保湿化粧品おすすめ。 50代の基礎化粧品おすすめランキング|人気の本格派ブランド11選

保湿化粧品のおすすめ15選!人気ランキング上位を紹介 自分に合ったアイテムを選ぼう

保湿化粧品おすすめ

無印良品の化粧品の種類・特徴 化粧水 洗顔後にまずつけるのが化粧水です。 無印の化粧水は天然水を使用していて、お肌への浸透力が抜群だと人気があります。 サイズも大きいものから小さいものまであるので、ご自宅で使用する場合は大容量のもの、旅行や出張先などで使用する場合は持ち運びしやすいコンパクトサイズのものなど、お好みのサイズを選ぶことができます。 初めて使う方は、お試しで小さいサイズのものを一度使ってみるといいですね。 コストパフォーマンスが高く、価格もお手頃なので気兼ねなく使うことができ、たっぷり使いたいという方に無印の化粧水は人気があります。 乳液 化粧水のあとにつけるのが乳液です。 乳液はお肌を保湿するのはもちろん、お肌の水分を整えたり、キープしてくれたりします。 無印の乳液にはオーガニックシリーズ、エイジングケアシリーズ、クリアケアシリーズ、敏感肌シリーズなどがあり、種類がとても豊富です。 ですから、ご自分の肌の様子に合ったものや使い心地がいいものからお好みのものを選んでいくといいでしょう。 無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・アルコールフリーのものが多いので、お肌が弱い方でも安心して使うことができると好評です。 オイル 無印のオイルは種類が豊富で、テレビや雑誌などのメディアで取り上げられることも多いです。 お肌はもちろん、体や髪、爪にも使えるので、オイルがあれば全身をケアすることができます。 オイルは「なんとなくベタ付きが気になる!」「使い心地があまり良くない・・・」と感じる方も多いですが、無印のオイルは軽い使い心地のものが多く、ご自宅や外出先など、色々な場所で気軽に使えるのもポイントです。 植物から抽出したオイルが使われており、ボディパーツや質感によってオイルを使い分けることが可能です。 無印良品の化粧品のおすすめ人気ランキング10選 ここからは無印良品の化粧品のおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。 選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りの無印良品の化粧品を見つけてみてくださいね! 第10位:無印良品 導入化粧液(大容量) 400ml• 岩手県釜石の天然水を使用して作られた化粧水です。 たっぷりうるおいを与えて保湿するので、乾燥が気になる方におすすめです。 無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリー・アレルギーテスト済みで、お肌を優しくケアします。 無印良品の化粧品の口コミ・評判は? 無印の化粧品の口コミ・評判で多いのは、「とにかくコストパフォーマンスが高い!」という声です。 化粧水・乳液は大容量タイプでもお手頃なお値段なので、気兼ねなくたっぷりと使用できます。 また、オイルは一般的に高価なものが多いですが、無印のオイルはお手頃な価格で有名です。 また、「肌にやさしい!」「無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・アルコールフリーが嬉しい!」といった声もあります。 成分が肌にやさしく、軽い使い心地のものも多いので、トラブルが起きやすい敏感肌の方にも人気があります。 無印良品の化粧品の売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、化粧品のAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 まとめ 無印の化粧品について色々とご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 無印の化粧品の種類はとても豊富なので、きっとあなたにピッタリなものが見つかりますよ。 この機会に是非、お気に入りの化粧品を探してみてはいかがでしょうか。

