カナヲ 生まれ変わり。 鬼滅の刃!栗花落カナヲちゃんの蝶の髪飾りの作り方!まとめ

「鬼滅の刃」カナヲの銅貨ネックレスが登場 “人は心が原動力だから心はどこまでも強くなれる!!”

カナヲ 生まれ変わり

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 【鬼滅の刃】カナヲとしのぶ強いのはどっち? 冒頭で書いた通り、しのぶとカナヲは師弟関係です。 強さのイメージ的には、師匠で 柱の胡蝶しのぶのほうが継子のカナヲよりも上な感じがします。 実際のところ、カナヲとしのぶさんってどっちの方が強いのか — 他称:しのぶさん過激派 sinobusanlove しのぶちゃんが弱いの?カナヲが強いの?どぅまくんはめちゃくちゃ強いの?どうしたいの? — 無力 rorororex カナヲめっちゃ好きなんだけど、結局しのぶよりは弱いの? — デブキラー orzDebu しかし、2人が直接戦闘するシーンはないので2人の強さ関係が実際のところわかりません。 師弟関係だし、2人とも味方だしどっちが強くても良いんですがやはり気になってしまいますw 一体どっちが強さ的には上なんでしょうか? 【鬼滅の刃】上下関係・童磨の会話や戦闘から強さ比較! しのぶもカナヲも上弦の弐のである童磨と戦闘をしています。 童磨の分析をしながらの戦闘スタイルは、ガンガン攻めてくる猗窩座とはまた違ったものでしたよね。 そんな童磨との会話や戦闘シーンは、カナヲとしのぶの強さを図ることのできる貴重場面です。 童磨は相手の良いところや悪いところを指摘するシーンも多いので、 2人の強さを図るヒントは結構多いです。 ここから下では2人の強さを童磨との会話や戦闘シーンからまとめてみました。 関連: 関連: 胡蝶しのぶの技は攻撃スピードが速い まずは先に戦闘に入ったしのぶから見ていきます。 しのぶの突き技の速さは上弦の弐である童磨でも防ぐことができないほど速いです。 このほかにも童磨がしのぶの攻撃を回避できている描写もないので、 童磨すら回避できない攻撃速度だとも考えられます。 童磨も 「今まで会った柱の中で1番かも」と言っていることから、しのぶの攻撃速度は群を抜いて速いのでしょう。 しのぶが鬼の頚を斬れていたら童磨より強い? 童磨はしのぶとの戦闘中の会話で、 「毒じゃなく頚を斬れたら良かったのにね」 「それだけ速かったら勝てたかも」 と言っていました。 この童磨の発言からすると、しのぶの飛び抜けたスピードであれば童磨にすら勝てた可能性もあったということになります。 まぁそんなに簡単にはいかないでしょうが、上弦の鬼でも反応しづらいほど速いということでしょう。 一方、カナヲにはそのような言葉はなかったので、 スピードではしのぶのほうが勝っているのは確実そうです。 カナヲは柱のしのぶよりも強さは上? 一方のカナヲは童磨に、 「今喰った柱の娘よりも実力があるかもしれない」 というイメージを植え付けるほどの強さを見せています。 上でも少し触れましたが、両者と戦っている童磨が評価していることなので信憑性は高いです。 ただ童磨は「ややもすると 何かのきっかけがあれば 」とも前置きしていますので、確実にカナヲがしのぶよりも強いかどうかの描写にはいたっていません。 簡単に言えば しのぶよりも強い可能性を秘めているといったところでしょうか。 童磨に「目が特殊」と言われるほど目がいいカナヲは、相手のわずかな動きで次の動作を予想できるようです。 この目のおかげで上弦の弐の速い攻撃も受け流すことができたようです。 しのぶは攻撃速度は速いですが、童磨の攻撃を見切ることが出来ずに傷を負ってしまいました。 