スペイン 風邪 死亡 数。 今改めて知っておきたい過去のパンデミック:1918年に大流行したスペインかぜが世界に与えた影響とは?

スペイン風邪のデータから学べること│TheInvestors

スペイン 風邪 死亡 数

そりゃー、スペイン風邪です。 第1波、第2波、第3波のウイルスが 日本各地を襲い それで ウン十万人も死んでる。 ウィキペデアを参照。 第一次世界大戦時に中立国であったため情報統制がされていなかったスペインでの流行が大きく報じられたことに由来する(スペインが発生源という訳ではない)。 1918年パンデミックとも呼ばれる。 1918年1月から1920年12月までに世界中で5億人が感染したとされ、これは当時の世界人口の4分の1程度に相当する。 その中には太平洋の孤島や北極圏の人々も含まれた。 死者数は1,700万人から5000万人との推計が多く、1億人に達した可能性も指摘されるなど人類史上最悪の感染症の1つである。 アメリカ合衆国ではパンデミックの最初の年に平均寿命が約12歳低下した。 近年の研究により、スペインかぜはH1N1亜型インフルエンザウイルスによるものと判明している。 (H1N1によるパンデミックは、スペインかぜと2009年の新型インフルエンザの2回である) 概要[編集] 第一次世界大戦中の士気維持のため、ドイツ、イギリス、フランス、アメリカ合衆国での病状や死亡の初期報告は検閲により最小限に抑えられた。 一方で中立国スペインにおける伝染病の影響は自由に報道され、アルフォンソ13世の重病を初めとする多数の記事はスペインが特に大きな被害を受けたという誤った印象を生み出した。 ここから「スペインかぜ」という呼称が広まった。 しかし歴史的、疫学的データは地理的起源を確実に特定するには不十分であり、その起源には諸説ある(後述)。 ほとんどのインフルエンザの流行では死者が乳幼児と高齢者に偏り、その中間の年齢層の生存率は高いが、スペインかぜでは若年成人の死亡率がその他のインフルエンザと比較して高かった。 科学者たちは、1918年のインフルエンザ大流行の死亡率の高さについて、いくつかの可能性のある説明を提示している。 いくつかの分析はウイルスがサイトカイン放出症候群を引き起こし強い致死性を得ることを示している(サイトカインストーム)。 サイトカインストームは若年成人の強い免疫システムを破壊する。 これとは対照的に、パンデミック期以降の医学誌に対する2007年の分析では、スペインかぜのウイルス感染は以前のインフルエンザ株よりも攻撃的ではなかったことが判明した。 その代わり、栄養失調、過密な医療キャンプや病院、劣悪な衛生状態が細菌性の重複感染を促進していた。 ほとんどの犠牲者はこの重複感染が死因であり、重篤期間はやや長期化することが多かった。 起源[編集] 起源については諸説あるが、いずれも仮説の域を出ていない。 アメリカ疾病予防管理センター CDC は、アメリカでは1915年と1916年に既にインフルエンザと肺炎による死亡率の急増が見られていたと指摘する一方で、この増加と1918年のインフルエンザパンデミックとの関連性は不明としており、パンデミックの地理的な発生源を特定するには歴史的・疫学的なデータが不足していると述べている。 カナダの鴨のウイルスがイリノイ州の豚に感染したとの推定もある。 近年のコンピューター解析によって、1918年型インフルエンザウイルスの前駆体が1907年頃に発生したことが判明している。 経緯[編集] 起源に諸説あることから必然的に経緯も諸説ある。 以下は諸説の1例に過ぎないと考えるべきである。 スペインかぜは、記録にある限り人類が遭遇した最初のインフルエンザの大流行(パンデミック)である。 第1波は1918年3月にアメリカのデトロイトやサウスカロライナ州付近などで最初の流行があり、アメリカ軍のヨーロッパ進軍と共に大西洋を渡り、5月から6月にヨーロッパで流行した。 第2波は1918年秋にほぼ世界中で同時に起こり、病原性がさらに強まり重篤な合併症を起こし死者が急増した。 