ウーバーテクノロジーズ 株価。 ウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies)の株価・見通し・決算情報|米国株なら投資パンダ!

2020年のウーバーは有望株、その理由

ウーバーテクノロジーズ 株価

配車サービスを手掛ける米の株価が今年、2019年に 年間約55%上昇した並みの大幅な上昇をみせる可能性がある。 RBCキャピタルマーケッツの調査によると、損失の削減とともに、配車サービス事業の成長が見込まれる。 RBCのアナリストのマーク・マハニー氏は24日、米テレビ局CNBCに対し、ウーバーはRBCの今年のトップピック銘柄だと述べた。 米株市場での24日のウーバーの終値は前日比0. 60ドル(1. 6%)安の36. 80ドル。 RBCによるウーバーの目標株価は64ドルで、この見立て通りなら、24日の終値から70%超の上値余地がある。 投資判断は「買い」。 マハニー氏は、フェイスブックは18年に混乱した状態にあったが、ファンダメンタルズは損われなかったとし、ウーバーも同様の状態にあるとみていると述べた。 フェイスブックはこの年、個人情報の流出問題などで株価が大きく下げる場面があった。 同氏は、ウーバーが料理宅配サービス「ウーバーイーツ」のインド事業を売却したことに言及し、この種のポジティブな決定を重ねれば損失の削減が可能だと指摘した。 ウーバーが昨年11月に発表した19年7~9月期決算は最終損益が11億6200万ドルの赤字。 6四半期連続で最終赤字となった。 同社は2月6日に10~12月期決算を発表する予定。 サービス利用率 同氏はまた、米国の配車サービスに成長余地が大きいこともウーバーにとって強みだと述べた。 RBCの調査によると、米国のインターネット利用者のうち配車サービスを利用するのはわずか40%程度。 この数値は倍増する可能性があるとみていると同氏は語り、ウーバーは中核の配車サービス事業で20%のブッキングの伸びを市場予想よりも長期間維持できる可能性があると予想した。 ウーバーは昨年5月10日に上場した。 取引初日の終値は41. 57ドルと、新規株式公開(IPO)価格の45ドルに比べて7. 6%安だった。 6月に付けた47. 08がIPO後の高値。 11月には25. 58ドルまで売られた。 ただ、20年の年初来上昇率は20%超に達している。 本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。 本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。 また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。 投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。 本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。 取引画面にてご確認ください。 ただしFXは一般社団法人金融先物取引業協会が算出した為替リスク想定比率以上となります。 為替リスク想定比率は金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出されます。 株式CFD取引・両替・口座管理・出金の各手数料、ライブデータ・チャートの各利用料、スワップポイント、調達コスト、配当金相当額、借株コスト、ノースリッページ注文保証料、ノックアウトプレミアム。

次の

2020年のウーバーは有望株、その理由

ウーバーテクノロジーズ 株価

グラブハブは、あまり日本人には馴染みがないが、シカゴに本社を置くフードデリバリー企業で。 すでに850万人を超えるユーザーと5万店を超えるレストランパートナーを抱えるそれなりに巨大な企業です。 とは言え、米国の上場企業の中では、時価総額55億ドル程度とまだまだ成長途中のベンチャー企業と言えるでしょう。 ウーバーテクノロジーズは、日本では特に、ウーバーイーツのイメージが強く、コロナの影響で自粛ムードが強まって以降は、街中でウーバーイーツの配達員を見かけることがかなり増えました。 ですが、ウーバーイーツは今のところウーバーテクノロジーズの収益に貢献している訳ではなく、実感とは違い業績は芳しくないようです。 なるほど!業績を改善するためにベンチャー企業のグラブハブを買収して収益性を高めようとしているのか!・・・とも考えましたが、グラブハブも今のところ、まだ収益がマイナスの立派な赤字企業です。 やっぱりデリバリーサービスと言うのは参入障壁が低く、差別化も計りづらいので厳しい業界なんですかね。 どちらも業績が良くはない企業ですが、統合することで良いシナジーが生まれ、もしかしたら収益性が高まるかもしれないと言う期待を込めて、ウーバーテクノロジーズ、グラブハブ株共に大きく株価は上昇しているのかもしれませんね。 ですが、私が投資対象としているのは、 『誰もが知っている、巨大な優良企業』ですので、今のところウーバーテクノロジーズにも、グラブハブにも投資冥利を感じることはありません。 やはり黒字を恒常化させるだけではなく、右肩上がりに成長していく力強さを見せてくれる株にこそ投資冥利があると私は考えています。 もちろん、将来ウーバーテクノロジーズやグラブハブが大成功を収めて今の株価なんて誤差と言える水準まで爆上げする可能性もあります。 ですが、それはそれとして私自身はなんとも思いません。 私は基本的にニュースに飛びついて短期売買をするのではなく、誰もが聞いたことのある企業の中でも優良だと思う企業に少しずつ投資しているので、ウーバーテクノロジーズやグラブハブは今のところ投資対象外と言える状態です。 長期投資を心がけるつもりなら、今のところはまだウーバーテクノロジーズやグラブハブといった新興の企業は避けておいた方が無難と言えるかもしれません。 今回の買収話でもしウーバーテクノロジーズが大成功を収めれば、、、投資対象としてよく調べるのはそれからでも遅くはないんじゃないかなと思います。 今の段階では株価は大きく上昇していますが、どちらも結局は赤字を叩き出しているのですから、まだまだだなと言わざるを得ません。 これから先、この2社の運命やいかにと言ったところでしょうか。 早く安定して黒字になることを祈るばかりです。 我々長期投資家が投資先として魅力的か否かの判断をするのは、まだまだ早計です。 これからじっくりと成長を見届けていくのが今の我々にできるスタンスなのではないでしょうか。

