二 銭 銅貨。 文学考察: 二銭銅貨ー黒島伝治

二銭銅貨の買取価値

二 銭 銅貨

底本:昭和二八年二月五日岩波書店発行『渦巻ける烏の群 他三編』 一 [ ] 独楽(こま)が流行(はや)っている時分だった。 弟の藤(とう)二がどこからか健吉(けんきち)が使い古した古独楽をさがし出して来て、左右の掌(てのひら)の間に三寸釘(くぎ)の頭をひしゃいで通した心棒をはさんでまわした。 まだ、手に力がないので一生懸命にひねっても、独楽は少しの間立って回(ま)うのみで、すぐみそすってしまう。 子供の時から健吉は凝り性(しょう)だった。 独楽に磨(みが)きをかけ、買った時には、細い針金のような心棒だったのを三寸釘にさしかえた。 その方がよく回って勝負をすると強いのだ。 もう十二三年も前に使っていたものだが、ひびきも入(はい)っていず、黒光りがして、重くいかにも木質(もくしつ)が堅そうだった。 油をしませたり、蠟(ろう)を塗ったりしたものだ。 いま、店頭で売っているものとは木質からして異(ちが)う。 しかし、重いだけに幼い藤二には回しにくかった。 彼は、小半日も上(あ)がり框(がまち)の板の上でひねっていたが、どうもうまく行(ゆ)かない。 「お母(かあ)あ、独楽(こま)の緒(お)を買うて。 」藤二は母にせびった。 「お(と)うにきいてみイ。 買うてもえいか。 」 「えいいうた。 」 母は、何事にもこせこせする方だった。 一つは苦しい家計が原因していた。 彼女は買ってやることになっても、なお一応、物置きの中をさがして、健吉の使い古しの緒が残っていないか確かめた。 川添いの小さい部落の子供たちは、堂の前に集まった。 それぞれ新しい独楽に新しい緒を巻いて回して、二ツをこちあてあって勝負をした。 それを子供たちはコッツリコといった。 緒を巻いて力を入れて放って引くと、独楽は澄んで回り出す。 二人(ふたり)が同時に回して、代わりがわりに自分の独楽を相手の独楽にこちあてる。 一方の独楽が、みそをすって消えてしまうまでつづける。 先に消えた方が負けである。 「こんな黒い古い独楽を持っとる者はウラ(自分の意)だけじゃがの。 独楽も新しいのを買うておくれ。 」藤二は母にねだった。 「独楽は一ツあるのに買わいでもえいがな。 」と母はいった。 「ほいたって、こんな黒いんやかい……みんなサラを持っとるのに!」 以前に、自分が使っていた独楽がいいという自信がある健吉は、 「阿呆(あほう)いえ、その独楽の方がえいんじゃがイ!」と、なぜだか弟に金を出して独楽を買ってやるのが惜しいような気がしていった。 「ううむ。 」 兄のいうことは何事でも信用する藤二だった。 「その方がえいんじゃ、勝負をしてみい。 それに勝つ独楽は誰っちゃ持っとりゃせんのじゃ。 」 そこで独楽の方は古いので納得した。 しかし、母と二人で緒を買いに行くと、藤二は、店頭の木箱の中に入(はい)っている赤や青で彩(いろど)った新しい独楽を欲(ほ)しそうにいじくった。 雑貨店の内儀(おかみ)に緒を見せてもらいながら、母は、 「藤(とう)よ、そんなに店の物をいらいまわるな。 手あかで汚(よご)れるがな。 」といった。 「いいえ、いろうたって大事ござんせんぞな。 」と内儀は愛想をいった。 緒は幾十条もそろえて同じ長さに切ってあった。 その中に一条だけ他のより一尺ばかり短いのがあった。 スンを取って切って行って、最後に足りなくなったものである。 「なんぼぞな?」 「一本、十銭よな。 その短い分なら八銭にしといてあげまさ。 」 「八銭に……」 「へえ。 」 「そんなら、この短いんでよろしいワ。 」 そして母は、十銭渡して二銭銅貨を一ツ釣り銭にもらった。 なんだか二銭もうけたような気がしてうれしかった。 帰りがけに藤二を促すと、なお、彼は箱の中の新しい独楽をいじくっていた。 他から見ても、いかにも、欲しそうだった。 