くろいろのツム マジカルボム。 ドククラゲ

タマゴわざ(BW/BW2)

くろいろのツム マジカルボム

耐性を考えると特防に振って特殊アタッカーへの役割をもたせたいところだが、元の数値が低いため火力・耐久とも中途半端になりがち。 特性も耐性や種族値との噛合いが悪く、いまいち扱いづらいものばかり。 同タイプのに比べると尖った性能が無く、明確な役割を見出しづらい。 攻撃に努力値を振らずとも物理相手に火力が出せるイカサマや、一致先制技のふいうちを持つためそれらで差別化をしていきたい。 同複合ではもっとも特攻が高く、特殊技の積極採用がしやすいことも魅力と言える。 攻撃への努力値を削らずに特殊耐久が補強できるとつげきチョッキとの相性もよく、だいばくはつなどの自主退場技も持つため、 役割に合わせた調整さえできれば、・・に対する一貫切りとしての活躍が狙えるだろう。 第七世代ではふいうちがレベル技に追加。 威力は下がったが、素早さを補え、との相性も良い。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 あくしゅう 発生率が低く自然に発動する場面は多くないが、のうちでは最速で、能動的に発動を狙える唯一の特性。 リターンは大きいもののタイミングを選べるわけでもなく、戦略に組み込むことは難しいが 優秀な先制技であるふいうちやフェイント、ダブルバトルで相手2体に命中するバークアウトとは相性がいい。 ゆうばく 倒しきれなかった相手をみちづれにしたり、タスキを削ったりできる。 非接触のじしんを撃たれやすいうえ、耐性も特殊寄りな点がネック。 しかし、弱点が少ないので等倍の高威力物理を誘いやすく、接触技の多い先制技に対する牽制にもなりうる。 受動的だが発動機会は決して少なくないため、3つの中では優先度は最も高い。 場に持ちがいると不発に終わる。 するどいめ 隠れ特性。 回避率を無視できる効果が追加されたため採用価値も出てきた。 ただしちいさくなる対策としては必中どくどくやほえるも使えるため、他の特性より優先する具体的な理由には乏しい。 読みが要るが高威力の先制技。 性能安定。 じごくづき 悪 80 120 100 音技封じ タイプ一致技。 音技の使用率の高いダブル向き。 相手交代で威力倍増。 読みが要るがエスパー・ゴーストを逃さず狩れる。 性能安定。 悪技との相性補完に優れる。 無補正無振りでH振りを高乱2。 H振りを確2。 イカサマ 悪 95 142 100 - タイプ一致技。 攻撃無振りでも使える攻撃技。 耐性により地面技持ちの高火力物理アタッカーを呼びやすいので相性は良い。 追加効果が優秀。 特殊アタッカー対策。 擬似的な火力補強に。 とつげきチョッキとの相性も良い。 他の先制技より速い。 だいばくはつ 無 250 100 自分瀕死 大ダメージを与えつつ退場。 変化技 タイプ 命中 備考 どくどく 毒 必中 耐久型対策。 自身のタイプにより必中。 いばる 無 85 妨害技。 イカサマ・みがわりとあわせて。 ちょうはつ 悪 100 補助技対策。 ふいうちと相性が良い。 ほえる 無 - 積み技対策。 まもる・みがわり貫通かつ必中。 おきみやげ 悪 100 起点作りに。 Zワザ化で後続のHP全回復。 みがわり 無 - 補助技対策。 どくどく・いばるとあわせて。 ふいうちと相性が良い。 Zワザ考察 Zワザ 元にする技 威力 解説 アシッドポイズンデリート どくづき 160 240 A特化でB特化を低乱1。 ヘドロばくだん 175 262 C特化でH振りを確1。 ゲップ 190 285 最高威力のZワザだが、ゲップの性質上Zワザとしてのみしか使用できないため取り回しが難しい。 ブラックホールイクリプス ふいうち 140 210 通常攻撃。 相手の行動に依存しない。 イカサマ 175 262 通常攻撃。 自身の攻撃で計算される。 Zおきみやげ おきみやげ - Zパワーで後続のHP全回復。 ダイナミックフルフレイム だいもんじ 185 C特化でH振りを確1。 無補正無振りでH振りを確1。 一致技半減以下、サブの格闘・フェアリー技も等倍。 恵まれた耐性で特殊に弱点を突かれることは少ない。 素早さ種族値84は-1で激戦区。 クレセリア抜き抜き程度に調整の余地あり。 も抜けるが、A特化どくづきではB特化カプ・レヒレを確2にできない。 こちらもエスパー・ゴーストの特殊に繰り出して役割を持たせる。 どくどくと選択で。 耐久面 耐久値自体は上記物理型と変わらないが、バークアウトがあれば受けやすくなる。 対スカタンク 注意すべき点 毒・悪の複合タイプにより、弱点が地面のみ。 一致技の等倍範囲も広い。 特殊技では弱点が突きにくいことや、毒・ミラーコート無効の耐性も相まって 並程度の火力の特殊アタッカーにとって辛い相手である。 かといって物理アタッカーで相手をするとイカサマで返り討ちにされる恐れもある。 散り際にもだいばくはつやおきみやげ、特性ゆうばくがあり、最後の最後まで仕事をされる危険がある。 対策方法 素の攻撃性能や技の威力は控えめなので、毒・悪・炎に耐性のある物理アタッカーで攻める。 じしんで弱点を突くのが最も有効。 非接触技なのでゆうばくも発動しない。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技05 ほえる - - ノーマル 変化 20 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技09 ベノムショック 65 100 どく 特殊 10 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技12 ちょうはつ - 100 あく 変化 20 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技35 かえんほうしゃ 90 100 ほのお 特殊 15 技36 ヘドロばくだん 90 100 どく 特殊 10 技38 だいもんじ 110 85 ほのお 特殊 5 技41 いちゃもん - 100 あく 変化 15 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技46 どろぼう 60 100 あく 物理 25 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技64 だいばくはつ 250 100 ノーマル 物理 5 技65 シャドークロー 70 100 ゴースト 物理 15 技66 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技84 どくづき 80 100 どく 物理 20 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技95 バークアウト 55 95 あく 特殊 15 技97 あくのはどう 80 100 あく 特殊 15 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No.

