エロ 動画 外国 人 オナニー。 公開番組一覧|政府インターネットテレビ

日本 10年 債券 過去データ

エロ 動画 外国 人 オナニー

オールラウンドSUV 三菱「パジェロ」(PAJERO)は、高剛性のラダーフレーム・ビルトイン・モノコックボディに、3L 6気筒SOHCガソリンエンジン(スーパーエクシードを除く)と3. 2L 直列4気筒DOHCコモンレール式ディーゼルエンジンを用意。 全車に走行中でもトランスファーレバーでスムーズな切換が可能な4WDシステム「スーパーセレクト4WD II」を採用。 ラインアップは、5ドアロングボディ(7人乗り)の「スーパーエクシード」、「エクシード」、「GR」を設定。 今回、「エクシード」をベースに特別仕様車「ファイナルエディション」(限定700台)を用意。 人気オプションのルーフレールと電動ロングサンルーフを標準装備し、本革シートとパワーシート(運転席/助手席)を標準装備し、質感を向上。 さらに、寒冷地仕様を標準装備し、寒い環境での利便性を向上させ、悪路での脱出性能を高めるリヤデフロック、SRSサイドエアバッグ&カーテンエアバッグを標準装備した。 ボディカラーは、「モノトーンのウォームホワイトパール」、「ブラックマイカ」、「スターリングシルバーメタリック」に加え、3way2toneの「スターリングシルバーメタリック/アイガーグレーメタリック」の全4色用意。 オールラウンドSUV 三菱「パジェロ」(PAJERO)は、高剛性のラダーフレーム・ビルトイン・モノコックボディに、3L 6気筒SOHCガソリンエンジン(スーパーエクシードを除く)と3. 2L 直列4気筒DOHCコモンレール式ディーゼルエンジンを用意。 全車に走行中でもトランスファーレバーでスムーズな切換が可能な4WDシステム「スーパーセレクト4WD II」を採用。 ラインアップは、5ドアロングボディ(7人乗り)の「スーパーエクシード」、「エクシード」、「GR」を設定。 今回、一部改良を行った。 「GR」でメーカーオプション装備のプロジェクター式ディスチャージヘッドライト(ロービーム光軸自動調整機構付)、ヘッドライトウォッシャー、オートライトコントロール、電動格納式リモコンドアミラー(ヒーター/ウインカー/アプローチランプ付)、LEDポジションランプ&フロントハロゲンフォグランプ(ベゼル一体型)を標準装備。 また、本革巻ステアリングホイール、本革巻A/Tセレクトレバー、本革巻トランスファーレバー&パーキングブレーキレバーを標準装備し、質感を向上。 「スーパーエクシード」、「エクシード」に電動ロングサンルーフを、パッケージメーカーオプションとして設定。 ボディカラーは、「ディープブロンズメタリック」を含む全6色を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-V93W 2972cc 5 5AT フルタイム4WD 7名 8. 2L 直列4気筒DOHCコモンレール式ディーゼルエンジンを用意。 全車に走行中でもトランスファーレバーでスムーズな切換が可能な4WDシステム「スーパーセレクト4WD II」を採用。 今回、カラー変更を行った。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-V93W 2972cc 5 5AT フルタイム4WD 7名 8. 2L 直列4気筒DOHCコモンレール式ディーゼルエンジンを用意。 全車に走行中でもトランスファーレバーでスムーズな切換が可能な4WDシステム「スーパーセレクト4WD II」を採用。 ミッションは、INVECS-IIスポーツモード5速ATを用意。 5ドアロングボディ(7人乗り)は最上級「スーパーエクシード」、「エクシード」、「GR」、3ドアショートボディ(5人乗り)は「VR-II」/「VR-I」の計5グレードをラインアップする。 今回、一部改良を行った。 インテリアは、ロングボディの「エクシード」、「GR」、ショートボディの「VR-II」、「VR-I」のドアトリム(一部)に合成皮革を採用。 また、ロングボディの「GR」、ショートボディの「VR-I」に光沢のあるピアノブラックのインパネセンターパネルを採用した。 装備では、7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーション「MMCS」の操作性を向上させた。 ボディカラーは、ロングボディの「スーパーエクシード」、「エクシード」に新色「ディープブロンズメタリック」を設定し、全7色を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-V83W 2972cc 3 5AT フルタイム4WD 5名 8. 2L 直列4気筒DOHCコモンレール式ディーゼルエンジンを用意。 全車に走行中でもトランスファーレバーでスムーズな切換が可能な4WDシステム「スーパーセレクト4WD II」を採用。 ミッションは、INVECS-IIスポーツモード5速ATを用意。 5ドアロングボディ(7人乗り)は最上級「スーパーエクシード」、「エクシード」、「GR」、3ドアショートボディ(5人乗り)は「VR-I」/「VR-II」の計5グレードをラインアップする。 今回、一部改良を行った。 ロングボディの「スーパーエクシード」、「エクシード」とショートボディの「VR-II」に、三菱車として初めて「オートマチックハイビーム」を採用し、夜間の視認性を向上させた。 エクステリアは、ガソリン車ロングボディの「GR」とショートボディの「VR-I」のアルミホイールを7本スポークの17インチアルミホイールに変更し、より高級感のある外観とした。 インテリアは、インストルメントパネル素材にソフトな触感の新表皮素材を採用し、質感を向上させた。 ボディカラーは、新色「ディープレッドマイカ」を含む全7色を用意。 2L 直列4気筒DOHCコモンレール式ディーゼルエンジンを用意。 全車に走行中でもトランスファーレバーでスムーズな切換が可能な4WDシステム「スーパーセレクト4WDII」を採用。 ミッションは、INVECS-IIスポーツモード5速ATを用意。 5ドアロングボディ(7人乗り)は最上級「スーパーエクシード」、「エクシード」、「GR」、3ドアショートボディ(5人乗り)は「VR-I」/「VR-II」の計5グレードをラインアップする。 今回、一部改良を行った。 エクステリアは、昨年の東京モーターショーで提案した新しいSUVデザインの考え方を採用し、全車でフロントバンパーとラジエーターグリルのデザインを変更。 