仙台 市 土砂 災害 警戒 区域。 富山県内の土砂災害警戒区域|富山県

急傾斜地崩壊危険区域とは:土砂災害警戒区域等との違い

仙台 市 土砂 災害 警戒 区域

先週、梅雨入りが発表され、大雨による災害が起こりやすい「出水期」に入りました。 今一度、災害への備えをしておくことが大切です。 今回は、大雨警戒レベルと、ハザードマップについて、平野気象予報士から伝えてもらいます。 こちら、去年導入された「大雨警戒レベル」です。 「レベル5」は、大雨特別警報に相当し、すでに災害が発生している危険な状況。 その前の「レベル4」の段階で避難を完了させる必要があります。 この「大雨警戒レベル」は今年、表現の一部が変わりました。 まず、色です。 これまで、レベル4が紫、レベル5が濃い紫でしたが、識別しやすいように、レベル5は黒に変わりました。 もう一つが、レベル4の表現です。 これまでは「全員避難」でしたが、それが「危険な場所から避難」あるいは「避難」という表現になりました。 ここには、適切な避難を促す狙いがあります。 去年7月、九州南部を襲った大雨で、鹿児島市は市内全域のおよそ59万人に対し、避難指示を出しました。 しかし、「全員避難」という表現だったため、土砂災害や浸水のおそれがない地域の住民まで避難し、避難所に人があふれる事態となりました。 今回の変更は、危険な場所にいる人だけが避難すればいいことを明確にしたものです。 では、その危険な場所はどこなのか。 判断の基準になるのが「ハザードマップ」です。 ハザードマップとは、被害が予想される範囲や程度、避難場所などの防災情報を示した地図のことで、市町村ごとに作成されています。 インターネットでも公開されていて、国土交通省のウェブサイトでは、全国各地の防災情報を確認することができます。 避難行動に詳しい東北大学の佐藤翔輔准教授は、ハザードマップを見ておくことの重要性をこう説明します。 東北大学災害科学国際研究所 佐藤翔輔 准教授 「台風19号 東日本台風 では、吉田川が決壊しました。 その決壊した周辺は、大規模な浸水があったが、大郷町で公開していた防災マップ、ハザードマップは、浸水の実態とハザードマップの浸水予想範囲がほぼ一致していました。 世に公開されているハザードマップは、起こりうる浸水の実態を表していると言えますので、ぜひ事前にご覧になっていただきたいと思います」 その上で、避難場所を決める際には、避難所以外の選択肢を持っておくことが大切だといいます。 東北大学災害科学国際研究所 佐藤翔輔 准教授 「避難所へ行くことだけが避難ではない。 難を避ける場所は、必ずしも自治体が指定している避難所だけではなくて、親戚や友達の家、もしくは高台など、避難所に指定されていない場所も、水害や土砂災害から十分に安全な場所がありますので、そこも、ぜひ選択肢に含めていただきたいと思います」 避難を考える上で、基本ともいえるハザードマップ。 しかし、時には想定を超える事態も起きます。 ヘリリポート 「丸森町廻倉地区です。 山全体を見渡してみますと、様々な箇所で土砂崩れが起きているのがわかります」 東日本台風で大規模な土砂崩れが発生し、3人が死亡、1人が行方不明になった丸森町の廻倉地区。 はっきりとした谷の地形がなく、土砂災害警戒区域には指定されていませんでした。 国土交通省の調査によると、東日本台風で発生した土砂災害の3割は土砂災害警戒区域外で発生していました。 佐藤准教授は、そうした事実と向き合うことも大切と指摘します。 東北大学災害科学国際研究所 佐藤翔輔 准教授 「残念ながら、ハザードマップの的中率は、100パーセントではない。 大雨災害であれば、低いところか山の斜面が基本的には危険。 ハザードマップで危険だと記されていなくても、ここの地形は低い、ここは山の斜面であると、自分で考える場所であれば、そこも十分危険な場所の候補であると考えて、自分の避難行動を決めていただきたいと思います」 今は、新型コロナウイルスの脅威もあります。 佐藤准教授は、感染状況などを見ながら避難先の候補を考えておいた方がよいと話していました。 極端な大雨は近年、増える傾向にあります。 「災害は想定を超える」という前提で、それぞれの家庭で避難について話しておくことが大切です。

次の

兵庫県 CGハザードマップ(地域の風水害対策情報)