しかし無理に買ってくれともよくいわず母のあとからついて帰った。 二 [ ] 隣部落の寺の広場へ、田舎(いなか)回りの角力(すもう)が来た。 子供たちはみんな連れだって見に行った。 藤二も行きたがった。 しかし、ちょうど稲刈りの最中だった。 のみならず、牛部屋(べや)では、鞍(くら)をかけられた牛が、粉ひき臼(うす)をまわして、くるくる、真ん中の柱の周囲を回っていた。 その番もしなければならない。 「牛の番やかいドーナリャ!」いつになく藤二はいやがった。 彼は納屋(なや)の軒の柱に独楽の緒をかけ、両手に端を持って引っぱった。 「そんなら雀(すずめ)を追いに来るか。 」 「いいや。 」 「そんなにキママをいうてどうするんぞいや!粉はひかにゃならず、稲にゃ雀がたかりよるのに!」母は、けわしい声をだした。 藤二は、柱と綱引きをするように身を反(そ)らして緒を引っぱった。 しばらくして、小さい声で、 「みんな角力を見に行くのに!」といった。 「うちらのような貧乏タレにゃ、そんなことはひとれやせんのじゃ!」 「ええい。 」がっかりしたような声でいって、藤二はなお緒を引っぱった。 「そんなに引っぱったら緒が切れるがな。 」 「ええい。 「藤(とう)は、何ぐずぐずいいよるんぞ!」藤二はにらみつけられた。 父は、臼の漏斗(じょうご)に小麦を入れ、おとなしい牛が、のそのそ人の顔を見ながら回っているのを見届けてから出かけた。 藤二は、緒を買ってもらってから、子供たちの仲間に入って独楽を回しているうちに、自分の緒が他人のより、大分短いのに気づいた。 彼は、それが気になった。 一方の端をそろえて、くらべると、彼の緒はだれのに比しても短い。 彼は、まだ六ツだった。 他の大きい学校へ上がっている者とコッツリコをするといつも負けた。 彼の緒が短いためになお負けるような気がした。 そして、緒の両端を持って引っぱるとそれが延びて、他人のと同じようになるだろうと思って、しきりに引っぱっているのだった。 彼は牛の番をしながら、中央の柱に緒をかけて、その両端を握って、緒よ延びよとばかり引っぱった。 牛は彼の背後をくるくる回った。 三 [ ] 健吉が稲を刈っていると、角力を見に行っていた子供たちは、大勢群がって帰って来た。 彼らは、帰る道々独楽を回していた。 「牛屋は、ボッコひっそりとしとるじゃないや。 」 「うむ。 」 「藤二あ、どこぞへ遊びに行(い)たんかいな。 」 母は荷を置くと牛部屋をのぞきに行った。 不意にびっくりして、 「健よ、はい来い!」と声をふるわせていった。 健吉は、稲束(いなたば)を投げすてて急いで行って見ると、番をしていた藤二は、独楽の緒を片手に握ったまま、暗い牛屋の中に倒れている。 頸(くび)がねじれて、頭が血に染まっている。 赤牛は、じいっと鞍(くら)を背負って子供を見守るように立っていた。 竹骨(たけぼね)の窓から夕日が、牛の眼球(めだま)に映っていた。 蠅(はえ)が一ツ二ツ牛のそばでブンブン羽をならしてとんでいた。 …… 「畜生!」父は稲束を荷(にな)って帰った六尺棒を持ってきて、三時間ばかり、牛をブンなぐりつづけた。 牛にすべての罪があるように。 「畜生!おどれはろくなことをしくさらん!」 牛は恐れて口から泡(あわ)を吹きながら小屋の中を逃げまわった。 鞍はこわれ、六尺は折れてしまった。 それから三年たつ。 あんな緒を買うてやるんじゃなかったのに!二銭やこし仕末をしたってなんちゃなりゃせん!」といまだに涙を流す。 …… この著作物は、1943年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、の期日(を参照)の時点でが著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域での状態にあります。 この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で 発行されておらず)、 かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、 かつ、の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国において の状態にあります。