第3波は1919年春から秋にかけて、第2波と同じく世界で流行した。 さらに、最初に医師・看護師の感染者が多く医療体制が崩壊してしまったため、感染被害が拡大した。 この経緯を教訓とし、2009年新型インフルエンザの世界的流行の際にはインフルエンザワクチンを医療従事者に優先接種することとなった。 被害状況[編集] スペインかぜの患者でごった返すアメリカ軍の野戦病院。 マスクをつける日本の女性たち。 被害者数[編集] 世界[編集] 世界全体の推定感染者数は世界人口の25-30%(WHO)、または世界人口の3分の1、または約5億人とされる。 当時の世界人口は18億人から20億人と推定されている。 世界全体の推定死者数は1700万人から1億人と幅がある。 アメリカでも50万人が死亡したとされる。 これらの数値は感染症のみならず戦争や災害などすべてのヒトの死因の中でも、最も多くのヒトを短期間で死亡に至らしめた記録的なものである。 日本[編集] 日本では、1918年10月に大流行が始まり、世界各地で「スパニッシュ・インフルエンザ」が流行していることや、国内でも多くの患者が発生していることが報じられた。 第1回の流行が1918年10月から1919年3月、第2回が1919年12月から1920年3月、第3回が1920年12月から3月にかけてである。 当時の人口5500万人に対し約2380万人が感染したとされる。 第1回の患者数・死亡者数が最も多い。 第2回では患者数が減少する一方、致死率は上昇している。 第3回の患者数・死亡者数は比較的少数であった。 日本におけるスペインインフルエンザの被害 流行 患者 死者 致死率 1918(大正7)年8月-1919(大正8)年7月 2116万8398人 25万7363人 1. 22% 1919(大正8)年9月-1920(大正9)年7月 241万2097人 12万7666人 5. 29% 1920(大正9)年8月-1921(大正10)年7月 22万4178人 3698人 1. 65% 合計 2380万4673人 38万8,727人 1. 63% 感染者数2380万人、死亡者約39万人が内務省衛生局編『流行性感冒』による統計数値である。 速水融は死亡者を約45万人(肺結核、気管支炎等が死因とされていた者を含む)と推計している。 特徴[編集] スペインかぜはH1N1型インフルエンザウイルスが原因とほぼ特定されているにもかかわらず、他のインフルエンザ流行とは異なる特徴がいくつか見られる。 ただし、第1次世界大戦中の流行であり、当時の記録には様々な混乱要素が含まれ得ることを考慮する必要がある。 被害者の年齢層[編集] 若年成人が死に至りやすい傾向が見られた。 一般にインフルエンザの犠牲者は乳幼児(0—2歳)、高齢者(70歳以上)、免疫不全者に集中することから、これはスペインかぜの際立った特徴と考えられる。 65歳未満の死亡率は65歳以上の6倍であった。 1920年になると65歳未満の死亡率は65歳以上の半分まで減少したが、それでも死者数の92%が65歳未満であった。 日本の記録でも同様の傾向が見られた。 若年成人の死亡率の高さについては、スペインかぜのウイルスが引き起こすサイトカイン放出症候群が若年成人の強い免疫システムを破壊することが原因の一説として挙げられている。 妊婦の死亡率が特に高いことも若年成人の死亡率を高くした要因と見られる。 また、実際にはスペインかぜのほとんどの犠牲者が栄養失調、過密な医療キャンプや病院、劣悪な衛生状態による細菌性の重感染を死因としているとの指摘もあり、第一次世界大戦による過酷な兵役、軍需産業への動員が若年成人の死亡率を引き上げた可能性もある。 高齢者の死亡率の低さについては、この時代の高齢者は1889年頃に流行した「ロシアかぜ」で免疫を獲得していたのではないかとの説もある。 流行時期[編集] 夏から秋にかけて大流行した。 一般のインフルエンザの流行ピークは冬季である。