直線基調でより力強いフロントフェイスとした。 また、「スーパーエクシード」、「エクシード」、「VR-II」のフロントバンパーの左右コーナー部にLEDポジションランプとフォグランプを装着。 さらに、「スーパーエクシード」、「エクシード」のスペアタイヤカバーのデザインを変更し、スタイリッシュなリヤビューとした。 インテリアでは、「スーパーエクシード」のセンターパネルを木目調に、「エクシード」と「VR-II」のセンターパネルをピアノブラック調に変更し、全車でエアコンエアアウトレット部にシルバー及びメッキの加飾を施すことによって、質感を向上。 インストルメントパネル、ドアトリムに吸遮音材を追加し、車内の静粛性をさらに向上させた。 2L 直列4気筒DOHCコモンレール式ディーゼルエンジンを用意。 全車に走行中でもトランスファーレバーでスムーズな切換が可能な4WDシステム「スーパーセレクト4WDII」を採用。 ミッションは、INVECS-IIスポーツモード5速ATを用意。 今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。 2L 直列4気筒DOHCコモンレール式ディーゼルエンジンを用意。 全車に走行中でもトランスファーレバーでスムーズな切換が可能な4WDシステム「スーパーセレクト4WDII」を採用。 ミッションは、INVECS-IIスポーツモード5速ATを用意。 今回、グレード展開を見直すとともに、全車にアクティブスタビリティ&トラクションコントロール(ASTC)+ブレーキアシストを標準装備としたほか、ボンネットフードに衝撃吸収構造を採用して国土交通省の歩行者頭部保護基準に適合させるなど、安全性を向上させた。 機能装備面では、MMCS(ナビゲーション、オーディオ機能など)を新型化したほか、ロックフォードアコースティックデザイン プレミアムサウンドシステムに新機能を採用した。 8L 6気筒SOHCガソリンを搭載。 加えて、新長期規制適合の3. 2L 直列4気筒DOHCコモンレール式ディーゼルエンジン(DI-D)ユニットも用意。 全車に走行中でもトランスファーレバーでスムーズな切換が可能な4WDシステム「スーパーセレクト4WDII」を採用。 ミッションは、INVECS-IIスポーツモード5速ATを組み合わせ、ベーシックモデルGR、VR-Iのみ、5速マニュアルも用意。 今回、力強く高級感のある新フロントグリルと、空力特性にも配慮した新デザインのフロントバンパーとし、フロントスキッドプレートもブラックに変更。 デザイン性と軽量化を両立した、新デザインの18インチアルミホイールを採用し、「パジェロ」のイメージにふさわしい、力強く精悍な印象を強調したフロントデザインに一新した。 インテリアでは、ハイコントラストメーターや、オーディオ・エアコン等のスイッチ類の照明色を、スポーティかつ上質なアンバーレッド系に変更。 さらにスエードファブリック生地のフロント並びにセカンドシートの柄を、シックで上質なデザインに変更するとともに、フロントシートの縫い目にはダブルステッチを採用(本革シートを除く)。 また、パワーウインドウのスイッチパネルのシルバー部拡大など、インテリアの質感を向上。 そのほか、人気の高いメーカーオプションをパッケージ化し、「ベーシックパッケージ」「ラグジュアリーパッケージ」「フルパッケージA」「フルパッケージB」を新たに設定。 ボディーカラーは新色の「ダイヤモンドブラックマイカ」を全グレードに設定するとともに、「クールシルバーメタリック」と「アイガーグレーメタリック」を組み合わせた新3ウェイ2トーンをロングボディーの「スーパーエクシード」、「エクシード」に設定。 なお、クリーンディーゼルエンジン搭載車は、エコカー減税のほか、クリーンディーゼル自動車導入費補助金の対象となる。 8L V型6気筒SOHCガソリンを搭載。 加えて、新長期規制適合の3. 2L 直列4気筒DOHCコモンレール式ディーゼルエンジン(DI-D)ユニットも用意。 全車に走行中でもトランスファーレバーでスムーズな切換が可能な4WDシステム「スーパーセレクト4WDII」を採用。 ミッションは、INVECS-IIスポーツモード5速ATを組み合わせ、ベーシックモデルGR、VR-Iのみ、5速マニュアルを用意する。 今回の改良で、3. 2Lコモンレール式ディーゼルエンジン搭載車を、吸気系や燃焼室形状などエンジン本体を大幅に改良し、NOx排出量を低減することで、燃費、出力/トルクを向上。 5速オートマチックトランスミッションを、エンジン高出力化に合わせ、低燃費かつ高トルク容量の新型に変更。 また、3. 8Lガソリンエンジン搭載車は、エンジン制御の最適化などで燃費を向上させた。 8L V型6気筒SOHCガソリンを搭載。 加えて、新長期規制適合の3. 2L 直列4気筒DOHCコモンレール式ディーゼルエンジン(DI-D)ユニットも用意。 全車に走行中でもトランスファーレバーでスムーズな切換が可能な4WDシステム「スーパーセレクト4WDII」を採用。 ミッションは、INVECS-IIスポーツモード5速ATを組み合わせ、ベーシックモデルのみ、5速マニュアルを用意する。 今回の改良では、フロントおよびリヤバンパー下部をボディ同色へ変更。 さらにGR(ガソリン車のみ)/VR-Iにて新デザインの16インチアルミホイール&タイヤを採用したほか、ボディカラーの見直しを行った。 インテリアではエクシード/VR-IIに本革巻のATセレクターレバー、トランスファーレバー&パーキングブレーキレバーを標準設定した。 また、ロングボディの3Lガソリンエンジン搭載車で、燃費や排出ガス性能の向上を図り、環境対応車普及促進税制に適合した。 さらに、EXCEED(3Lガソリンエンジン、ロングボディ車)をベースにした特別仕様車「Premium Edition(プレミアムエディション)」を設定。 ヘッドライトエクステンションをブラック色とし、ルーフ後端にはリヤディフレクターや、18インチアルミホイール&タイヤを装備する。 インテリアでは、ブラウンレザー&スエードファブリックコンビネーションシートを採用した。 8L V型6気筒SOHCガソリンを搭載。 加えて、コモンレール燃料噴射システムやNOxトラップ触媒、DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)などを採用することによって、排出ガス浄化性能を大幅に向上させ、新長期規制適合の3. 2L DOHCコモンレール式ディーゼルエンジン(DI-D)ユニットも用意。 