次の

保湿化粧品119番|医師や美容専門家が教える!おすすめ保湿化粧品

保湿化粧品おすすめ

乾燥肌には保湿重視のクリーム• 脂性肌にはさっぱり系のクリーム• 敏感肌は無添加のクリーム 肌の悩みに合った成分のクリームを選ぶ 肌の悩みも人それぞれあり、乾燥やしみ・そばかす、くすみ、しわなどさまざまです。 肌の悩みに合った成分が配合されているクリームを選びましょう。 悩み 成分 解説 乾燥 角質層に有効な保湿成分 セラミド・NMFなど 真皮に有効な保湿成分 ヒアルロン酸・コラーゲンなど しっかり保湿するためには角質層と真皮の両方に保湿成分を届ける必要があります。 これらがバランスよく配合されているかチェックしましょう。 加齢によるたるみ・しわ ビタミンC・コラーゲン・エラスチン・アミノ酸など 年を重ねるにつれて肌のハリが失われる原因は体内にあるエラスチンの減少によるためです。 肌のハリを取り戻すためにエラスチンは重要な成分です。 また、ビタミンCはこの中でも特に肌の老化を防ぐ抗酸化作用が強いため配合されているか確認しましょう。 しみ・そばかす アルブチン・ハイドロキノン・ビタミンC誘導体 厚生労働省が「美白有効成分」と認めたものを選びましょう。 美白有効成分は、メラニンの生成を抑え、日焼けによるしみ・そばかすを防ぐ効果があります。 これらの成分は傾向だけを押さえておき、それぞれの肌に合わせて注目して見ると良いです。 即座に悩みを解決する訳ではないので注意しましょう。 化粧水や乳液等でこれらの成分を補っても良いです。 「自分の肌質」「自分の肌の悩み」「続けやすい価格」 この3点を選ぶ基準にすると良いでしょう 肌の質別メイク前クリームのおすすめチェックポイント 選び方を押さえた上で、メイク前のクリームの肌質別のチェックするポイントを挙げてみます。 多くはアットコスメなどの口コミを参考にしています。 傾向を押さえればプチプラ商品でも、高級なクリームでも大差はありません。 乾燥肌には保湿力のあるクリームを 乾燥肌には保湿力の高い成分であるグリセリンやセラミド、ヒアルロン酸やコラーゲンといった成分が含まれていることが第一です。 またメイク前の時間をしっかりとかけて、化粧水なども1つ1つなじませておくと良いです。 乾燥することでメイク崩れが心配な場合には、携帯用の化粧水等で、メイクをこまめに直すようにし、厚塗りは決してしないようにしましょう。 保湿重視のクリームについては前項選び方で述べたような成分を、多く使っているクリームをメイク前に使用すると良いです。 乾燥がひどい季節には、必ずお昼にメイク直しをして、そのときに保湿成分をチャージしましょう。 乾燥肌のメイク前のクリームでも成分が良いからと言って厚塗りはいけません。 乾燥肌には保湿力の高い成分のクリームを• こまめなメイク直しも考える 脂性肌には皮脂の分泌が少ない箇所だけの部分使いを 脂性肌にはさっぱり系のクリームを使用すると共に、 テカる部分だけクリームを薄めに塗っておくことをおすすめします。 比較的皮脂の分泌が少ない頬などを中心に使用するようにし、あとは化粧水などで済ませてしまっても良いです。 テカリがそれでも気になる場合にはあぶら取り紙などを使用して、マメに化粧の上から余計な皮脂を取って上げる方法もありです。 脂性肌の要因は、すぐに改善することが難しいですから、場合によってはメイク前のクリームは不要になるケースもあります。 成分等に注目しておき、脂性肌用のクリームを選択して部分的に使うと良いです。 