カルテル 意味。 カルテルと談合の違いとは〜カルテルと談合の違いとそれぞれの意味

カクテル言葉(酒言葉)の意味一覧!

カルテル 意味

事前に有力者同士で話し合いを行ない、候補者を調整して選挙戦にならないようにしている地域がある。 日本の選挙制度では候補者が一人の場合の信任投票は行われないので無投票にする。 但しこういった調整は全国各地の村社会の強いところで行われており、必ずしも山梨県に限られたことではない。 参加者のとはともに系• 1951年旧保険業法改正により保険カルテルが独占禁止法の適用除外対象となっていた。 からの日本経済が隆盛を誇ったに、アメリカを中心としたではローマ字で「 DANGO」という言葉がそのまま日本の非関税障壁・不公正商習慣を示す英単語として通用したことがあったが、その後はそれほど用いられなくなった。 これは「 KEIRETSU」、「 GYOSEI-SHIDO」等も同様)またとして「 ドラフト会議」の語が用いられることがある。 ちなみに、では、日本統治下にあった時代に「談合」が訛って伝えられたため、「 団子(をこねる)」という言葉が用いられることもある• 逮捕時点では、木村以外は知事を辞職し、木村も逮捕後に辞職している 出典• も参照• Wendell Berge Cartels: Challenge to a Free World, Public Affairs Press, 1946, p. 208. 平林英勝 2009年• 欧州委員会 Brussels, 24th January 2007• 競争制限という社会的コストが合理化で望める成果に見合うこと(5条2項)、価格協定に基づく共同販売・購入であること(5条3項)• : International Association for Testing and Materials• 公正取引委員会 公正取引委員会. 2014年5月7日閲覧。 産経新聞. 2010年6月5日. 2014年5月7日閲覧。 ロイター ロイター通信社. 2013年12月16日. 2014年5月7日閲覧。 日本経済新聞社. 2012年1月31日. 2014年5月7日閲覧。 公正取引委員会 「知的財産の利用に関する独占禁止法上の指針」• 浜田純一「」『2007』、2007年。 2015年11月1日閲覧。 公正取引委員会。 2015年11月1日閲覧。

次の

同業他社との間で行う情報交換が違法になる場合とは

カルテル 意味

独占禁止法コンプライアンスと同業他社との情報交換 独占禁止法で違法とされるカルテルとは 独占禁止法3条により禁止される「 不当な取引制限」の一つに、「カルテル」があります。 「 カルテル」は、 事業者または業界団体の構成事業者が相互に連絡を取り合い、本来、各事業者が自主的に決めるべき商品の価格や販売・生産数量などを共同で取り決める行為です。 カルテルの状況証拠 違法なカルテルを摘発したい規制当局は、状況証拠として、 競合他社同士の情報交換(どのような情報が、いつ、誰と交換されたか)という客観的事実に注目します。 競合他社同士の違法な情報交換があれば、お互いに通じ合ったという認定が行われやすく、その場合に、また価格や供給数量などの足並みが揃っていれば、当局は、カルテルが成立した、と容易に判断するでしょう。 たまたま同じ価格になったにすぎず、暗黙の了解はないという反論は、難しくなります。 違反にならないために事業者側でコントロール可能なこと では、あらぬ疑いをかけられたくない事業者側としては、コンプライアンスの観点から、どのように防御すればよいのでしょうか。 ここで鍵を握るのは、 競合他社との情報交換の意識的なコントロールです。 具体的には、情報交換の場面を個別具体的に分類するとともに、問題視されやすい情報とされにくい情報を明確に区分することで、独占禁止法違反リスクを極力小さくするという観点が求められます。 問題視されやすい情報交換とは 問題視されるのは、カルテルの状況証拠となりやすい情報交換、すなわち、価格、供給数量、取扱地域、取扱顧客、その他の重要な競争手段である取引条件に関する情報交換です。 以下に、問題視されやすい情報交換と、状況証拠となる可能性がある違法行為の例を記載します。 情報の種類 状況証拠となり得る違法行為の類型 価格・コスト 価格について足並みを揃える(価格カルテル) 顧客リスト 取引コスト 取引する顧客のすみ分け(顧客分割) 取引する国・地域のすみ分け(市場分割) 受注意欲 誰がどの案件を受注するかの調整(受注調整) 取引数量 供給量の調整(数量カルテル) 同業者同士が互いの手の内を見せ合うような行為は問題である、と考えればよいでしょう。 問題視されにくい情報交換とは 一般的な情報の交換 これに対して、環境・安全・技術に関する情報交換や、一般的な市場動向・政治動向・法令改正などの概括的な情報交換、すでに公知となった情報の交換、事業者団体での正当な活動などは、情報交換の目的・内容・方法によっては、通常、問題視されにくいといえます。 これらの情報は、通常、重要な競争手段である取引条件(価格や供給数量など)との関連性が薄いからです。 売主と買主としての情報交換 また、ある事業分野では競合していても、別の事業分野では商品やサービスの購買先となっている場合には、その商品やサービスの価格について、売主と買主という関係で行うやり取りは、適正な取引の一環として行われるものですから、問題とはならないことが一般的です。 おわりに マーケットリサーチを委縮させないために 近時は、独占禁止法違反リスクを警戒するあまり、競合他社情報に触れることを過剰に恐れた結果として、マーケットリサーチ活動が委縮してしまう例が多く見られます。 しかし、競合他社の情報を収集し、相手を出し抜くことで顧客を獲得するのは競争の基本であり、独占禁止法コンプライアンスとマーケットリサーチは、本来両立可能なものです。 付け焼刃的で中途半端な独占禁止法コンプライアンスは、営業活動を過度に委縮させる毒にしかなりません。 法務部と営業部が協力・連携しながら、会社の営業活動の実態を充分に精査し、独占禁止法違反リスクを個別具体的に見極めた上で、いわゆるテイラーメイドの独占禁止法コンプライアンスを確立することが、企業の経営戦略上、求められる時代が来たといっても過言ではないでしょう。 2006年弁護士登録。 複数の投資詐欺会社の破産管財人業務を担当後、現在の事務所に移籍。 大手国際海運会社にインハウスローヤーとして出向し、法務・コンプライアンス機能強化プロジェクトを3年間従事。 帰任後は、製品データ偽装事件、金融商品の不適切販売事件等の大型不祥事対応及び社内調査を多数担当。 その豊富な現場経験から、組織的知識創造や認知科学の視点を採り入れた独自の企業コンプライアンスプログラムを構築し、提供している。