ディーゼルエンジンでありながら、静粛性も大幅に改善。 走行メカニズムは、接地性と追従性に優れる四輪独立懸架式サスペンションと、走行中でもトランスファーレバーでスムーズな切換が可能な4WDシステム「スーパーセレクト4WDII」を全車で採用。 ディーゼルは、ロング「スーパーエクシード」「エクシード」「GR」に加えて、今回ショート「VR-II」にも搭載、選択可能とした。 ミッションは、INVECS-IIスポーツモード5速ATを組み合わせ、ベーシックモデルのみ、5速マニュアルを用意する。 三菱パジェロは、高剛性のラダーフレーム・ビルトイン・モノコックボディに、3Lと3. 8L V型6気筒SOHCガソリンを搭載、新たに搭載する3. 2L DOHCコモンレール式ディーゼルエンジン(DI-D)を搭載した。 排出ガス規制の強化に伴い2004年にディーゼルエンジン搭載車の販売を休止。 コモンレール燃料噴射システムやNOxトラップ触媒、DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)などを新たに採用することによって、排出ガス浄化性能を大幅に向上させ、新長期規制に適合させた。 また、静粛性も大幅に改善。 その他、主な変更点は、フロントグリルや17インチ/18インチのアルミホイールのデザインを変更し、全体的にスポーティーな印象を強めた。 また、最上級の「SUPER EXCEED(スーパーエクシード)」には本木目/本革巻きハンドルを装備し、質感を一層向上させた。 走行メカニズムは、接地性と追従性に優れる四輪独立懸架式サスペンションと走行中でもトランスファーレバーでスムーズな切換が可能な4WDシステム「スーパーセレクト4WDII」。 5ドアロングボディ(7人乗り)は4グレード、3ドアショートボディ(5人乗り)は3グレードをラインアップする。 ミッションは、INVECS-IIスポーツモード5速ATを組み合わせ、ベーシックモデルのみ、5速マニュアルを用意する。 8L V型6気筒SOHCを搭載、接地性と追従性に優れる四輪独立懸架式サスペンションと走行中でもトランスファーレバーでスムーズな切換が可能な4WDシステム「スーパーセレクト4WDII」を採用。 今回、ロングボディでは3L V6搭載グレード「GR」を新たに設定。 従来設定の「ZR-S」をベースとして、フロントグリルとヘッドライトエクステンションをブラックからメッキとしたほか、ドアミラー、ドアアウターハンドル、ホイールリップモールをボディ同色とし、サイドステップを採用。 上級グレードと同様のスタイリッシュな外観とした。 最上級「SUPER EXCEED」から「EXCEED-X」、「EXCEED」、「ZR」をそれぞれ一部改良。 スーパーエクシードは、オートライト機能と雨滴感応ワイパー機能を統合したレインライトセンサーを採用した。 ショートボディではベーシックグレード「VR」と最上級グレード「SUPER EXCEED」を新たに設定。 スーパーエクシードでは、従来設定の「VR-II」をベースとして、ヘッドライトエクステンション、ドアアウターハンドル、ドアミラーをメッキとしたほか、スペアタイヤガーニッシュ、ホイールリップモールをボディ同色としたうえに、18インチ10本スポークアルミホイールを採用。 また、ブラック内装に木目調パネルを組み合わせ、本革シートを採用するなど、上級仕様の内外観とした。 さらに、ショートボディ専用に開発した「ミツビシパワーサウンドシステム」を採用した。 「VR-I」は、ボディと同色のドアアウターハンドル、ドアミラー、ホイールリップモール、サイドステップを装着した。 上質さと高級感を追求した「スーパーエクシード」、「エクシードX」、「エクシード」の3つのグレードと、アクティブなライフスタイルに適応する「ZR-S」、「ZR」の2つのグレード。 また、ショートボディには「VR-II」、「VR-I」の2つのグレードを設定した。 尚、一部グレードに嗜好の強い装備を取り外したシンプルな「ベーシックパッケージ」を設定する。 V6 3. 今回の特別仕様車「EXCEED Premium Edition(エクシードプレミアムエディション)」は、上級グレードのロングボディ「エクシード」をベースに、7インチワイドディスプレイHDDナビゲーション MMCS と、三菱車としては初めて地上デジタルTVチューナー 三菱電機製 を標準装備した。 また、フロントグリル、ボディ下部、スペアタイヤガーニッシュなどの外観パーツをボディカラーと同色化することで、SUVでありながら都会的で洗練された外観を実現する。 三菱パジェロは、歴史ある4代目。 ロングボディ 7人乗り とショートボディ 5人乗り の2タイプ。 上質さと高級感を追求した「スーパーエクシード」、「エクシードX」、「エクシード」の3つのグレードと、アクティブなライフスタイルに適応する「ZR-S」、「ZR」の2つのグレード。 また、ショートボディには「VR-II」、「VR-I」の2つのグレードを設定した。 尚、一部グレードに嗜好の強い装備を取り外したシンプルな「ベーシックパッケージ」を設定する。 V6 3. 加えて今回の特別仕様車は2種、「Limited Edition(リミテッドエディション)」 ロングボディ と「SUPER EXCEED Edition(スーパーエクシードエディション)」 ショートボディ。 ロングボディ「ZR-S」をベースにした「リミテッドエディション」は、フロントグリル、ヘッドライトエクステンションのメッキ化、ドアアウターハンドル、ドアミラー、ホイールリップモールのカラーキー化、サイドステップの追加など、上級グレードであるエクシード系に準ずる外観にした。 ショートボディ「VR-II」をベースにした、ヘッドライトエクステンション、ドアアウターハンドル、ドアミラーのメッキ化、スペアタイヤガーニッシュ、ホイールリップモールのカラーキー化、さらに、18インチ10本スポークアルミホイールを施し、木目調加飾とブラック内装を特別に組み合わせるなど、ロングボディの最上級グレード「スーパーエクシード」に相当するような内外観とする。 オフロードでの走破性と、乗用車並の高速性能・快適性を併せ持つオールラウンドSUV(多目的本格4WD)として、1982年に初代を発売以来25年目を迎え、その間に約250万台を生産し、世界170以上の国と地域で好評を得ている三菱パジェロ。 