短期戦なら技の速度が速いしのぶが戦闘では有利でしょうが、 長期戦となるとカナヲのように攻撃を見切る能力が重要になりそうです。 ちなみに、カナヲは幼い頃に虐待に遭っていたことでこのような能力が備わったとも噂で言われています。 カナヲの体幹はバネのよう カナヲは目が良いだけではなく、体幹も凄まじく良いようです。 戦闘シーンでの童磨も「凄く鍛えられた体幹、バネみたい」と言っていました。 戦闘シーンを見ても、カナヲはどんな体勢でも攻撃を交わしてカウンター攻撃を繰り出しています。 先程書いた目の良さに加えて、 鍛え抜けれた体幹がカナヲの強さの秘訣のようです。 【鬼滅の刃】師範のしのぶより継子のカナヲが強い! 上では童磨との会話や戦闘シーンから2人の強さのポイントを書きました。 師範のしのぶは歴代の柱の中でもトップクラスの速度を持ち、頚が切れれば童磨にも勝てた可能性があります。 一方、継子のカナヲは特殊と言われるほどの目の良さとバネのような体幹が強さに繋がっているようです。 師弟関係である2人ですが、個人的に 強さは継子のカナヲが師範のしのぶを上回っているという見方をしています。 これは上述した通り、上弦の弐・童磨との戦闘シーンでしのぶが避けられなかった童磨の攻撃を受け流したり、カウンター攻撃をする身体能力もカナヲは持っている描写があったのが理由です。 描写どころか、両者と戦った童磨が「カナヲのほうが強いかも」的なことを言っているので、単純な強さで言えばカナヲが強いんでしょう。 童磨さんは相当分析に長けた鬼ですので、 童磨戦の時点ではカナヲはしのぶの強さに並んだ、もしくは若干超えていたのは間違いなさそうです。 もちろん初登場時点ではしのぶのほうが実力は上だったんでしょうが、柱との稽古や感情の回復などを通してカナヲの強さが磨かれた可能性はありそうです。 というのも、上で触れた通りしのぶの攻撃速度は柱の中でもトップです。 仮にカナヲとしのぶが戦えば最速の突き技でしのぶが勝つ可能性も十分にあります。 童磨戦だって鬼でなければ最初の一撃でしのぶの勝利ですからね~。 最速の突き技を見切られない限り、しのぶの強さもやはり凄まじいのは確かです。 しのぶは鬼を絶命させる毒や怪我を治す薬を即座に調合したり、童磨を倒す作戦を考える頭の良さを持っています。 腕力が弱い部分を思考や作戦といった部分で補っており、 トータルで見るとやはり強い人物なのがわかります。 那田蜘蛛山での戦闘後に炭治郎たちかまぼこ隊を蝶屋敷に引き入れて面倒をみていましたが、そこでの鍛錬で彼らはかなりの成長を遂げています。 幼い頃から そんな環境で育ったカナヲが身体能力の強さでしのぶを超えててもおかしい話ではない気もします。 単純な強さで言えばカナヲが上かもしれませんが、やはり柱として鬼殺隊を導くのはしのぶのような存在がやはり適任なのかもしれません。 【鬼滅の刃】カナヲとしのぶの強さについてのまとめ 両者と戦った童磨が「カナヲのほうが強いかも」と言っているので、 単純な強さで言えばカナヲがしのぶを上回っている可能性が高いです。 童磨さんの分析によると、特殊な目と身体能力の高さがカナヲの強さの秘訣のようです。 しかし、しのぶも童磨が戦った柱の中で1番の速さを持っていますので、状況や条件次第では童磨もカナヲもしのぶには敵わないという状況もありえます。 逆に最速の技を見切られたら、腕力も防御力も弱いしのぶは2人には敵わないでしょう。 ただしのぶの強さは身体能力高さだけではなく、頭の良さや人を育てるカリスマ性というところにある気もします。 そんなしのぶの元で育ったカナヲが、身体的にしのぶを超えててもおかしな話ではないでしょう。