次の

100年前5億人が感染したスペイン風邪 なぜ日本も終息に丸2年かかったのか?

スペイン 風邪 死亡 数

5月25日。 首都圏を含めた日本全国で、緊急事態宣言が解除された。 新型コロナウイルスにより、日本を含めて世界が破壊的なダメージを被っている。 5万人 致死率:約6. 人々は疲弊しきっている。 今後、この状況からどのように立ち直っていくのだろうか。 経済は回復するのだろうか。 外出制限が解除された後の、第二波の心配はないのだろうか。 スポーツやエンタメなどのイベントは、いつ再開されるのだろうか。 新型コロナウイルスとの戦いは、いつ終息するのだろうか。 そのすべてに見通しが立たない状況だと思うが、 「過去のパンデミック時のことを知れば、何かヒントが得られるかもしれない。 」 と考え、約100年前に起きたパンデミックである、 「スペイン風邪」 について調べたことを、複数回に渡ってまとめてみたいと思う。 スペイン風邪概要 スペイン風邪とは、1918年(大正7年)から1920年(大正9年)にかけて世界各国で多くの死者を出したパンデミックのことである。 「風邪」と称されているが、「インフルエンザウイルス」が原因である。 「スペイン」という冠がついているが、発症元は、アメリカのサウスカロライナ州だったと言われている。 そこから、アメリカの軍人が広めたと言われている。 1918年当時は、第1次世界大戦中であり、各国が情報統制を行っていたため、各国からの情報はほぼなかった。 そんな中、中立国であったスペインでは、大々的に報道されていたため、「スペイン」という冠がついたと言う。 スペイン風邪は、1918年から1920年にかけて、大きく3回の感染者増の波があったという。 その3回の波の影響により、 感染者数:約6億人 死亡者数:2000万人から5000万人 という多大なる被害を世界各国にもたらした。 当時の世界の人口は、約20億人と言われているので、全世界の約3割の人が感染したことになる。 日本での感染者数と死亡者数 日本では、1918年の夏に、台湾巡業にでかけた力士がなぞの風邪にかかったのが、最初だと考えられているようだ。 当時は、 「相撲風邪」 と称されていた。 日本での流行の波は、3回あったとされている。 感染力が高かった、第1回目。 致死率が高かった、第2回目。 季節性インフルエンザ並みになった、第3回目。 という特徴がある。 その3回の流行期の感染者数と死亡者数は、以下の通りだ。 1920年当時、日本の総人口は、約5600万人。 スペイン風邪は、およそ4割の日本人が感染し、現在猛威を振るっている新型コロナウイルス以上の破壊力で、日本を攻撃した。 致死率が高かった第2回流行期では、第1回目の流行期に感染しなくて、抗体ができていなかった人の感染が目立ったと言う。 また、スペイン風邪の特徴として大きいものは、 「20代から30代の若年層が多く亡くなった」 という事実だ。 東京都健康安全研究センターによる、」を元にした分析がこちらだ。 なお、スペイン風邪により若年層が多くなくなった理由は、2010年代に発表された論文によると、 「1889年頃に猛威を振るった『ロシア風邪』の免疫を持っていなかった若者が多く亡くなったため」 ということだ。 日本を含め、世界各国に多くのダメージを与えたスペイン風邪は、約3年の月日を経て、終息することになる。 その理由は、世界中の多くの人がスペイン風邪に晒されたことにより、「集団免疫」を獲得したためだとされている。 当時の日本の様子 1918年、大正7年。 第1次世界大戦の影響により、日本は空前絶後の戦争特需の好景気を迎えていた。 スペイン風邪の影響により、経済活動が一時的に中止になった影響は小さく、それ以上に戦争特需が大きく、戦争バブル期を迎えていた。 その当時、1920年代の貴重な映像を、イギリスの団体である「HuntleyFilmArchives」がYoutubeに公開している。 また、大正12年当時の鉄道網の古地図が公開されいる。 日本全国、幹線の鉄道網は配備されていたことが分かる。 なお、インフルエンザウイルスが発見されたのは、1933年だと言われている。 スペイン風邪が流行した当時の1918年から1920年は、何が原因で、病気になるのか、まったく分かっていなかったのだ。 新聞から分かるスペイン風邪当時の様子 1918年11月3日の福岡日日新聞では、以下のような紙面だった。 この頃、政府による外出自粛などの規制は行われていなかったようだが、感染者が多く、休校になる学校が続出。 さらには、郵便や鉄道や炭鉱など、感染者の増加に伴い、営業に大きな影響を与えていたことが分かる。 また、1920年1月18日付の九州日報の紙面がこちらだ。 こちらは、1920年の土陽新聞と高知新聞の紙面だ。 マスクしなければ、劇場や電車への入場が断られたこと。 など、マスクが感染予防として定着していたことが分かる。 休校、廃業、医療崩壊、マスク問題。 基本的には、スペイン風邪から100年たった今も、同じことを繰り返している。 スペイン風邪での感染予防対策 日本における、スペイン風邪流行期の感染予防対策については、」のP. 131に記載がある。 1.近寄るなー咳をする人に 2.鼻口を覆えー他の為にも/身のためにも 3.予防注射をー転ばぬ先に 4.うがいをせよー朝な夕なに ソーシャルディスタンス、マスク、予防注射、うがい。 当時の対策は、今とほぼ変わらない。 ただし、当時は、インフルエンザウイルスが発見されていなかったため、予防注射は、医学的にほぼ効果がなかったと思われる。 また、当時は「手洗い」については、対策として流布されていなかったようだ。 日本人の「手洗い」文化は、第2次世界大戦後、学校給食が普及するとともに、学校を起点として広まったとされている。 「手洗い」は、感染予防として、かなり効果が高いと考えられるので、しっかり行った方が良いと思う。 当時、政府は、感染予防のために、ポスターを作製したとされる。 そのポスターでは、とくに「マスク」と「うがい」と「感染者の隔離」が強調されていることが分かる。 何が原因の病気か分かっていなかった。 ただ、基本的には、100年たった今も、対策の内容は、ほぼ一緒だ。 新型コロナウイルスに対する、ワクチンがなく、特効薬がない、今。 予防としてやれることは、100年前と何も変わらないということだ。 まとめ 100年前のパンデミック、「スペイン風邪」。 その当時のことは、あまり記録として残っていないようだ。 その中でも、非常に貴重な資料は、当時内政を司っていた内務省の書籍。 ただし、こちらは、ひらがなではなく、カタカナで書かれているため、めちゃくちゃ読みにくい。 また、こちらの論文は、スペイン風邪の概要を知るには持ってこいのものだ。 今回は、スペイン風邪の概要と、当時の様子、予防対策についてまとめてみた。 そこで分かったことは、 「100年経った今でも、未知のウイルスに対する対策は、何も変わらない」 ということだ。 様々な技術が発展し、生活が豊かになった現代。 でも、未知のウイルスに対しての初動の対策は、変わらないのだ。 スペイン風邪の終息は、集団免疫を獲得したことによる自然消滅。 新型コロナウイルスの終息は、どのように迎えるのだろうか。 集団免疫を獲得するには、現時点では少なすぎる感染者数。 ワクチンの完成には、そこそこ時間がかかると思われる。 インドネシアなど高温で多湿の国でも増えている感染者数。 緊急事態宣言が解除されたとは言っても、ワクチンや特効薬などの根本的な対策ができていない、今。 自分や家族の身を案じるのであれば、予防のためのできる限りの対策はしっかり行っていくとよいと思う。 これだけ長いこと書いたにも関わらず、自分の身を守るための有益な情報がなくて、すいません。。。 応援のポチ、お願いします! Alloutrun.