次の

二銭銅貨の買取価値

二 銭 銅貨

登場人物 私 場末の貧弱な下駄屋の二階の六畳一間に、ごろごろしている金のない無職の若者。 松村武 私の友人で、下駄屋の下宿の同居人で、紳士泥坊の盗んだ金の在り処の謎を解く。 紳士盗賊 新聞記者になりすまし、まんまと電気会社社員の給料を盗み出し何処かに隠す。 あらすじ ネタバレあり あの泥棒が羨ましい、二人の間にこんな言葉が交わされるほど貧乏する。 場末の貧弱な下駄屋の二階の六畳一間で、松浦武と私が変な空想ばかりしてゴロゴロしていた頃である。 その頃、世間を騒がせた 大泥坊 おおどろぼうの巧みなやり口を 羨 うらやむような、さもしい心持ちになっていた。 その 泥坊 どろぼう事件というのは、芝区にある大きな電気工場の職工の給料日当日の出来事で、一万人近い職工の一か月の賃金を銀行から引き出し給料袋に詰め込んでいる時に、玄関に一人の紳士が現れた。 紳士は朝日新聞の記者を名乗り、支配人に面会を申し込んだ。 この支配人は、記者の操縦がうまいことを自慢にしており応対した。 男は、 鼈甲縁 べっこうぶちの眼鏡をかけ口ひげを生やし、黒のモーニングの 扮装 いでたちで現れ、高価な 埃及 エジプト煙草に火をつけた。 そして三十分ばかり支配人と労使協調や温情主義などの問題を論じる、それから支配人が便所に立った間に、男も姿を消した。 その後、会計主任から賃金支払いの金が何者かに取られていると報告を受けた。 調べてみると、いつも賃金計算をする工場の事務室がその時は改装中で、支配人室の隣室で計算作業が行われ、昼食の休憩時間のたまたま空になった時に、忍び入って持ち去られたというものだった。 損害額は、二十円札や十円札で合わせて約五万円 現在の価値で三千万円前後 であった。 紳士盗賊が捕まるが、盗んだ五万円が見つからず懸賞金がかけられる。 この新聞記者と自称する男は、紳士盗賊と呼ばれ世間を騒がせている大泥坊であった。 管轄警察署の司法主任他が臨検して調べるが 手懸 てがかりがなかった。 市内の巡査派出所へも人相書きが廻ったが何の手ごたえもない。 さらに各府県の警察署へも依頼されたが賊は上がらなかった。 もう絶望かと思われる中、一人の刑事が、賊が喫っていたFIGAROという 埃及 エジプトの舶来の煙草をたよりに煙草店をあたっていた。 その時、偶然にもある旅館の前でこの埃及煙草の吸殻があった。 ここから足がついて紳士盗賊もついに 獄裡 ごくりの人となった。 この刑事は、工場の支配人の部屋に残された珍しい埃及煙草から探偵の歩を進めたのであった。 取り調べを受けて白状したところによると、支配人の留守の間に隣の部屋に入り例の金を盗んだということだった。 押収された紳士泥坊の着ていたモーニングには手品師の服のように隠し袋がついていて、そこに五万円 現在の価値で三千万円前後 の金を隠したのだった。 さらに、この紳士泥坊は、盗んだ五万円の隠し場所について、一言も白状しなかった。 警察と、検事廷と、公判廷と三つの関所で攻め問われても知らないの一点張りだった。 紳士泥坊は、隠匿のかどで窃盗犯としてはかなり重い懲役に処せられた。 そして困り果てた被害者の工場では、責任者である支配人がその金を発見したものには、発見額の一割の賞金をかけることを発表した、つまり五千円の懸賞である。 これからお話ししようとする、松村武と私自身とに関するちょっと興味のある物語は、この泥坊事件がこういう風に発展している時に起こったことなのである。 