次の

UBER

ウーバーテクノロジーズ 株価

黒字になるまで時間がかかる ビジネスでは、いかに早く黒字にするかが重要になります。 赤字を垂れ流すにはさらにお金が必要になり、黒字にするにはさらに稼がなければなりません。 Uber ウーバー とLyft リフト は、売り上げが増えても、それを超える赤字を出しています。 配車サービスのウーバー・テクノロジーズが8日公表した4-6月(第2四半期)決算では、調整後売上高が市場予想に届かず、純損益は52億4000万ドル(約5550億円)の赤字だった。 過去最大の赤字を記録した同社は、成長性や早期の黒字転換の可能性を投資家に確信させることはできなかった。 bloomberg. 業績が確認できる17年1~3月期以降、10四半期連続で最終赤字となったものの、赤字幅は19年1~3月期(11億3800万ドル)に比べ大幅に縮小した。 競争環境の改善によって顧客獲得の費用は減少傾向にあり、ローガン・グリーン最高経営責任者(CEO)は「黒字化に向けた画期的な四半期になった」と総括した。 nikkei. 近年の傾向では、赤字や負債をあまり気にせずに、事業拡大してシェアを取ることに主眼をおく企業が増えており、シェアを取ったあとで利益を増やせば良いという考え方で経営しています。 そのため、上場後数年は、事業拡大によるシェアを取ること最優先で動くため、大きな負債を出すこともいとわないのです。 シェアを取れば、利益を独占的に得ることができ、莫大な収益出すことも可能なのです。 今年IPOで上場した企業にもそういった考えの企業はありますし、話題になっているWeWork ウィーワーク はその典型です。 そのため、投資家としては、上場後数年はあまりおいしくないと考えるのもおかしくありません。 ビジネスが微妙 ウーバー、リフトなどの配車サービスは、より効率的に安く移動手段を与えてくれるサービスとして注目されていますが、世界に大きなインパクトを与えるビジネスだと考えている人はあまりいません。 配車サービスは、言い換えれば 「素人タクシーを呼ぶサービス」であると思っている人が多いかもしれません。 ウーバーのサービスである 「ウーバーイーツ」は 「素人による出前」と考えている方もいるでしょう。 企業が評価されるポイントとしては大きくわけて2つです。 「特別すごいわけではないが、利益が出ている」か「利益はあまり出ていないが将来世界を変えるビジネス」かの2つではないでしょうか? 逆に言えば、特にすごくもないし、利益も出ていない企業は投資家にとっては、あまり投資したいとは思わないはずです。 配車サービスはしっくりこない ここからは、僕自身の考えです。 ハッキリ言って、配車サービスはしっくり来ません。 もともと、タクシーなどのサービスをほぼ使わず、徒歩や電車、自動車で移動するからです。 なので、配車サービスに対しては特にインパクトは感じていません。 また、ウーバーイーツに対しては、そこそこ需要があるのではと考えています。 都内で生活していると、ウーバーイーツの配達をしている人をそこそこ見かけるので、一定の需要があるのではないかと考えています。 なので、ウーバーにおいては、配車サービスよりも出前サービスのほうが良いかもしれません。 そんじゃ、また明日。

次の