卒論 代行。 学生の代わりに業者が書く「卒論代行サービス」 利用したら「法律違反」になる?

卒論代行・昇進論文代筆・レポート代行【書ける屋】

卒論 代行

春は 卒業のシーズンです。 学生の皆さんは卒業に向けて大忙しだと思いますが、こんな面白い代行サービスを見つけました。 皆さんは 卒論代行サービスを知っていますか? 世の中にはまだ知らないサービスが多く存在しています。 今回はそんな卒論代行について記事を書いていきます。 ちなみに日本の代行業者の数は他国に比べて圧倒的に少ないです。 詳しくはコチラの記事をご覧下さい。 そもそも卒論代行ってなに!?料金・価格はいくらなの? そもそも卒論代行サービスとは何なのか。 名前のままの通り、 大学生や短大生・通信制教育課程の人向けの卒業論文代行に特化したサービスである。 実際のサービス内容としては、スタッフが依頼者の内容に沿った卒業論文の代筆をするというもの。 納品期間も短期間を目指している所も多く、 例によっては 1日で仕上げて欲しい! そいう無理難題にも取り組んだり学生の大きな味方になっている。 価格は1文字あたり10円なっており、20,000文字の卒業論文には20万円ほどの料金がかかるようです。 金額についてはあくまで基準であり、テーマや難易度、納期などにより相談を行い正式決定するようになっている。 代筆して頂く方に説明は必要ですか? A. いいえ、特殊な事情がある場合を除いては、代筆者と直接ご連絡頂くことはなく、すべて本部経由にてご連絡させて頂きます。 必要であればスタッフのプロフィールはご紹介可能ですが、個人を特定する情報はお教えできませんのでご理解頂ければと思います。 もちろんご依頼人様の個人情報も代筆スタッフには決して教えません。 つまり、代行した痕跡も何もかも削除するということですね。 代筆者が誰かも分からなければ、依頼人も分からない。 完全匿名で代行サービスが行われるということだ。 卒論代行サービスは『私文書偽造罪』が成立する!? そう警告を投げかけているのは愛媛弁護士会所属(平成14年弁護士登録)の 森本 明宏(もりもと・あきひろ)弁護士だ。 森本弁護士いわく、 「そもそも、大学生活の総決算である卒業論文を安易に代行業者に依頼することは、法律以前のモラルの問題と言えるのではないでしょうか」 と苦言を呈していた。 確かに法的な問題よりも、 自分で卒業論文を書いていないことが問題なのである。 実際大学では卒業論文の提出が卒業の絶対条件になっている所が多い。 その中でこのようなサービス・ビジネスが存在しているということは、 需要と供給が成立しているということだ。 卒業間近になり卒業論文に追われている学生が多い中、 お金にものを言わせ他人に論文を書かせている人もいる。 その様な楽をしてきた人生の人は社会にでてどのような印象をもつのか。 まさか自分の 労働を代行してもらうサービスでも探すのではないだろうか。 宿題代行業者は日本だけの問題ではない。 むしろ日本では約15社しかない中、 アメリカでは250社 韓国ではなんと500社 もある市場となっている。 詳しくはコチラの記事をご覧下さい。

次の

学生の代わりに業者が書く「卒論代行サービス」 利用したら「法律違反」になる?

卒論 代行

卒論代行の値段って、おいくらなのでしょうか?今回は気になる価格、料金についてです。 一般的な料金は、大体5万円くらい、という感じですよね。 でも、少し待ってください。 インターネット上を検索してみると、中には10万円以上、なんていうケースが見受けられます。 10万円、20万円、なんてお金、学生の皆さんにはなかなか容易できない金額ですよね。 そう、これらは全て詐欺価格と言ってもいいのです。 いわゆる、ボッタクリです。 卒論の代行に、このような値段がつくわけがありません。 明らかにおかしい値段です。 相場で言えば、5万円くらいが一番コスパもよく、対応がいいようです。 当サイトでは代行のお値段を公開しておりません。 これは、学生にあった対応をしているからです。 学生にはそれぞれ事情がありますから、代行の料金を一律で決めることができないのです。 いわゆる、応相談という対応になっています。 まとめです。 5万円以上のサービスは疑いましょう。 ボッタクリだと早く気付くべきです。 まずは、当サイトにご相談ください。

次の

料金表

卒論 代行

学位論文・学術論文・各種レポート・エッセイ 代筆・代書・代行・校閲・執筆支援・相談・査読対策 違法行為ではありません 料金は1文字1円〜 英文も• 学術雑誌論文• 国際会議論文• 博士学位論文• 修士学位論文• 卒業論文• 社内レポート• 講義レポート• その他 各種論文・レポート・エッセイなどの執筆支援・執筆相談 代筆・代書・代行・校閲 を承ります。 論文としては、博士論文・修士論文・卒業論文・学術雑誌論文・国際会議論文 英文 等の学術論文、そしてレポートとしては、社内レポート・昇進レポート・各種申請用小論文 エッセイ ・講義レポートなどに対応します。 新規書き下ろしの支援・相談の他、投稿したがリジェクトされてしまった学術論文等の査読対策や学位取得のご相談にも応じます。 また、論文本体のみではなく、パワーポイント PowerPoint 等の発表資料の作成の支援・相談も承ります。 作業は旧帝大博士課程を修了し博士学位を持つ専門家が当たります。 ご相談・ご依頼に関しては秘密厳守致しますのでご安心下さい。

次の