越しをするなら、何社かに候補を絞った後、簡単な見積もりを取って、引越し料金の違いだけでなく、サービス内容もしっかり見比べましょう。 自分の引越しに合いそうな、なるべく安いプランを選ぶことが大事です。 長距離なら料金が8万円以上?単身引越しの相場は移動距離で変わる 単身での引越し料金を決める要素は、おもに 「距離」「時期」「荷物量」です。 どれくらい料金がかかるのか、「距離」から見ていきましょう。 長距離と短距離での料金の違い 料金は、距離によって変動します。 長距離の場合は、10万円を超えることもあります。 引越しの費用は、 荷物量や時期によっても変わるからです。 短距離の場合は、単純にガソリン費用が少なくて済むだけでなく、スタッフの拘束時間も短いため、料金が比較的安くおさえられます。 場合によっては 3万円以下で引越すことも可能です。 引越し先は市内or市外?・県内or県外?料金目安はどれだけ変わる? 距離別の料金の目安は、以下の表の通りです。 移動距離ごとの引越し料金 移動距離 相場 20km圏内(同じ市町村くらい) 37,000~44,000円程度 50km圏内(同じ都道府県くらい) 43,000~46,000円程度 200km圏内(同じ地方くらい) 60,000円~ 長距離である200km圏内(同じ地方くらい)の場合は、目安として6万円~かかることになります。 それ以上の距離となると、単身でも8万円以上かかることもあります。 繁忙期の3月は通常期の2倍?単身引越しの相場は時期で変わる 繁忙期とは? 通常期と比較してどれくらい違う? 次に、「時期」について見ていきましょう。 引越しには「繁忙期」呼ばれるシーズンがあります。 どの引越業者でも共通して忙しいのは、3月~4月で、一般的にこの時期が繁忙期です。 この時期は、就学や就職、あるいは転職や異動によって学生や社会人が一気に動く時期だからです。 そのため、繁忙期は引越し料金が値上がりします。 上がり幅は、場合によっては通常期の2倍近くになることもあるようです。 3月~4月以外の時期については、業者ごとに違いがあります。 繁忙期について詳しく知りたい方は、「」を参考にしてくださいね。 通常期に引越しをすると、相場はどのくらい? 繫忙期の設定は引越業者によって異なりますが、一般的には3月~4月や年末、長期休みを繁忙期とすることが多いようです。 そのため、費用をおさえたいならこれらの時期は避けた方が無難でしょう。 「通常期」や「閑散期」は、繁忙期よりも費用が下がることが多く、スケジュールも融通がききやすいでしょう。 ときには繁忙期の半分程度の金額で引越せることもあります。 さらに安くしたいなら、複数の引越業者の料金を、無料の一括見積もりで比較してみましょう。 箱のなかにプラスチック製の仕切りが入っており、手早く食器を入れられます。 なかに何が入っているのかわかりやすいというメリットに加えて、箱自体が緩衝材としての役目を果たすため、一つひとつ梱包する手間がかからないのも魅力です。 仕切りは調節可能なので、サイズが合わなくて困ることもあまりないでしょう。 なお、ボックスは原則使いまわすものなので、マジックなどで商品名などを直書きするのはNGです。 料金が安いのはどちら? このような便利なボックスは、「料金が高いのではないか」と思う人もいるかもしれません。 しかし多くの場合、 ボックスは無料で貸し出されています。 梱包材も引越し料金に含まれていることに加え、「何回でも使いまわしができる」という業者側のメリットもあるからでしょう。 そのため、引越しを考えているのなら、専用ボックスを積極的に利用しましょう。 ただし、ボックスの数には限りがあったり、地域によっては貸出に制限があったりすることも考えられます。 利用したい場合は、早めに引越業者のスタッフに確認をとっておきましょう。 単身引越し向きの引越業者を探す方法 単身引越しでオススメの業者は? 単身の引越しのオススメの引越し業者はこちらです、とは一概には言えません。 