かぐや様は告らせたい ハゲ。 アニメ『かぐや様は告らせたい?』ABEMA特番「かぐやDAY」が放送決定

かぐや様は告らせたい153話のネタバレ&感想!ドッキリ大成功!?

かぐや様は告らせたい ハゲ

かぐや様は アニメ2期開始直前で今そっちのほうに意識が集中しがちですが、本編のほうはどうかと言うと、今週は要するに「引き」とか「繋ぎ」ってやつで 重要な場面は次回に持ち越しって感じでした。 インパクト弱め。 しかしそれもその筈。 来週号は2期開始記念で表紙&巻頭カラーという大々的な扱いなわけで、盛り上げポイントを持ってくるべきタイミングはまさに来週号です。 週刊ヤングジャンプ 赤坂アカ かぐや様は告らせたい174話 「早坂愛の友達(3)」 まずはヤングジャンプ今週号でちょっと驚いたニュースが。 作者赤坂アカが 新連載を始めるとな。 STORY赤坂アカ、 ART横槍メンゴで、作画はしなくて原作とか脚本とかだけではあるものの、かぐや様と並行して週刊連載を始めるという。 マジかよ。 正直なところ、現時点では素直に「楽しみ」「面白そう」とは思わなくて、「大丈夫なのか」「品質を保てるのか」と不安のほうが大きいです。 いや読んでみたら面白くて、それが維持される可能性もあるのでしょうけども。 このことは真面目に考えると長文になりそうだからまた別にブログに書くかもしれません。 あと本編の前にもう一つ。 今週号で累計発行部数がついに 1000万部突破になってました。 すごい!ついに1000万! ワンピースや鬼滅みたいな億プレーヤーに比べたら見劣りするかもしれませんが、漫画ってのは100万部いったらヒットと言っていい世界です。 約5年で到達したのも、なかなかのものではないかと。 さて本編の感想。 冒頭は ランボルギーニかなんかっぽい高級車。 目立ちそう~。 ウォンウォンと左ハンドルを颯爽に駆る 奈央の隣で、 かぐやは 早坂の指定する合流地点「思い出のあの場所」が分からずに四苦八苦。 なんとか心当たりを探すかぐやの昔の記憶という形で、かぐやの母、えーと確か名前は、 四宮名夜竹(なよたけ)のエピソードが紹介されました。 故人だったことが今回初めて明確になったんでしたっけ。 四宮家の主治医、 田沼医師が単行本で意味深なセリフを呟いてました。 (単行本8巻) 七回忌ってことは本当にかぐやを出産して 早々に亡くなってたってこと、「妾の子」というからには 兄達とは母親は違うっぽいことなどなどの情報も明かされました。 幼い頃から 注がれる筈だった愛情を注がれずに育てられたってことが嫌と言うほど伝わってきます。 ただ「母の愛情」という点でだけなら 白銀も似たような環境だったって共通点が、今度なにか重要な意味を持ちそうな気がしないでも無いです。 まーなんにせよ、かぐやの場所の心当たりはことごとくハズレ。 私は前回の感想ブログでは「早坂が待ち合わせ場所をわざわざ暗号にしたのは母にも秘密にしたかったから?」とか書いたのですが、一緒に探してるってことはそういう線はなくて、これは単に早坂の「プランをやたら練るのが好き」という性格が災いしてる事態なだけのようです。 場面は変わって白銀は ホンダかなんかの250ccっぽいバイクに跨ってます。 かっこいい。 一昔前の少女漫画みたいな。 すごくかっこいいのでここでは「1月にその恰好でバイクは寒そう」とか「タクシーとかでもいいのでは」とか「京都人のおじいがそんな親切にしてくれるかなあ~(偏見)」とかいうのは気にしないようにします! ところで全然関係ないのですが、白銀が土産物屋のおじいからバイクを借りる経緯は今回は1コマに省略されてましたが、これがもし福本伸行のカイジだったら、そのくだりだけで5話は使うでしょうね。 このシーン見てカイジがキャンピングカー借りたのをなんか連想しただけの話です。 話を戻して白銀は 自動二輪の免許持ってたんですね。 しかしいくら免許があろうと、修学旅行中にしかも(女子と)二人乗りというのはもし見つかったらいろいろと大問題になること必至ですので、それだけ白銀たちが必死であることの表れです。 で、白銀と早坂は奇しくもドキドキの人生初タンデム。 ただそのドキドキは「異性とタンデム」だからではなく単に公道での運転が初めてだからって恐怖なだけでした。 早坂と運転交代して目的地へ。 バイクってきっと普段から乗り慣れてないと運転の恐怖は自動車とは比較にならないでしょうね。 目的地は四宮家の私有地の山でした。 しかしそこで二人が出会ったのはかぐやではなく、 雲鷹の一行。 GPSで居場所を補足されてたので逃走は無駄でした。 そして乱闘。 雲鷹一行は4人くらいしかいないのですが、白銀と早坂だけでは勝つのはやっぱり無理でしょうか。 組み伏せられる早坂の回想で今週は締め。 幼い早坂にら「かぐやのスパイをしろ」と指令を出していたのは……誰? かぐやの父 雁庵は確か ハゲではなかったような。 違う人?祖父? うーん、誰にせよ不気味です。 家督争いとは別の思惑なようにも見えたり見えなかったりして不気味。 そして巻頭カラーたる次回に続く! ところで先日週刊少年ジャンプの次の次の号が発売延期というか実質「無し」になるってニュースがありました。 ヤングジャンプも決して対岸の火事では無いことでしょう。 それはアニメ制作現場もそう。 やはり今はいつ何が無しになってもおかしくない状態です。 もしそうなったらみんな落ち着いて受け入れるべきだと私は思います。