次の

ポケモンWiki

くろいろのツム マジカルボム

18 12. 08 XY~SM 2. 64 4. 88 世代 変化後 変化前 初代~SM 5. 69 11. 07 初代~BW 5. 92 11. 55 XY~SM 3. 53 5. 14 剣盾 4. 85 初代~SM 5. 31 9. 89 初代~剣盾 5. 21 makotohijiri.

次の

【ツムツムビンゴ9枚目8】黒色ツムでボム10個消しに最適はツムは?

くろいろのツム マジカルボム

特性「ヘドロえき」により、・などのHP吸収技を主力とするポケモンに強い。 またどくどく無効・炎半減のためにも強く、絡め手を用いてサイクル崩壊を図る相手には無類の強さを誇る。 一方で優秀な耐性ながら弱点の電気・エスパー・地面は現環境ではメジャーであり、環境の火力インフレも相まってかなり動きづらい。 また、じこさいせいを覚えず回復手段に限りがある点は致命的であり、一度消耗すると簡単には立て直せない。 これらの要因から優秀な能力を持つ一方、採用率は低いのが現状である。 サン・ムーンで同族にが登場。 タイプ耐性と好相性な高い物理耐久を有し、特殊耐久指数も若干ドククラゲが勝る程度で大した差がない。 攻撃性能と素早さで勝り特性も違うため差別化の必要性は薄いが、固有の特性や技を活かした努力値配分は意識しておきたい。 との比較 ドヒドイデ 高い物理耐久、じこさいせい・特性さいせいりょくによる安定した回復ソース、トーチカ・たくわえる ドククラゲ 高い素早さ、それなりの火力、特性ヘドロえきによる一部のポケモンへの対策性能、アシッドボム・ミラーコート・バリアー 最新世代の考察はに、 前世代の考察はにあります。 特性考察 クリアボディ 決して性能は悪くないが、下記のヘドロえきがドククラゲの採用理由に直結するため余り採用されない。 一応被弾回数が多い耐久型において追加効果による能力ダウンを引かないのは小さくない利点。 どくまもなどを安定して見る上では有用といえるかもしれない。 ヘドロえき ドククラゲの採用理由に直結する特性。 他に持つのはのみ。 ギガドレイン・やどりぎのタネなどのHP吸収技に対して発動し相手にダメージを与えるため、実質それらの技の使用を制限できる。 を見る上で欠かせない。 じしん非搭載のやどまもに対しても強くなるため基本はこれ。 あめうけざら 雨パに組み込まない限り発動機会は皆無。 とつげきチョッキを持たせる場合の回復ソースとして考えられなくはないが基本的に候補外。 技考察 攻撃技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 ハイドロポンプ 水 110 165 80 - 高威力のメインウェポン。 命中不安だが、素の火力不足を補いたいなら採用候補。 なみのり 水 90 135 100 - 命中安定のメインウェポン。 火力重視、ぼうだん対策に。 追加効果狙いも兼ねるなら。 ぼうだんに無効。 また、とつげきチョッキでも使える疑似積み技。 ぼうだんに無効。 毒にさせる機会は多いので有力なコンボになりうる。 水技との補完に優れる。 マジカルシャイン 妖 80 100 - ドラゴン・悪・格闘へ。 格闘最メジャーのには等倍のため実質ピンポイント。 めざめるパワー 炎 電 地 60 100 - 相手にできる範囲を広げるなら。 回復手段にもなる。 ミラーコート 超 - 100 優先度-5 特殊技反射 タマゴ技。 特防が高いので弱点を突かれても耐えることが多い。 毒や火傷にさせる技が多いので相性は良好。 などに抜群を取れる。 まとわりつく 虫 20 100 - 交代を封じつつスリップダメージを与える。 対面操作に有用。 変化技 タイプ 命中 備考 どくどく 毒 必中 基本的に火力が無いので有用なダメージソースに。 毒タイプなので必中だがねっとうと相性が悪い。 どくびし 毒 - 他のポケモンのサポート他、ベノムショック・たたりめとのコンボに。 あやしいひかり 霊 100 混乱の平均ターン数及び自傷率は減ったものの嫌らしいことには変わりない。 いばる 無 85 物理耐久はやや薄めなので、特殊アタッカーへ撃ったりみがわりを併用したりしよう。 ねむる 超 - 使うならカゴのみとセットで。 素眠りは危険だが軸に対する回答としてはあり。 みがわり 無 - くろいヘドロ持ちなら試行回数を増やせる。 まもる 無 - 様子見やくろいヘドロの回復、フィールドや天候の時間稼ぎに。 バリアー 超 - 弱点がメジャーなため、積んだターンに有効打を持ったポケモンが出てくることも多く積みづらい。 マジックコート 超 - ちょうはつやでんじは等、相手の変化技を読んで。 ミラータイプ 無 - 受けられる範囲が大きく変わる。 くろいきり 氷 - みがわり・マジックミラー貫通で相手の積み技をリセット。 Zワザ考察 Zワザ 元にする技 威力 解説 スーパーアクアトルネード ハイドロポンプ 185 277 必中。 