いつかこの毎日も昔話となって。 佐久の歴史散歩その2 「石にまつわる民話・昔話」

自分のこと大切にしてますか?いつも同じ毎日が来る幸せを実感させられたお岩さん事件

いつかこの毎日も昔話となって

むかしむかし、あるところに、貧しいおじいさんとおばあさんが住んでいました。 ある寒い冬の日、おじいさんは町へたきぎを売りに出かけました。 すると途中で、一羽の鶴が猟師のワナにかかってもがいていたのです。 鶴が動けば動くほどワナは鶴を締めつけてしまいます。 おじいさんは可愛そうに思って、 「さあさあ、はなしてあげる。 これから、気をつけるんだよ。 」 と、鶴を逃がしてやりました。 そうすると鶴は、山の方に飛んで行きました。 家に帰ると、おじいさんはおばあさんに、 「さっきワナにかかった鶴を助けてやった。 」 と話していると、 コンコンと入口の戸をたたく音がしました。 その日は、日暮れ頃から降り始めた雪が、コンコンと積もって大雪になっていました。 「こんな日に誰だろう」 と二人が思っていると 「ごめんください。 開けてくださいまし」 と若い女の人の声が聞こえてきました。 おばあさんが扉をあけたところ、頭から雪をかぶった美しい娘がそこに立っていました。 「雪で道に迷ってしまいました。 どうか一晩ここに泊めてもらえないでしょうか。 」 と娘が言うと優しいおばあさんは、 「まあ、寒かったでしょう。 さあ、早くお入り」 と、娘を家に入れてやりました。 娘は喜んで、その晩は食事の手伝いなどをして働きました。 あくる日、おばあさんが目を覚ますと、娘はもう起きて働いていました。 いろりには火が燃え、鍋からは湯気があがっています。 そればかりか、家中がきれいに掃除されているのです。 「まあ、ご飯ばかりか、お掃除までしてくれたのかね。 」 おばあさんは大変喜びました。 次の日も、その次の日も大雪で、娘は帰ることができませんでした。 娘は毎日、おばあさんのお手伝いをし、おじいさんの肩をもんでくれました。 「何て良く働く娘さんじゃ。 こんな娘が家にいてくれたら、どんなにうれしいじゃろう」 おじいさんとおばあさんは、顔を見合わせました。 すると娘が、手をついて頼みました。 「身寄りのない娘です。 どうぞ、この家においてくださいませ」 おじいさんとおばあさんは喜んで、それから三人貧しいけれど、楽しい毎日を過ごしました。 ある日、娘は「機 はた をおりたいから、糸を買ってください」とおじいさんに頼みました。 おじいさんが糸を買ってくると、娘は機の回りにびょうぶを立てて、 「機をおっている間は、決して部屋をのぞかないでください。 決して、決してのぞかないでください。 」 と、言って、機をおり始めました。 「トントンカラリ、トンカラリ、トントンカラリ、トンカラリ」 娘は部屋に閉じこもると一日じゅう機をおり始め、夜になっても出て来ません。 娘が機をおり始めて、三日目の夜、ようやく機を織り終えた娘は それは実に美しい、いままで見たことのない織物を持って部屋を出てきました。 「おじいさま、おばあさま、この綾錦 あやにしき を町へ売りにいってください。 」 次の日、おじいさんが町へ売りに行くと、織物はとても高く売れました。 おじいさんは喜んで、家に帰りました。 すると次の日、娘はまた機をおり始めました。 「トントンカラリ、トンカラリ、トントンカラリ、トンカラリ」 三日が過ぎたとき、おばあさんはおじいさんに言いました。 「ねえ、おじいさん。 あの娘はいったいどうして、あんな見事な布をおるのでしょうね。 ほんの少し、のぞいてみましょう」 娘が決して見ないで下さいといったのを忘れて、おばあさんは部屋をのぞいてみました。 おばあさんがびょうぶのすきまからのぞいてみると、一羽の鶴が自分の羽を抜いて機をおっていました。 「おじいさんや、鶴が機をおっていますよ。 」 おどろいたおばあさんは、おじいさんにこの事を話しました。 「トントンカラリ、トンカラリ・・・」 機の音が止んで、前よりもやせ細った娘が布をかかえて出てきました。 「おじいさま、おばあさま。 私はワナにかかっているところを助けられた鶴です。 恩返しに来たのですが、姿をみられたので、もうここにはいられません。 ご恩をお返ししたいと思って娘になってまいりました。 けれど、もうお別れでございます。 どうぞ、いつまでもおたっしゃでいてくださいませ」 娘はそういって手を広げると、鶴になり、空に舞い上がると家の上を回って、山の方に飛んで行ってしまいました。 おじいさんとおばあさんは、いつまでもいつまでも鶴を見送りました。 それからのち、二人は娘のおった布を売ったお金で幸せに暮らしました。 ~おしまい~.