次の

麻薬カルテル

カルテル 意味

独占禁止法コンプライアンスと同業他社との情報交換 独占禁止法で違法とされるカルテルとは 独占禁止法3条により禁止される「 不当な取引制限」の一つに、「カルテル」があります。 「 カルテル」は、 事業者または業界団体の構成事業者が相互に連絡を取り合い、本来、各事業者が自主的に決めるべき商品の価格や販売・生産数量などを共同で取り決める行為です。 カルテルの状況証拠 違法なカルテルを摘発したい規制当局は、状況証拠として、 競合他社同士の情報交換(どのような情報が、いつ、誰と交換されたか)という客観的事実に注目します。 競合他社同士の違法な情報交換があれば、お互いに通じ合ったという認定が行われやすく、その場合に、また価格や供給数量などの足並みが揃っていれば、当局は、カルテルが成立した、と容易に判断するでしょう。 たまたま同じ価格になったにすぎず、暗黙の了解はないという反論は、難しくなります。 違反にならないために事業者側でコントロール可能なこと では、あらぬ疑いをかけられたくない事業者側としては、コンプライアンスの観点から、どのように防御すればよいのでしょうか。 ここで鍵を握るのは、 競合他社との情報交換の意識的なコントロールです。 具体的には、情報交換の場面を個別具体的に分類するとともに、問題視されやすい情報とされにくい情報を明確に区分することで、独占禁止法違反リスクを極力小さくするという観点が求められます。 問題視されやすい情報交換とは 問題視されるのは、カルテルの状況証拠となりやすい情報交換、すなわち、価格、供給数量、取扱地域、取扱顧客、その他の重要な競争手段である取引条件に関する情報交換です。 以下に、問題視されやすい情報交換と、状況証拠となる可能性がある違法行為の例を記載します。 情報の種類 状況証拠となり得る違法行為の類型 価格・コスト 価格について足並みを揃える(価格カルテル) 顧客リスト 取引コスト 取引する顧客のすみ分け(顧客分割) 取引する国・地域のすみ分け(市場分割) 受注意欲 誰がどの案件を受注するかの調整(受注調整) 取引数量 供給量の調整(数量カルテル) 同業者同士が互いの手の内を見せ合うような行為は問題である、と考えればよいでしょう。 問題視されにくい情報交換とは 一般的な情報の交換 これに対して、環境・安全・技術に関する情報交換や、一般的な市場動向・政治動向・法令改正などの概括的な情報交換、すでに公知となった情報の交換、事業者団体での正当な活動などは、情報交換の目的・内容・方法によっては、通常、問題視されにくいといえます。 これらの情報は、通常、重要な競争手段である取引条件(価格や供給数量など)との関連性が薄いからです。 売主と買主としての情報交換 また、ある事業分野では競合していても、別の事業分野では商品やサービスの購買先となっている場合には、その商品やサービスの価格について、売主と買主という関係で行うやり取りは、適正な取引の一環として行われるものですから、問題とはならないことが一般的です。 おわりに マーケットリサーチを委縮させないために 近時は、独占禁止法違反リスクを警戒するあまり、競合他社情報に触れることを過剰に恐れた結果として、マーケットリサーチ活動が委縮してしまう例が多く見られます。 しかし、競合他社の情報を収集し、相手を出し抜くことで顧客を獲得するのは競争の基本であり、独占禁止法コンプライアンスとマーケットリサーチは、本来両立可能なものです。 付け焼刃的で中途半端な独占禁止法コンプライアンスは、営業活動を過度に委縮させる毒にしかなりません。 法務部と営業部が協力・連携しながら、会社の営業活動の実態を充分に精査し、独占禁止法違反リスクを個別具体的に見極めた上で、いわゆるテイラーメイドの独占禁止法コンプライアンスを確立することが、企業の経営戦略上、求められる時代が来たといっても過言ではないでしょう。 2006年弁護士登録。 複数の投資詐欺会社の破産管財人業務を担当後、現在の事務所に移籍。 大手国際海運会社にインハウスローヤーとして出向し、法務・コンプライアンス機能強化プロジェクトを3年間従事。 帰任後は、製品データ偽装事件、金融商品の不適切販売事件等の大型不祥事対応及び社内調査を多数担当。 その豊富な現場経験から、組織的知識創造や認知科学の視点を採り入れた独自の企業コンプライアンスプログラムを構築し、提供している。

次の