脂性肌にはさっぱり系のクリームを• 部分使いでも良い• 場合によってはクリームを使用しない方法も 敏感肌には成分のシンプルなクリームを使用する 敏感肌の人には、 成分がシンプルで無添加なものをおすすめします。 化粧水や乳液のケアのあとには、いろいろ配合されているクリームより成分配合が少ないクリームを使い、なるべく肌と反応する成分をつけないようにします。 この場合にはクリームではなく、オリーブオイルやアルガンオイルなどのオイル類を用いても構いません。 敏感肌にとってメイク前ケアにおすすめできないのは、肌にいろいろ塗って、肌を反応させてしまうことです。 自分がどのような成分に反応するのかテスターのパッチテストなどを利用して調べておき、そのような成分が入っていないクリームを使うことがポイントです。 当然付けすぎも厳禁です。 敏感肌には成分がシンプルで無添加なクリーム• 天然オイル等の成分の注目• パッチテストで調べておく 混合肌の人は乾燥する部分だけ使用する 部分的には乾燥し、部分的にはテカる混合肌の人には、 メイク前のクリームの種類を部分的に使い分けることをおすすめします。 乾燥する部分には保湿に優れたクリームを、テカる部分にはさっぱり系のクリームをそれぞれ利用しましょう。 化粧水や乳液でそのような使い分けは難しいでしょうから、クリームの状態で上手に肌を調整してあげることがおすすめです。 アイテムを2つ以上持っておき、使い分けると化粧持ちが良くなります。 混合肌の人にはその日によって肌の調子が異なる傾向もありますから、数種類のクリームをその日に合わせ、使い分けても良いです。 化粧下地やメイクは時間を置いてから クリーム後も肌になじませる時間を作ると良い スキンケアの順番を守る スキンケアの順番は、洗顔・化粧水・乳液・クリームの順です。 洗顔によって汚れをしっかりと落とし、化粧水で保湿成分を肌に浸透させ、乳液で総合的なカバー、クリームで膜を作ることが役割。 それぞれの役割をしっかりと把握して、手順を踏んでおくようにします。 順番を入れ替えると効果が半減します。 それぞれの段階で しっかりとケアをすることが、メイク前のケアには大事なポイントです。 時間の無い人はオールインワンのジェル等を利用する方法を用いてみましょう。 ただし肌の悩み(特に乾燥や敏感など)がある人ほど手順を踏んで、丁寧に順番を守りケアをすると効果的です。 順番を守る• それぞれの役割を把握• 化粧水や乳液は肌に浸透させることが大きな目的ですが、クリームは肌を保護することが大きな目的です。 すぐにクリームを塗ってしまうとクリーム成分によって膜が出来てしまい、化粧水や乳液の成分が無駄になることもあります。 クリームにも肌に浸透すると良い成分も配合されていますが、それは長時間肌を守るためのものです。 したがって短い時間のケアは化粧水や乳液、長時間のケアはクリームという認識を持って、上手に使い分けることが大事です。 すぐにクリームはつけない• 肌を落ち着かせてから クリームは肌の乾燥しやすい頬からつける 乾燥しやすい部分は人それぞれなので、一概にはいえませんが、基本的には 頬からつけて、伸ばすように使用します。 特にオイリーな部分が無いケースでは、頬2カ所とTゾーン、口の下につけてそれを薄く伸ばしていきます。 メイク前のクリームはできるだけ薄く肌に膜を作り、メイクを均等にしたり持ちを良くすることが目的です。 部分的にその薄さを変えるように、調整できるぐらい自分の肌の状態を把握しておきましょう。 このときの基準は、乳液後の仕上がりによって変わります。 小鼻などテカりやすい箇所については、場合によってはクリームを使用しなくても良いです。 クリームは押し込むように使用し薄くつける クリーム後の化粧下地やメイクも時間を置いてから クリーム後の化粧下地やメイクは、できることなら クリームを塗って肌が少し落ち着いてから行うことをおすすめします。 自分の肌状態というのは鏡を見ている自分が一番良く解ります。 