次の

【鬼滅の刃】キャラクター・鬼殺隊の子孫・その後・転生後・生まれ変わりの姿や名前一覧・まとめ!誰が何をしてるのか解説!(最終回ネタバレ注意)

カナヲ 生まれ変わり

今週の月曜日に発売された週刊少年ジャンプに最終話が掲載され、約4年の連載が終了した「鬼滅の刃」について、最終話の内容が腑に落ちないという意見をツイッターなどでいくつか見かけた。 僕自身は何度か読み返すことで作者の真意に気付けたような気がするので、ジャンプ読者として、また鬼滅の刃のファンとして、ここに所見を述べたい。 鬼滅の刃を愛読していた人たちに少しでも役立ててもらえたら嬉しい。 まずは、問題の最終話及びそこに至るまでの内容を確認しよう。 未読の方は先に本編を読むことを勧めます) 血で血を洗う戦いの果てに、幾人もの犠牲を出しながらも炭治郎たちはついに敵のボスである鬼舞辻無惨を倒した。 亡くなった者たちを偲びつつ、炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助の4人は炭治郎たちの故郷に帰る。 掃除をして、風呂に入り、笑顔で夕飯を食べる姿がそこに。 夜になっても家からは4人の笑い声が響いていた。 そして時間は現代に… と、ここまでが最終話の一つ前、第204話「鬼のいない世界」の内容だ。 サブタイトルにもあるように無惨を倒したことで全ての鬼(珠世が鬼にした愈史郎などを除く)が消え去り、鬼に脅かされる心配の無い世の中になった。 鬼に変貌した妹は元に戻り、家族を殺した鬼を討つことも果たした。 内容的には既に完結していると言ってもよい。 炭治郎は旅の目的を果たし故郷に帰ったのだ。 では次に最終話の内容を見ていこう。 第204話の最後のコマにも示されるように時代は現代に移る。 大正時代から約100年後。 扉絵には炭治郎たちによく似た制服姿のキャラクターたちが描かれる。 ページを追うとすぐに彼らが炭治郎たちの子孫であることが分かる。 「最後の戦いから時は経ち…」という具合に未来の平和になった世の中や主人公の子孫の様子を最後に描くのは少年漫画においてしばしば見られる一つの様式美と言っていい。 悪の親玉を倒してすんなり終わってしまうよりは余韻を味わえるところがこの形式の良い点だろう。 現に「NARUTO」や「BLEACH」も似たような終わり方をしている。 漫画好きの人なら「そして時は流れ…」の煽り文を見た時点で「ははーん、これは子孫ENDだな」と気付いたのではないだろうか。 ところが、読み進めていくうちに違和感が生じてくる。 全員いる。 あまりにもそっくりな人たちがみんないるのだ。 しかも、宇髄天元には子供ができたかもしれないが、胡蝶姉妹や岩柱の悲鳴嶼、甘露寺蜜璃と伊黒小芭内のカップルはどうだろう。 作中でそのような描写は見られないまま死亡している。 (隠し子がいたのなら別だが) これはどういうことか。 善逸の子孫が明言している。 彼らは生まれ変わりなのだ。 その後も転生したキャラクターたちが続々と登場する。 これを見た読者はやや混乱する。 「これは後の世を描いているのではないのか?」「こんなに都合良くみんな転生していてもいいの?」そんなツッコミを心の中で入れた人が多いのではないだろうか。 これは僕のフォロワーのツイートだが、朝一番で最終話を読んで困惑した心境が綴られている。 他にもツイッター上では疑問を呈する感想が数多く投稿されている。 (中には刺々しい言葉で半ば非難するようなツイートもあって悲しく思う) かくいう僕も最初に読んだ時は違和感が残った。 まるで鬼滅の刃を学園モノに置き換えた二次創作を読んでいるかのような気持ちになったのだ。 どうしてこのような形にしたのか、作者の思いを知りたいと思った。 そこで、再びじっくりと読んでみた。 二度三度と読み返すうちに、ある疑問が浮かんできた。 そしてこの疑問こそが、鬼滅の刃の最終話を読み解く鍵であると思う。 その疑問とは 「カナヲの生まれ変わりに該当する人物はなぜ男なのか」ということだ。 主要人物たちが皆ほぼそのままの外見で同じ性で生まれ変わっているのに対して、名前や瞳の色から判断しても明らかに栗花落カナヲの生まれ変わりであるこの人物はなぜ男なのか。 炭彦(炭治郎の生まれ変わり)の妹か姉として登場させた方が自然ではないだろうか? 