なぜなら、引越しの条件は人によって異なるためです。 これまでにあげた距離や荷物の量、時期以外にも、「夜に引越したい」「ピアノを運びたい」など、特殊な条件の引越しもあります。 自分の状況に合った引越業者を見つけるためには、 一括見積もりをオススメします。 ただし、複数の一括見積もりサイトを利用すると、多くの引越業者からの連絡に対応するのが大変です。 見積もりを依頼をするサイトは、なるべく絞るとよいでしょう。 ここからは、引越業者選びの実例を紹介します。 参考にしてみてくださいね。 「とにかく安く済ませたい」という人は、 赤帽のサービスを検討しましょう。 赤帽は軽トラックで運搬するため、費用面が期待できます。 「ライフポーター」は女性向けのサービスを展開しています。 「女性限定パック」では、あらゆる電気配線や、掃除も行うサービスを提供しています。 「クロネコヤマト」は、引越業務も行っています。 単身向けの比較的リーズナブルなプランも提供しています。 レンタカーで自分で引越しをすると安くなる? そもそも引越業者に頼らず、レンタカーや自家用車での引越しを考えている人もいるでしょう。 人件費がかからないため、場合によっては安く済むこともあります。 よほど長距離でない限り、多くの場合レンタカーを利用する方が安くなるでしょう。 引越しに慣れていて、運転にも自信のある人は、レンタカー・自家用車での引越しも検討しましょう。 ただし、自力での引越しにおいて気をつけてたいことが3つあります。 引越し費用としてガソリン代も含めて考える• 積み下ろしで荷物や車を傷つけるおそれがある• 重い荷物を載せた状態で運転して、事故を起こすリスクがある こうしたリスクを十分検討することが大切です。 単身引越しを安く済ませたい…確認したい2つのポイント お得なプランやパック、割引をうまく活用しよう 相場よりも安く引越すには、 パックプランの利用がおすすめです。 パックプランは、引越業者の指定するカートに荷物を詰めて運ぶプランです。 カートの形が一定であるため、引越業者側の負担が少なくなり、その分が「金額」として還元されています。 クロネコヤマトなどで利用されています。 一部引越業者は、学生に向けて「学割」サービスを提供していることもあります。 見積もりで「上手に」交渉しよう 引越しに限ったことではありませんが、何かを安く買おうとするときは、 複数の会社から見積もりをとった方がよいと言えるでしょう。 複数の会社から見積もりを取ることで、相場を知ることができます。 また、他社の見積もりを価格交渉の材料とすることもできます。 1社に訪問見積もりを依頼して、その場で即決するのではなく、できれば事前に相場を調べた上で、訪問見積もりにのぞむとよいでしょう、「他社では〇〇円ぐらいだったのですが…」と切り出せば、値下げをしてくれる可能性もあります。 マナーを守りつつ、ぜひ予算の範囲内での引越しを実現させてくださいね。

次の

【単身引越し】見積もり相場チェック!最安値で引越しする方法紹介|100円引越しセンター

引越し 単身 見積もり

実家を出て初めて一人暮らしを始める、転勤や住み替え、就職のため新しいアパートに単身引越しする…。 このような単身引越しの場合、単身パックや赤帽のプラン、カーゴ便などを選べば、上手に引越し費用を抑えることができます。 ただ、実際に引越し見積りを依頼してみると「このくらいの金額なら、自力で引越しした方が安いかも?」と悩んでしまう人もいるかもしれません。 単身(一人暮らし)の引越しについて料金を安く、上手に引越しをするためのポイントは以下です。 引越しの料金相場は同都道府県の場合、通常期(5月~1月)で約45,000円、繁忙期(2月~4月)で約67,000円• 同都道府県外の場合、通常期(5月~1月)で約53,000円、繁忙期(2月~4月)で約69,000円• 自力で引越しをする場合、料金は安くなるが労力と時間が必要• 料金を安く抑えるには『繁忙期を避ける』『大型家財のみ依頼』『赤帽利用』『単身パック利用』• 学生や就職で遠方へいく場合、不用品は処分し、宅配便で配送できるものだけ引越す ここでは単身(一人暮らし)の引越し料金相場と、費用を安くするコツとして引越し業者に頼むか?