4代目は、あらゆる路面で高い走破性能を発揮する四輪独立懸架、スーパーセレクト4WD-II(SS4-II)に加え、新たにリヤデフロックとの同時装着を可能としたASTC(アクティブスタビリティ&トラクションコントロール)、軽量化のためのフードのアルミ化、耐久性・信頼性を高めるボディ接合部の剛性向上、メッキ鋼板の採用拡大など、数多くの技術を採用した。 ロングボディ(7人乗り)とショートボディ(5人乗り)の2タイプ。 上質さと高級感を追求した「スーパーエクシード」、「エクシードX」、「エクシード」の3つのグレードと、アクティブなライフスタイルに適応する「ZR-S」、「ZR」の2つのグレード。 また、ショートボディには「VR-II」、「VR-I」の2つのグレードを設定した。 尚、一部グレードに嗜好の強い装備を取り外したシンプルな「ベーシックパッケージ」を設定する。 V6 3. 8L 24バルブSOHC MIVEC(連続可変バルブタイミング&リフト)エンジンと、V6 3L 24バルブSOHC ECI-MULTIエンジンの2ユニット。 モノコックボディに2本のラダーを組み込んだ、ラダーフレームビルトインモノコックボディは、5ドアロングと3ドアショートの2タイプを設定。 ロングはサードシートを備えた7人乗り仕様となる。 搭載されるエンジンは、新搭載3. 8L(プレミアムガソリン:219馬力)と3. 5L(レギュラーガソリン:180馬力)の V6SOHC24バルブガソリンのみ。 駆動方式は、三菱独自のスーパーセレクト4WD II。 状況に合わせて前後の駆動配分を自動的にフロント33から50、リヤ67から50の範囲で最適に制御したり、直結4WD、後輪2WDにもなる。 グレードは、ロングは3. 8L搭載の最上級「スーパーエクシード」と「ZR」、ショートは「エクシードI」と「ZR」がラインアップされる。 ZRはともに5速マニュアルも設定する。 ヘッドライトを光軸調整機構付きハロゲンライトに統一するとともに、リヤフォグランプを新たに追加した。 ビルトインフレーム方式のセミモノコックボディは5ドアロングと3ドアショートの2タイプを設定。 ロングはサードシートを備えた7人乗り仕様となる。 今回、新デザインの大径17インチアルミホイール装着モデルや、エクシードI以上はMMCS(DVDナビゲーション対応三菱マルチコミュニケーションシステム)を標準装備するなど、外観をよりスポーティにするとともに実用性を向上させている。 搭載されるエンジンは、ガソリンの3. 5L V6DOHC 直噴GDIの220馬力と3L V6OHCの180馬力、3. 2L直4DOHC直噴DIディーゼルターボの175馬力。 駆動方式は三菱独自のスーパーセレクト4WD II。 状況に合わせて前後の駆動配分を自動的にフロント33から50、リヤ67から50の範囲で最適に制御したり、直結4WD、後輪2WDにもなる。 安全装備として全車にデュアルエアバッグ(サイドはオプション)、マルチモードABS、EBD(電子制御制動力配分装置)、フロントフォースリミッター&プリテンショナー付きシートベルトを標準で装着。 全車、盗難防止装置としてエンジンイモビライザーとセキュリティーアラームを装備する。 三菱電機製HDDナビゲーション、MDSモニター、リヤビューカメラを標準装備。 リヤシートでDVD映像が楽しめる後席7インチワイド液晶ディスプレイをオプション設定とした。 専用外観として、マットシルバーフロントスキッドプレート、メッキドアミラー、光輝アルミホイール、専用スペアタイヤケース、グレイスモークヘッドライトエクステンション、グレイメタリックフィン付グリルを採用。 専用内装として、本革シート、運転席シートヒーター付パワーシート、ウッド&レザーステアリングホイール、革巻きレバー、木目調インパネ&エアアウトレット・シフトレバーノブを、また、ディスチャージヘッドライトやフォグランプ、ACパワーサプライを標準装備とした。 ボディカラーはクールシルバーメタリック、ブラックマイカ、ウォームホワイトパール(有料色)の合計3色を設定。 180馬力を発生する、3L V型6気筒SOHC24バルブを搭載し、ミッションは、スポーツモード付き4速ATのみ。 「スマート・デザイン」「エコロジー・コンシャス」の思想のもとに、機能美と基本性能の向上を図ったクロスカントリーモデルの代表が三菱パジェロ。 ビルトインフレーム方式のセミモノコックボディは5ドアロングと3ドアショートの2タイプを設定。 ロングはサードシートを備えた7人乗り仕様となる。 今回フロントグリルをはじめ、前後バンパーやリヤコンビネーションランプのデザイン変更、クリアレンズの採用などでエクステリアはリフレッシュされている。 搭載されるエンジンは、ガソリンの3. 5L V6DOHC 直噴GDIの220馬力と3L V6OHCの180馬力、3. 2L直4DOHC直噴DIディーゼルターボの175馬力。 駆動方式は三菱独自のスーパーセレクト4WD II。 状況に合わせて前後の駆動配分を自動的にフロント33から50、リヤ67から50の範囲で最適に制御したり、直結4WD、後輪2WDにもなる。 DVDナビ機能を持つMMCS(三菱マルチコミュニケーションシステム)はスーパーエクシードに標準装備。 安全装備として全車にデュアルエアバッグ(サイドはオプション)、ABS、EBD(電子制御制動力配分装置)、フォースリミッター付きシートベルトを標準で装着。 エクシードI以上は盗難防止装置としてエンジンイモビライザーを装備する。 今回、特別仕様車「アクティブフィールドエディション」を「EXCEED」をベースに内装・外装のリフレッシュをして設定した。 三菱電機製HDDナビゲーション、MDSモニターを標準装備、リヤシートでDVD映像が楽しめる後席7インチワイド液晶ディスプレーをオプション設定とした。 専用外観として、スキッドプレート塗装(マッドシルバー調)、ドアミラーカラーキー、光輝アルミホイール、専用スペアタイヤケース等を、専用内装として、本皮&エクセーヌコンビシートを採用し、運転席パワーシート、チタン調インパネ&エアアウトレット、本皮ステアリングホイール、ディスチャージヘッドランプを標準装備とした。 搭載されるエンジンは、ガソリンの3. 5L V6DOHC 直噴GDIの220馬力と3L V6OHCの180馬力、3. 2L直4DOHC直噴DIディーゼルターボの175馬力。 駆動方式は三菱独自のスーパーセレクト4WD II。 状況に合わせて前後の駆動配分を自動的にフロント33から50、リヤ67から50の範囲で最適に制御したり、直結4WD、後輪2WDにもなる。 クロスカントリーモデルの代表が三菱パジェロ。 