答えはこの1ページ目にある。 カナタと炭彦、2人の歳に注目してほしい。 …お分りいただけただろうか。 カナタの方が歳上なのである。 ここまで言えば察しの良い人はもう分かったのではないだろうか。 そう、 炭治郎 の生まれ変わり はもう長男ではないのだ。 「長男」と聞いて思い出すのは、ファンの間でしばしば取り沙汰される炭治郎の台詞の一つ「俺は長男だから我慢できた」 一見ギャグのようであり、名言というより迷言ともとれる言葉だが、この台詞は炭治郎という人物を表していると思う。 竃門家の6人兄弟の長男として生まれた炭治郎には苦労が多かった。 「正月になったらみんなに腹いっぱい食べさせてやりたいし 少しでも炭を売ってくるよ」と言って、炭がいっぱいに詰まった籠を背負って山を下る場面。 白い息を吐きながら炭治郎は想う。 「生活は楽じゃないけど幸せだな」(13歳ですよ?) 「幸せが壊れる時」というのは、父親が亡くなった時のことを思い出しているのだろうか。 若くして一家の大黒柱になった炭治郎が、幼い兄妹たちにひもじい思いをさせまいと炭を売りに出かけ翌日帰ってきた時、目に飛び込んできたのは惨殺された家族の姿だった…。 鬼滅の刃に通底するテーマの一つが「痛み」ではないかと思う。 家族を殺され妹を鬼に変えられた痛みはもちろん、作中、炭治郎は多くの痛みに向き合う。 鱗滝さんの元での厳しい修行は2年もの間続いた。 鬼滅の刃においては敵が襲ってきた時に都合よく怪我が完治しているとは限らない。 炭治郎は時に痛みに耐えながら戦う。 最後の戦いの後、炭治郎の腕も、カナヲの目も、奇跡的に回復するなんてことは起きない。 死んだ者は帰ってこない。 敵である鬼の前でさえ優しさを見せる炭治郎。 痛いのをずっと我慢していた。 そんな炭治郎 の生まれ変わり が次男になった。 しっかり者のお兄さんができた。 僕はこれに気付いた時、涙が出そうになった。 炭治郎はもう我慢しなくてもいいんだ。 この視点で最終話を読み返すと、最初とは違う印象を受ける。 勤勉だった炭治郎が朝寝坊をしている。 思い返せば炭治郎は戦い以外ではのんびりした性格ではなかっただろうか。 鱗滝さんに「判断が遅い」と叱責されたこともある。 最終話で見せた姿こそが炭治郎の本来の性格なのかもしれない。 死に別れた時透兄弟は再び双子として生まれている。 最後の戦いの直後、生まれ変わったら結婚することを約束して息絶える2人。 約束通り夫婦になって定食屋を営んでいる。 姉を失った悲しみ、錆兎を失った悲しみに沈む富岡義勇。 錆兎、真菰と共に笑顔で登校している。 恐らく愈史郎は生まれ変わりではなく、100年以上生き続けてずっと珠世を想っている。 これもまた感動的だ。 そして… この場面が最終話の一番の見どころではないだろうか。 炭治郎の目の前で敵に命を奪われた煉獄杏寿郎。 炭治郎がくじけそうな時、いつも煉獄の言葉に勇気付けられた。 その煉獄と、炭治郎はまた肩を並べて走っている。 良い顔で走る2人。 繰り返し述べるが、鬼滅の刃は「痛み」の物語だというのが僕の考えだ。 家族を殺される痛み、強くなるための痛み、目の前で仲間を失う痛み、無力であることの痛み。 炭治郎だけではなく、たくさんの人たちが傷付きながら生きてゆく姿が描かれる。 敵である鬼でさえ、人間だった頃の悲痛な過去を持っている。 鬼滅の刃は、避けることのできない人の世の悲しみに真摯に向き合った作品だと言える。 この最終話「幾星霜を煌めく命」は、痛み続けた登場人物たちへの作者からの餞 はなむけ だ。 戦い続けた者たち、傷つき続けた者たちへの、限りない愛と慈しみを感じてならない。 というわけで、長々と語ってしまったが、僕の思ったところは以上だ。 波紋を呼んだ最終話だったが、「鬼滅の刃」という作品全体を振り返りながら読むと、これほどキャラクターへの優しさに溢れた最終話は他に無いようにも思う。 もちろんこの記事に書いたことは僕の個人的な一つの読み方であり、何かを決めつけるものでもないし誰かと論戦を繰り広げるためのものでもない。 おかしいと思ったら無視してくれたらいいし、少しでも役に立ったのなら嬉しい。 最後になったが、「鬼滅の刃」という素晴らしい作品を世に送り出してくれた作者の吾峠呼世晴先生には一読者として最大の賛辞を送りたい。 吾峠先生、本当にありがとうございました!.