C特化でおだやかどくまもを確定1発。 なみのり 175 262 ダブルでは単体攻撃に切り替えが可能。 アシッドポイズンデリート ヘドロばくだん ヘドロウェーブ 175 262 C特化でH252を確1、とつげきチョッキの場合は低~中乱数。 ラブリースターインパクト マジカルシャイン 160 C特化でH252を確定1発。 レイジングジオフリーズ ふぶき 185 必中。 Zくろいきりとの打ち分け可でC無振りでもH252を確1。 HD特化は低乱数。 れいとうビーム 175 2発目以降の使用も考えるならこちら。 Zくろいきり くろいきり - Zパワーで全回復。 積みアタッカーを流しつつ回復できる。 ビジュアル的にもピッタリ。 ツボツボでやれ?知らん。 物理型には勝てないし、光合成を覚えていたら長期戦の末に回復が間に合わず負けちゃうこともあるけれども、勝率はかなり高い。 ただ、一度に大量に回復できる手段が眠る(とギガドレイン)くらいしかないから汎用性はあまり高くないと思う。 ネタと呼ぶほど使えないわけではないが、ガチと呼ぶには色々と足りない…って印象。 5世代から身代わり状態でもつぼつきができるようになった。 対ドククラゲ• 注意すべき点 優秀な特殊耐久と耐性、高い素早さを持ち、どくどく無効で特性ヘドロえきによりやどりぎのタネも打ちづらい。 必中どくどく、アシッドボム、ねっとうなど耐久崩しに長けた技を多く持つため耐久ポケモンでは分が悪い。 特殊方面は等倍や不一致弱点程度では落ちないため、ミラーコートで返されて致命傷に至る場合も。 対策方法 小回りの聞く高速再生回復技を持たないため、早期に消耗させればサイクル崩壊に至りやすい。 基本的にはじしん等弱点になる物理技が有効打に成り得るが、ねっとうの採用率も高いので物理アタッカーは繰り出しの際注意。 特殊で攻める場合はサイコショックや強化アイテム持ち一致技で弱点を突き、一撃で落とすようにしたい。 ドククラゲ自身は火力がないため毒無効でアシッドボムで崩されることもない鋼タイプは比較的強気に後出しできる、ただしねっとうとメガネアタッカーは注意。 -無補正C252エレキフィールドZ10万ボルトでD特化でも確1、ボルトチェンジとの択も迫れる。 -サイコフィールド下のメガネorZサイコキネシスやサイコショックで確定で落とせる。 -やどりぎのタネは打てないもののパワーウィップが等倍で通り、ドククラゲはねっとうのやけどを狙うしか無いため後出しは最安定。 -水半減ミラーコート無効でドククラゲの無振りれいとうビームは確定3発。 だいちのちからやあくのはどうでの怯みもあるため上からの制圧は十分可能。 マジカルシャイン採用個体もまずいない。 -無振りれいとうビームは確定耐えでき、無補正A252じしんをドククラゲはB特化でも低乱数1にしか抑えられない。 ねっとうのやけどに注意。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技07 あられ - - こおり 変化 5 技09 ベノムショック 65 100 どく 特殊 10 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技13 れいとうビーム 90 100 こおり 特殊 10 技14 ふぶき 110 70 こおり 特殊 5 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技20 しんぴのまもり - - ノーマル 変化 25 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技34 ヘドロウェーブ 95 100 どく 特殊 10 技36 ヘドロばくだん 90 100 どく 特殊 10 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技46 どろぼう 60 100 あく 物理 25 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技55 ねっとう 80 100 みず 特殊 15 技66 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技75 つるぎのまい - - ノーマル 変化 20 技83 まとわりつく 20 100 むし 特殊 20 技84 どくづき 80 100 どく 物理 20 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技94 なみのり 90 100 みず 特殊 15 技98 たきのぼり 80 100 みず 物理 15 技99 マジカルシャイン 80 100 フェアリー 特殊 10 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No.

次の