自力で行うか?それぞれの引越し方法のメリット、デメリット、そして単身(一人暮らし)の引越を安く抑えるためのテクニックについて詳しく説明していきます。 単身(一人暮らし)の引越し料金相場 単身(一人暮らし)の引越しにかかる実際の料金相場を見てみましょう。 料金相場を知ることで、引越し業者に見積もりを取る際に、目安をあらかじめ理解した上で交渉ができます。 単身(一人暮らし)の引越し料金 通常期(5月~1月) 月 同都道府県内 同都道府県外 平均 45,149円 67,178円 5月 55,940円 72,321円 6月 42,480円 66,357円 7月 41,080円 80,896円 8月 42,718円 61,904円 9月 51,327円 61,473円 10月 47,865円 66,959円 11月 54,537円 57,385円 12月 34,315円 63,807円 1月 36,082円 73,500円 繁忙期(2月~4月) 月 同都道府県内 同都道府県外 平均 53,526円 69,449円 2月 36,736円 52,354円 3月 63,047円 80,844円 4月 60,796円 75,149円 引越しの料金相場は、同都道府県の引越しの場合は5万円前後、同都道府県外の場合は7万円弱が全体の平均費用となります。 細かく見ていくと、同都道府県内の引越しでは、通常期の料金相場の平均は45,149円。 繁忙期の場合は53,526円でした。 時期により約8,000円の差があります。 同都道府県外の場合、通常期の料金相場の平均は67,178円。 繁忙期の場合は69,449円なので約2,800円の差があります。 単身(一人暮らし)の引越し料金を安くする3つのコツ それでは実際に引越し料金を安くするコツについてご紹介します。 大きく分けると『安くなる時期を選ぶ』『自力で引越しをする』『単身向けサービスを利用する』の3つがポイントです。 安くなる時期を選ぶ 例えば通常期の同都道府県内の引っ越しでも12月の場合、費用の相場平均は34,315円、繁忙期の3月になると63,047円。 安い時期を選べば約5割も安く引越しができます。 進学や卒業、入学、転勤の時期に当たる3・4・9月は特に料金が高くなります。 また、引越が集中する月末は引越し業者に空きがないこともあるかもしれません。 どうしても繁忙期の真っただ中に引っ越さなければならない場合は自力で引越しすることも考えて、どちらが安くなるか検討してみるといいでしょう。 自力で引越しをする 家族や友人に頼んで自力で引っ越しをするケースについて考えてみましょう。 自力で引越しする場合の相場は、軽トラックを借りると1日のレンタル料金は7,000~8,000円程度。 それにプラス、距離に応じた燃料代が必要です。 荷物を一人で運びきれない場合、家族や友人、知人に手伝いを依頼しなければならないこともあるでしょう。 手伝ってくれた人へのお礼や交通費なども考えると、無料にはならず、1万円~は費用が必要となりそうです。 自力引越しのメリットは、引越し業者に依頼した場合にかかる平均相場5万円前後の料金が半額程度に節約できます。 また自分の好きな時間に作業ができ、家族や友人、知人に頼むことで、気兼ねなく作業ができます。 自力引越しのデメリットとしては、時間と労力が必要となります。 引越し業者へ依頼をする場合、荷物の新居への搬入は業者が対応してくれますが、自力では自身で対応する必要があります。 また、レンタカーを手配し返却する手間がかかりますし、レンタル時間に制限もあります。 普段運ばない荷物を積んでいるため、運転にも気を配らなくてはいけません。 