次の

かぐや様の兄弟 ロクなのがいないwww : ジャンプ速報

かぐや様は告らせたい ハゲ

かぐや渾身の 左パンチ。 パンチっつうか合気道の 当身の技っぽくも見えました。 そういやかぐやは 合気道初段でしたっけ。 合気道は当身七分に技三分! 週刊ヤングジャンプ 赤坂アカ かぐや様は告らせたい175話 「早坂愛の友達(4)」 当身ってのは日本の武術全般でのパンチやキックなどなどの 打撃技の総称です。 合気道では重要なのは打撃が7割で投げ技は3割だと合気道の開祖 植芝盛平が語っていたとか。 あと 喧嘩稼業の 芝原剛盛も「付属技術で合気を活かし合気で付属技術を活かす」って言ってましたし。 やっぱケンカに打撃は重要なんですね! かぐやも日頃から鍛えているので、利き手で全力で殴れば、鍛えてないおっさんを殴り飛ばすくらいはできます! ところで「当て身技」というと、なんか、「敵が先に攻撃したのを受け流して逆に敵を投げる技」と解釈される誤用が一時期広まったことがあります。 これは格ゲーの餓狼伝説のギースの必殺技「当て身投げ」がそういう技だったから。 いい加減話を戻して、かぐやの当身(パンチ)です。 かぐやは生来は 左利きなんですよね。 しかし矯正されて文字と箸は右手で、それどころか「左利き完全お断りスポーツ」の筆頭の 弓道で日本一になるほどですから、ぶっちゃけもう両利きと言っていいレベルなのでしょうね。 BUNGOの 家長太陽みたいにもし野球しても右投げも左投げもできるに違いありません。 でも今週、 雲鷹を殴ったのは左手。 やっぱり根は左利きなのかも。 ……なんて、利き手なんてどうでもよさそうなものを細々と気にしているのは私自身が左利きだからです。 さて、今週号は 巻頭カラー! アニメ開始でまた注目度を上げるべき重要な回で描かれたのは かぐやと早坂の物語でした。 扉絵は幼い頃の二人。 7歳の頃で、二人は10年の付き合いなんですね。 人生の半分以上を共に過ごしたと。 その10年はどんな10年なのか。 あと 18巻の表紙も初めて見ました。 かぐやと 石上。 意外なようなそうでも無いような二人。 17巻で 大仏と 小野寺をそれぞれ単独でもよさそうなのに二人セットにしたのは、18巻にこれを持ってくるためだったのかな。 そして今回のペアとは逆に 白銀と 伊井野のペアが表紙になることも今後ありえるかも? この作品では白銀とかぐや、石上と伊井野の2組が生徒会2大主軸になってる感じですが、2組はクロスされることもあって、その時はかぐや&石上の話では「 四宮かぐやの無理難題」、白銀&伊井野では「 先輩くんと後輩ちゃん」というサブタイのもとでシリーズ化されています。 本編の冒頭ではまず前回初登場したハゲは 四宮家の長男黄光だと判明しました。 彼が早坂の真の主人だったと。 ひいては早坂家そのものが黄光派閥の傘下みたいなものだったと。 それで黄光は早坂にかぐやに関するあらゆる情報を報告させていたと。 ふーむ?黄光にとってはかぐやなんて無力な末妹に過ぎなさそうなのに、そこまで念入りな情報収集する価値あるんでしょうか? かぐやには特別な何かがあるのか?それとも家督争いに向けてかぐやだけに限らずあらゆる方向に網を張ってるだけなのか? そして早坂愛がスパイであることを母早坂 奈央は関知していたのか? そして早坂が今回それを解任された理由は? まだまだ謎は多いです。 