クリーム後の肌状態によって追加でクリームを塗ってからメイクを始めたり、水分量が足らないと思ったら化粧水などでパッティングすることも必要です。 逆にテカっていると感じたらティッシュオフで、適度にクリームなどを取ってからメイクすると仕上がりが良くなります。 これからこの記事でおすすめするクリームには、肌傾向や口コミ等も記載してあるので、大いに参考にしてみましょう。 クリーム後の肌状態を確認• 場合によって必要なケアを• メイク前の状態を把握する メイク前クリームの人気ブランド・メーカー ブランド・メーカー 特徴 DHC さまざまなタイプのクリームがあり、基礎化粧品全て揃えることができます キュレル 乾燥性敏感肌向けのブランド。 (2018年7月時点) 基礎化粧品をライン使いしたいならDHC 基礎化粧品を同じメーカーで揃えることによって相乗効果が期待できます。 DHCは多くのスキンケアシリーズがあり、 自分の肌質や年齢や肌の悩み に合わせて選ぶことができます。 また、通販売上1位ということもあり、セールも頻繁に行っていることや定期コースなどで買い忘れを防ぐことができるというのも指示される秘訣です。 キュレル 乾燥性敏感肌の人のために作られたブランド。 さまざまな肌トラブルに応じた商品が魅力です。 肌トラブルに合わせて選ぶならキュレル 肌荒れやかさつきを繰り返す乾燥性敏感肌の原因は肌の必須成分であるセラミド不足かもしれません。 そのセラミドの働きを守って補うことによって肌のバリア機能を助け、潤いを与えます。 乾燥はもちろん皮脂トラブルや美白 などの製品が揃っています。 ロクシタン ロクシタンはフランスに本社を置き、1976年に創設された世界中で愛される自然派のコスメティックブランドです。 自然派由来ならロクシタン ロクシタンのスキンケアシリーズは皮膚専門いによるテストを行っており、自然由来の美容成分が豊富に配合されています。 顔だけでなく首やデコルテまで塗ることによって肌にうるおいを与えます。 自然派由来が好きであればロクシタン がおすすめです。 メイク前クリームの総合おすすめ人気ランキング メイク前クリームの総合おすすめ人気ランキングです。 @cosmeベストコスメアワード2018 上半期新作 ベストクリーム 第1位を獲得するなど、 保湿力の高さと使い心地の良さ、コスパの良さで人気の高いクリームです。 おすすめポイント ヒアルロン酸、ホホバ種子油、スクワラン、サボテンエキス、アルテロモナス発酵エキスなど、こだわりの高保湿成分を配合。 マイクロゲル構造でうるおいをしっかり肌に閉じ込めます。 ジェルのようなみずみずしさと緩めのテクスチャで伸びが良く、保湿力は高いのにべたつかないので、 クリームのべたべたする感じが苦手という方やメイク前の使用にもおすすめのフェイスクリーム。 日本国内生産、無着色、無鉱物油、アルコールフリー、と肌への優しさにこだわって作られているので敏感肌の方にもおすすめです。 WEBでお得に買える WEBではお得な定期購入も利用できます。 定期購入は2タイプ。 クリームのベタベタ感が苦手なので使い心地がすごくいいです。 初めは匂いが気になりましたが、使っているうちに気にならなくなりました。 乾燥がひどくなる時期は年齢的に少し保湿が足りないと感じるので、乾燥がひどくない時期に使っています。 口コミに対する編集部の意見 べたつく感じは苦手だけどクリームの保湿力が欲しい!という要望に応えてくれる、メイク前に理想的なフェイスクリームです。 乾燥がひどくなる時期や年齢肌には保湿力が足りないと感じる方には、うるおいを閉じ込めるジェルクリームのラッピング機能を活用して、クリームの前にルルルンのフェイスマスクを併用したり、高保湿化粧水と合わせてさらに保湿力を高める使い方がおすすめです。 ルルルン モイストジェルクリーム(保湿タイプ)の価格 80gの容量で1,500円(税別)です。 ジェルタイプなのでさっぱりした付け心地です。 