次の

過去のパンデミック「スペイン風邪」から学ぶ。『スペイン風邪での感染予防対策を知る』

スペイン 風邪 死亡 数

筆者は発見した。 47都道府県の乳幼児死亡率と、100年前のスペイン風邪の死亡率。 ふたつには強い相関性があった。 今季のインフルエンザは日本だけでなく世界的にも大流行した。 奇しくも100年前の1918年、スペイン風邪(新型インフルエンザ)がパンデミックとなった。 死者数は世界で2000万人とも1億人ともいわれる。 スペイン風邪は第一次世界大戦中から始まったが、病死者数は戦死者数の比ではない。 ウイルスの存在すら未知の時代の話である。 ワクチンや薬もなく、人々はどうやってこの難局を乗りこえたのだろうか。 日本におけるスペイン風邪の状況はどうだったか?貴重なデータが国立国会図書館のマイクロフィルムに残っていた。 大正11(1922)年、当時の内務省衛生局がまとめた「流行性感冒」と題する報告書だ。 片仮名交じりの古い書体で〈約二千三百八十余萬人ノ患者ト約三十八萬八千余人ノ死者トヲ出シ疫学上稀ニ見ル惨状ヲ呈シタリ。 (中略)本病ノ予防方法ハ尚今後ニ於ケル学術的研究ニ待ツヘシト今次流行ノ際ニ於ケル施設ハ叉以テ今後ノ参考スニ足ルモノアルヘキヲ信ス〉と記されていた。 先人の無念と将来に託す意思に胸が熱くなった。 私は日本の47都道府県のスペイン風邪による超過死亡率の計算を試みた。 東京のそれは最も低く10万人当たり4人。 一方、香川県が最悪で56人。 同じ時代、同じ日本でありながら、14倍の格差である。 これはスペイン風邪流行前年の乳幼児死亡率の47都道府県格差と強い相関を示していた。 当時の乳幼児死因上位は肺炎、脱水、麻疹、髄膜炎だ。 現代では救命や予防することができて当たり前の病気である。 つまり、平時より救命・予防しうる病気を確実に救命・予防できる地域社会は有事の際にも強いことを示唆している。 「危機管理は平時にあり」というわけだ。 しかし乳児死亡率の都道府県格差はいまだに大きい。 2015年のデータを見ると、高い県と低い県の差は4. 6倍もあるから驚きだ。 アメリカではどうか?同様に都市間で死亡率に17倍もの差がみられた。 フィラデルフィアはスペイン風邪患者が市内で発生してもどこ吹く風。 対策するどころか流行加速期に20万人が参加する戦勝パレードを敢行し、次の1週間で市民10万人当たり250人が死亡するという最悪の事態を招いた。 一方、ニューヨーク。 流行が本格化する前から患者を隔離しただけではなく、患者と接触した人々までも検疫下に置くなど、その対策は徹底していた。 その結果、死亡率は数分の1となる。 薬やワクチンではなく、市長の判断とリーダーシップが大勢の命を救ったのだ。 私は東京都をはじめ、いくつかの自治体でスペイン風邪時の対策事例について講演する機会を得た。 驚くことにその翌年の2009年、新型インフルエンザがパンデミックとなったのである。 そして日本は世界の中でも死亡率を最も低く抑えることができた。 天国にいる先人の「導き」を信じずにはいられなかった。 東京慈恵会医大卒。 小児科医として骨髄移植を中心とした小児がん医療に献身。 その後、ハーバード大学公衆衛生大学院にて予防医学を学び、実践中。 桜井竜生医師と浦島充佳医師が交代で執筆します。

次の