ワタミ ガリガリ。 ワタミのガリガリに痩せた社員の現在wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww [205023192]

ワタミの求人条件に「死ぬぞこれ」 会社広報に真意を聞くと...: J

ワタミ ガリガリ

DVD『社長 渡邉美樹』(ポニーキャニオン) 本日(6月20日)発売の「週刊文春」(文藝春秋/6月27日号)が、かねてよりブラック企業との呼び声が高い ワタミについて、みたび追及している。 ワタミといえば、作家や弁護士、大学教授が主催する「ブラック企業大賞2012」であの東京電力を抑え見事1位を獲得するなど、。 文春では、先週、先々週号とワタミの特集を組んでいる。 記事によれば、ワタミグループでは全社員に『理念集』という冊子が渡され、その中には「365日24時間働け」「出来ないと言わない」などの言葉が掲載され、勤務時間について「『成し遂げる』ことが『仕事の終わり』であり『所定時間働く』ことが『仕事の終わり』ではない」と勤務時間に捉われることなく仕事をしろと書かれているという。 さらに勤務中の休憩時間について「12時間のうち、飯を食える店長は2流だと思っている」と渡邉氏が発言したともいう。 それを裏付けるかのように記事では元社員が「勤務時間は夕方から明け方まで12時間以上なのに休憩はとれても30分」と告白している。 この文春の記事に対し、渡辺氏は6月6日のツイッターで「本日の一部週刊誌記事は、明確に事実と異なる点があり、弁護士を通じて対応いたします。 尚、今後も事実に基づかない記事掲載等には、毅然とした対応をして参る所存です」と提訴も辞さない姿勢を示した。 また、記事が出る約1週間前の今年5月31日の渡邉氏の公式サイトには「ブラック企業と呼ばれることについて」と題した記事を掲載。 ワタミの外食事業の離職率、年収、時間外労働時間、メンタルヘルスの不調について各種統計を見ても同業他社を下回っていると主張している。 ちなみに、ワタミには外食店舗のアルバイト採用に関する問い合わせセンターがある。 36歳の筆者でもアルバイトできるか聞いたところ「受付の段階では年齢制限は設けていません。 アルバイトには学生が多いですが、36歳でも極端な差はないのではないでしょうか」とまずは年齢はOKだった。 しかし、文春で報じられているように休憩時間が取れないということはないか不安だと話すと、「6時間勤務で45分、8時間勤務で1時間しっかり取れます。 私は正社員ですが、きちんと休憩時間を取っています」とのことだった。 続く6月20日号の文春では、ワタミのグループ会社「ワタミの介護」が運営する施設で事件や事故が続出していると報じている。 記事によれば、昨年2月板橋区のレストヴィラ赤塚に入居していた当時74歳の女性が入浴中に溺死したが、当初ワタミ側は遺族に病死の可能性が高いと報告していた。 しかし、警察の捜査や司法解剖の結果、溺死と判明したという。 また神奈川県川崎市のレストヴィラ元住吉に入居していた当時87歳の男性は床ずれが悪化し、敗血症になるまで放置され、その後入院したが5日後に死亡したという。 入院直後、男性の家族がワタミ本社を訪れ、渡邉氏や清水邦晃・ワタミの介護社長と面会した際に、渡邉氏が「1億欲しいのか」と言い放ったという。 他の施設でも事故が起こっており、入居者の家族は「スタッフの人数が少ない」と口を揃えているという。 2003年に渡辺氏は郁文館(現・郁文館夢学園)の理事長に就任。 元教員は「渡辺さんが来てからの5年間で私の給料は3分の2に減りました」と告白。 また、03年度には教職員のボーナスを6カ月から4カ月にカットしたという。 渡邉氏は「教員の給与はワタミの社員と比べ高い。 不満ならどうぞ辞めてください」と言い放ったという。 結果、ベテラン教員が辞め、月給の安い講師を採用せざるを得ないとのこと。 これについて「人件費を抑えて採算をとるというのが、渡邉流なのですが、これを教育分野にも導入したのです」と経済ジャーナリストが指摘している。 さらに第1弾で登場した『理念集』に記されているという「365日24時間働け」と同じく、著書で渡辺氏は教員に対し「プライベートな時間はなく、子どものために24時間365日、全身全霊捧げます」と求め、郁文館では教師の携帯電話番号を生徒に教え「365日24時間電話していい」と伝えているという。 こうした熱血指導の甲斐あってか、渡辺氏が理事長に就任した03年3月から2年で教員が30人辞め、今年3月に中学を卒業した学年では、3年間で14名の生徒が転退学したという。 06年、第1次安倍内閣の教育再生会議の有識者会議メンバーに起用されただけのことがあって、やることが斬新すぎるきらいがあるようだ。 7月4日公示で、21日投開票される見通しの参議院選挙。 今回の選挙よりインターネットを使った選挙運動が解禁されるが、こうしたブラックな噂はネットでの広がりが速そうだ。 自民党公認候補として参院選に出馬する渡邉氏の今後の対応に注目が集まる。 (文=本多カツヒロ).