松村は二銭銅貨と煙草屋と按摩の話で閃き、何処かへ出かけて行った。 冒頭の通り、このころの松村武と私は窮乏のどん底にのたうち廻っていたのである。 まだしも幸運だったのは、時候が春であったため寒いときだけ必要な羽織とか、下着とか、夜具や火鉢などを質屋へ運び、お金に代えて一息つけたのであった。 あるとき私は、松村の机の上に煙草のつり銭の二銭銅貨を置いていた。 松村が「どこの煙草屋だ」と聞くので、私は「飯屋の隣の婆さんのところだ」と答える。 松村が「婆さんの 外 ほかに、どんな連中がいるか」と聞くので、私は「婆さんよりもっと不機嫌な爺さんがいて、娘が一人いて、娘は監獄の 差入屋 さしいれやとかへ嫁いでいる」と答える。 松村は、立上って広くもない部屋をノソリノソリと歩き始めた。 それから私は松村を残して飯に行った。 私が飯屋から帰ってくると、松村は、珍しいことに 按摩 あんまを呼んで 揉 もませていた。 昨日、質屋の番頭を説きつけ手にした二十円の共有財産が、按摩賃六十銭だけ減ってしまった。 按摩が帰ると松村は、何か紙切れに書いたものを読んでいる。 やがて懐中からもう一枚の紙きれを取り出して二枚を比較研究している。 鉛筆を持って、新聞紙の余白に、何か書いては消し、書いては消していた。 松村は食事さえ忘れて没頭していた。 「君、東京地図はなかったかしら」突然、松村がこういって私の方を振り向いた。 そして松村は、階下へ降りておかみさんから東京地図を借りてきた。 時計はもう九時を打った。 松村は一段落ついたと見えて私に向かって、「君、ちょっと十円ばかり出してくれないか」と云うのだ。 私は、松村のこの不思議な挙動に対して、読者にまだ明かしていない私だけの深い興味を持っていたので、全財産の半分の十円を与えることに異議を唱えなかった。 松村は、私から十円を受け取ると、 古袷 ふるあわせ一枚に、皺くちゃのハンチングという扮装で、何も云わずどこかへ出ていった。 隠された五万円を見つけ出し、南無阿弥陀仏の謎解きを私に披露した。 翌朝十時頃、眼を醒ますと、 縞 しまの着物に角帯を締めて紺の前垂れをつけた商人風の男が風呂敷包を 背負 しょって立っていた。 松村武であった。 松村は、ニタニタ笑いながら低い声で「この風呂敷包の中には、君、五万円という金が入っているのだよ」と云う。 松村は、五万円も無論有難いが、あの天才泥坊に打ち勝った勝利の快感がたまらないようであった。 「俺の頭はいい、少なくとも貴公よりいいことを認めてくれ。 君が俺の机においた二銭銅貨で、君が気づかず俺が気づいたことで、二銭銅貨の二百五十万倍の金を探し出すことができた、まさに頭が優れているということだ」と自慢する。 そして彼は、謎解きを説明しだした。 それは私の好奇心を充たすためと云うよりも、彼の名誉心を満足させるものであった。 俺は、君が風呂に行ったあと、あの二銭銅貨を 弄 もてあそんでいると、あれは銅貨で作った何かの容器のようでネジを廻すと上下に開き、中から紙が出てきた。 その紙には次のように書きつけてあった。 陀、無弥仏、南無弥仏、阿陀仏、弥、無阿弥陀、無陀、弥、無弥陀仏、無陀、陀、南無陀仏、南無仏、陀、無阿弥陀、無陀、南仏、南陀、無弥、無阿弥陀仏、弥、南阿陀、無阿弥、南陀仏、南阿弥陀、阿陀、南弥、南無弥仏、無阿弥陀、南無弥陀、南弥、南無弥仏、無阿弥陀、南無陀、南無阿、阿陀仏、無阿弥、南阿、南阿仏、陀、南阿陀、南無、無弥仏、南弥仏、阿弥、弥、無弥陀仏、無陀、南無阿弥陀、阿陀仏、 この坊主の寝言のようなものをみて、最初はいたずら書きだと思ったが、これは<南無阿弥陀仏>の文字で作った暗号ではないかと思った。 そしてその時に 閃 ひらめいたのが、例の紳士泥坊のことだ。 これは手下か相棒に金の在り 処 かを示すものだと思った。 無論空想さ、だがちょっと甘い空想だからね。 そこで君に二銭銅貨の出所についてあんな質問をしたわけさ。 