国税庁 確定 申告 作成 コーナー。 確定申告書等作成コーナー/e

確定申告書等作成コーナー/e

国税庁 確定 申告 作成 コーナー

お問い合わせの前に 1 e-Tax・作成コーナーヘルプデスクでは、 次の質問にはお答えできませんので、それぞれのお問い合わせ先にご確認ください。 e-Tax・確定申告書等作成コーナーに直接関係のないお問い合わせ 2 e-Tax・作成コーナーヘルプデスクは大変混み合う場合がありますが、お問い合わせの多い事項についてはホームページに掲載しておりますので、ご確認ください。 e-Taxに関する「」• 「」 なお、確定申告期に皆様から寄せられたお問い合わせの多い質問のうち、TOP10を掲載しています。 併せて、お問い合わせの回答内容についても掲載しておりますので、ご確認ください。 3 e-Tax・作成コーナーヘルプデスクでは、エラー解消に当たって、ご利用端末の環境の確認をさせていただくことがあります。 Windows端末をご利用の場合、以下の「環境情報取得ツール」をご利用いただくと、e-Taxをご利用いただくために必要なOS情報やInternet Explorer ブラウザ の設定を確認することができます。 ご利用に当たっては、以下の操作マニュアルをご確認ください。 【特 記】 特に月曜日や12時〜15時の時間帯はお問い合わせが集中しており、お待たせする傾向にあります。 確定申告期にお問い合わせの多い質問のうちTOP10を「」に掲載しておりますので、お問い合わせ内容が掲載されていないかご確認ください。 なお、税務相談等 申告の要否、申告等の内容に関する事項、税法関連事項等 に関するお問い合わせにつきましては、にお問い合わせください。 なお、間違い電話が多くなっておりますので、くれぐれもおかけ間違えのないようにご注意願います。 また、ご利用の電話機によっては、上記ナビダイヤルにつながらない場合があります。 つながらない場合には、にお掛けください。 【受付時間】 ・月曜日〜金曜日 午前 9時から午後 5時 休祝日及び12月29日〜1月3日を除きます。 ・令和2年1月14日〜4月16日まで 月曜日〜金曜日 午前 9時から午後 8時 祝日を除きます。 2月24日の祝日及び3月1日、8日、15日の日曜日 午前 9時から午後 8時 注意• 「0570」は、ナビダイヤルの番号です。 e-Tax・作成コーナーヘルプデスクでは、最寄りの税務署に電話を掛ける場合と同様の負担でご利用いただけるよう、全国一律市内通話料金で掛けられるナビダイヤルで対応しています。 一般の固定電話からであれば、全国どこからでも、3分間8. 5円 税込9. 35円 のご負担でご利用いただけます。 ただし、携帯電話及びPHSからは20秒10円 税込11円 の通話料金となります。 ご利用の電話機によっては、上記ナビダイヤルにつながらない場合があります。 その場合は、 03-5638-5171をご利用ください。 ただし、この場合には、通常の通話料金となります。 また、 間違い電話が多くなっておりますので、くれぐれもおかけ間違えのないようご注意願います。 なお、音声案内の途中でも操作することができます。 )にお問い合わせください。 なお、間違い電話が多くなっておりますので、くれぐれもおかけ間違えのないようにご注意願います。 【受付時間】• 平日 9時30分〜20時• 土日祝 9時30分〜17時30分•

次の

確定申告をするなら!国税庁の確定申告書等作成コーナー(平成30年分)