今回、特別仕様車「HDDナビエディション」は、「エクシード」をベースに、三菱電機製HDDナビゲーション&後席7インチワイドディスプレイを採用した。 また、後席7インチワイド液晶ディスプレイの採用により、市販のDVDソフトを活用し、映画鑑賞も可能。 尚、音楽サーバーには約400曲の保存ができ、編集も可能とした。 搭載されるエンジンは、ガソリンの3. 5L V6DOHC 直噴GDIの220馬力と3L V6OHCの180馬力、3. 2L直4DOHC直噴DIディーゼルターボの175馬力。 駆動方式は三菱独自のスーパーセレクト4WD II。 状況に合わせて前後の駆動配分を自動的にフロント33から50、リヤ67から50の範囲で最適に制御したり、直結4WD、後輪2WDにもなる。 搭載されるエンジンは3. 5L V6DOHC直噴ガソリンの220馬力と3L V6OHCの180馬力、3. 2L直4DOHC直噴ディーゼルターボの175馬力。 駆動方式はスーパーセレクト4WD II。 状況に合わせて前後の駆動配分を自動的にフロント33から50、リヤ67から50の範囲で最適に制御する。 20周年記念特別仕様車「20thアニバーサリープレミアムパッケージ」は、パジェロの20周年に相応しいプレミアム感ある内外観と充実した機能装備。 ボディカラーをサテライトシルバー、ピレネーブラック、ギャラクシーホワイトの専用モノトーンとし、ライセンスプレートガーニッシュをボディ同色化。 専用シート生地、専用黒木目調パネル、革巻ステアリングを採用した。 クロスカントリーモデルを代表する、三菱パジェロ。 3代目はビルトインフレーム方式のセミモノコックボディで、ロングとショートの2タイプを設定。 搭載されるエンジンは3. 5L V6DOHC直噴ガソリンの220馬力と3L V6OHCの180馬力、3. 2L 直4DOHC直噴ディーゼルターボの175馬力。 駆動方式はスーパーセレクト4WD II。 状況に合わせて前後の駆動配分を自動的にフロント33から50、リヤ67から50の範囲で最適に制御する。 DVDナビ機能を持つMMCS(三菱マルチコミュニケーションシステム)はスーパーエクシード、エクシードIIに標準装備される(レス仕様車も設定)。 安全装備として全車にデュアルエアバッグ、ABS、EBD、フォースリミッター付きシートベルトを標準で装着。 クロカンでありながらも、この3代目からはオンロードでの走破性にも配慮がなされている。 ビルトインフレーム方式のセミモノコックボディはロングとショートの2タイプを設定。 搭載されるエンジンは3. 5L V6DOHC直噴ガソリンの220馬力と3L V6OHCの180馬力、3. 2L直4DOHC直噴ディーゼルターボの175馬力。 フロントのスプリングはコイル式で、乗り心地と快適性を向上している。 駆動方式はスーパーセレクト4WD II。 安全装備として全車にデュアルエアバッグ、ABS、EBD、フォースリミッター付きシートベルトを標準で装着。 ボディタイプはロングとショートの2タイプ。 搭載されるエンジンは3. 5L直噴ガソリンの220馬力と、3. 2L直噴ディーゼルターボ175馬力の2種類。 駆動方式はスーパーセレクト4WDII。 従来の機械式から電動切り替え式に進化し、状況に合わせて前後の駆動配分を自動的に約3対7から5対5へ振り分ける機能を持つ。 グレードは、ロングボディにのみ法人向けのZX。 エクステリアでは、ドアサッシュをラクーン塗装、ドアハンドルをボディカラー同色、メッキフロントグリル&メッキリヤコンビランプ、寒冷地仕様とする。 クロカンでありながら、この3代目からはオンロードでの走破性にも配慮がなされている。 今回、シャーシーの大幅な見直しが行われ、フレーム式シャシーからビルトインフレーム方式のセミモノコックボディとなった。 ボディタイプはロングとショートの2タイプ。 搭載されるエンジンは3. 5L直噴ガソリンの220馬力と、3. 2L直噴ディーゼルターボ175馬力の2種類。 フロントのスプリングもコイルに変更され、乗り心地と快適性を向上している。 駆動方式はスーパーセレクト4WDII。 従来の機械式から電動切り替え式に進化し、状況に合わせて前後の駆動配分を自動的に約3対7から5対5へ振り分ける機能を持つ。 安全装備として全車にデュアルエアバッグ、ABS、EBD、フォースリミッター付きシートベルトを標準で装着する。 今回、特別仕様車パジェロミッドルーフワイド「スノーアスリート」は、運転席&助手席エアバッグシステム、マルチモードABS、フルオートエアコン等の基本装備をもつミッドルーフワイドGX(3. 5L GDIガソリン+INVECS-IIスポーツモード5速AT及び、2. 8Lインタークーラーターボディーゼル+INVECS-II 4速AT)をベースにウインターレジャーに最適な装備を満載した。 ボディカラーは、ソフィアホワイトのモノトーン設定。 三菱パジェロは、1982年に初代モデルを発売して以来、常に先進技術を採用し国内のみならず151ヶ国に輸出し全世界で好評を博してきた。 パリ〜ダカールラリーに代表される耐久性、信頼性を実証する厳しい競技に積極的に参戦、そこで得たノウハウをフィードバックし基本技術の磨きこみを常に行っている。 今回発売する「パジェロエボリューション」はその技術を集約し、ドライバーの意のままに走らせることができる優れた基本性能と、走ることを楽しみながら長距離ドライブをこなせる快適性を兼ね備えた車とした。 三菱独自の可変バルブタイミングリフト機構、可変吸気システムを備えた高性能エンジン3. 5kgm)を新開発。 低速、中速、高速と3つのモードでコントロールし、あらゆる領域での高トルクの維持、圧倒的な加速フィーリングを実現した。 駆動には、様々な路面状況に合せて4つの走行モードから最適の駆動方式を選べる三菱独自のスーパーセレクト4WDを採用した。 ヘリカルギヤ式LSDに、ビスカスカップリング(VCU)を装着したハイブリッドLSDを採用し、悪路走破性、オンロードでの旋回性を向上。 5速マニュアルとINVECS-IIスポーツモード5速ATを組み合わせる。 フォグランプをビルトインした大型フロント&リヤバンパー、オーバーフェンダー、アルミボンネットフード、アルミスキッドプレートを採用したエクステリア。 インパネのカーボン調パネル、本革巻ステアリング(ブラック)、ブラック基調の専用シート生地の採用によりスポーティ感を演出したインテリアとした。 三菱パジェロは、1982年に初代モデルを発売して以来、常に先進技術を採用し国内のみならず151ヶ国に輸出し全世界で好評を博してきた。 