単身向けサービスを利用する 荷物が少ないとはいえ、料金が抑えられれば引越し作業に慣れている業者に頼みたいのが皆さんの本音ではないでしょうか。 引越し業者では単身引越し用のパックプランが充実しているところも多く、安心して引っ越ししたいという方や荷物が多い方にはオススメです。 料金の相場はワンルーム程度の荷物が少ない場合で東京・大阪間で約25,000円程度。 同一都道府県内なら15,000円くらいから依頼することができる引越し業者もあるようです。 利用するメリットは、引越し作業になれた作業員が荷物を搬出してくれるため、安心感があります。 また家電の設置や不用品の回収など、こちらの希望に合ったサービスを提供してくれるのもメリットでしょう。 また引越し業者によっては女性の作業員に依頼できるレディースプランや学割プランを用意しているところも。 荷物の量によってさらに安いプランが適用されることもありますので、単身プランを利用する場合はまず、一括で複数の引越し会社に見積りを依頼するのが賢い選択と言えるでしょう。 単身向けサービスのご紹介 荷物が少ない単身(一人暮らし)の引越しの場合、単身向けサービスとして『赤帽を利用する』『単身パックを利用する』2つの方法があります。 赤帽を利用する 低価格で使いやすい赤帽の引越しサービスを利用します。 貨物軽自動車運送業を営む個人事業主が集まった事業協同組合のことを赤帽と呼んでいます。 軽トラックの最大積載量は350kg。 ドライバーの重量を除くと実質の荷物は280kg程度まで積むことができます。 赤帽を利用するメリットは、赤帽を利用すると貸切で荷物を運ぶことができます。 移動距離が短く、荷物が少なめという方、実家から初めての1人暮らしのために引っ越しするという方に人気があるサービスです。 距離20km以内・軽トラック1台、ドライバー1名、2時間以内の作業であれば、13,500円とコスパも抜群。 ただし、土日祝日は2割増しの料金となるので注意してくださいね。 また赤帽は個人事業主が経営しているので、大手の引越し業者より融通が利くという利点があります。 家の前の道路が狭くて大手の引越し業者に断わられた• 近所に迷惑をかけないように配慮しながら夜、引っ越し作業をしたい• 仕事の都合でどうしても引越が深夜になってしまう• 急な引っ越ししなければならなくなった というような事態にも対応してくれるところがあるので、まずは相談してみましょう。 大型の家具・家電・荷物だけを依頼することもできます。 「単身引越しなので、荷物の量は自力で引越しできる程度。 でもベッドや冷蔵庫、ソファなどは自分で運べないものだけ運んでほしい……。 赤帽はそんなニーズにもしっかり答えてくれます。 例えば、冷蔵庫やベッド、タンス、テレビなど軽トラックに載せられる荷物であれば、時間指定なしで5,400円から運んでもらえます。 時間指定ありの場合でも8,000円から対応してもらえるので安心です。 赤帽を利用するデメリットは、赤帽や軽トラックを使用したプランでは積載できる荷物量に限度があります。 そのためドライバー以外の作業員は頼めない、養生や梱包の依頼もNGということが多くなっているようです。 引越し業者と異なり、ダンボールや衣装ケースなどの梱包材の提供もないので注意しましょう。 ドライバーの方以外に助手を頼むとその分料金がかかってしまいます。 荷物の運搬は『お客様のご協力があること』を前提としているところも多いので、ある程度自分で手伝うことが条件となります。 また、積める荷物の量が意外に少ないため、当日になって荷物が積み切れずに、宅急便で荷物を送らなければならなくなった…というケースも。 軽トラックの場合、15kgの段ボール20個以下が目安ということを覚えておきましょう。 単身パックを利用する 単身パックは『カーゴ便』や『混載便』、『らくらく家財宅急便』のサービスが代表的です。 『カーゴ便』に代表される単身パックは、例えばある運送業者では高さ145cm、幅100cm、奥行75cmのカーゴを使用して引越しの荷物を運んでもらい格安の料金で引越しができます。 