次の

[B!] ワタミのガリガリバイトさん、居酒屋「一休」で生存確認か

ワタミ ガリガリ

居酒屋チェーン「」の創業者で、自民党の参院議員が3月13日、参議院の予算委員会公聴会に出席。 を防ぐ法案を求める遺族に対して、「働くことは生きがい」「高度プロフェッショナル制度は働く人にとっていい」と発言し、批判が続出している。 その日の参院予算委員会には、「東京過労死を考える家族の会」代表の中原のり子さんが公述人として出席していた。 中原さんは、小児科医として働いていた夫を過労自殺で亡くした経験から、高度プロフェッショナル制度の取り下げを訴えている。 「人は働くことでたくさんのありがとうを集め、成長していく」などと主張 渡邉氏は質問に立つと、「私も10年前に愛する社員を亡くしている経営者でございます。 過労死のない社会をなんとしても実現したいと考えております」と前置きした。 ワタミでは森美菜さん(当時26歳)が2008年、月約141時間の残業を強いられ、過労自殺で亡くなっている。 渡邉氏は続けて自身の労働観を語り、中原さんに働くことについてどう考えているか質問した。 「国会の議論を聞いていると働くことが悪いことであるかのように聞こえてきます。 できれば週休7日が人間にとって幸せなのかと、そのように聞こえてきます。 (中略)働くことは決して悪いことではなく、生きがいであり、自己実現であり、人は働くことでたくさんのありがとうを集め、成長していく。 そんな大事なものだと思っています。 (中略)働くということについてのお考えをお聞かせ願えないかと思っております」 薬剤師として働く中原さんは「知識を高めて、喜びをもって生き生きと生活するための仕事、それが本当の仕事だと思う。 苦しいとかノルマだけを課せられているというのは違うのではないでしょうか」と回答した。 さらに、中原さんが長時間労働を助長するとして反対していた「高度プロフェッショナル制度」について渡邉氏は、次のように主張し、導入を求めた。 「働く方々にとって良いことなんではないかと思っております。 (中略)時間に縛られないで成果を約束した仕事をする労働者の生活の充実や生産性向上につながり、結果として労働時間も収まりみんながハッピーになるのではないかと思っています」 「加害者側の人物から質問を受けるのは、かなりの負担なのではないか」 この公聴会の様子はネットで話題になり、「過労死させた側が過労死させられた側に、労働に関するご高説を垂れるなんて…」「遺族の声を無視するな」「地獄のやりとり」「あまりに酷すぎる」と批判の声が相次いでいる。 労働問題に取り組む、首都圏青年ユニオンの原田仁希さんは、「公聴会の質問者になぜ渡邉美樹を選んだのか。 考えられない」と話す。 「従業員を過労死に追い込んだ経営者というのは加害者側の人間です。 そうした人物から質問を受けるのは、遺族の方にはかなりの負担なのではないでしょうか。 それなのに配慮が一切感じられません」 さらにこの質問からは、渡邊氏がワタミでの過労死が起きた理由を理解できていないことがわかるという。 「あの事件では『やりがいが大切』という渡邉氏の労働観を押し付けたのが問題だったのに、未だに『働くことは生きがいであり、自己実現』と話しています」 高プロについて渡邉氏は「労働時間も収まりみんながハッピーになる」と話していたが、原田さんは「長時間労働を助長するのは明らか。 もし労働時間を削減するなら現行法でできるので、高プロを創設する必要はありません」と指摘する。 こうした渡邊氏の態度は、総じて「時代遅れ」だと言わざるを得ない。 「日本にはかつて会社に忠誠を誓って、サービス残業も厭わず、定年まで働くという文化がありました。 しかし近年では長時間労働は良くないという意識が広まり、考え方も変わってきています。 それなのに渡邊氏は、時代遅れの働き方文化にしがみつき、そこにやりがいの押し付けなどを加えたのだと思います」.