ホワイトショットRXの受賞歴・特徴 ・2016年VOCE年間ベストコスメ クリーム部門 1位 ・賢者が選ぶ2016年ベストコスメ クリーム部門 1位 ・All About ベストコスメ大賞2016 美白部門 2位 ・CREA BEAUTY AWARDS 2016 美白ケア部門 1位 ジェルタイプで塗りやすく、ひんやり感触で 夏に使いやすいアイテムです。 べたつかず、たくさん日差しを浴びた日のケアやメイク前に最適です。 モイスチャー サージ 72 ハイドレーターの特徴 2018年春に発売されすぐに口コミで人気になりました。 「肌がみずから潤う力」に着目したこの商品は内から湧き出るように肌のみずみずしさが続きます。 メイクの上からや、身体はもちろん髪まで乾きが気になる部分に塗れば潤いを取り戻せます。 潤浸保湿フェイスクリームの受賞歴・特徴 ・@cosmeベストコスメアワード2014 ベストクリーム 第1位 ・@cosmeベストコスメアワード2015 ベストクリーム 第1位 ・@cosmeベストコスメアワード2016 殿堂入り 潤浸保湿セラミド機能成分やユーカリエキスなどの潤い成分が角質層に浸透して 吸いつくような肌になります。 低刺激なのに高保湿で どのような肌にも使いやすい商品です。 保湿がメインの商品なのでメイク前に使用すると、夜まで乾燥知らずの肌がキープできます。 クレーム ドゥ・ラ・メールの受賞歴・特徴 ・2008年@cosmeベストコスメ大賞 クリーム部門 第2位 ・2010年@cosmeベストコスメ大賞 クリーム部門 第3位 長年に渡って 女性の憧れ として愛されている商品です。 何年も リピート買い をしている人が多く、1度使ったら手放せないようです。 クレーム ドゥ・ラ・メールの口コミ・評判 仕事中に空調がいつも効いていて乾燥が気になっていた時に先輩に勧められて購入しました。 お値段は張りますが、プルプル・つやつや・ふっくらした肌になるので大満足です。 肌荒れに効果 があったり、 長時間続く保湿効果 の評判が特に高いです。 しかし、高価なために1週間に1回しか使わなかったりしている人も多く、十分に効果が発揮できていないように思えます。 また、肌に合わないという声もあるので、購入の前に確認する必要があります。 保湿成分が高いクリームのおすすめ人気ランキング 続いては、乾燥肌の人やエアコンがきいている中で仕事をしていたり、メイクがだんだん乾燥してヨレやしわなどが目立ってしまうということが多いなど、乾燥に悩んでいる人へ高保湿で乾燥しないクリームという切り口で商品を紹介していきます。 オリジナルトートバッグ付き。 特徴1 一般的なセラミドの約3倍の保水力を持つヒト型セラミドを採用 特徴2 無香料、無着色、パラべン・エタノールフリー、低刺激性で年齢による乾燥肌、敏感肌にも スキンケア商品に一般的によく使われているセラミドの 約3倍の保水力を持つヒト型セラミドを採用。 年齢による乾燥肌、敏感肌にもうるおいとハリ、弾力を取り戻してくれる製薬会社品質の高保湿クリームです。 おすすめポイント 年齢による乾燥肌、敏感肌のダメージの原因は、もともと肌に存在する保湿成分セラミドの減少によるもの。 そのセラミドと同じ構造を持つ ヒト型セラミドだからこそ、自然に角質層に浸透し、高い保湿力を発揮してくれます。 無香料、無着色、パラべン・エタノールフリー、低刺激性で年齢による敏感肌の方にもおすすめです。 WEBでお得に買える WEBでは初回購入の方限定のお得なトライアルセットが2種類から選べます。 オリジナルトートバッグ付き。 さらっとしたみずみずしいテクスチャーで油分が少なく、密着感はあまりないように感じました。 クリームというより乳液に似たさっぱりとした使用感。 夏場にはとてもいいのですが乾燥シーズンにはもう少しこってりとした感じが好きなので物足りなく感じるかも。 口コミに対する編集部の意見 肌質によってクリームの使用感にはばらつきがありますが、高い保湿力に定評のあるクリームです。 