ジェノベーゼ。 プロの最高にウマすぎるバジルソース『ジェノベーゼパスタ』の作り方!

ジェノベーゼ 神保 佳永シェフのレシピ

ジェノベーゼ

数年前からずーっとやりたかったけど、よもぎの摘みどきを逃してできなかったこと。 それは 「よもぎのジェノベーゼソース」を作ることでした。 そのことをツイートしたら結構反応がよかったので、自分の備忘録も兼ねて、レシピや作り方を掲載しておきます。 よもぎを摘んだので、今からジェノベーゼソースを作ってみる。 松の実もカシューナッツもないので、くるみで代用。 さっそく作った数日後にパスタと和えて食べてみました。 数日前作った、よもぎのジェノベーゼソース。 少し塩気が足りないなと思ったので、我が家でよもぎのジェノベーゼパスタを作る時は、パスタの茹で汁(塩分入り)とお醤油を少し入れてみました。 盛り付けたパスタの上には、パルメザンチーズをあしらうと、よりコクが出ておいしくいただけます。 まとめ ということで、以上よもぎのジェノベーゼの作り方をご紹介しました。 都市部や住宅街でもよもぎはたくさん生えているものですが、犬猫の糞尿がかかっているところも多いので、そういったところに注意しながら採取して作ってみてください〜! そういう野草生活がお好きな方は、こちらの一冊もおすすめ。

次の

ジェノベーゼとは?美味しいジェノベーゼの作り方やお店などをご紹介

ジェノベーゼ

この記事の目次• ジェノベーゼソースとは? 世界で標準のジェノベーゼソースとは? 海外で言う正確な、ジェノベーゼソースは、イタリアのカンパリア地方の豊かな玉ねぎをたっぷり使ったパスタソースです。 実はバジルは使いません。 甘い玉ねぎベースのソースです。 ルネッサンス時代に、ジェノバからナポリに伝わったとされています。 その後、カンパリア地方に伝わるソースとして有名になりました。 画像:Wikipedia 日本で言うところのジェノベーゼソースって? 一方、日本で言っているジェノベーゼソースは正確には、 ペスト (リグリアン・ペスト:リクリア地方のペスト)または、 ペスト・アラ・ジェノベーゼと呼ばれるソースです。 リグリア地方ジェノーバが紀元のソースです。 ニンニク、松の実、粗塩、バジルの葉、パルミジャーノ・レッジャーノ(パルメザンチーズ)、ペコリーノ・サルド(羊のミルクから作られたチーズ)のすべてがオリーブオイルとブレンドされてつくられるソースです。 同じジェノーバを起源とするソースなのですが、ジェノベーゼソースとしては、タマネギベースの方が有名なのでしょう。 海外でジェノベーゼと言って注文すると、そちらが出てきます。 【2】 がん予防 なんと驚くことにバジルにはがん予防の効果がある食材として、アメリカの国立ガンセンターにて名前が挙がっているほどなのです! ガンの発症原因の多くは体内の「活性酸素」。 【3】 整腸作用 バジルの香りには整腸作用があり、胃や腸など全般的な消化器官の働きを促してくれます。 食欲を促したり、胃腸をスッキリとさせる効果もあるので、食後のハーブティーもとっても親しまれていますよね。 また同時に便秘解消効果も期待できます! 【4】 殺菌作用 生のバジルを、そのまま傷口に擦り込むと、消毒ができると言われるほどの殺菌効果をバジルはもっています。 風邪や口内炎など細菌性の病気にもバジルはとても良いとされています。 【5】 かゆみの緩和 少し意外ですがバジルには皮膚のかゆみを緩和させる働きを持つとも言われています。 敏感肌でかゆみが出やすいという方には是非定期的に食べていただきたい食材の一つなのです。 基本のジュノベーゼソース(バジルベース)の作り方 【用意するもの】• バジル…50枚程度• 松の実…10個程• ニンニク…1片• チーズ…適量• 塩…適量 【作り方】• バジルは水に濡らして洗わず、1枚ずつ丁寧に拭き取っていきます• バジルをある程度細かく切る• 材料全てをミキサーやフードプロセッサーにかければ完成です! いかがですか?とっても簡単ですよね。 ですがこうして出来たソースは応用の効く優秀なソースなんです! ジュノベーゼ(バジルベース)ソースにちょい足しアレンジ お次は、基本のジュノベーゼソースに材料を少しプラスしたレシピです。 バジルの青臭さが少し苦手な方にはぴったりなアレンジです。 もちろんバジルを一切加えず、大葉のみで作るジュノベーゼソースもまた美味しいですよ! 詳しいレシピもありました。 大葉と同じように、割合を少し変えてバジルと混ぜ合わせてもよし、100%春菊のみでジュノベーゼ風ソースを作るのもよしなんです! 春菊のみでソースを作る場合はこちらを参考にしてください。 また、大葉を使ったジュのベーゼソースのパスタを作る際は是非トッピングにはミョウガがオススメです! 【2】 <サラダ> 参考: ジュノベーゼソースはもちろんそのままサラダソースとしても使えます。 生野菜と和えるだけ。 作っておけばとっても便利。 海鮮との相性もばっちり。 ジェノベーゼ(バジル)ソースは、ナマ物だけでなく、しっかり焼き上げるピザにもオススメ。 ほんとに、あらゆる具材と相性が良いのでいろいろ使えるのですね。 ピザ生地ソースとしてジュノベーゼをたっぷり塗って、その上に好きな具材をたっぷりトッピングしましょう! 【5】 <ブルスケッタ> 参考: ジュノベーゼ(バジル)ソースを作っておけばお酒のおつまみにも困りません! レシピではフランスパンを使用したブルスケッタを紹介していますが、もちろんパンがなくたってぜんぜんOKです。