仙台 市 土砂 災害 警戒 区域

23 地滑り 整理番号 箇所番号 箇所名 所在地 告示年月日 指定告示図書 7142 76-2 砂子渕2 秋田県秋田市河辺三内字下モ田、砂子渕、岩谷袋及び高畑 R1. 23 7143 77-2 岨谷峡2 秋田県秋田市河辺岩見字善知鳥坂及び新川上田面 R1. 23 7144 78-1 水沢1 秋田県秋田市雄和平沢字水沢 R1. 23 7145 78-2 水沢2 秋田県秋田市雄和平沢字水沢 R1. 23 7146 98 宮ノ下 秋田県秋田市上新城道川字宮ノ下、駒引沢、深田山根及び入ヶ沢 R1. 23 7147 102-2 横森2 秋田県秋田市横森2丁目及び同市下北手桜字蛭沢 R1. 23 7148 102-3 横森3 秋田県秋田市横森2丁目及び同市下北手桜字蛭沢 R1. 23 7149 102-4 横森4 秋田県秋田市横森2丁目及び同市下北手桜字蛭沢 R1. 23 7150 102-5 横森5 秋田県秋田市横森2丁目及び同市下北手桜字蛭沢 R1. 23 7151 102-7 横森7 秋田県秋田市横森2丁目及び同市下北手桜字蛭沢 R1. 23 7152 103-1 豊岩居使1 秋田県秋田市豊岩豊巻字居使及び小友沢 R1. 23 7153 103-2 豊岩居使2 秋田県秋田市豊岩豊巻字居使 R1. 23 7154 103-3 豊岩居使3 秋田県秋田市豊岩豊巻字居使及び上野 R1. 23 7155 103-4 豊岩居使4 秋田県秋田市豊岩豊巻字居使、上野及び下川原 R1. 23 7156 201-G02-1 二手の又1 秋田県秋田市仁別字小水沢及び水沢 R1. 23 7751 76-1 砂子渕1 秋田県秋田市河辺三内字丸舞、丸舞口、下モ田及び高畑 R2. 24 7752 76-3 砂子渕3 秋田県秋田市河辺三内字丸舞、丸舞口、下モ田及び高畑 R2. 24 7753 76-4 砂子渕4 秋田県秋田市河辺三内字下モ田及び高畑 R2. 24 7754 77-1 岨谷峡1 秋田県秋田市河辺岩見字善知鳥坂、岨谷尻及び新川 R2. 24 7755 97-1 仁別1 秋田県秋田市仁別字中島、家ハツレ、堂ノ下、栗畑台及びマンタラメ R2. 24 7756 97-2 仁別2 秋田県秋田市仁別字中島、大台、堂ノ下及びマンタラメ R2. 24 7757 97-3 仁別3 秋田県秋田市仁別字マンタラメ R2. 24 7758 97-4 仁別4 秋田県秋田市仁別字マンタラメ R2. 24 7759 99-1 手形山1 秋田県秋田市手形山北町及び同市手形山中町、同市手形山東町並びに同市広面字二階堤及び堤敷 R2. 24 7760 99-2 手形山2 秋田県秋田市手形山北町及び同市手形山東町並びに同市広面字近藤沢、二階堤及び堤敷 R2. 24 7761 99-3 手形山3 秋田県秋田市手形山北町及び同市手形山中町、同市手形山東町並びに同市広面字近藤沢 R2. 24 7762 99-4 手形山4 "秋田県秋田市手形山北町及び同市手形山中町、同市手形山西町、同市手形山東町並びに同市広面字近藤堰越 " R2. 24 7763 99-5 手形山5 秋田県秋田市手形山北町及び同市手形山東町並びに同市広面字近藤沢 R2. 24 7764 101-1 桜1 秋田県秋田市桜1丁目及び同市桜3丁目 R2. 24 7765 101-2 桜2 秋田県秋田市桜1丁目及び同市桜3丁目 R2. 24 7766 102-1 横森1 秋田県秋田市横森2丁目及び同市下北手桜字蛭沢 R2. 24 7767 102-6 横森6 秋田県秋田市楢山字太田沢 R2. 24 7768 102-8 横森8 秋田県秋田市楢山太田町及び同市楢山字太田沢 R2. 24 7769 102-9 横森9 秋田県秋田市楢山太田町及び同市楢山字太田沢 R2. 24 7770 102-10 横森10 秋田県秋田市横森2丁目及び同市下北手桜字蛭沢 R2. 24 7771 201-G02-2 二手の又2 秋田県秋田市仁別字小水沢 R2. 24 7772 201-G02-3 二手の又3 秋田県秋田市仁別字小水沢 R2.

次の

土砂災害警戒区域等指定箇所

仙台 市 土砂 災害 警戒 区域

静岡県の土砂災害警戒区域を表示してみました。 国土数値情報 土砂災害警戒区域データです。 都道府県が指定する土砂災害警戒区域の範囲または位置、及び種別、名称等のデータを以下の内容のGISデータとして整備したものです。 ・区域区分 1. 土砂災害警戒区域 (イエローゾーン) 2. 土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン) ブラウザは、Google Chromeが推奨です。 サンプルですので、ロードするのに時間がかかる場合があります。 【属性表示】 ・クリックすると属性が表示されます。 【背景図】 下記3つを選択できます。 ・標準地図(電子国土) ・写真 ・色別標高図 ・OSM(オープン・ストリート・マップ) 【距離計測】 距離の計測ができます。

次の