肌の内側からふっくらとうるおうので、ほうれい線や小じわなど乾燥による肌トラブルの改善が期待できます。 乾燥がひどい方は、やはり高保湿で人気の高いヒフミドの保湿化粧水をライン使いしてみることもおすすめです。 ヒフミド エッセンスクリームの価格 価格は 22gの容量で4,320円(税込)です。 初回限定で購入できるトライアルセットのほか、 定期購入では4,320円(税込)が、毎回12%OFFの3,801円(税込)で購入できます。 解説 いつものスキンケアの仕上げとして以外に、化粧下地・マッサージクリーム・クレンジングクリームとしても使用できます。 幅広い用途で使えてお肌に優しい 1950年から愛されているロングセラーのアンブリオリスモイスチャークリームは、パラベンフリー・アルコールフリーであり、皮膚科学的テストをしていて 敏感肌でも荒れにくく 、メイク前のスキンケアの後、優しく馴染ませることによってファンデーションを薄く仕上げて長時間 崩れにくく艶やかな状態 を保ちます。 解説 無香料・無着色・無鉱物油・ノンアルコール・パラベンフリーで5種類のセラミドを配合しています。 うるおいを逃がさない低刺激プチプラ濃厚クリーム 大豆由来成分が肌の角質層の状態を整えて 5種類のセラミドが肌のバリア機能を補ってくれます。 重めのテクスチャですが肌に塗ると重くなく、伸びもいいです。 肌に優しく 低刺激でしっかり保湿してくれます。 また、1回の使用分が少量で済むうえに低価格なのでコストパフォーマンスもかなりいいです。 べたつきは結構がありますが、クリームやオイルを塗った時と違った感じがして、他のスキンケアアイテムと喧嘩することなく肌にだんだん浸透していく感覚で、化粧下地としても使用していますが全然よれないです。 べたつきは少し気になるようですが、保湿されているのが実感できるようです。 また、 アトピーが酷い人にも使用できる 万能クリームです。 自分の肌に合ったメイク前のクリームで化粧乗りと持ちが変わる メイク前にきちんとスキンケアをすることによって化粧崩れを防ぐことができ、化粧乗りや持ちもよくなります。 そのため、自分の肌質・肌の悩みに合ったクリームを選び、持続して使用することが大事です。 自分に合うクリームを見つけてみてください。 当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。 この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

次の

コスパ抜群のおすすめ化粧水|プチプラ化粧水や年代別おススメ、選び方や正しい使い方もご紹介

保湿化粧品おすすめ

この記事の目次• 敏感肌にやさしい基礎化粧品の選び方 では、どんな基礎化粧品を選べば、敏感肌でも安心して使えるのでしょうか? 肌に刺激を与えないためにも、肌にやさしい基礎化粧品を見極めるポイントをしっかり押さえておきましょう。 高保湿成分が配合されていること 敏感肌というのは、刺激に反応しやすい皮膚状態のこと。 これは角質層内の保水力が低下し、肌のバリア機能が低下していることが主な原因です。 肌を刺激から守るためにも、まずは肌のバリア機能を回復させてあげることが先決。 それには、保湿力の高い成分を補え、肌にうるおいを与えることができる基礎化粧品を選ぶことが大切です。 高保湿成分で代表的なものには• ヒト型セラミド• 擬似セラミド• 糖セラミド• 動物性セラミド という4つの種類がありますが、敏感肌におすすめなのは 「ヒト型セラミド」です。 ヒト型セラミドとは、人の肌に存在するものと同じ「ラメラ構造」をしたセラミドのことです。 ヒト型セラミドを配合した基礎化粧品は、保湿力が高いことに加え、肌なじみがいいため浸透しやすいのが特徴。 しかも、刺激が少ないので敏感肌でも安心して使えます。 