次の

多くの人がジェノベーゼを誤解している件~緑じゃない本当のジェノベーゼパスタを作ってみた

ジェノベーゼ

バリラ|ペーストジェノベーゼ(3本セット)|998円 こちらがコストコで販売されている『バリラ ペーストジェノベーゼ(Barilla Pesto ALLA GENOVESE)』(品番:14320)。 伊バリラ社製ペスト・ジェノヴェーゼの3本セット、1本190gで計998円(税込)です。 1本あたりの単価(コスパ)は約333円、100gあたり175円です。 カロリーは100gあたり492kcal(炭水化物 15. 2g)。 当然ながら原産国はイタリアです。 ジェノベーゼソースといえば、コストコではが定番ですが、あちらは100gあたり約240円。 つまり、コスパ的には本品のほうがお得ということになります。 『ペーストジェノベーゼ』はバジルをベースとした調味ソースで、ほかにパルミジャーノ・レッジャーノ、カシューナッツ、ニンニクなどが入っています。 さわやかな香りがありつつ、濃厚なうまみも楽しめて、クセになる味なんですよね。 本品は、コストコの『バジルペスト』に比べるとオイル少なめ。 粘度の高いペースト状で、スプーンですくっても立体的な形がキープされます。 このままバゲットに塗るだけでも、おいしくいただけますよ~。 バジルのさわやかさとチーズのうまみで華やかな味わい 本品を常温に戻してからパスタの茹で汁で溶き、パスタと絡めれば一品できあがり(今回はエビとアボカドを追加)。 パクついてみますと、バジルのさわやかな香りがふわっと広がり、フレッシュ感があって華やか。 そのうえ、パルミジャーノ・レッジャーノとにんにくでうまみが濃厚です。 さらにカシューナッツで甘みやコク、こうばしさが加わっており、全体的に華やかな味わい。 そんなペーストが麺にねっとりと絡んで、その風味を余すことなく楽しめます。 『ペーストジェノベーゼ』を鶏もも肉にすり込み、魚焼きグリルでじっくり焼き上げました。 加熱しても、バジルの香りはまだまだ残っていますね! 鶏皮はねっとりとした食感で、おこげとなったペーストとともに、口の中で華やかなうまみが広がり、なかなか上出来な味わいです。 * * * 『ペーストジェノベーゼ』は、に比べるとマイルドな印象なので、あちらの濃い味に慣れていると物足りなく感じるかも? とはいえ、コスパは本品のほうが優秀ですし、1本あたり190gと使い切りやすい量なのもありがたいところ。 なので、十分おすすめできますよ。 おすすめ度.

次の