国税庁 確定 申告 作成 コーナー

お問い合わせの前に 1 e-Tax・作成コーナーヘルプデスクでは、 次の質問にはお答えできませんので、それぞれのお問い合わせ先にご確認ください。 e-Tax・確定申告書等作成コーナーに直接関係のないお問い合わせ 2 e-Tax・作成コーナーヘルプデスクは大変混み合う場合がありますが、お問い合わせの多い事項についてはホームページに掲載しておりますので、ご確認ください。 e-Taxに関する「」• 「」 なお、確定申告期に皆様から寄せられたお問い合わせの多い質問のうち、TOP10を掲載しています。 併せて、お問い合わせの回答内容についても掲載しておりますので、ご確認ください。 3 e-Tax・作成コーナーヘルプデスクでは、エラー解消に当たって、ご利用端末の環境の確認をさせていただくことがあります。 Windows端末をご利用の場合、以下の「環境情報取得ツール」をご利用いただくと、e-Taxをご利用いただくために必要なOS情報やInternet Explorer ブラウザ の設定を確認することができます。 ご利用に当たっては、以下の操作マニュアルをご確認ください。 【特 記】 特に月曜日や12時〜15時の時間帯はお問い合わせが集中しており、お待たせする傾向にあります。 確定申告期にお問い合わせの多い質問のうちTOP10を「」に掲載しておりますので、お問い合わせ内容が掲載されていないかご確認ください。 なお、税務相談等 申告の要否、申告等の内容に関する事項、税法関連事項等 に関するお問い合わせにつきましては、にお問い合わせください。 なお、間違い電話が多くなっておりますので、くれぐれもおかけ間違えのないようにご注意願います。 また、ご利用の電話機によっては、上記ナビダイヤルにつながらない場合があります。 つながらない場合には、にお掛けください。 【受付時間】 ・月曜日〜金曜日 午前 9時から午後 5時 休祝日及び12月29日〜1月3日を除きます。 ・令和2年1月14日〜4月16日まで 月曜日〜金曜日 午前 9時から午後 8時 祝日を除きます。 2月24日の祝日及び3月1日、8日、15日の日曜日 午前 9時から午後 8時 注意• 「0570」は、ナビダイヤルの番号です。 e-Tax・作成コーナーヘルプデスクでは、最寄りの税務署に電話を掛ける場合と同様の負担でご利用いただけるよう、全国一律市内通話料金で掛けられるナビダイヤルで対応しています。 一般の固定電話からであれば、全国どこからでも、3分間8. 5円 税込9. 35円 のご負担でご利用いただけます。 ただし、携帯電話及びPHSからは20秒10円 税込11円 の通話料金となります。 ご利用の電話機によっては、上記ナビダイヤルにつながらない場合があります。 その場合は、 03-5638-5171をご利用ください。 ただし、この場合には、通常の通話料金となります。 また、 間違い電話が多くなっておりますので、くれぐれもおかけ間違えのないようご注意願います。 なお、音声案内の途中でも操作することができます。 )にお問い合わせください。 なお、間違い電話が多くなっておりますので、くれぐれもおかけ間違えのないようにご注意願います。 【受付時間】• 平日 9時30分〜20時• 土日祝 9時30分〜17時30分•