ところが煙草屋の娘が監獄の差入屋へ嫁いでいるというではないか。 未決監に居る泥坊が、外部と通信するためには 差入屋 さしいれやを媒介とするのが最も容易だ。 もしその目論見が何かの都合で手違いになり、そして差入屋の女房から親の煙草屋へ運ばれなかったと、どうして云えよう。 さて、この無意味な文字の配列を解くキーは何かと考え、俺は暗号と考え、南無阿弥陀仏の文字を組み合わせて置き換えたのだろうと想像した。 そして講談本から武将の真田幸村の旗印の 六連銭 ろくれんせんを思い浮かべ、そこからインスピレーションで盲人の使う点字が浮かび、按摩を呼んで教えてもらった。 自慢気に五万円を誇る松村に、それが私の悪戯なトリックだと説明する。 そういって松村は、按摩の教えてくれた点字を書いた紙片を机から取り出した。 点字の五十音、濁音符、半濁音符、 拗音 ようおん符、促音符、長音符、数字などが並べて書いてあった。 そして暗号を解いた結果として翻訳したものがこれだ。 つまり、『五軒町の正直堂から玩具の札を受取れ、受取人の名は大黒屋商店』というのだ。 紳士泥坊は一番安全な隠し場所は、隠さないで隠すことだと考えた。 衆人の目に 曝 さらしておいて、誰にも気づかれない隠し方が最も安全と考えた。 そこで玩具という巧妙なトリックを考え出した。 「正直堂は、玩具の札なんかを印刷する店で、大黒屋商店の名で玩具のお札を注文していたんだ。 そして紳士泥坊一味は、本物の紙幣を工場から盗み出し、印刷屋へ忍び込んで注文した玩具の札と摩り替えておいたのだ。 そうすれば本物の札は、印刷屋の物置に残っているわけだからね」と云い、 「そして実際に俺は番頭に扮装して訪れて、 摩 すり替えられた本物の五万円をまんまと横取りしたわけさ」と松村は云う。 私は、笑い転げて、そして笑いを噛み殺して言った。 君は、現実がそれほどロマンチックだと信じているのかい。 そして私は松村の暗号の翻訳文に八文字ずつ飛ばして印をつけた。 ゴケンチョーショー ジキドーカラオモチ ャノサツヲウケトレ ウケトリニンノナハ ダイコクヤショーテ ン。 この『御冗談』、誰かの悪戯ではないだろうか。 その札の表面には< 圓 えん>という字の代わりに< 團 だん>という字が大きく印刷されてあった。 二〇 圓 えん、十 圓 えんではなくて、二〇 團 だん、十 團 だんであった。 私は、済まぬという気持ちと 遣 やり過ぎた 悪戯 いたずらについて説明した。 正直堂という印刷屋は、実は私の遠い親戚であった。 ある日、そこで本物と少しも変わらぬ玩具の札をみたのであった。 それが長年の大黒屋という得意先の注文品であることを聞いたのである。 私は、話題となっている紳士泥坊の一件と結び付け、悪戯を思いついたのである。 あの暗号文も勿論、私が作ったものであった。 煙草屋の娘が差入屋に嫁いでいることなど 出鱈目 でたらめであった。 煙草屋に娘がいることさえ怪しかった。 最後に、トリックの出発点になった二銭銅貨について、詳しい説明を避けねばならぬことを遺憾に思う。 へまなことを書いては、あの品を私に呉れた人が迷惑を 蒙 こうむるかもしれないからである。 読者は、私が偶然それを所持していたと思って下さればよいのである。 この「二銭銅貨」は、日本で最初の探偵 推理 小説として、絶賛された。 松村は、自身をシャーロック・ホームズに真似て推理をする。 それはイギリスの作家コナンドイルのDancing Menの百六十種の暗号の書き方で、Baconの発明したtwo letter暗号法の<a>と<b>の組み合わせで文字を綴る方法や、チャールズ一世の王朝時代に政治上の秘密文書に数字を用いる方法などが紹介されている。 