オリックス銀行カードローン おまとめ。 オリックス銀行カードローンの審査の流れと審査に関する口コミ

カードローン

オリックス銀行カードローン おまとめ

メジャーリーガー イチロー選手のテレビCMでもおなじみの オリックス銀行ですが、このオリックス銀行のカードローンは他社からの借入を一本化する おまとめローンに最適のカードローンとなっています。 オリックス信託銀行時代からおまとめ一本化に定評 オリックス銀行は今でこそ オリックス銀行というすっきりとした社名になっていますが、その前身は「 オリックス信託銀行」という若干マニアックな信託銀行でした。 なぜ マニアックかと言いますと、当時「 バンクベスト」をひっさげておまとめローンに物凄く注力していた 東京スター銀行を向こうに回し、「 バンクプレミア」や「 バンクアシスト」という 借換専用ローンでしのぎを削っていたのがこの オリックス信託銀行だったからです。 東京スター銀行の一人勝ちでもあったおまとめローン市場において、これだけ力を入れて勝負を挑んだ銀行はオリックス信託銀行だけでした。 本当に力が入っていました。 そのためか、借りかえ専用ローンである「バンクプレミア」自体は2014年2月28日にサービスを終了したものの、 その商品案内はWeb上にまだ残されています。 オリックス銀行といえば借換・おまとめローンと広く認知されているのも納得の歴史なのです。 当然、 借換ローンのノウハウは現在のカードローンにもしっかりと受け継がれており、 オリックス銀行カードローンの申込みフォームには 「ご利用の目的」、つまり資金使途の項目に「 借り換え」が真っ先に登場するくらいです。 凄いですよね、利用目的に真っ先に登場する選択肢が「 借り換え」って。 ちょっともったいない点も その一方で、オリックス銀行について少しもったいないと感じるのが、申し込みフォームの細かさです。 勤務先の記入欄で「 勤務先の資本金」を真っ先に記入させられるのですが、果たしてカードローンへ申し込もうとしている人たちの一体何割が「 自分の勤務先の資本金」を把握しているでしょうか。 おそらくこの申込みフォームで脱落して他の銀行へ流れている見込み客も一定数いるはずです。 これは本当にもったいない点です。 さいごに ということで、オリックス銀行は今でも おまとめローン、借換ローンで期待できる銀行ですので、他の消費者金融や街金、そしてもちろん他の銀行からの借金がある方は、一本化ローンの選択肢としてオリックス銀行を検討されてはいかがでしょうか。 借りかえに歴史のある銀行ですので。

次の

楽天銀行スーパーローンはおまとめローンとして優秀?10の体験談から見る審査難易度

オリックス銀行カードローン おまとめ

ご契約までの流れ 貸金業法に基づくおまとめローンは、WEBで簡単にお申し込みを行うことができます。 お申し込み方法から審査・ご契約までの流れと、商品についてのご紹介です。 お申し込みフォームに必要事項を入力・送信し、必要書類をアップロードしてお申し込み完了です。 電話またはEメールで審査結果をご連絡いたします。 法令に基づいて、ご返済負担が軽減されるプランをご提案いたします。 お送りするご契約書類に必要事項を記入のうえ、ポストに投函してください。 ご提出いただいた書類を弊社で確認し、契約完了となります。 お振り込み後、法令に基づく書面(シークレットハガキ)を簡易書留でご自宅へ送付いたします。 その他上記以外の書類をご用意いただく場合がございます。 [重要なお知らせ]• 本商品は、貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号または第1号の2に基づく商品です。 規則第10条の23第1項第1号の商品として利用される場合は、以下の条件を満たした契約内容となります。 借換えの対象となる債務は、貸金業者以外からの借入債務(銀行、クレジットカードのショッピング等)も対象とすることができます。 毎月および全体の返済負担が軽減される条件を検討いたします。 本商品は、借換対象債務の将来返済総額を上回らない貸付けとなります。 本商品は返済のみで追加の貸付けはできません。 規則第10条の23第1項第1号の2の商品として利用される場合は、以下の条件を満たした契約内容となります。 借換えの対象となる債務は、「貸金業者(みなし貸金業者を含む)」からの借入債務(銀行、クレジットカードのショッピング等は対象外です。 )です。 毎月の「返済額」および「金利の負担」が軽減される条件を検討いたします。 約定に基づく返済により、段階的に残高を減らしていく返済内容を設定します。 本商品は返済のみで追加の貸付けはできません。 審査の結果、ご希望に添えない場合もございます。 おまとめ対象となる債務の金利(貸金業法完全施行前(H22. 17以前)に契約をしたもの)が、利息制限法を上回っていた場合は、旧貸金業規制法第43条(みなし弁済)が適用される場合を除いて、上回っている部分の支払利息が元金に充当、又は返還されるケースがあります。 詳しくは、ご自身で最寄りの弁護士等にご相談ください。