次の

2 電話によるお問い合わせ|e

国税庁 確定 申告 作成 コーナー

今回は、職場が1箇所で、医療費控除を受けたい方が、国税庁の確定申告書作成コーナーを利用して確定申告書を作成する方法についてご紹介します。 なお、 本内容は令和元年分(令和2年3月16日申告期限分)の確定申告に対応しています。 国税庁の「確定申告書作成コーナー」を使った確定申告書の作成方法(給与所得者が医療費控除を受けて所得税の還付を受けるケース) 今回は次の項目に当てはまる方を想定した上で、確定申告書等作成コーナーの利用方法をご紹介します。 給与所得者• 職場は1箇所• 医療費控除を適用し、所得税の還付を受ける 上記以外に該当する方は、選択箇所や入力箇所を適宜変更するなどして対応してください。 国税庁のホームページ()を開き、「確定申告特集」をクリック。 「確定申告書等の作成はこちら」をクリック 「作成開始」をクリック 「印刷して書面提出する」をクリック 今回は確定申告書等作成コーナーで確定申告書を作成・印刷し、紙で税務署へ提出する方法をご紹介しますが、e-Taxで電子申告することも可能です。 2019年1月から、「ID・パスワード方式」により電子申告することも可能になりました。 「利用規約に同意して次へ」をクリック Windows、Macどちらでも利用できます。 ただし、推奨環境に注意が必要です。 「令和元年分の申告書等の作成」をクリック 事業所得がある方は、決算書も作成することができます。 (決算書を作成すると、自動で所得税の確定申告書に所得が連動するので便利です。 ) この場合、確定申告書を作成する前に、まずは決算書を作成しましょう。 青色申告決算書の作成方法は、次の記事で紹介しています。 他にも、消費税や贈与税の申告書も作成することができます。 「給与・年金の方」の「作成開始」をクリック(今回は給与所得の方が医療費控除を受ける前提のため。 実際には該当する箇所をクリック。 ) 給与や年金以外にも所得がある方は、真ん中の「左記以外の所得のある方」のページから確定申告書を作成します。 「次へ」をクリック。 職場から入手した「給与所得の源泉徴収票」と「医療費の領収書」を準備。 今回は仮に、職場から次のような源泉徴収票(年末調整済み)を入手したとします。 また、令和元年に支払った医療費は、次の通りであったとします。 A病院に100,000円• B病院に100,000円• 上記の医療費の合計は200,000円 「申告される方の生年月日」を入力し、「入力終了(次へ)」をクリック 「給与のみ」にチェックを入れて、「入力終了(次へ)」をクリック 給与の支払者(勤務先)の数は「1箇所のみ」をチェックし、年末調整の状況について「年末調整済みである」をチェックし、「入力終了(次へ)」をクリック 適用を受ける所得控除について、「医療費控除」にチェックし、「入力終了(次へ)」をクリック 「入力する」をクリック 源泉徴収票を見ながら、入力画面を参考に数字等を入力し、「入力内容の確認」をクリック 「次へ進む」をクリック 「入力終了(次へ)」をクリック 医療費控除の「入力する」をクリック 「医療費控除を適用する」をクリック 今回は、「医療費の領収書から入力して、明細書を作成する」を選択(他の方法でも構いません。 ) 「入力する」をクリック 医療費を入力します。 まずはA病院の100,000円を入力し、「続けてもう1件入力」をクリック 次に、B病院の100,000円を入力し、「入力終了」をクリック 医療費の入力結果を確認し、「次へ進む」をクリック 医療費控除の計算結果画面が出てきます。 今回は100,000円が医療費控除となりました。 内容を確認し、「次へ進む」をクリック 所得控除の入力画面に戻ります。 入力した医療費控除100,000円が反映されていることを確認し、「入力終了(次へ)」をクリック。 なお、途中で一旦入力を中断したい場合は、「入力データの一時保存」をクリックします。 還付金額が表示されます。 今回、確定申告をすることで、20,348円が還付されます。 内容を確認し、「次へ」をクリック 住民税等に関する事項の入力画面が出てきます。 今回は、16歳未満の扶養親族の有無は「なし」、別居の控除対象配偶者・控除対象扶養親族の有無は「なし」を選択し、「入力終了(次へ)」をクリック 還付される税金を受け取る銀行口座を登録します。 (銀行口座は、確定申告する方ご本人の名義に限られますので、注意しましょう。 ) 氏名、性別、電話番号などを入力し、「入力終了(次へ)」をクリック マイナンバーを入力し、「入力終了(次へ)」をクリック 印刷する帳票を選択し、「帳票表示・印刷」をクリック 「帳票表示・印刷」を選択すると、次のように、確定申告書のPDFデータが完成します。 これらの確定申告書をプリンタで印刷後、押印し、添付書類(以下の「提出書類等のご案内」を参照。 今回は添付書類なし。 )を準備した上で、税務署へ持参又は郵送により提出しましょう。 ちなみに、プリンタが無い方も、コンビニのプリントサービスを使うことで印刷可能です。 最後に、作成したデータを「入力データを保存する」をクリックし、指示に従って保存します。 入力データを保存することで氏名や住所などの情報が引き継がれるため、来年は更に入力が楽になります。 以上で確定申告書の作成は終了です。 画面イメージで説明すると長くなりますが、実際に入力してみると簡単だと思います。 <編集後記> 船橋市では、市役所などで毎年2月頃から確定申告書の無料相談会が開催されますが、朝から大混雑になります。 確定申告書を作成するために、無料相談会を利用すると丸一日かかってしまう方も多いのではないかと思います。 毎年同じような所得の内容であれば、今回ご紹介した確定申告書作成コーナーを利用することで、朝から並んで長時間待つことをしなくても済むかもしれません。 確定申告書作成コーナーは、無料で何度でも利用できますので、試しに昨年の申告書を参考に入力してみて、使い勝手を確認するのも良いと思います。

次の