次の

その飲食店、隠れワタミだよ。知らないのか?

ワタミ ガリガリ

自分と比べれば劣等感はない 新入社員の頃は、同期たちと一緒のスタートラインに立ちます。 ですが、入社して何年か経つと、徐々に「出世が早い人・遅い人」に分かれ、同期が自分の上司になる可能性もあるでしょう。 私は、自分より出世が早い同期をみて「最初は俺と同じ店で働いていたのに、あいつはもう店長か。 それに比べて俺は…」と劣等感を抱いたこともありました。 こういった気持ちを見越してか、渡邉さんは入社式で「出世が早いか遅いか、そんなことはどうだっていい」とバッサリと断じ、さらにこう続けました。 「人と比べて自分を見るのではなく、昨日の自分と今日の自分を比べなさい。 昨日の自分より少しでも成長していればいい。 こうして1年もすれば劣等感を感じてぐずぐずしていた人より、ずっと成長できる」 そしてウサギとカメの話を引き合いに出し、「ウサギは自分より足の遅いカメを見て、優越感を感じサボってしまった。 カメは、自分とゴールだけ見ていたんだ」と続けました。 渡邉さんは「私も体の重い亀のように、ゆっくりでいいから一歩一歩進んでいこうと思っている。 皆も今の自分に出来ることを、120%の力で頑張ればいい」と言っていました。 確かに、他人と比べて感情を抱くのも、人間ですから避けられないこと。 しかしそれに囚われてばかりいて地道な努力を忘れてしまっては、その差は開くばかりです。 この言葉は、いまでもなるほどなと思います。 「自分に対する厳しい基準」を他人に求める危険性 また渡邉さんは、「逃げで辞めるな」ということも言っていました。 渡邉さんはワタミを創業する前、佐川急便にドライバーとして働いていました。 仕事は過酷を極め、1日20時間労働で寝る時間もろくにとれず、あまりに眠いときには赤信号で止まった間に寝ていたそうです。 こうした厳しい環境に渡邉さんも「もう嫌だ。 辞めてやろう。 こんなに苦労する必要なんてない。 明日にでも辞めてやろう」と何度も考えたそうです。 ですが、心に引っかかるものがあったそう。 「俺は起業する資金を作るため、佐川急便に入ったんじゃないのか。 もし辞めたい気持ちが100だとして、その内にたった1でも逃げたい気持ちがあるのなら、俺は辞めない。 一度でも逃げたら、もう終わりだ。 理屈なんかいらない。 起業するという夢を叶えるまで、絶対に逃げない」 そのように考え、思いとどまった渡邉さんは、佐川で1年かかって300万円の資金を貯めて、ワタミを起業しました。 私も自分が新しい道に進もうと考えて辞めるとき、この入社式の話を思い出したものです。 ただ、この話には危険な要素もあると思います。 本当に辛くなっても「辞めてはいけない」と無理をしてしまい、心身を壊しては元も子もないからです。 それに会社に対する不満を抱き、「こんなところにいられるか」と逃げたって、本人の責任とも限りません。 冒頭の「120%の力で頑張ればいい」という話にも、そういう要素はあります。 自分に厳しく生きてきた渡邉さんが、他人にも同じ基準を求めたとき、周囲から「ブラック企業」と呼ばれるようになった典型的なエピソードと言えるのかもしれませんね。 あわせてよみたい:.

次の