次の

カナヲとしのぶ強いのはどっち?上下関係・童磨の会話や戦闘から強さ比較!

カナヲ 生まれ変わり

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 【鬼滅の刃】カナヲとしのぶ強いのはどっち? 冒頭で書いた通り、しのぶとカナヲは師弟関係です。 強さのイメージ的には、師匠で 柱の胡蝶しのぶのほうが継子のカナヲよりも上な感じがします。 実際のところ、カナヲとしのぶさんってどっちの方が強いのか — 他称:しのぶさん過激派 sinobusanlove しのぶちゃんが弱いの?カナヲが強いの?どぅまくんはめちゃくちゃ強いの?どうしたいの? — 無力 rorororex カナヲめっちゃ好きなんだけど、結局しのぶよりは弱いの? — デブキラー orzDebu しかし、2人が直接戦闘するシーンはないので2人の強さ関係が実際のところわかりません。 師弟関係だし、2人とも味方だしどっちが強くても良いんですがやはり気になってしまいますw 一体どっちが強さ的には上なんでしょうか? 【鬼滅の刃】上下関係・童磨の会話や戦闘から強さ比較! しのぶもカナヲも上弦の弐のである童磨と戦闘をしています。 童磨の分析をしながらの戦闘スタイルは、ガンガン攻めてくる猗窩座とはまた違ったものでしたよね。 そんな童磨との会話や戦闘シーンは、カナヲとしのぶの強さを図ることのできる貴重場面です。 童磨は相手の良いところや悪いところを指摘するシーンも多いので、 2人の強さを図るヒントは結構多いです。 ここから下では2人の強さを童磨との会話や戦闘シーンからまとめてみました。 関連: 関連: 胡蝶しのぶの技は攻撃スピードが速い まずは先に戦闘に入ったしのぶから見ていきます。 しのぶの突き技の速さは上弦の弐である童磨でも防ぐことができないほど速いです。 このほかにも童磨がしのぶの攻撃を回避できている描写もないので、 童磨すら回避できない攻撃速度だとも考えられます。 童磨も 「今まで会った柱の中で1番かも」と言っていることから、しのぶの攻撃速度は群を抜いて速いのでしょう。 しのぶが鬼の頚を斬れていたら童磨より強い? 童磨はしのぶとの戦闘中の会話で、 「毒じゃなく頚を斬れたら良かったのにね」 「それだけ速かったら勝てたかも」 と言っていました。 この童磨の発言からすると、しのぶの飛び抜けたスピードであれば童磨にすら勝てた可能性もあったということになります。 まぁそんなに簡単にはいかないでしょうが、上弦の鬼でも反応しづらいほど速いということでしょう。 一方、カナヲにはそのような言葉はなかったので、 スピードではしのぶのほうが勝っているのは確実そうです。 カナヲは柱のしのぶよりも強さは上? 一方のカナヲは童磨に、 「今喰った柱の娘よりも実力があるかもしれない」 というイメージを植え付けるほどの強さを見せています。 上でも少し触れましたが、両者と戦っている童磨が評価していることなので信憑性は高いです。 ただ童磨は「ややもすると 何かのきっかけがあれば 」とも前置きしていますので、確実にカナヲがしのぶよりも強いかどうかの描写にはいたっていません。 簡単に言えば しのぶよりも強い可能性を秘めているといったところでしょうか。 童磨に「目が特殊」と言われるほど目がいいカナヲは、相手のわずかな動きで次の動作を予想できるようです。 この目のおかげで上弦の弐の速い攻撃も受け流すことができたようです。 しのぶは攻撃速度は速いですが、童磨の攻撃を見切ることが出来ずに傷を負ってしまいました。 