次の

【日本の昔話】鶴の恩返し

いつかこの毎日も昔話となって

<レビューより> 赤羽末吉で検索していたら出てきたのがこの本でした。 岩波子どもの本で『かにむかし』が出版されている木下順二さんの作です。 表題作の『わらしべ長者』はもちろん「大工と鬼六」「見るなのざしき」など有名な昔話が網羅されていて、一日一話的に読み聞かせができます。 昔話、自分で読めるようになっても耳で聞くのがやはり楽しいようです。 息子も毎日のように『わらしべ長者』の本とリクエストしてきました。 「三年寝太郎」ってこんなうまい具合にいく話だったんだ、「天人女房」って中国にも似たようなお話があったなあなど私にも新たな発見がありました。 中には「彦市ばなし」もあったので、先に他の本で読んでいた息子が「この話はこうでしょ」と言ってくる場面もありました。 絵が赤羽さんで、この本に収録されているお話の中には赤羽さん絵で絵本になっているものもありますが、絵は違うのでこれはこれで楽しめました。 日本のものも海外のものも昔話は息子とたくさん読んでいきたいと思っているので、昔話がコンパクトに集まったこの本はお薦めです。 「眠りの森の美女」「赤頭巾ちゃん」「青ひげ」「長靴をはいた猫」「サンドリヨン(ガラスの靴)」「おやゆび小僧」「ロバの皮」など。 1697年版の題に《過ぎた昔の……》とあるように,またほとんどが《むかしあるところに》と書き出されているとおり,「ペロー童話」というのは,基本的に「昔話」なのです.つまり,ある「作家」があるとき創作した「作品」というよりも,もともとは,いつからともなしに,親が子に,語り部が民衆に,何十年何百年ものあいだ語り伝え,語り継いできた「民話」とか「説話」とよばれるお話だったのです. ヨーロッパでは,とくに17世紀後半,フランスのペローやイタリアのバジーレによって,そして19世紀にはドイツのグリム兄弟によって,このような口承説話を記録・収集し,読者・研究者にひろく提供する仕事が結実し,評価されるようになりました.中でも重要かつ有名なのが,「グリム童話」ですが,それより百年余りも早く,十七世紀の末に刊行されたのが「ペロー童話」です.グリム兄弟は,自分たちの『子どもと家庭のための童話集(メルヒエン)』の第一巻の初版(1812年)の序文の中で,先駆者ペローの「昔話』の,聞き書き叙述の簡潔さ・正確さを称賛し,ペロー童話集の類話の多くを自分たちの童話集に取り入れています. (「訳者あとがき」より) *《過ぎた昔の……》=『過ぎた昔の物語またはお話集・教訓付き』 どの民族や地域にも伝承があるように、ユダヤ人も民話を語りついできました。 といっても、ローマ帝国の時代に国を滅ぼされて以来、ユダヤ人は約二千年ものあいだ、世界各地に離散して暮らしてきました。 人々は各地に共同体を築き、ユダヤ教の信仰と伝統を守りながら、それぞれの暮らす土地の伝承とまじりあった民話を語りついできたのです。 本書には、そうした各地に伝わる、とんちやユーモアのきいたおもしろい民話、そしてユダヤ教のたとえ話、聖書の「創世記」物語などもあわせて、38編を収めます。 ヘブライ語文学の翻訳家による貴重な民話集。 出久根育さんが、民話の雰囲気にふさわしいすてきな絵を添えてくださいました! ロシアの民話(トルストイの民話).