パリ〜ダカールラリーに代表される耐久性、信頼性を実証する厳しい競技に積極的に参戦、そこで得たノウハウをフィードバックし基本技術の磨きこみを常に行っている。 今回の大幅改良では、環境にやさしい究極の高効率エンジン世界初V6 3. 5L GDIエンジンとINVECS-IIスポーツモードATを搭載することにより、低燃費、高性能の両立を実現するとともに、ブリスターフェンダーの採用などにより内外観のイメージを一新、さらに安全装備を充実させた。 その他エンジンとして、従来からクリーン燃焼と高出力を両立し好評の4M40型 2. 8Lインタークーラーターボディーゼルエンジンは、レスポンス向上するなど、さらに改良を加えた。 高精度な電子制御燃料噴射システムの採用で、185馬力に向上し余裕のパワーを実現する6G72型3L V6 24バルブガソリンエンジン、さらに4G64型2. 4L 直列4気筒16バルブ(145馬力)ガソリンエンジンの採用によりユーザーニーズに合わせたエンジンラインアップとした。 3列シート設定もある5ドアロングボディは、ミッドルーフワイドとキックアップルーフの2シリーズ。 3ドアショートはメタルトップワイドとJトップの2シリーズとなる。 パートタイム4WD機能の商用バン登録モデルも用意する。 メタルトップ「フィールドマスター」はXR-Iをベースに、レカロシート等を採用。 そのほかCDオーディオ、デュアルエアコン+オートリヤヒーター、プライバシーガラス、専用シート生地(ロゴ入り)。 エクステリアはルーフキャリア、専用スペアタイヤカバー(レザー)、専用ボディストライプ&エンブレムを装備する。 8Lターボディーゼルと4速ATのみの設定。 メタルトップワイド、ミッドルーフワイドXR-IベースのグリーンフィールドとミッドルーフワイドEXCEEDベースのスーパーグリーンフィールドを設定。 8L 直列4気筒OHCターボディーゼル(4M40:125馬力)は、4速ATもしくは5速MTとの組み合わせ。 ハノーバーグリーン/ラガーディアシルバー・2トーンの専用色、スーパーグリーンフィールドには、3ウェイ2トーンのパジェロらしい設定。 世界初のスーパーセレクト4WDやマルチモードABSなどの採用は、4輪すべてを最適に制御し、走る・曲がる・止まる能力を高次元で実現させようとする三菱のオールホイールコントロール理念の一つとなる。 今回エンジンに、排気量アップしたV6 3. 5L(ガソリン)を新たに搭載。 ディーゼルは2. 8Lインタークーラーターボを追加とし、高トルク化を図る。 ボディバリエーションは大きく4タイプ。 2ドアで後席がオープントップとなるアクティブな「Jトップ」、3ドアショートタイプのより走行性能を高めた「メタルトップ」、5ドアロングタイプのラグジュアリー性を兼ね備えた「ミッドルーフ」、後席がハイルーフとなる「キックアップルーフ」。 5ナンバーのレギュラーサイズとワイドフェンダー装着のワイドをラインアップする。 4速AT、5速マニュアルが選択できる。 「リミテッドエディション」は、ミッドルーフXRをベースに専用内外装と充実装備の特別仕様車である。 機動性に優れた本格4WDであり、パリ〜ダカール・ラリーにおいても数々の実績を培ってきた三菱の代表車パジェロ。 世界初のスーパーセレクト4WDやマルチモードABSなどの採用は、4輪すべてを最適に制御し、走る・曲がる・止まる能力を高次元で実現させようとする三菱のオールホイールコントロール理念の一つとなる。 今回エンジンに、排気量アップしたV6 3. 5L(ガソリン)を新たに搭載。 ディーゼルは2. 8Lインタークーラーターボを追加とし、高トルク化を図る。 ボディバリエーションは大きく4タイプ。 2ドアで後席がオープントップとなるアクティブな「Jトップ」、3ドアショートタイプのより走行性能を高めた「メタルトップ」、5ドアロングタイプのラグジュアリー性を兼ね備えた「ミッドルーフ」、後席がハイルーフとなる「キックアップルーフ」。 5ナンバーのレギュラーサイズとワイドフェンダー装着のワイドをラインアップする。 4速AT、5速マニュアルが選択できる。 特装車『ホワイトパジェロ』は、メタルトップXR-Iをベースに専用モノトーンボディカラー(ソフィアホワイト)、ミッドルーフで好評の異形ヘッドランプやメッキグリルなどを採用。 機動性に優れた本格4WDであり、パリ〜ダカール・ラリーにおいても数々の実績を培ってきた三菱の代表車パジェロ。 世界初のスーパーセレクト4WDやマルチモードABSなどの採用は、4輪すべてを最適に制御し、走る・曲がる・止まる能力を高次元で実現させようとする三菱のオールホイールコントロール理念の一つとなる。 今回エンジンに、排気量アップしたV6 3. 5L(ガソリン)を新たに搭載。 ディーゼルは2. 8Lインタークーラーターボを追加とし、高トルク化を図る。 ボディバリエーションは大きく4タイプ。 2ドアで後席がオープントップとなるアクティブな「Jトップ」、3ドアショートタイプのより走行性能を高めた「メタルトップ」、5ドアロングタイプのラグジュアリー性を兼ね備えた「ミッドルーフ」、後席がハイルーフとなる「キックアップルーフ」。 5ナンバーのレギュラーサイズとワイドフェンダー装着のワイドをラインアップする。 4速AT、5速マニュアルが選択できる。 機動性に優れた本格4WDであり、パリ〜ダカール・ラリーにおいても数々の実績を培ってきた三菱の代表車パジェロ。 世界初のスーパーセレクト4WDやマルチモードABSなどの採用は、4輪すべてを最適に制御し、走る・曲がる・止まる能力を高次元で実現させようとする三菱のオールホイールコントロール理念の一つとなる。 今回エンジンに、排気量アップしたV6 3. 5L(ガソリン)を新たに搭載。 ディーゼルは2. 8Lインタークーラーターボを追加とし、高トルク化を図る。 ボディバリエーションは大きく4タイプ。 2ドアで後席がオープントップとなるアクティブな「Jトップ」、3ドアショートタイプのより走行性能を高めた「メタルトップ」、5ドアロングタイプのラグジュアリー性を兼ね備えた「ミッドルーフ」、後席がハイルーフとなる「キックアップルーフ」。 5ナンバーのレギュラーサイズとワイドフェンダー装着のワイドをラインアップする。 4速AT、5速マニュアルが選択できる。 走行性能、快適性、安全性を大きく向上させた2代目モデルとなる。 世界初のスーパーセレクト4WDやマルチモードABSなどの採用は、4輪すべてを最適に制御し、走る・曲がる・止まる能力を高次元で実現させようとする三菱のオールホイールコントロール理念の一つとなる。 