あび きょう かん。 阿鼻叫喚(あびきょうかん)

阿鼻叫喚(あびきょうかん)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

あび きょう かん

阿鼻叫喚 あびきょうかん : 悲惨な状況。 また、激しく泣きわめくさま 「阿鼻叫喚」の意味を詳しく 阿鼻叫喚は、仏教用語である「阿鼻 あび 」と「叫喚 きょうかん 」の二つを合わせた語です。 まず、「阿鼻」は「阿鼻地獄 あびじごく 」を指します。 地獄には八つの階層があるとされています。 犯した罪の重さによって、行く地獄は異なるのです。 これらを、まとめて八大地獄といいます。 阿鼻地獄は、その八大地獄の中でも、最も罰が重い地獄です。 また、「無間地獄 むげんじごく 」ともいいます。 次に、「叫喚」はサンスクリット語で「叫び声」を意味します。 また、八大地獄のうち、四番目に罰が重い「大叫喚地獄 だいきょうかんじごく 」のことも指します。 以上のことから、「阿鼻」も「叫喚」も恐ろしい地獄を意味することが分かります。 二つの「恐ろしい地獄」を意味する語を組み合わせることで、「悲惨な状況」という意味を強調しています。 また、地獄に落ちた人々が泣きわめくさまから、「悲惨な状況の中で激しく泣きわめく」という意味ももちます。 ちなみに、「阿鼻狭喚」と書くのは誤りですから、注意しましょう。 agonizing cries 阿鼻叫喚• pandemonium 大混乱、地獄• まとめ 以上、この記事では「阿鼻叫喚」について解説しました。 読み方 阿鼻叫喚 あびきょうかん 意味 悲惨な状況。 また、激しく泣きわめくさま 類義語 地獄絵図、地獄変相など 英語訳 agonizing cries 阿鼻叫喚 ,pandemonium 大混乱、地獄 など 地獄の名前が二つ合わさっているため、悲惨な状況がよく伝わります。 阿鼻叫喚と表すような状況には、出くわしたくありませんね。

次の

阿鼻叫喚(あびきょうかん)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

あび きょう かん

阿鼻叫喚という言葉の意味は、大きく分けて2つあります。 読み方は「あびきょうかん」となります。 まず、1つ目の意味は「 仏語。 阿鼻地獄と叫喚地獄を掛け合わせた言葉。 地獄に落ちた者がさまざまな責め苦に耐えられず泣き叫ぶ様子。 」となります。 次に、2つ目の意味は「 悲惨な状態に陥って混乱し泣き叫ぶ、とても惨たらしい様子。 」となります。 使い方としては「戦場は阿鼻叫喚の図であった。 」といった表現が一般的です。 また、阿鼻叫喚という熟語を分けて解説すると、阿鼻が「阿鼻旨を略した言葉。 無断なく。 仏教における八地獄のひとつ。 地下の最も深い部分にある最悪の地獄。 火の車や剣の山などにおいて永遠と苦しみを受ける所。 」という意味になります。 続いて、叫喚とは「大声を出して泣き喚くこと。 叫喚地獄を略した言葉。 」という意味になります。

次の

四字熟語「阿鼻叫喚(あびきょうかん)」の意味と使い方:例文付き

あび きょう かん

阿鼻叫喚(あびきょうかん) 非常な惨苦に陥って、号泣し救いを求めるさま。 「阿鼻」「叫喚」はともに仏教でいう八大地獄の一つ。 そのうち阿鼻地獄は無間(むげん)地獄ともいい、生前最も重い罪を犯した者が落とされるという最悪の地獄で、そこに落ちた者の泣き叫ぶさまからきたことば。 (2)転じて、甚だしい惨状を形容する語。 「 阿鼻叫喚の巷と化す」 (広辞苑) あび-きょうかん【阿鼻叫喚】-ケウクヮン 〘名〙 悲惨な状況に陥って泣き叫ぶこと。 (明鏡国語辞典) あびきょうかん【阿鼻叫喚】 shrieking in agony ・事故の現場はまさに阿鼻叫喚の巷(ちまた)と化した。 The scene of the accident was simply hell. (プログレッシブ和英中辞典) あびきょうかん【阿鼻叫喚】 Avici and Raurava, two of the eight burning hells in Buddhism. ・阿鼻叫喚の巷(ちまた) the veriest hell; simply hell; a veritable pandemonium ・機内は一瞬にして阿鼻叫喚の巷と化した。 In an instant all hell broke loose inside the plane. (新和英大辞典).

次の