江戸川乱歩は、アメリカの作家エドガー・アラン・ポーに敬意をこめたペンネームであるが、アメリカ、更には遡ってイギリスに1830年代に警察制度が整い、犯罪記録をもとに書かれた犯罪小説から、後の近代推理小説が生まれたとすると、探偵小説マニアであった乱歩の処女作であると同時に、その題材にアメリカやイギリスへの敬意が表れている。 さらに日本で初めての推理小説に<南無阿弥陀仏>の六文字を、盲人の点字の配列に合わせ、その途中に講談本から真田幸村の旗印を引用するなどの展開は、純粋な日本発の推理小説の誕生として大きな功績である。 物語の構成の巧みさを整理すると、 松村と私、二人の知識的青年はいつもどちらが頭が優れているかを、貧乏で暇な暮らしにまかせてことあるごとに比べているという前フリを読者に提示している。 そこに巧みな紳士泥坊が五万円をまんまと盗み、 埃及 エジプト煙草から足がつき捕まってしまうが、現金の在り処を明かさないという新聞記事での公開情報を共有させる。 そして二銭銅貨が松村の机に置いてあったことから、推理は始まる。 二銭銅貨は造り物で上下を開くと、中から紙片がでてくる。 <物語の最後に乱歩は二銭銅貨のことは触れないこととしているが、それでも大きな文脈として偽物を置く玩具屋や、手品師などの表記からの何かのツテで入手できたと想像できる> そして推理好きの脳を刺激する。 二銭銅貨の中の紙に綴られた「南無阿弥陀仏」。 ここはまさに日本発推理小説誕生の醍醐味である。 さらに松村の推理が加速するように、「私」は紳士泥坊の足がついた煙草から想起させるために、馴染みの煙草屋のつり銭として二銭銅貨を机に置き、これをトリックの入口として、その煙草屋の老夫婦には嫁いだ娘があり、嫁ぎ先が差入れ屋 刑務所に差入に物を運ぶことができる としている。 さらに紳士泥坊の特徴として 鼈甲 べっこう眼鏡や口ひげなどの定番の変装道具に加えて、舶来の希少な 埃及 エジプト煙草という手掛かりと符合させている。 松村は、この五万円の所在を突き止めたことの喜びと、自身の知恵が「私」に対して優越することを誇り高く思うが、そのときに、「私」が、そんなロマンティックがこの世にあるものかと、この松村の謎解きと二人の貧窮暮らしを自虐してみせる。 そして二度目の面白さとして、トリックを仕組んだ「私」の巧妙さが紹介される。 そうして、やはり知恵者は松村よりも「私」であるということを読者に充分にアピールしながら小気味よい探偵 推理 小説としてまとめ上げている。 江戸川乱歩の処女作「二銭銅貨」、日本にも本格的な推理作家が誕生したと 讃辞 さんじされた。 この中に、紙が入っていて南無阿弥陀仏の六文字がランダムな組み合わせで綴られている。 この文字を暗号として解読することが作品の重要な要素となっている。 さらに乱歩は按摩が好きで、暗号の配列を按摩の点字から着想を得ている。 執筆は、失業中の乱歩がお金の妄想を抱きながらのもので実際に、「私」の貧乏描写や「あの泥棒が羨ましい」というセリフは乱歩自身の当時の思いを反映していると言われる。 雑誌『新青年』の編集長は、日本にも外国作品に劣らぬ探偵 推理 小説が生まれたと絶賛した。 発表時期 1923年 大正12年 、雑誌『新青年』4月増大号に掲載される。 当時、28歳。 江戸川乱歩の処女作であり、日本最初の本格探偵小説ともいわれる。 江戸川乱歩のペンネームは、エドガー・アラン・ポーに由来する。 大正から昭和期にかけて推理小説を得意とした小説家・推理作家である。 実際に探偵事務所に勤務した経歴を持つ。 また児童向け作品には、少年探偵団や怪人二十面相ものなど多くの作品がある。

次の

『江戸川乱歩傑作選』の感想1(「二銭銅貨」について)

二 銭 銅貨