ボディバリエーションは大きく4タイプ。 2ドアで後席がオープントップとなるアクティブな「Jトップ」、3ドアショートタイプのより走行性能を高めた「メタルトップ」、5ドアロングタイプのラグジュアリー性を兼ね備えた「ミッドルーフ」、後席がハイルーフとなる「キックアップルーフ」。 5ナンバーのレギュラーサイズとワイドフェンダー装着のワイドをラインアップする。 4速AT、5速マニュアルが選択できる。 5ナンバーサイズの標準モデルに加えて、1785mmの3ナンバーワイドを加えて、走行安定性をより高めたモデルラインアップとなった。 それに乗用タイプのワゴンモデルと、商用タイプのバンモデルの組み合わせバリエーションとなる。 直列4気筒2. 5Lターボディーゼル(85馬力)と、2. 5L ICターボディーゼル(94馬力)、V型6気筒3Lエンジンを搭載する。 5速マニュアルか4速AT設定。 それにV6 3Lガソリンエンジン「スーパーロイヤルエクシード」はパール塗装の専用ボディカラー、TV、CDプレーヤー等を装備した最高級の特別仕様車である。

次の

Oculus Questレビュー。「なんて最高のデバイスなんだ」VR始めたいなら即買いレベル

エロ 動画 外国 人 オナニー

筆者はPlayStation VRを所持していますが、PCと接続するタイプのVR機器は持っていません。 PlayStation VRもゲームによっては没入感があってかなり楽しめますが、ケーブルが邪魔でたまに引っかかることも。 その点、Oculus Questならこれ単体で動作するので、ケーブルの取り回しの煩わしさがなく、場所を選ばず装着してすぐに楽しめるのは魅力的です。 単体で動作するという点ではOculus Goも同じですが、全然性能が違います。 簡単にOculus Questのスペックを紹介しておきましょう。 Oculus Rift Sと同等のTouchコントローラーが2つ付属し、ストレージ容量64GBと128GBの2モデルが用意されます。 価格は、64GBモデルが4万9800円、128GBが6万2800円(価格はいずれも税込)となっています。 ちなみに筆者は64GBモデルを購入しました。 早速開封してみると、豪勢な化粧箱に収められたOculus QuestとTouchコントローラー2つが鎮座しています。 箱の中には、15W出力の電源アダプターと充電用のUSB Type-Cケーブル、そしてメガネを付けたまま装着するとき用のアダプターと単3形乾電池2本、取扱説明書などが入ってました。 筆者はレーシックを行なっているため、メガネはかけていないのですが、アダプターをレンズ部分と顔当てクッションとの間に装着することで、レンズにメガネが当たらないようにできます。 装着方法は他のOculusシリーズと似ており、面ファスナーで調整できる3本のベルトで頭にフィットするよう調整します。 左右のベルト部分が伸縮する機構になっているため、しっかり固定できます。 一度セットすれば、伸縮する機構によりベルトを緩めることなく脱着できるので非常に楽です。 ヘッドセット下部の左眼側に付いているスライダーはフォーカス調整。 左右に移動して最適な位置に合わせます。 右眼側についているボタンはボリュームです。 ヘッドホンがなくても内蔵されたスピーカーから音が流れます。 向いた方向に合わせて3次元的に音が聴こえる仕組みですが、より没入感を得たいなら、別途ヘッドホンを購入するなりするのがいいでしょう。 右側面にヘッドホン端子が用意されています。 とりあえず充電しました。 ケーブルは十分な長さがあるので、左側面にあるUSB Type-C端子に挿して充電しながらのプレイもできそうですが、せっかくワイヤレスなので、ある程度充電されるまで待ちました。 LEDがオレンジだと充電中で緑色になれば完了です。 その間に、スマホで「Oculus」アプリをダウンロードしておきます。 PCやスマホいらずとは言うものの、初期設定はスマホが必要です。 また、 Wi-Fi環境も必須となるのでご注意ください。 アプリを利用するにはアカウントの登録が必要となりますが、Facebookのアカウントでログインできます。 アプリで「Oculus Quest」を選択すると、起動方法からセット方法まで細かく説明してくれるので、迷わずに進めることができます。 ヘッドセットを装着し、右側にある電源ボタンを押すとLEDが白色に点灯。 画面が表示されるので、右下に表示されている5桁の数字をアプリに入力します。 するとペアリングが始まります。 Wi-Fi設定のあとTouchコントローラーに付属の電池を入れると、こちらもペアリングされます。 あとは、言語とアプリ購入時の支払い方法(スキップ可能)を設定し、最後にプレイ方法の説明が流れたあと、ストアの画面へ移行します。 すでに多くのアプリが用意されていて、アプリ上からの購入ができますが、Oculus Questからでも可能です。 なのでヘッドセットを装着します。 最初にオープニング映像が流れたあと、設定画面になります。 ここではプレイするエリアを指定します。 まず床面の位置指定。 Touchコントローラーを床にくっつけてOKを選択すると床の高さが決まります。 次にプレイするエリアを設定します。 Oculusガーディアンシステムと呼ばれ、移動したりTouchコントローラーを振り回したりして、周りのものにぶつからないようにするためのものです。 このとき周囲がモノトーンの世界で見えるのですが、フレームレートが少ないのか、なんだかちょっと酔ってしまいました。 一応そこにある物体に触れたり動かせたりできましたが、ちょっとだけ距離感がわかりづらかったですね。 座ってプレイする場合は、「座ってプレイする」を選択します。 ちなみにエリア設定は、どうも登録した場所を覚えているようで、事務所で設定後に自宅で使ってみたのですが、新規にエリアを設定することになり、再び事務所で使ってみると最初に設定したエリアになりました。 このあたりも場所を選ばないOculus Questならではですね。 エリアの設定が終わると、チュートリアルの画面になります。 Touchコントローラーの基本操作から始まります。 このコントローラーは、グーと指差しができ、物体を握る動作が可能です。 手を握ったり、ボールとラケットを持って打ってみたり、そういった一連の動作を学びます。 続いてカートリッジを機械に挿入すると、ゲームなどがプレイできます。 踊ったり簡単なシューティングゲームが楽しめるので、しばらくはこのゲームだけでも楽しめそうでした。 