早坂は指令通りかぐやのそばにつきますが、幼いかぐやからの屈託のない親愛を受けて、スパイ活動に罪悪感で苦しんできました。 そして自分の罪を隠したままかぐやとお別れをしたくて、今回こんな逃走劇を繰り広げたけど、雲鷹に捕まって逃走失敗。 それどころか、かぐやにそれを暴露されてしまうという、早坂が最も恐れていたことが現実になってしまいました。 このへんもちょっと不可解です。 雲鷹からしたら、かぐやと早坂の仲を決裂させてしまったら、早坂を取り込む価値が半減するのでは。 それどころか、かぐや本人に「こいつはうちが貰う」と宣言までするメリットも無いようにすら見えます。 そして何よりかにより、かぐやの側からしたら、状況が意味不明過ぎます。 早坂から修学旅行直前でいきなり「仕事やめます」と聞かされて、引き留めようかと思ってたら早坂は急に白銀と急接近して別行動とるとか言い出して、次に奈央がいきなりやってきて、秘密の場所で落ち合おうと言われるけど、そこがどこか分からない。 そしてやっと正解の場所にたどり着けたと思ったら、いきなり雲鷹から電話がかかってきて「早坂はスパイだったぞ」「こいつはうちが貰う」と聞かされた……という流れになります。 マジで意味不明でかぐやにとっては 混乱の極致に違いありません。 しかしかぐや、会心の左パンチで状況をひっくり返しました! そう!このための巻頭カラー回! 状況は1ミリも分からないし、早坂が実は裏切り者だったことも許せない、でも、それでも早坂を見捨てることなんかはしないぞという気概。 まさに会心の一撃で、ここで 兄をぶん殴ったことは、いろんな意味で決定的な転機となる筈です。 早坂が辞めずに済みまたこれまで通り一緒にいられる道筋も見えてきました。 それに、前に小野寺と絡んだ 162話の話が伏線として活きててなるほどと感心しました。 目の離せない展開はまだまだ続きます。 さらに言えばアニメの第1話で早坂の不憫で笑えるところを見た視聴者に冷水をぶっかけるかのようなハードな展開も「すごいことやるなあ」って感じです。 あと白銀は今この場所に一緒にいる筈なんですけど、どうしてるんでしょうね。 雲鷹の側近の 天野たちと取っ組み合いを続けたまま?.

次の

『かぐや様は告らせたい』11巻感想:非実在恋愛でニヤニヤしたい

かぐや様は告らせたい ハゲ

名前: 名無しさん 投稿日:2019-05-24 04:00:20 カテゴリー• 180• 297• 342• 311• 210• 356• 675• 337• 4761• 366• 599• 4359• 2258• 1748• 511• 469• 2902• 985• 1287• 1158• 1576• 4209• 8370• 310• 385• 360• 500• 373• 251• 644• 401• 140• 429• 309• 400• 548• 504• 481• 400• 542• 532• 182• 363• 439• 471• 310• 1415• 730• 1097• 3265• 1611• 658• 161• 488• 109• 276• 1517• 136• 688• 232• 705• 2164• 201• 4865• 307• 358 リンク TOP絵頂きました スポンサー.

次の