次の

おまとめローン〜審査に通りやすい銀行を徹底検証!審査のポイントを押さえて完済を目指す!

オリックス銀行カードローン おまとめ

借入総額を年収の3分の1までに制限する総量規制の施行により、貸金業者以外でのキャッシングサービス、すなわち銀行カードローンが注目を集めています。 銀行カードローンの特徴は、まず総量規制を受けないので審査次第では年収の3分の1を超える多額の借入が可能な点や、消費者金融より低金利である点、また利用可能なATMの設置台数が多い点等が挙げられます。 しかし一方で、消費者金融と比べると審査期間が長い、実際の借入までにかかる時間が長い等のデメリットもあります。 オリックス銀行カードローンは、このデメリットを克服した数少ない銀行カードローンの一つで、最短即日審査可能となっています。 それではその他にどんな特徴があるのか見て行きたいと思います。 オリックス銀行カードローンの魅力 業界最低水準の金利 銀行カードローンの金利が貸金業者に比べ低いのは常識ですが、 オリックス銀行カードローンは銀行カードローンの中でも低金利となっています。 具体的には3. 0%〜17. 8%の金利で貸付を行っており、 上限金利は他社に比べあまり変わりませんが下限金利の3. 0%は異例の低さと言えるでしょう。 下限金利が適用される条件は多額の借入ではないかと思う人もいるかもしれませんが、最も利用が多い100万円未満の借入の場合の金利は12. 0%〜17. 8%です。 利用限度額が100万円の100万円コースを選べば金利は9. 0%〜14. 8%となり、限度額毎にコースが設けられていますが100万円コース以降は下限金利一桁が保証されています。 因みに最高限度額800万円の800万円コースでは、金利は驚きの 3. 0%〜4. 8%となります。 おまとめローン、借り換え対応可能 オリックス銀行カードローンはおまとめローンや借り換えも対応してくれるので、特に高額の場合先程の低金利との相乗効果が期待できます。 一般的にカードローンの限度額は300万円〜500万円が多いのですが、オリックス銀行カードローンは最高限度額800万円ですので余裕でおまとめが出来る点もうれしいですね。 また、複数業者での借入がある方は、一刻でも早く低金利のローンへ借り換え、おまとめしたい所ですが、オリックス銀行カードローンなら、最短即日審査可能ですし、申し込みに必要な書類の一つである所得証明書も300万円以下でしたら不要です。 (個人事業主・会社経営者は除く) リボ契約で繰り返し借入可能 オリックス銀行カードローンでは返済方式として「残高スライドリボルビング方式」をとっており、限度額内であれば繰り返し借入が出来ます。 「残高スライドリボルビング方式」は、残高に応じて定められた金額を毎月返済するので、返済管理が簡単になっています。 更に毎月返済額は残高30万円以下であれば月7000円と業界最低水準となっています。 また、繰り返しの借入可能は便利ですがその度にATM手数料がかかってしまったら勿体ありません。 オリックス銀行カードローンなら提携ATM手数料は無料ですのでそのような心配は不要です。 ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、セブン銀行、イオン銀行、ローソン、EnetのATMが利用可能ですので、利便性も抜群です。 オリックス銀行カードローンは20歳から65歳までの方で、安定した収入のある方ならお申し込み出来ます。 銀行カードローンの申し込みを考えているのであれば、口座開設も不要ですので是非お勧めしたいカードローンです。

次の