チュートリアルを終了すると、ロビーのような画面に変わり、ストアの画面が表示され、コンテンツの購入やプレイ選択などが行えます。 無料でプレイできるものもありますので、気軽に体験してみてもいいでしょう。 最初に無料の「ローラーコースター」を体験してみました。 その名の通り、リアルな世界ではありえないローラーコースターが楽しめます。 一人のほか友人とだったり、対戦したりといろいろとモードが用意されています。 このゲームは、座ってプレイすることをおすすめします。 立ったままやると三半規管が狂うので、フラフラになってちょっと危ないですね。 筆者は立ったままやってしまって完全に失敗。 VR酔いしました。 ほかには、スターウォーズの「VADER Immortal:Episode I」(990円)を購入してプレイしてみました。 こちらは英語版なんですが、もうライトセーバーを操るのが楽しすぎます。 こちらもストーリーモードをはじめ、いろいろとゲームモードが用意されていますが、単純にライトセーバーで得点を競うゲームだけでも1日中遊べそうです。 ハイエンドPCで描かれる美麗な世界のVRに比べれば、質素かもしれませんが、プレイしているとそこまで気にならないものです。 PlayStation VRでプレイしたことのあるゲームをやってみて比較してみたいですね。 PlayStation VRもパネルは有機ELですが、Oculus Questのほうが解像度が高いこともあってか、非常にキレイで鮮明。 ドット感も少ないので没入感が非常に高いです。 トラッキング能力も高く、立ったりしゃがんだり、移動したりしてもズレないし、動きにしっかり反応してくれます。 プレイしたのちに本体を触ってみると温かいですが、熱いわけではないのでそれほど問題はないでしょう。 強いて難点を言うなら、鼻の部分の隙間が大きいので、下から光が入ってくることと、プラスチック部分なのか布地なのかわかりませんが多少臭いがあり、ちょっと辛いことでしょうか。 鼻が高い外国人に合わせてあるからしょうがないですが、何かで塞ぎたくなります。 臭いはしばらくすれば取れるでしょうから、それまで我慢我慢......。 ただ、出来がすごくいいので、そんな些細なことはゲームに没頭していると忘れてしまいます。 とにかくPCが近くにないとダメという制限もなく、プレイ場所が限られることない。 とりあえずWi-Fiさえあればどこでも遊べるので(インターネット接続しなくてもプレイできるコンテンツもあります)、開放感がたまらないです。 VRを楽しみたいならOculus Questを装着して電源を入れるだけ。 この感覚を味わってしまうと、PlayStation VRとか面倒でやらなくなってしまうかもしれません。 (ゲームタイトルによりけりですが) あとは、コンテンツ次第でしょう。 特に「DMM VRプレイヤー」を心待ちにしている人も多いのでは。 Oculus Goには用意されているので、ほどなく登場することに期待したいです。 個人的には、 PCから簡単にストリーミング再生ができる無料の「SKYBOX VR Video Player」も待ってます。 これさえあればかなり楽しめそうなんですよね。 いやぁ、久しぶりにワクワクしてきましたよ。

次の

「LINEバトン」で流出も

エロ 動画 外国 人 オナニー

カナダに本拠を置く有力アダルトサイト、PornHubの発表によれば、2018年に335億回のアクセスをかき集めることに成功したそうだ。 現在、人類の総数は75億人に過ぎない。 うーむ。 PornHubはYouPorn、RedTubeなどを含むアダルト・サイト多数を傘下に持っており、毎年してきた。 これには地域別ユーザー数、や検索回数が多かった人気スターなどのデータが含まれる。 これによればアメリカ、ドイツ、インド、日本、カナダが訪問者数のトップ5だった。 保有するデータ総量は4000PBだという。 これは地球上の人類1人あたり500MBに相当するというから驚きだ。 ポルノ動画のデータ量などさしたる意味がないと思えるだろうが、このデータを無視するのは危険だ。 つまり有力ポルノサイトはメジャーなニュースサイトよりはるかに多くのトラフィックを集めている。 トランプ大統領を巻き込んだポルノスター、ストーミー・ダニエルズやゲームのFortniteが2018年の検索語の上位を占めたということは政治、文化のメインストリームに何が起きているかをよく示している。 たとえば人気検索ワードのリストで4Kが急上昇していることにテレビ関係者はもっと注目する必要がある。 受像機のメーカーを含めて、このトレンドに注意すべきだ。 この記事を書くために調べてみたところ、現在無料の4Kコンテンツは残念ながらひどく少ないことを発見した。 2017年の重要検索語は1080pだったが、今年急上昇した検索後はウルトラHDを意味する4kだ。 また「ロマンティック」の検索も倍増している。 ただし検索者は女性の方が男性より2倍以上多い点は変わっていない。 【略】 人生は芸術を模倣し、ポルノはあらゆるものを模倣するというのが真実であれば、われわれのサイトの2018年の検索語の上位にBowsette(クッパ姫)が登場したのも納得できる。 任天堂マリオ・シリーズに登場するキャラクターのファン・イラストがオリジナルだが、あっという間に世界的現象となった。 Bowsetteの検索は1週間で300万回を超え、このテーマのパロディーポルノ( NSFW)も72万回再生された。 「バイブル・ベルト」と呼ばれるアメリカ南部からの訪問者も多い。 ミシシッピ、サウスカロライナ、アーカンソーはアメリカでももっとも長時間ポルノを見ている。 カンサス州が時間最短だった。 デバイスとしてはやはりスマートフォンがトップで、iOSとAndroidの割合はほぼ半々だった。 カテゴリーでは2位にJapaneseがランクインしている。 一方、Windowsのシェアは今年急速に下がった。 逆にChrome OSは急上昇。 ブラウザではChrome、ゲーム機ではPlayStationの人気がトップだ。 ポルノは炭鉱のカナリヤと同様、何らかの異変が起きていることをいち早く知らせる。 ポルノで起きたことはやがて外の世界でも起きるのが通例だ。 PornHubが公開したデータは大いに興味深い。 デスクトップからモバイルへ、1080から4Kへなどのシフトが浮き彫りになった。 デートサイトやクッパ姫の人気も面白い。 われわれの多くは、表向き強く否定するものの、やはり時折こうしたサイトを訪問していることも裏付けられた。 〔〕 (.

次の