また、ヒト型セラミドにはセラミド1や2など、様々な種類がありますが、敏感肌には不足しがちな「セラミド2」を配合した基礎化粧品がおすすめです。 肌への刺激が強い成分が配合されていないこと 肌のバリア機能が低下した敏感肌は、ちょっとした刺激にも敏感になる状態。 そのため、肌への刺激が強いと考えられる成分を配合していない基礎化粧品を選びましょう。 どんな成分に気をつければいいかというと、 乳液やクレンジングも敏感肌用を選ぼう! こちらからはアイテム別に敏感肌化粧品の選び方をご紹介します。 クレンジング料 メイクがナチュラルメイクで比較的薄めの方は、ミルククレンジングで十分。 ただ、しっかりメイクをする方は、ミルククレンジングだとなじみが悪く、肌を摩擦してかえって刺激を与えてしまいます。 洗浄力を優先するなら、クリームクレンジングか、植物性油脂を使ったオイルクレンジングがおすすめです。 洗顔料 洗顔料にもいろいろなタイプがありますが、肌に負担が少ないのは固形タイプのシンプルな洗顔石鹸です。 保湿成分が配合されたものも使いやすいですが、後から塗る化粧水や乳液・美容液に配合された美容成分の浸透を阻むこともあります。 できるだけ、弱酸性のシンプルな洗顔料を選び、洗顔後つっぱらないよう、すぐに保湿ケアを行いましょう。 また、スクラブが配合されたものは刺激が強いため、敏感肌にはNGです。 化粧水 セラミドをはじめ、アミノ酸やヒアルロン酸、コラーゲンなど、水溶性で高保湿な成分配合のものがおすすめです。 ただ、化粧水はもともとほとんどが水分でできているため、配合されている保湿成分は微量。 ヒリヒリするようなら無理をせず、乳液やクリーム、美容液で保湿成分を補給しましょう。 美容液 保湿力の高い成分を補うには、美容成分が高濃度に配合された保湿美容液が一番のアイテム。 バリア機能を改善し、敏感肌を癒やすためにも、化粧水よりも美容液に重きを置くほうが正解です。 浸透力の高い美容液で不足したセラミドをしっかり補いましょう。 乳液・クリーム 乳液やクリームは、皮脂量の低下した敏感肌に油分を補う目的で使います。 選ぶなら、セラミドや植物性油脂を配合した乳液・クリームがおすすめです。 また、乳液とクリーム、両方を使う必要はなく、どちらか一方でもOK。 また角質層内のセラミドが減少してバリア機能が正常に働いていないので、通常よりも刺激に過敏になっています。 そのため、敏感肌のスキンケアは、セラミドに加え、水分と油分を補う保湿ケアが必要。 保湿を重視したスキンケアで肌の乾燥を防ぐことが最優先です。 敏感肌の保湿ケアの手順 化粧水の後は、保湿成分を配合した乳液やクリーム、または美容液を塗ります。 油分の多いアイテムを塗ることで皮脂膜ができ、肌に水分を閉じ込めることができます。 乾燥がひどい部分には重ねづけを。 敏感肌のメイクアイテムはどう選ぶ? 敏感肌の方は、ファンデーションやポイントメイクアイテムを選ぶときにも注意すべき。 せっかく自分に合う基礎化粧品が見つかっても、毎日のメイクが肌に負担をかけていると、健康な肌への回復が遅れるからです。 そんなことがないよう、以下のポイントをチェックしましょう。 肌にやさしいメイクアイテム選びのポイント ファンデーションはパウダータイプがおすすめ 肌が乾燥しがちな敏感肌は、何となくリキッドやクリームタイプのファンデーションを選びがちではありませんか? でも、リキッドやクリームタイプのファンデーションには、乳化剤や防腐剤が配合されているものが多く、これが肌への刺激となる場合があります。 その点、パウダーファンデーションには肌の刺激となる成分の配合量が低め。 クレンジング時も落としやすく、肌への負担も少ないので、敏感肌に向いています。 ポイントメイクアイテムも成分に注意 敏感肌の方は、アイシャドーやチークなど、ポイントメイクのアイテムを選ぶときも注意が必要。 以下の成分は人によっては刺激となる可能性があるので、チェックしておきましょう。

次の