底本:昭和二八年二月五日岩波書店発行『渦巻ける烏の群 他三編』 一 [ ] 独楽(こま)が流行(はや)っている時分だった。 弟の藤(とう)二がどこからか健吉(けんきち)が使い古した古独楽をさがし出して来て、左右の掌(てのひら)の間に三寸釘(くぎ)の頭をひしゃいで通した心棒をはさんでまわした。 まだ、手に力がないので一生懸命にひねっても、独楽は少しの間立って回(ま)うのみで、すぐみそすってしまう。 子供の時から健吉は凝り性(しょう)だった。 独楽に磨(みが)きをかけ、買った時には、細い針金のような心棒だったのを三寸釘にさしかえた。 その方がよく回って勝負をすると強いのだ。 もう十二三年も前に使っていたものだが、ひびきも入(はい)っていず、黒光りがして、重くいかにも木質(もくしつ)が堅そうだった。 油をしませたり、蠟(ろう)を塗ったりしたものだ。 いま、店頭で売っているものとは木質からして異(ちが)う。 しかし、重いだけに幼い藤二には回しにくかった。 彼は、小半日も上(あ)がり框(がまち)の板の上でひねっていたが、どうもうまく行(ゆ)かない。 「お母(かあ)あ、独楽(こま)の緒(お)を買うて。 」藤二は母にせびった。 「お(と)うにきいてみイ。 買うてもえいか。 」 「えいいうた。 」 母は、何事にもこせこせする方だった。 一つは苦しい家計が原因していた。 彼女は買ってやることになっても、なお一応、物置きの中をさがして、健吉の使い古しの緒が残っていないか確かめた。 川添いの小さい部落の子供たちは、堂の前に集まった。 それぞれ新しい独楽に新しい緒を巻いて回して、二ツをこちあてあって勝負をした。 それを子供たちはコッツリコといった。 緒を巻いて力を入れて放って引くと、独楽は澄んで回り出す。 二人(ふたり)が同時に回して、代わりがわりに自分の独楽を相手の独楽にこちあてる。 一方の独楽が、みそをすって消えてしまうまでつづける。 先に消えた方が負けである。 「こんな黒い古い独楽を持っとる者はウラ(自分の意)だけじゃがの。 独楽も新しいのを買うておくれ。 」藤二は母にねだった。 「独楽は一ツあるのに買わいでもえいがな。 」と母はいった。 「ほいたって、こんな黒いんやかい……みんなサラを持っとるのに!」 以前に、自分が使っていた独楽がいいという自信がある健吉は、 「阿呆(あほう)いえ、その独楽の方がえいんじゃがイ!」と、なぜだか弟に金を出して独楽を買ってやるのが惜しいような気がしていった。 「ううむ。 」 兄のいうことは何事でも信用する藤二だった。 「その方がえいんじゃ、勝負をしてみい。 それに勝つ独楽は誰っちゃ持っとりゃせんのじゃ。 」 そこで独楽の方は古いので納得した。 しかし、母と二人で緒を買いに行くと、藤二は、店頭の木箱の中に入(はい)っている赤や青で彩(いろど)った新しい独楽を欲(ほ)しそうにいじくった。 雑貨店の内儀(おかみ)に緒を見せてもらいながら、母は、 「藤(とう)よ、そんなに店の物をいらいまわるな。 手あかで汚(よご)れるがな。 」といった。 「いいえ、いろうたって大事ござんせんぞな。 」と内儀は愛想をいった。 緒は幾十条もそろえて同じ長さに切ってあった。 その中に一条だけ他のより一尺ばかり短いのがあった。 スンを取って切って行って、最後に足りなくなったものである。 「なんぼぞな?」 「一本、十銭よな。 その短い分なら八銭にしといてあげまさ。 」 「八銭に……」 「へえ。 」 「そんなら、この短いんでよろしいワ。 」 そして母は、十銭渡して二銭銅貨を一ツ釣り銭にもらった。 なんだか二銭もうけたような気がしてうれしかった。 帰りがけに藤二を促すと、なお、彼は箱の中の新しい独楽をいじくっていた。 他から見ても、いかにも、欲しそうだった。 しかし無理に買ってくれともよくいわず母のあとからついて帰った。 二 [ ] 隣部落の寺の広場へ、田舎(いなか)回りの角力(すもう)が来た。 子供たちはみんな連れだって見に行った。 藤二も行きたがった。 しかし、ちょうど稲刈りの最中だった。 のみならず、牛部屋(べや)では、鞍(くら)をかけられた牛が、粉ひき臼(うす)をまわして、くるくる、真ん中の柱の周囲を回っていた。 