短期戦なら技の速度が速いしのぶが戦闘では有利でしょうが、 長期戦となるとカナヲのように攻撃を見切る能力が重要になりそうです。 ちなみに、カナヲは幼い頃に虐待に遭っていたことでこのような能力が備わったとも噂で言われています。 カナヲの体幹はバネのよう カナヲは目が良いだけではなく、体幹も凄まじく良いようです。 戦闘シーンでの童磨も「凄く鍛えられた体幹、バネみたい」と言っていました。 戦闘シーンを見ても、カナヲはどんな体勢でも攻撃を交わしてカウンター攻撃を繰り出しています。 先程書いた目の良さに加えて、 鍛え抜けれた体幹がカナヲの強さの秘訣のようです。 【鬼滅の刃】師範のしのぶより継子のカナヲが強い! 上では童磨との会話や戦闘シーンから2人の強さのポイントを書きました。 師範のしのぶは歴代の柱の中でもトップクラスの速度を持ち、頚が切れれば童磨にも勝てた可能性があります。 一方、継子のカナヲは特殊と言われるほどの目の良さとバネのような体幹が強さに繋がっているようです。 師弟関係である2人ですが、個人的に 強さは継子のカナヲが師範のしのぶを上回っているという見方をしています。 これは上述した通り、上弦の弐・童磨との戦闘シーンでしのぶが避けられなかった童磨の攻撃を受け流したり、カウンター攻撃をする身体能力もカナヲは持っている描写があったのが理由です。 描写どころか、両者と戦った童磨が「カナヲのほうが強いかも」的なことを言っているので、単純な強さで言えばカナヲが強いんでしょう。 童磨さんは相当分析に長けた鬼ですので、 童磨戦の時点ではカナヲはしのぶの強さに並んだ、もしくは若干超えていたのは間違いなさそうです。 もちろん初登場時点ではしのぶのほうが実力は上だったんでしょうが、柱との稽古や感情の回復などを通してカナヲの強さが磨かれた可能性はありそうです。 というのも、上で触れた通りしのぶの攻撃速度は柱の中でもトップです。 仮にカナヲとしのぶが戦えば最速の突き技でしのぶが勝つ可能性も十分にあります。 童磨戦だって鬼でなければ最初の一撃でしのぶの勝利ですからね~。 最速の突き技を見切られない限り、しのぶの強さもやはり凄まじいのは確かです。 しのぶは鬼を絶命させる毒や怪我を治す薬を即座に調合したり、童磨を倒す作戦を考える頭の良さを持っています。 腕力が弱い部分を思考や作戦といった部分で補っており、 トータルで見るとやはり強い人物なのがわかります。 那田蜘蛛山での戦闘後に炭治郎たちかまぼこ隊を蝶屋敷に引き入れて面倒をみていましたが、そこでの鍛錬で彼らはかなりの成長を遂げています。 幼い頃から そんな環境で育ったカナヲが身体能力の強さでしのぶを超えててもおかしい話ではない気もします。 単純な強さで言えばカナヲが上かもしれませんが、やはり柱として鬼殺隊を導くのはしのぶのような存在がやはり適任なのかもしれません。 【鬼滅の刃】カナヲとしのぶの強さについてのまとめ 両者と戦った童磨が「カナヲのほうが強いかも」と言っているので、 単純な強さで言えばカナヲがしのぶを上回っている可能性が高いです。 童磨さんの分析によると、特殊な目と身体能力の高さがカナヲの強さの秘訣のようです。 しかし、しのぶも童磨が戦った柱の中で1番の速さを持っていますので、状況や条件次第では童磨もカナヲもしのぶには敵わないという状況もありえます。 逆に最速の技を見切られたら、腕力も防御力も弱いしのぶは2人には敵わないでしょう。 ただしのぶの強さは身体能力高さだけではなく、頭の良さや人を育てるカリスマ性というところにある気もします。 そんなしのぶの元で育ったカナヲが、身体的にしのぶを超えててもおかしな話ではないでしょう。

次の