カーゴ便は他の荷物と一緒にトラックに積み込むため、料金を抑えることができます。 料金は繁忙期外で神奈川県から東京23区の場合で約23,000円程度が相場。 この大きさならテレビ、パソコン、ミニコンポ、掃除機、カラーボックスとローテーブル、段ボールが5箱程度まで運んでもらうことができます。 ワンルーム程度の荷物量の引越しや実家に荷物を送る場合などはこの大きさでも十分でしょう。 カーゴ便は一人暮らしをする方はもちろんのこと、単身赴任のための引越しの他、高齢者の方がグループホームなどに入居する際にもよく利用されているようです。 またwebから予約した場合のweb割引を用意しているところも多くなっています。 カーゴ便を依頼するときには、荷物の送付先までの距離によって料金や荷物が到着するまでの日数が異なるため、余裕をもって依頼する必要があります。 荷物が到着するまでの日数はおよそ3~5日が一般的。 引越しまでの期間が短い場合には適していません。 『混載便』とは、混載便とは長距離トラックの空いているスペースを利用して荷物を運ぶサービスです。 例えば東京から大阪、名古屋、広島などの地方都市に進学・転勤するなどで移動距離の長い引越しをする場合、混載便を利用すると引越し料金を安く抑えることができます。 自分の荷物だけを運んでもらうチャーター便と違い、日数はかかるものの料金をぐんと安く抑えることができるのが特徴です。 自分の都合ではなく、トラックの都合に合わせて荷物をピックアップしてもらうことで料金を安くできるのです。 引越し業者によって差はありますが、東京・大阪間の単身引っ越し(ワンルーム程度)の荷物なら約37,000円~というところも。 大手引越し業者が提供するカーゴ便よりも多く荷物を積める場合もあり、大きな荷物に対応してもらえる場合もあるので、移動距離の長い単身引越しを予定している方は是非、混載便の見積もりも依頼してみましょう。 『らくらく家財宅急便』は、ヤマトホームコンビニエンスが提供する『家具や家電など大物家財だけを1点から運送依頼』ができるサービスです。 自身で運搬できない大物家財だけを引越し依頼ができるので、必要な分だけの引越し料金に抑えられます。 料金相場は家財や距離により異なりますが、Aランク(一番軽量)料金の相場は1点1,400円~からあります。 宅配便だけを利用する方法 家財の引越しが不要な場合は、宅配便を利用して料金を安くする方法があります。 学生の方が実家に帰る、あるいは就職して職場の近くに新居を借りるといった場合、引越業者ではなく宅配便のみで引越しを済ませることも不可能ではありません。 もともと学生の単身(一人暮らし)の場合、大型の家具や家電は『学生の間だけ使えればいい』という基準で選んでいることが多いのではないでしょうか。 実家に戻る場合も、こうした家具は必要なくなることが多いですよね。 大きな荷物を初めとする不用品を処分し、ダンボールに詰められる荷物だけを新居に運ぶようにすれば宅配便の料金だけで引越しをすることも可能になります。 ベッドや冷蔵庫、ソファ、食器棚などがあると高くついてしまうので、事前に処分したり友人に譲ったりするなどしておきましょう。 ダンボールの3辺の合計が170cm、重さが30キロgまでなら『ゆうパック』を使用することが可能です。 さらにゆうパックは郵便局への持ち込み割引、同じ宛先に2個以上の荷物を送ることでの割引があります。 例えば、170cmサイズ、30キロまでの荷物を2つ同一県内での移動の場合、『持ち込み割引』と『複数口割引』が適用されて1個当たり1,890円、合計料金は2つで3,780円となります。 無料で時間帯指定も可能です。 これに対して、クロネコヤマトでは160cm、25キロまでの荷物が同一県内で1個当たり1,836円(持ち込みは100円引き)。 ゆうパックの方が5キロ多い分、お得と言えそうですね。 大きな荷物がない方はこうした方法を検討してみてもいいのではないでしょうか。

次の