その番もしなければならない。 「牛の番やかいドーナリャ!」いつになく藤二はいやがった。 彼は納屋(なや)の軒の柱に独楽の緒をかけ、両手に端を持って引っぱった。 「そんなら雀(すずめ)を追いに来るか。 」 「いいや。 」 「そんなにキママをいうてどうするんぞいや!粉はひかにゃならず、稲にゃ雀がたかりよるのに!」母は、けわしい声をだした。 藤二は、柱と綱引きをするように身を反(そ)らして緒を引っぱった。 しばらくして、小さい声で、 「みんな角力を見に行くのに!」といった。 「うちらのような貧乏タレにゃ、そんなことはひとれやせんのじゃ!」 「ええい。 」がっかりしたような声でいって、藤二はなお緒を引っぱった。 「そんなに引っぱったら緒が切れるがな。 」 「ええい。 「藤(とう)は、何ぐずぐずいいよるんぞ!」藤二はにらみつけられた。 父は、臼の漏斗(じょうご)に小麦を入れ、おとなしい牛が、のそのそ人の顔を見ながら回っているのを見届けてから出かけた。 藤二は、緒を買ってもらってから、子供たちの仲間に入って独楽を回しているうちに、自分の緒が他人のより、大分短いのに気づいた。 彼は、それが気になった。 一方の端をそろえて、くらべると、彼の緒はだれのに比しても短い。 彼は、まだ六ツだった。 他の大きい学校へ上がっている者とコッツリコをするといつも負けた。 彼の緒が短いためになお負けるような気がした。 そして、緒の両端を持って引っぱるとそれが延びて、他人のと同じようになるだろうと思って、しきりに引っぱっているのだった。 彼は牛の番をしながら、中央の柱に緒をかけて、その両端を握って、緒よ延びよとばかり引っぱった。 牛は彼の背後をくるくる回った。 三 [ ] 健吉が稲を刈っていると、角力を見に行っていた子供たちは、大勢群がって帰って来た。 彼らは、帰る道々独楽を回していた。 「牛屋は、ボッコひっそりとしとるじゃないや。 」 「うむ。 」 「藤二あ、どこぞへ遊びに行(い)たんかいな。 」 母は荷を置くと牛部屋をのぞきに行った。 不意にびっくりして、 「健よ、はい来い!」と声をふるわせていった。 健吉は、稲束(いなたば)を投げすてて急いで行って見ると、番をしていた藤二は、独楽の緒を片手に握ったまま、暗い牛屋の中に倒れている。 頸(くび)がねじれて、頭が血に染まっている。 赤牛は、じいっと鞍(くら)を背負って子供を見守るように立っていた。 竹骨(たけぼね)の窓から夕日が、牛の眼球(めだま)に映っていた。 蠅(はえ)が一ツ二ツ牛のそばでブンブン羽をならしてとんでいた。 …… 「畜生!」父は稲束を荷(にな)って帰った六尺棒を持ってきて、三時間ばかり、牛をブンなぐりつづけた。 牛にすべての罪があるように。 「畜生!おどれはろくなことをしくさらん!」 牛は恐れて口から泡(あわ)を吹きながら小屋の中を逃げまわった。 鞍はこわれ、六尺は折れてしまった。 それから三年たつ。 あんな緒を買うてやるんじゃなかったのに!二銭やこし仕末をしたってなんちゃなりゃせん!」といまだに涙を流す。 …… この著作物は、1943年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、の期日(を参照)の時点でが著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域での状態にあります。 この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で 発行されておらず)、 かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、 かつ、の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国において の状態にあります。

次の