次の

年をとってからやってはいけない3か条~説教、昔話、自慢話

いつかこの毎日も昔話となって

昔話は、どんな出だしだったかな? ラジオ昔話で朗読している「むかしばなし」の最初の部分を、少しご紹介しますね。 面白そう!と思ったら、ぜひ聴いてみてください。 この他にも、毎週週替わりで有名なお話をお届けしています。 さあ、あなたを、懐かしい昔話の世界へご招待します。 (ラジオ昔話のお話は、100%オリジナルで書き直したものを朗読しています。 ) 「さるかに合戦」(昔話) むかしむかし、あるところに、お母さん蟹がおりました。 ある日、お母さん蟹が散歩をしていると、おいしそうなおむすびが1つ落ちているではありませんか。 お母さん蟹はとてもお腹が空いていたので、大喜びでそのおむすびを食べようとしました。 すると、そこへ猿がやってきて言いました。 「カニさんカニさん、そのおむすびをぼくにくれないかい?その代わり、もっといいものをあげるよ。 」そう言って、さるは1粒の柿の種を取り出しました。 「こんなもの、食べられないわ。 」と、お母さん蟹が言うと、猿は言いました。 「かちかち山」(昔話) むかしむかし、あるところに、とても仲のよいおじいさんとおばあさんが住んでおりました。 おじいさんとおばあさんは、山のウサギとも仲良しで、遊びに来るといつもご飯を食べさせてやっていました。 子供のいないおじいさんとおばあさんは、このうさぎが来るのをいつも楽しみにしていたのです。 うさぎも、山から木の実やきのこを取っては、大好きなおじいさんとおばあさんへ、おみやげに持っていきました。 ・・・・・ 「おむすびころりん」(昔話) むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。 おじいさんの仕事は、山で木を切ることです。 ある日のこと、おじいさんはいつものように、おばあさんにたくさんのおむすびを作ってもらって、山へ仕事にでかけました。 川を渡り、いつもの山道を登っていくと、そこはもう、木の生い茂る山の中です。 おじいさんは早速、仕事をはじめることにしました。 大きなおのを、木に打ちおろします。 ・・・ 「かぐや姫」(昔話) むかーしむかし、あるところに竹取のおじいさんとおばあんさんがおりました。 おじ いさんは、毎日山に入っては竹を切り、家に持ってかえっていろんな竹細工を作っておりました。 そして、それを町へ売りに行って暮らしておりました。 ある日のこと、 おじいさんがいつものように山へ行き、竹を切っていると、向こうの方になにやら明るく光るものが見えます。 「はて、なんじゃろう?」と思い、近寄ってみると、一本の竹がきらきらと金色に輝いているではありませんか。 ・・・・・・・・ 「かさ地蔵」(昔話) むかーしむかし、ある村に、とても貧乏なおじいさんとおばあさんがおりました。 明日は正月だというのに、餅をつく米さえありません。 おじいさんは言いました。 「なあ、ばあさんやー。 明日はめでたい正月だというのに、うちには食べるものがなーんもねえ。 どうすべかなあ。 」「そうさなあ。 ほんに、困ったことじゃー・・・。 そうそう、じいさんがせっせと貯めておる、わら、を町へ売りに行ってはどうかいなあ。 」・・・ 「しょじょ寺のたぬきばやし」(昔話) むかしむかし、ある山おくに、「しょじょ寺」という小さなお寺がありました。 お寺のある山には、たぬきがたくさん住んでいて、夜になると、化けて出たり、はらづつみを打ったり、あばれたりと、いたずらばかりしていました。 おかげで、このお寺にはおしょうさんがいつかず、お寺は荒れほうだいです。 そんなある日、一人のえらいおしょうさんがやってきました。 このお寺の荒れように、おしょうさんはあきれ顔です。 「たにし長者」(昔話) むかしむかし、ある村に、とても貧しいお百姓の夫婦がおりました。 この夫婦には子供がいません。 なんとか子供が欲しいものだと思い、毎日水神様(すいじんさま)にお願いしておりました。 水神様は水の神様で、百姓にとってとても大切な神様です。 夫婦は今日も水神様にお願いしました。 「どうか、たにしのような子でもいいから、わしらにさずけてくだされや。 」 それからしばらくたったある日のこと、急に女房のお腹が痛くなったかと思うと、なんと、本当にたにしの子供が生まれたのです。 「きき耳ずきん」(昔話) むかーしむかし、ある村にひとりのおじいさんがおりました。 おじいさんは、毎日山でしばをかり、遠くの町まで売りに行って暮らしておりました。 今日も、いつものように山へ入ります。 そして、せっせと働いて、たくさんのしばをかりました。 やがて夕方になり、おじいさんはそのしばを背中に背負い、家に帰ることにしました。 さて、しばらく山道を歩いていると、どこからか「くえーん、くえーん」と悲しそうな鳴き声が聞こえてきます。 「はて、なんじゃろう。 なにやら鳴き声が聞こえたようじゃが。 」 「だんだらぼっち」(昔話) むかしむかし、志摩半島の波切(なぎり)という村の近くに、大王島(だいおうじま)という島がありました。 これは、その島に住んでおった「だんだらぼっち」という一つ目の大男のお話です。 さてさて、このだんだらぼっち、どのくらい大きいかというと、山のてっぺんにある木の実を、手をのばして取るほどです。 しかも、村の人が十人かかってもかなわぬほど、力がものすごく強いのです。 大きな岩なんか、ひょいっと持ち上げ、ほうり投げてしまいます。 だから、だんだらぼっちが来るときは、波切の村は、それはもう大騒ぎ。 まるで台風が来たかのようです。 「竹取物語」(昔話) むかーしむかし、あるところに竹取のおじいさんとおばあんさんがおりました。 おじ いさんは、毎日山に入っては竹を切り、家に持ってかえっていろんな竹細工を作っておりました。 そして、それを町へ売りに行って暮らしておりました。 ある日のこと、 おじいさんがいつものように山へ行き、竹を切っていると、向こうの方になにやら明るく光るものが見えます。 「はて、なんじゃろう?」と思い、近寄ってみると、一本の竹がきらきらと金色に輝いているではありませんか。 不思議に思ったおじいさんは、この竹を切ってみることにしました。

次の